5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

やい!ジャニーズ!漏れを使え!

1 : :02/04/11 03:37 ID:wOJxW6qg
漏れ、はっきし逝ってめっちゃイケメソやねん。
漏れを使わんと後悔すんで、ほんま

279 :ななしじゃにー:02/06/26 09:07 ID:K0GZwt+D
紫ちょっと一本キレててカコイイですな。
しかし私も末っ子は最後まで残るんではと踏んでおりました。
予想が甘かった。

280 :ななしじゃにー:02/06/26 18:14 ID:qqde+esZ
末っ子かわいがられキャラですもんね…
でも今回みたいに
「仲良さそうな相手にやられちゃう」のって
バトロワらしい非情さがあってイイと思います。
予断を許さないからハラハラするし。
完結さんがんがれ!

281 :89 ◆JWHiOyJ6 :02/06/26 23:09 ID:4wfDgYTw
よろめく体を木々で支え、二宮はあてもなく歩き続けていた。
真っ白な顔に浮かんでは流れる汗は、冷や汗なのか運動によるものなのか。
垂れ下がっただけの左腕の付け根から、新たな血が地面を目指して落ちていく。
利き腕の肩をやられ、止血すらまともにできなかった。
流し過ぎた血のせいで指先まで凍えるように冷たい。
目の前はもやがかかったようにぼんやりと暗く、足下すら確認できない。
それでも二宮は歩き続けた。
まだ死ねない。ここでは死ねない。
強い思いが二宮を動かしていた。
なぜそう思うのかはわからない。
相葉を探しているのかと聞かれれば、そうかもしれないと答えただろう。
本当にそうなのかはわからない。
まだ死ねない。
ここでは死ねない。
崩れそうになる体を必死に支える二宮の右手が、木の幹を滑った。

282 :90 ◆JWHiOyJ6 :02/06/26 23:09 ID:4wfDgYTw
「ごめんね」
「いいから」
「ごめんね、翔くん」
「いいから、黙ってろ」
「うん…ごめんね」
「いいから」
何度も何度も同じ会話をくりかえして、
櫻井はずり落ちそうになった松本の体を背負いなおした。
松本とばったり会ったのはまさに偶然だった。
一瞬二人のあいだに走った緊張は、松本が足を滑らせて転げたことで霧散した。
「大丈夫かっ?」と慌てて近づき心配すると、もう殺し合いなんてする雰囲気じゃなくなってた。
あとはいつものような二人がいるだけで。

283 :-91 ◆JWHiOyJ6 :02/06/26 23:11 ID:4wfDgYTw
足を軽く挫いた松本のために、診療所に行ってみようと言い出したのは櫻井だった。
なにか湿布か包帯でもあるかもしれないと。
最初は肩を貸していたが、足場の悪い急な斜面で二人が並んで歩くのが困難になって、
櫻井は松本を背負うことにした。
「ごめんね、疲れたっしょ?」
「いいから。気にすんな」
何度も謝る松本に、その度同じような言葉を返す。
背中に負った松本の体。これがなければきっと錯乱していた。
本当は自分は弱い。
こんなムチャクチャな状況の中で、とりあえず現実に向き合えているのは
松本がいるからだ。
こいつが自分を頼ってくれるから、オレはオレでいられる。
櫻井はそう思った。
自分だけのために強くはなれない。
その弱さで今生きている。

284 :ななしじゃにー:02/06/26 23:12 ID:RbtXdWVa
277さんみたいな、ツッコミ入れて良いのなら私も(w

亀ですが、日記はマッチを「マッチさん」とは呼ばないよ。
ガチガチの敬語も使わないよ。学年は一つ違いだし(6月26日現在だと37歳同志で同じ年齢)
事務所では日記のが先輩だし。須磨とか元平家派の関係に近い。
あと、マッチには子供はいないと思ったけど。

うるさいこと書いてごめんなさい。クレームじゃないですからね。
完結サン、いちいち、気にしないでガンガン更新してくださいね。

285 :完結を目指すバトロワ ◆JWHiOyJ6 :02/06/26 23:17 ID:4wfDgYTw
さあこれで登場人物が全員出揃いました。
あとは減っていくだけ!

