5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

サウンドノベル4「ハッピーエンド」真実の章

1 :辻っ子のお豆さん:02/01/09 23:21 ID:L4AUTJLR
最後のスレかもしれないだろ、だからぜんぶ話しておきたいんだ。

サウンドノベル「娘切草」
http://choco.2ch.net/ainotane/kako/1001/10014/1001482983.html
サウンドノベル2「むすめたちの夜」
http://choco.2ch.net/ainotane/kako/1001/10019/1001989242.html
サウンドノベル3「街れす」
http://choco.2ch.net/ainotane/kako/1003/10031/1003141616.html
サウンドノベル4「ハッピーエンド」旅立ちの章
http://choco.2ch.net/ainotane/kako/1004/10047/1004755292.html
サウンドノベル4「ハッピーエンド」勇者の章
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/ainotane/1006563009/
サウンドノベル4「ハッピーエンド」帝国の章
http://tv.2ch.net/test/read.cgi/ainotane/1008305977/
RPG「ハッピーエンド」
http://isweb40.infoseek.co.jp/computer/kagomame/

2 :辻っ子のお豆さん:02/01/09 23:22 ID:L4AUTJLR
(プロローグ)
彼女との出会いで、平凡だった私の人生が大きく変わったんだ。
本当は臆病で怖がりで泣き虫のくせに、皆の前ではいつも強がって、
自分の身を犠牲にしてでも、誰かを助けようとする思い。
そんな彼女の覚悟に、私は少しずつ変えさせられていった。
私は彼女に勇気という名の決意を教わった。
だから、私は彼女を助ける。
たとえ世界中の全てがそれを認めようとしなくても、私は止まらない。
もう一度彼女に会うんだ。
もう一度彼女の笑顔を見るんだ。
だって、約束しただろ・・
一緒に8段アイス食べに行こうってさ。

3 :辻っ子のお豆さん:02/01/09 23:22 ID:L4AUTJLR
【第四部 真実の章】

えーっと、どこまで話したっけな。
ああ、そうそう、あいぼんがなっちに殺された所だね。
まさか統べての黒幕があの人だったなんて、想像もしなかったよ。
そんでもって師匠に福田にあややが敵なんだもん。
正直、もう駄目だって思ったね実際。
こっちは私と愛とののだけなんだよ。
ののは死んだあいぼんを抱えて、泣きじゃくってるし。
私も戦闘の連続で体力的に限界にきてたし、こっちの戦力はないに等しかったんだ。
おまけに相手があの化け物三人だ。どうみたって助かりっこないだろ。
あぁ私も死ぬんだ、アーメン。てな感じだったわけ。
え、じゃあどうして今生きているかだって。
へへー、神様もどうやら私達を見捨ててなかったみたいでぇ〜。
絶妙なタイミングであいつがやってきたの!
もうかっけーの!狙ってたんじゃねーの、てぐらいのタイミングでさぁ。
うん?あいつじゃ誰か分からないって?
バッカねー、あいつったらあいつしかいねえじゃん。
ごっちんだよ、ごっちん。

4 :辻っ子のお豆さん:02/01/09 23:23 ID:L4AUTJLR
死を覚悟したその瞬間、私の目の前に金色の刀を持った少女が立っていた。
それを見た福田、松浦、市井が咄嗟に動きを止めた。
「生きていたのか、後藤真希。」
魔王なっちが現れた少女を睨み付ける。
「あんたを倒すまでは死なないよ。」
彼女の声を聞いて私は思い出した。ダンサイの町で出会った娘、ごっちんだ。
福田と師匠の顔色が変わっている。
あややだけは、良くわかってないみたいに首を傾けているが。
「なんなんですか〜こいつ。さっさと殺しちゃいましょうよ。」
深い事情を知らない新入りの松浦に、福田が説明をした。
「そいつは我らが魔族の宿敵である光の末裔だ。そして奴が握るあの刀こそ
 聖剣ハマミエ、我らを滅ぼすことができるたった一つの武器だ。」
ごっちんが光の末裔?聖剣ハマミエ?
あまりに途方もない話に頭が混乱してきた。
だけど、奴等の動きが止まった理由がこれでわかった。
「じゃあここは私に任せて下さい、あややは人間だから無問題。」
緊張感のない松浦が、自らトドメを撃つ役を買って出た。
「いいだろう、お前の力見せてもらうべさ。」
なっちの承諾を得て、松浦がにっこりと微笑んだ。

