5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【最終】通天作戦第36会議室【決戦!】

761 :どっちの名無しさん?:02/02/10 20:58
常人には信じられないような言葉だったが、数時間に渡ってピンクローダーの刺激で生殺しにされていた僕にとっては、射精する事以外頭になかった。
必死でペニスをしごきたててる間も、二人の妹は聞こえよがしに言葉で僕を責め立てた。

「見て。千影ちゃん。あんなに貧相なペニスを夢中になってしごいているわ」
「信じられないよ…。妹の目の前で…。まるで…猿だね…」
「ビデオに取って、他の妹にも見せてやいたいわ」

二人の冷ややかな視線、屈辱的な言葉すらも、僕にとっては快感を高めるだけだった。
体の奥から快感がこみあげてきて、もうすぐイキそうになる、その時…。

階下にある玄関のドアが開く音がして、聞きなれた声した。

「こんにちわー。兄ぃー。いないのー?」

衛!どうしてここに!
思わずチンポを握り締めた手を止める僕の前で、咲耶は楽しそうに言った。

「衛ちゃん!お二階よ!お兄様はお二階の部屋にいるわ」
「なんだー。咲耶ちゃん、楽しい遊びってなんなのぉ?」

そう言いながら、衛が階段を上がってくる音が聞こえてきた。
咲耶は僕の縛られている椅子をドアの方に向け、耳元で囁いた。
「ほら、女の子の服を着て射精する所を衛ちゃんに見てもらいなさい」
「やだ!咲耶さま!やめてぇ!」
「うるさいわねぇ。見られたくなかったら、射精をガマンすればいいのよ!」

そう言うと咲耶は、ペニスを握ってる僕の両手の上に自分の手を重ね、無理矢理ペニスをしごかせた。

「ダメだ!衛、来ないで…むぐぅうう」

衛を静止しようとした僕の口に、千影が唇を重ね、言葉を奪う。
千影にチュッ、チュッと音を立てて舌を吸われ、咲耶にグチュグチュとペニスをしごかれながら、僕は絶望的な快感を味わっていた

248 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)