…そういう書き方もなんだな。
とまれ、ここからは時間がはやく流れ出す予定でつ。
時刻はやがて深夜。
夜明けを迎えることができるのは果たして誰々なのか。
乞うご期待。

286 :あまりのことに顔がムンク完結 ◆JWHiOyJ6 :02/06/26 23:22 ID:4wfDgYTw
>284
ノォー!やはりそんな致命的なミスをおかしていたか!
日記とマッチの関係性はものすごく自信がなかったのです。
マッチ…娘さんいらっしゃったように思ったのは記憶違いか…。

米つきバッタのごとく謝らせて頂きます。大変に申し訳ない。
マッチと日記を書くためにバトロワ書いてるのかもしれないとか
思ってることに免じて、大目に見てください。(´・ω・)ショボボーン

287 :ななしじゃにー:02/06/27 10:22 ID:1W/iSCDE
こないだうたばんかなんかで子供の話してたような
憶えがあるんだけど、記憶違いかな……?>マッチ

メンバー出揃っていよいよ怒濤の展開、という感じでしょうか?
毎日楽しみにして覗いてます。ガンガッテください!

288 :92 ◆JWHiOyJ6 :02/06/27 23:16 ID:vBIYSkkj
体を支えていた手を滑らせ、足をもつれさせ、斜面に沿って二宮は転げた。
どういう倒れ方をしたのか、そう急でもない地面を何度か回転してようやく止まる。
倒れた瞬間、肩に激痛が走ったが、
あまりの痛みに痛覚が麻痺したのかそれ以後はなにも感じない。
仰向けになって空を見た。
丸い月が浮かんでいた。
きれいだ。
そう思ったら泣きそうになった。
―――もうダメかな…
まったく動かせなくなった自分の体に、他人事のようにそう考える。
こうやって死んでいくなら、そう悪くないかもしれない。
もう痛くないし、苦しくもない。ただ寒いだけで。
しかしふと首を巡らせて横を向き目にしたものに、二宮は別人のように跳ね起きた。
「大野!」

289 :-93 ◆JWHiOyJ6 :02/06/27 23:16 ID:vBIYSkkj
「大野! おおの!」
岩と大木に囲まれた隙間から覗いていた体。
駆け寄って、手足をまるめ横たわる大野を強く揺さぶりながら二宮は素早く検分する。
目立った外傷はない。
そのことに少し安堵して更に強く呼ぶ。
「大野!」
「…ん…?」
切迫した二宮の声とは対極に位置するかのようなのんびりした答えが返る。
「なに…にの…?」
ごそごそと寝返りを打つ大野に、二宮は唖然とした。
「…ね、寝てたの…?」
ようやくそれだけ聞くと、
「んー…?」
大野はまだ寝ぼけている。
がっくり。
そんな言葉がぴったりな勢いで肩を落とし、二宮は力なく笑った。
「おとうさーん…寝ないでくださいよー、こんなとこで」
こんなときに。

290 :ななしじゃにー:02/07/01 20:51 ID:A3iUeW7+
最近完結さん急がしいんでしょうかね?
続き楽しみにチラチラ覗きにきてます。
急かしてるワケではないんですが、がんがって下さいねー。

291 :-94 ◆JWHiOyJ6 :02/07/01 23:10 ID:SUffIMu9
それから二人、色んな話をした。
家族のこと。友達のこと。仕事のこと。
昔話、思い出、楽しかったこと、悲しかったこと、色んな、色んな話を。
大野が寝ていた場所に二宮は横になり、声が掠れる度に何度も水を飲ませてもらった。
傷から流れる血が地面に深く黒く染みていく。
息が苦しく、体は寒く、重い。
「にの、にの、にの…」
途方に暮れたような顔でひたすら繰り返す大野がぼんやりと闇にまぎれて見えなくなっていく。
あぁそれでも自分は幸運だ。
こうして誰かに―――友達に手を取られて死んでいくことができる。
相葉に対する怒りや恨みは、不思議なほどなかった。
あいば―――おまえも誰かに手を握られて死ぬことができればいいのにな。
最後に吐いた息とともに自分の魂が抜けていくのを感じた。

