5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ややこしや】にほんごであそぼ其の一【小錦】

726 :名無しさんといっしょ:03/06/05 23:39 ID:???
「蝸牛 狂言」でググってみた。
出さ かま打ち割ろうってことのようです。

あらすじ (「狂言ハンドブック」(1995)、三省堂による)

 山伏は早朝に旅立ったためか眠くなり、てごろな竹藪に入って休息する。場
面がかわり、主人と太郎冠者が登場する。長命の祖父にますます長生きしても
らうには蝸牛を食べさせればいいときいた主人は、太郎冠者に蝸牛をとってこ
いと命ずる。蝸牛がどんなものかを知らない太郎冠者は竹藪には必ずいるもの
だと教えられ、いけば、確かに寝ている者がいる。もしや蝸牛ではないかと尋
ねてみると、主人がいうとおりの特徴(※)を備えていた。
 ※ 蝸牛というものは、土から生じて、藪に住むものじゃ。
    頭が黒うて 腰に貝を付けている。
    その上 折々は角を出すものじゃ。
    こうりょうを経たは 人ほどもあるという。
 間違いなく蝸牛である。喜んだ太郎冠者は蝸牛に一緒にきてほしいと頼む。
山伏は笑いながらもその間違いをしばらく楽しんでやろうと考え、蝸牛は囃子
物がないと動かないといって太郎冠者に囃子物を謡わせる。二人が囃子物で浮
かれているところへ、あまり太郎冠者の帰りが遅いので主人が迎えにくる。み
ると山伏と太郎冠者が囃子物でたわむれている。主人は太郎冠者を叱るが、囃
子物に熱中している太郎冠者にはその声が耳に入らない。いったんは事情を理
解しても、すぐ囃子物に我を忘れてしまう。ついには主人までまきこまれ、三
人とも浮かれ続ける。

197 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)