5 :辻っ子のお豆さん:02/01/09 23:23 ID:L4AUTJLR
「痛くない様に一瞬で殺しちゃってあげるからね♪」
あややの手の平が、私達の方に向けられた。
「ファーストkill」
巨大な閃光が私達を包む。
私も愛もののも、ごっちんですら避ける余裕はなかった。
あまりの破壊力に帝国皇城そのものが崩れ落ちる。
ものの一瞬でその場はガレキの山と化した。
「ドッキドキ、やりすぎちゃいました。」
「お前なぁ、手加減てもん覚えろよ。うちらまで怪我する所だったぞ。」
「はーい、ちゃむさん。ごめんなさい。」
「まあいいべさ、これでなっちに刃向かう者はまとめていなくなったべ。」
勇者なっちの名は、大陸全土において圧倒的支持を得ている。
彼女がハロプロ王国の統一王者となって歓迎しない者はいない。
「魔族の王を、人間共が喜んで迎え入れる。滑稽な話だ。」
「長い間、勇者なっちの演技をしてきたのだ。そうでなければ困るべさ。」
「さてそれじゃあ最後の仕事に行こうか、なつみ。」
「ああ、何も知らないお姫様の為に、再び偽りの勇者に戻るべ。」
計画の全てを完遂したなっち一行は凱旋の途についた。

6 :辻っ子のお豆さん:02/01/09 23:24 ID:L4AUTJLR
「プハー!」
ガレキの中で吉澤ひとみは生きていた。
「よっすぃー。」
辻希美、高橋愛も生きていた。
「私達生きてるの?どうして?」
あややの魔法が、私達に当る直前に拡散して自ら避けた。
まるで奴等の眼をごまかして、私達を生かすかの様に。
一体何を考えているんだ、あややは?奴等の仲間ではないのか?
「くそっ!また逃がしてしまった・・」
後藤真希が悔しそうに瓦礫を跳ね除け、立ち上がる。
「待ってよ、ごっちん。説明して、これはどういうことなの?」
だがごっちんは避ける様に私の手を払う。
「これは私の問題だ。お前達には関係ない!」
彼女のその態度で私はムカッとした。

1.「もう関係なくない!私の仲間が殺されたんだぞ!」
2.「強情な奴だな!勝手にしろ!」
3.口で言っても聞かなそうだから、一発ぶん殴った。

7 :ペプシキング:02/01/09 23:24 ID:vh9pkZHl
新スレおめ!

8 :辻っ子のお豆さん:02/01/09 23:27 ID:L4AUTJLR
一応言っとくが昨日も今日も本物だよ。

9 :ペプシキング:02/01/09 23:31 ID:vh9pkZHl
急展開で楽しみです。
3で。

10 :ねぇ、名乗って:02/01/09 23:32 ID:9CWCd7We
新スレおめ・・・!
選択は1でおね・・・!

11 :ねぇ、名乗って:02/01/09 23:32 ID:ozWyBOF0
辻っ子さんお疲れさま!ここは無難に1で。

12 :ねぇ、名乗って:02/01/09 23:35 ID:jEb3sKeD
もち3

13 :れぼ:02/01/09 23:40 ID:TBoRPZyq
3でよろしくですっ!!