丸い月が天頂に昇る。
24時の放送が島に流れはじめた。

【二宮和也死亡:残り15名】


292 :午前零時の集計:02/07/02 11:47 ID:nkSdBYky
[ここまでのお話]
>>14-19 >>32-33 >>36-40 >>49-51 >>55-56 >>68-71 >>77-79
>>85-87 >>94-97 >>102-104 >>110-112 >>115-116 >>120-122
>>127-128 >>134-135 >>142-144 >>153-161 >>167 >>176-178
>>182-186 >>192 >>196-197 >>203-204 >>210-211 >>218-220
>>231-232 >>246-247 >>252-253 >>259 >>266 >>272-273
>>281-283 >>288-289 >>291

293 :95 ◆JWHiOyJ6 :02/07/02 23:08 ID:/13InAC3
きぃんと高い耳障りな音が響く。
続いて雑音混じりの放送がはじまった。
「24時ちょうどになりました。みんな眠くなってない?」
この時点で生き残っているものは皆、一様に顔を上げ、空から降る放送を聞いた。
「それでは現時点での死亡者を発表します。
 東山紀之、植草克秀、国分太一、堂本光一、城島茂、長瀬智也、二宮和也の7人です。
 いいペースです。このペースでいくと、時間までにちゃんと1人になるかもね。
 新たな禁止エリアも発表します。B−6、E−3、G−2、H−4、I−4です。
 大野くん、お友達が死んでショックなのはわかるけど、いつまでも同じ場所にいちゃダメ。
 禁止エリアにしておいたから、早く移動してね。以上です」
副社長の声は淡々と、事務的に終わった。

294 :96 ◆JWHiOyJ6 :02/07/02 23:08 ID:/13InAC3
「…今、なんて」
呆然と呟き、櫻井は松本と目を合わせた。
二宮、と、その名前が死亡者として挙げられたことが信じられなかった。
「にの…?」
呟くと、忘れるはずもないあの顔が浮かんでくる。
今まで誰の名が呼ばれても湧かなかった悲しみが、不意に胸から溢れて涙になった。
―――気の済むまで泣いて、真っ赤な目のまま櫻井は木にもたれて大きな息を吐いた。
「大野くん、ちゃんと移動したかな。間に合ったかな」
「…大丈夫だろ、たぶん」
松本の言葉にそう答えたのは、自分がそう信じたかったからだ。
二宮は、どうやって死んでいったのだろう。誰に殺されたのだろう。
大野と一緒に行動していたのだろうか。自分たちのように。
考えることはたくさんある気がしたが、泣きすぎたせいで頭が痛い。
櫻井はもうひとつ息を吐いて、腫れたまぶたで瞬きをくり返した。
涙をそうして散らしてしまうと、思い浮かぶのは残り1人のメンバー。
「あいばちゃん、だいじょうぶかな…」
「ん…」

295 :-97 ◆JWHiOyJ6 :02/07/02 23:09 ID:/13InAC3
―――遠い意識の彼方で放送を聞いた。
二宮和也、と呼ばれた名前も。ここが禁止エリアに指定されたことも。
だが大野は動けなかった。
握りしめた二宮の手が、まるでおもしのように大野をこの場所に縫い付けて離さなかった。
僅かに残っていた生色が二宮の顔から失われていくのをぼんやり見ていた。
ピッ
やがて、電子音が無粋に静かな世界を乱そうとする。
ピッ、ピッ、ピッ、ピッ…
人工音は、徐々にその間隔を短くして大野に警告した。
頭を失くした東山の姿をふと思い出す。
顔がなかったら、天国で誰かわかってもらえないかも。
そう思ったけど、きっと手を繋いだままの二宮がわかってくれるだろう。
大野は静かに目を閉じた。

