5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【最終】通天作戦第36会議室【決戦!】

926 :どっちの名無しさん?:02/02/10 21:48
「やめて、痛いよぅ…。オッパイ引っ張らないでぇ…」
「あらぁ?衛ちゃんも誰かさんと同じような事言うのねぇ。止めて、って言う時は、ホントはもっとして欲しいのよねぇ」

咲耶は意地悪く笑うと、衛の両乳首を引っ張ったまま、クリクリとひねり回した。

「はぁあ・・はぁん…ふぅん…」

痛がっていた衛の声が、次第に甘えたものになっていく。
床に両膝をついた衛の股間、ホットパンツの白い布地に愛液の染みができ、みるみるうちに広がっていった。
ついにはポタポタと床に垂れ出した

「あなたもお兄さまみたいに、セックスなしでは生きられない体にしてあげる」

咲耶はビショビショになった衛のホットパンツとパンティーを脱がし、幼女をオシッコさせるような体勢で後ろから抱きかかえた。
ビラビラというには程遠い、まだ発育途中の大陰唇が、ピンク色の秘門を守っていた。
普段は固く閉ざされていたであろう小陰唇は、媚薬によってジットリと濡れそぼり、ピンク色の口を開けてヒクヒクしていた。
そんな衛の股間を、千影が覗き込む。
彼女が右手に持っているもの…瞬間接着剤アロンアルファを見て、衛がおびえた。

「や…やだ、やめてぇ…なにするの…」
「暴れてはいけないよ…。動くとオンナのコの大事な割れ目がくっついて、セックスもオッシッも出来なくなるよ。フフフ…」


248 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)