14 :加護っ子のお豆さん:02/01/09 23:43 ID:sqvk5BsT
新スレおめです。
あらゆる謎がこの章で真実になるんでしょうかねぇ。
ペンダント、究極魔法、何故市井は吉澤に技を教えたのか?
盗まれた勇者なっちの剣。そしてダーヤスのその後(藁

今回は3で

15 :ねぇ、名乗って:02/01/09 23:47 ID:UlGGUyni
待った待った!ってそんなに待っちゃいないが。
新スレおめっす。  で、3じゃのぅ。

16 :アルマーニ濱口 ◆2ggkL5EU :02/01/09 23:52 ID:y3R/BNfH
いよいよラススレか
1で

17 :アーロン:02/01/10 00:04 ID:WD1d2GQg
3。

18 :( ´D`)ノ:02/01/10 00:07 ID:1XjlyRsj
新スレおめでとうございます。
前スレの幕切れがあまりに衝撃的で一瞬疑ってしまいましたが、
こうじゃなきゃあまりにあっけなさ過ぎるし、第一章の幕切れも衝撃的だったし、
まだまだ我々を楽しませていただけるってだけでうれしいです。
で、選択肢は1で。

19 :ねぇ、名乗って:02/01/10 00:10 ID:FDu+rrYr
新スレおめです〜!
3がいいなあ。

20 :プリンス羊:02/01/10 00:13 ID:UhwVRqY4
矢口,紺野、福田がころっと倒された辺りで
おかしいとは思っていたんだけどね。

まさか加護が殺されるとは夢にも思わなかったよ。1で。

21 :ねぇ、名乗って:02/01/10 00:32 ID:UqffmGSv
3でもいいけど、1にしたら何て答えるかな?
て訳で1で。

22 :ざわ…:02/01/10 00:40 ID:xAElG3ZY
1〜

23 :あいぼんあぼーん:02/01/10 01:04 ID:VwXOChI/
2日ぶりに読んだら余りの急展開にビックリです。
3をしてから1、ってのは駄目ですか?

24 : ◆Fuchu5X6 :02/01/10 01:20 ID:bKO9b+Y8
( ノ´D`)ノ<新スレおめれとうなのれす!
       3でいくのれす!

25 :ねぇ、名乗って:02/01/10 01:32 ID:O86j9Cx3
俺も 3!

26 :ねぇ、名乗って:02/01/10 02:32 ID:J6fRW6iN
3で

27 :ねぇ、名乗って:02/01/10 02:42 ID:4JWwom32
うそだぁ。1で逝こうよ

28 :のてせ:02/01/10 08:10 ID:VWkXHdX6
無事更新おめ。
口下手で脚も早い後藤ゆえに「3」を。

29 :ねぇ、名乗って:02/01/10 08:59 ID:5hSYSkh8
3。殴って分かり合える友情もあるさ・・・

30 :ねぇ、名乗って:02/01/10 09:27 ID:a8PXNLXo
 @ノ )@
(o д ○)<さんさんさーーーーーーーーーーーん

31 :ねぇ、名乗って:02/01/10 10:27 ID:vhdz9eCn
\(^▽^)/<新スレおめでとうございます。1で♪

32 :兄貴の位牌:02/01/10 12:35 ID:FDbMrQGS
新スレを祝って3。

33 :名無し募集中。。。:02/01/10 13:52 ID:wDktARJB
3でお願いします。

34 :名無し募集中。。。:02/01/10 14:50 ID:/18pXz3F
3だろ。

前スレの914は氏ね。

35 :名無し募集中。。。:02/01/10 15:54 ID:UnwXZH2x
2!

36 : ◆KABO/ROM :02/01/10 18:10 ID:a2ApgjZF
3で

37 :名無し:02/01/10 20:03 ID:QPRD7Guo
とりあえず前スレで偽者偽者言ってた奴は書き込み一切禁止ね。

38 :ねぇ、名乗って:02/01/10 21:56 ID:TAPBBSSG
>>37
すでに書き込んでしまいましたが、何か?