1分後、爆発音が響いた。

【大野智死亡:残り14名】


296 :完結を目指すバトロワ ◆JWHiOyJ6 :02/07/02 23:12 ID:/13InAC3
週末はずっと家を空けていたので更新できなくてすみません。
7月に突入しても引き続きがんがりますのでよろしくです。
気がつけば1ヶ月半もバトロワ書いてるんだなあ。

>292
午前零時の集計人さん、ありがとうございました。
そう、バトロワ内ではまだ6時間しか経過してないんです…。

297 :がんがれー:02/07/03 00:02 ID:ssK4068V
Vは全員生き残り組なのね…実はサバイバルグループだったり。

298 :ななしじゃにー:02/07/03 00:37 ID:03OQOLbf
乙彼様ー。
切ないなぁ。でも平安はいい最期だったと思う。
そっか、Vはまだ誰も死んでないのか。
ドキムネですわ。
完結さんがんがって!

299 :ななしじゃにー:02/07/03 00:43 ID:z32SmbOT
私はこの放送を聴いてしまった副将の心境にドキムネ!!っす

300 :ななしじゃにー:02/07/03 00:50 ID:ewraa0ie
へっ‥‥へっ‥‥平安〜! 小僧〜っ!! 。・゚・(ノД`)・゚・。
泣けますた‥‥きっとわかってくれるよね。

時間軸、そんなに無理はないと思いますよ。
更新ペースも早いので、読み手が待たされることもないし。
予想がつかない展開の連続でドキムネしまくりです。がんがってください。

301 :98 ◆JWHiOyJ6 :02/07/03 23:05 ID:O85AlvHJ
二宮和也、その名前が死亡者として挙げられたのを聞いて相葉は足を止めた。
なんの感傷も湧かないのが不思議だった。
涙のひとつも流すべきなんじゃないかと思った。
しかし心の奥を覗きこんでも悲しみの欠片も見当たらない。
へんなの。
相葉は少し首を傾げた。
まぁでも、気にするほどのことじゃないか。
きっと自分も数時間かそこらの後には同じ道を辿るのだから。
…あの世で会えば、二宮はまた怒るだろうか。
それとも、なんでもない顔で許してくれるだろうか。
それもすべて会えばわかることだ。
「にの…」
なんとなく名を呼んでみる。
答える人はこの世にいない。
思いがけず、なにか衝動のようなものが喉の奥から込み上げてきたけれど、
それは涙や悲しみといったはっきりとした形になる前にまた沈んでいった。
「にの」
はっきりと声をあげて、もう一度呼んでみる。
答える人はいない。
相葉はペットボトルの水をすべて飲み干すと空のボトルを放り投げ、歩き出した。
手に己の武器だけ持って。
自分のバッグも、二宮のバッグも置き去りで。

302 :-99 ◆JWHiOyJ6 :02/07/03 23:06 ID:O85AlvHJ
死亡者として挙げられた名前を、健はこっそり指折り数えた。
8名。
それだけの命が失われたのだと思えば背筋が冷えたが、
その中で生き残れている幸運に感謝した。
あるいはこのまま…最後まで。誰にも殺されず、誰も殺さずいけないだろうか?
浮かんだ甘い期待を完全に打ち消すのは難しかった。
そんなことはありえない。
そう思うけれど、もうなにも見たくなかった。
恐ろしいものも、むごいことも、なにも目にしたくなかった。
いっそ目を閉じ耳を塞ぎ、手足を丸めて眠っていられればどんなにかいいだろう。
誰かを殺す誰かも、誰かに殺された誰かも見たくない。
争い。諍い。裏切り。疑心暗鬼。不安。怯え。恐怖。
どろどろした感情が渦巻いているこの世界。それがなにより厭だった。
死ぬことより。誰かに殺されることより。
屈託なく―――あるいは屈託ないふりで―――笑えないこの状況が、とても厭だった。

