5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【最終】通天作戦第36会議室【決戦!】

873 :どっちの名無しさん?:02/02/10 21:24
そう言うと千影は、僕の右乳首に吸い付いた。

「そうねー。女の子なら、オッパイでイッちゃっても不思議はないわ」

千影に続き、咲耶も僕のい左乳首に吸い付いた。
二人の妹は音を立ててビンビンに勃起した僕の乳首を吸い、甘噛みし、こねくりまわす。
衛に後ろから貫かれ、千影と咲耶に乳首を吸われながら、僕は悶絶した。

「お尻、気持ちいい!オッパイ、気持ちいいいいい!」
「あにぃがイク…。ボクのオチンチンで…」
「出ちゃう、オチンポしごかれないのに、精液が出ちゃうよぉ!」
「あぁん、あにぃ、ボクもイッちゃうよぅ!」

次の瞬間、前立腺と乳首への愛撫だけで、僕は絶頂に達し、射精していた。
こんなに勢い良く射精したのは始めてだ。ピュッ、ピュッ、と2メートルは飛んだんじゃないだろうか。

僕と同時に果てた衛は、ディルドーをアナルから引き抜き、仰向けに倒れ込んだ。
荒い息をついている衛を抱き起こし、咲耶がそっ、と口づける。

「よく頑張ったわね。立派だったわよ、衛ちゃん」

咲耶は僕の方を振り向くと、軽蔑しきった表情で行った。

「ついにオチンチンをいじらずにイッちゃったわ。これでお兄さまも立派なオンナのコね」

千影は僕の後ろに立ち、両手の人差し指でクリクリと、僕の両乳首を弄りながら言った。

「オンナのコになった兄くんのために、苦労して女性ホルモンを入手したよ…。注射して、オッパイを大きくしてあげよう…」
「はい・・・。嬉しいです・・・。千影さま・・・」


248 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)