303 :完結を目指すバトロワ ◆JWHiOyJ6 :02/07/03 23:08 ID:O85AlvHJ
次でようやく100。
200で終わるってのは難しい鴨。
書き手になってわかった苦労に、
ミドル版他、先人の職人さん達の偉大さをしみじみ感じる今日この頃。

304 :愛読者:02/07/06 04:19 ID:mwI77Gkc
J@バトロワも4本になって話がごっちゃになってきてる人が私の他にもいるはず。
というわけで集計してみました。間違っていたら直してください。
( )内は第三者として殺害現場を見てしまった場合、負傷中の場合、死亡者の武器が
他の人によって持ち出されていない場合等が書いてあります。
仕掛け人:社長・副社長

<武器>
相葉雅紀 【銃】
井ノ原快彦【素手】【植草の銃】【国分の銃】【城島のハリセン】
大野智  【毒】(死亡・禁止区域)
岡田准一 【短刀】(国分の殺害現場目撃)
堂本剛  【コルトガバメント】【光一のバック】(光一の殺害現場目撃)
長野博  【レミントンデリンジャー】
二宮和也 【ジャックナイフ】(相葉に撃たれて左肩負傷後、死亡・禁止区域)
山口達也 【ドラムスティック】【東山のフライパン】
近藤真彦 【探知機】
森田剛  【アイスピック】(三宅と行動)
三宅健  【銃】(森田と行動)
坂本昌行【マシンガン】(松岡に切られて腹部負傷)
松岡昌宏【日本刀】
―――――――――――――――――――――――
松本潤 (櫻井と行動・足捻挫)
櫻井翔 (松本と行動)
錦織一清

<死亡者>
東山紀之 【爆死・首輪】
植草克秀 【銃殺・相葉】
国分太一 【銃殺・井ノ原】
堂本光一 【刺殺・岡田】
城島茂  【銃殺・井ノ原】
長瀬智也 【刺殺・松岡】
二宮和也【銃殺・相葉】
大野智 【爆死・首輪】



305 :100 ◆JWHiOyJ6 :02/07/07 03:11 ID:NAyIxvXx
自分には人が殺せると確信している者と、殺されても殺したくないと願っている者。
対峙する前に勝負は決まっていたのだ。
銃を持った相葉を見て、それが自分に向けて構えられるのを認めて、
自分の手にも対抗する武器はあるにも関わらず、
それでも健は攻撃をすることができなかった。
あるいは相葉が狙ったのがゴウであれば、威嚇のためにでも銃を撃てたかもしれない。
しかしちょうど健はゴウの前、ゴウの体を庇うような並びで歩いていたところだった。
だから健は、ただ相葉の殺意が自分を襲うのを受けとめることしかできなかった。

306 :-101 ◆JBR/3vs. :02/07/07 03:12 ID:NAyIxvXx
銃声が響いて、初めてゴウは健の背中の向こうの敵の存在に気づいた。
直後、目の前の健の体が崩れ落ちる。
「バカ、なにやってんだ貸せ!」
ゴウが叫び、倒れた健の手から銃を奪う。腰を上げて走れば銃声がついてきた。
素早く木の影に隠れ、健のいる場所とは反対方向に向かってバッグを投げる。
がさっと音を立てて茂みを揺らし、バッグは地面に落ちる。
その瞬間、木の影から飛び出した。
茂みの方角に照準を合わせて撃った相葉の銃の、その銃声に重ねるようにして弾を発射した。
2発、連続して撃つ。
当たった瞬間は見ていない。
ゴウが銃を下ろしたとき、相葉はゆっくりと倒れていった。
―――死んだ、か?
汗がこめかみを伝っていくのを感じながらゴウは目を凝らす。
死んでいてくれればいい。これ以上攻撃をしかけてこなければいい。
―――死んでてくれ。
これまでの人生の中で、これほど純粋に人を死を願ったことはなかった。
その人物は、自分が殺したというのに。

307 :100回記念完結 ◆JBR/3vs. :02/07/07 03:15 ID:NAyIxvXx
100越え記念にトリップをバトロワ風に変えてみました(w
今後ともよろしくおながいします。

>>304
詳しい集計、ありがとうございます。
感謝カンゲキ雨嵐でございます。
そうですね、4つのバトロワが同時進行してると混乱しますよね。
これからはこまめに集計を入れていきたいと思いまつ。

308 :ななしじゃにー:02/07/07 11:46 ID:lkTqc7VV
☆、死なないで〜〜。番長がこれからどうなってしまうのか・・



309 :ななしじゃにー:02/07/07 13:13 ID:Oi+pS2IS
完結さん乙彼様。
ひらも☆もまだ死んではいないんだよね?
完結さんこれからもがんがって下さい。
200でも300でもお付き合いしたいと思います。

310 :102 ◆JBR/3vs. :02/07/08 23:50 ID:TZfwPoqO
しばらく待って、相葉が起きあがってこないのを確かめてからゴウは健の元へ戻った。
すると健はその場に倒れたままの姿で。
それを見たゴウは、何か怯えに似た感覚を覚えて健のすぐ傍までは行けなかった。
だから少し離れたところから声をかけた。
「健…」
呼んだ声は掠れていた。
「健」
それでもう一度呼んだ。
不自然な体勢で倒れたままの健の体が少し動く。
「ゴウ…?」
返された声は普段とそう変わらなかった。
ホッとして、ゴウは3歩ほどあった健との距離を縮め、傍らにしゃがみこんだ。
「け…」
大丈夫か、と呼びかけようとしてふと気づく。血の匂い。健の体に開いた穴。
「…健!」
抱き起こすと背に回した手がぬめる。健の血だ。
胸の穴は心臓を外れてはいる。しかし真っ赤な、あまりに真っ赤な血が溢れて止まらない。
「ゴウ、大丈夫?」
だけど健はいつも通りの声で、ゴウの心配をした。
「ああ」
「よかった…」
頷いたゴウに、ホッとしたように息を吐いた健の唇から鮮やかに赤い血が流れ始める。

311 :-103 ◆JBR/3vs. :02/07/08 23:51 ID:TZfwPoqO
健は不意に咳き込むと、顔を背けて大量の血を吐いた。
「健、しっかりしろ!」
軽く健を揺さぶる。強く動かすと、それだけ血が出そうで怖かった。
「健? 健、健…」
自分の吐く血にむせる健に、どうしていいのか分からずゴウはただ健の名前を呼ぶ。
徐々に冷たくなっていく健の体。
どうしようもなく命が、健の命が奪われていくのを手に感じてゴウは途方に暮れた。
「健…」
ふと顔をこちらに向けた健と目が合った。健は口元に笑みを浮かべる。
「ねえゴウ。ゴウは今、しあわせ?」
咄嗟に答えられなかった。
なにを言うんだ、と思った。こんなときになにを。
おまえはいつもそうなんだよ。わけわかんないこというんだ。おまえはいつも…
「ゴウが幸せならいい。みんな、しあわせならいい…」
小さくなっていく声で、健はくりかえしつぶやいた。
「しあわせならいい…」
笑ったままで健は、うっとりとまぶたを閉じる。
―――そうして二度と目を開くことはなかった。

【三宅健死亡:残り13名】



312 :ななしじゃにー:02/07/09 00:14 ID:JaV6+EaQ
あぁ〜〜っ!☆〜〜っ!!
自担Gなのもあり、思わず泣いてしまいました。
☆、あんた優しい子やなぁ…。
最期の最期まで人の心配して、人の幸せ願って…。
きっと天国に逝けるよ、☆なら…。

313 :ななしじゃにー:02/07/09 00:28 ID:zvLoEwIn
乙彼様です。
☆ーーーっ(泣
※コンビ解散か。
番長これからどうするよ?
って優香ひらどうなのよ?

314 :ななしじゃにー:02/07/09 01:06 ID:eSRPwTZ8
☆〜〜っ!自Gだけにより一層、涙涙です・・。
番長に看取られて逝ったのがせめてもの救いでしょうか。
最初の方で「だからゴウ、最後なんだから笑っていようよ」と言っていた☆。
笑って逝けた事を誇りにして空の上でも笑っててほしいなぁ。
そして、これからの番長の精神状態がどうなるのか・・・ドキムネです。

315 :ななしじゃにー:02/07/09 09:05 ID:Fro3sd++
ヤバイ、会社なのに泣きそうで必死にこらえてます。>仕事しろ、自分。
☆、ゆっくり眠ってくれ。番長…ガンガレ!これ以外にかける言葉が
見つからない。完結さんもマイペースで頑張ってください。

316 :ななしじゃにー:02/07/09 09:06 ID:vV0ZSTc2
他グループ担だけど涙、涙です。
剛健コンビ好きなんだよ〜っ
これから番長どうなっちゃうんだろう・・・。

317 :ななしじゃにー:02/07/09 21:59 ID:q17LnNls
これを朝読んでたもんで、さっきガコイコのおバカコンビ見てたら泣けて来た・・・。

318 :ななしじゃにー:02/07/10 12:31 ID:LRksj5wd
誰かが仲間に看取られながら死んでいく場面ってのはやっぱり泣けますな・・・・゚・(ノД`)・゚・

319 :104 ◆JBR/3vs. :02/07/11 12:16 ID:zBB7cu1a
月明かりに安っぽく光る銀色の銃身。
手にした健の銃を凝視して、それからゴウは健の顔を見遣った。
既にその頬から血の気はなく、ただ白いだけの顔が息づきもせずある。
そっと指を伸ばして触れてみた。
冷たい皮膚。
ああ――――――
長い長いため息をゴウはつく。
本当に死んでしまったのだ。本当に…。
ゴウはどこか呆然とした表情で辺りを見回した。
せめて健の好きそうな花でも供えてやりたかったが、
この時期に咲いてる花は野になく、ゴウは歩き出した。
全身が酷く痛んだ。
皮が骨に貼りつくようだった。
体から全ての肉が殺ぎ落とされたみたいだ。
健。
当たり前にずっとそばにいた存在。
死という形で失うなんて思いもしなかった。
健。
名前を呼べば、目の前にあの健の顔が浮かんで喉が詰まり、息ができなくなる。
健。健。
「健」
声に出して呼ぶと、どうしようもない喪失感が苦し過ぎて死にそうになった。

320 :-105 ◆JBR/3vs. :02/07/11 12:16 ID:zBB7cu1a
腹に2つ、開いた穴を探った手のひらで押さえて相葉は薄い胸を上下させた。
激痛に、脂汗がこめかみを伝い地面に落ちていく。
傷どころか頭までもが酷く痛む。立ち上がろうと足掻いては萎える力。
なにかを考えなければいけない気がするのに、余りの痛みに思考はまとまらない。
ふと人の気配を感じて手に握ったままの銃に意識を集中させようとしたが、
直後、右手を銃ごと踏みつけられる。
「―――――――ぅ」
音にならない呻きを上げた相葉の手首を、ゴウは骨を砕く強さで踏みしめた。
その片足に全ての体重をかけ、健の銃を突きつける。
重い音を立てて銃弾は放たれ、相葉の額を貫通した。

【相葉雅紀死亡:残り12名】


321 :ななしじゃにー:02/07/11 21:41 ID:GAteUCkB
ヒィー、ば、番長・・・(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
ブラック番長に萌えてしまいました。
ひらに合掌。南無。

322 :ななしじゃにー:02/07/12 01:39 ID:PH+QLpuR
完結さん乙です。
ビビリな番長が人を殺した…ヤパーリ☆の死はそれほど重かったのじゃろうか。
番長、このまま殺人マッスィーンになったりせんよな(藁
ひら、南無。

323 :ななしじゃにー:02/07/12 02:18 ID:KCViS1q/
完結さん乙彼さまです。
番長に人が殺せるとは思っていなかったので、
Jr時代からの友、☆の存在の大きさを改めて感じます。
☆の名前を呼ぶ番長の姿に涙しました。


324 :まとめ ◆JBR/3vs. :02/07/12 06:57 ID:x8p9BGZ9
<生存者>

井ノ原快彦【素手】【植草の銃】【国分の銃】(国分・城島射殺。ゴウ・健を襲撃するも逃す)
岡田准一 【短刀】(井ノ原の国分殺害現場を目撃、光一刺殺)
近藤真彦 【探知機】(植草と遭遇。その後戦闘を避けて移動中)
坂本昌行 【マシンガン】(松岡に襲われ、胸から腹部にかけて切られる)
櫻井翔  【?】(松本と行動。診療所へ向かっている)
堂本剛  【コルトガバメント】(岡田の光一殺害現場を目撃)
長野博  【レミントンデリンジャー】
錦織一清 【?】(植草を弔った後、近藤と遭遇。引き続き移動中)
松岡昌宏 【日本刀】(坂本襲撃も逃す。その後長瀬を刺殺)
松本潤  【?】(櫻井と行動。足を軽く挫いており、診療所へ向かっている)
森田剛  【アイスピック】【健の銃】【相葉の銃】(健と行動するも、相葉に健を殺される。相葉射殺)
山口達也 【ドラムスティック】【東山のフライパン】(長瀬の脱出計画を聞いている)

325 :まとめ ◆JBR/3vs. :02/07/12 06:57 ID:x8p9BGZ9
<死亡者>

東山紀之 【爆死・首輪】(社長によって爆殺される)
植草克秀 【銃殺・相葉】(校舎を出たところで相葉に射殺される。錦織に弔われる)
国分太一 【銃殺・井ノ原】(井ノ原と銃撃戦を行い死亡)
堂本光一 【刺殺・岡田】(長瀬と遭遇後、脱出計画に岡田を誘おうとして刺殺される。つよしに看取られて死亡)
城島茂  【銃殺・井ノ原】(安らかに眠る)
長瀬智也 【刺殺・松岡】(脱出計画を練り、仲間を増やそうとするも松岡により刺殺される)
二宮和也 【失血死・相葉】(相葉に銃撃された後、大野と邂逅。大野に看取られて死亡)
大野智  【爆死・首輪】(寝ていたところ傷を負った二宮に起こされる。二宮を看取った後、自分の意思から死亡)
三宅健  【銃殺・相葉】(森田と行動していたが、相葉によって銃殺される)
相葉雅紀 【銃殺・森田】(開始直後に植草を射殺。二宮も撃つ。健を射殺した後、ゴウの反撃を受け死亡)

326 :おはようございます完結です ◆JBR/3vs. :02/07/12 07:00 ID:x8p9BGZ9
最近更新ペースが落ちていてすみません。
PCの画面を見ていると異様に疲れるという
奇癖に取りつかれてしまい(苦ワラ

後発の書き溜めさんにあっさり抜かされて
(´・ω・)ショボーンでございます。
あの勢いはスバラシイ…。

とりあえずここまでのお話をまとめがてら、
生存者・死亡者リストを作っておきました。では。

327 :お邪魔します書き溜め ◆3RpkmWIM :02/07/12 20:16 ID:PTIggPWa
>完結さん
乙カレ様です!いつも楽しく読ませていただいてます。
単に書き溜めてたおかげで勢いがあるように見えるだけで
実はいっぱいいっぱいです(焦
あいつケキョーク勢いだけだったな・・・と言われて
(´・ω・)ショボーンにならないようにがんがります(w

328 :読者その1:02/07/14 00:30 ID:XmoEXNr0
完結さん、いつも楽しませていただいてます。
更新遅いと思ったことないっすよ〜。
完結までマイペースにガンガッテください!
それにしても番長と☆の展開泣ける…。

141 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)