39 :ねぇ、名乗って:02/01/10 22:30 ID:lL/FXZIG
新スレおめー♪
1で。

40 :ねぇ、名乗って :02/01/10 23:16 ID:PU15exFu
3かな

41 :辻っ子のお豆さん:02/01/10 23:59 ID:KFdchFzT
口で言っても聞かなそうだから、一発ぶん殴った。
我慢できなかったんだ。何もかも一人で背負い込む彼女の事が。
瓦礫の上に倒れたごっちんが私のことを睨み付ける。
「あんたムカツク。」
「ムカツいてるのはこっちだ!この意地っ張り!」
「何よ!何にも知らないくせに余計な口挟まないで!」
お返しとばかりに後藤は吉澤を殴り返した。
「イッテーナー、コノヤロー!」
私はすぐに起き上がって、また一発殴り返した。
そしてごっちんも殴り返してくる。終には殴り合いの喧嘩になってしまった。
「二人とも辞めてよ!ののちゃん、よっすぃーを止めて!」
高橋が呼びかけるが、辻は加護を抱いたまま反応がなかった。
加護の死は、幼い辻の精神にあまりに大きなダメージを与えていたのだ。
そんな事はお構いなしに、吉澤と後藤の殴り合いは続く。
「いい加減にしろよ!何にもできないくせに!」
「何にも知らないから、何にもできないからムカツいてんだよ!」
その最後の一撃で私達は同時に力尽き、その場に倒れ込んだ。
「ハァ…ハァ…、どうして?無関係のくせにそんなに首突っ込むのよ?」
「・・もう無関係じゃない。もう忘れることはできない!」

42 :名無し募集中。。。:02/01/10 23:59 ID:fa2We4HX
新スレおめ。
久々にごっちん登場♪ 3がいいな。

43 :辻っ子のお豆さん :02/01/11 00:00 ID:J8nmK3HU
あの場面が、目に焼き付いて離れないんだ。
なっちの剣があいぼんの胸を貫いたあの場面が…
「あいぼんの仇を放っておいて、ハッピーエンドなんてできないよ。」
後藤は、吉澤の瞳から止めど無く涙が零れ落ちているのに気付いた。
そんな涙ながらの吉澤の悲痛な叫びが、頑なだった後藤の心を揺れ動かしていく。
「・・私の先生なら、その子を助ける方法を知っているかもしれない。」
「えっ!?」
後藤の言葉に、吉澤、高橋、辻が顔を上げる。
「今何て言った、ごっちん。」
「私の先生なら殺されたお前の仲間を生き返らせる方法を知ってるかもって。」
「本当に!」
「あいぼんらいきかえるのれすか。」
「その可能性があるかもしれない、というだけよ。」
「ののはなんれもするのれす!らからあいぼんをたすけれくらはい!」
辻の顔にいつもの元気が戻った。
「やれやれ、じゃあ行く?先生の所へ。」
「行く!すぐ行く!どこにいるの?」
ごっちんは寝転んだまま腕を伸ばし、上空を指差して呟いた。
「空。」

44 :辻っ子のお豆さん :02/01/11 00:01 ID:J8nmK3HU
その頃、吉澤達とは反対側の瓦礫の下から娘が二人、姿を現わした。
「生きてますか〜矢口さん。」
「ん〜、あと10分、あと10分だけ寝させてー。」
寝ぼけた矢口と、彼女をおぶって脱出した紺野であった。
「朝じゃないですよー。あさ美ですよー。」
起こす方もボケていた。
「あぁなんだ紺野か。うん?おいら何で外で寝てんだ?って、なんじゃこりゃー!」
ようやく目を覚ました矢口は、崩壊した城を見て唖然とした。
「ちょっとこれどういうことよ!!紺野、説明して!」
コンコンは実は祭壇の間での一部始終を覗き見ていた。(怖くて出て行けなかった)
それで、とりあえず見たこと聞いたことをありのまま矢口に話した。
勇者なっちのこと、福田の裏切り、中澤の死・・
「裕ちゃんが明日香に殺された・・嘘でしょ。それになつみ達が魔族!?」
当然すぐには信じきれない話だ。だが切り替えの早い矢口はすぐに受け入れた。
「これからどうします矢口さん?もう帝国は滅びちゃいましたし。」
「決まってんだろ!裕ちゃんの弔い合戦だ!あいつら絶対に許さない!」
「えーたった二人でですか。」
「なんか文句ある?あ、思い出した。そういやお前さっき私を殴ったよな。」
矢口が振り返ると、紺野はすでに逃げ出していた。
「コラー待てー!私も一発殴らせろー!」

45 :辻っ子のお豆さん :02/01/11 00:02 ID:J8nmK3HU
ごっちんの話によると、その先生ってのは天空の城にいるらしい。
大陸の北に浮かぶ孤島に存在する高き塔を登ってしか、そこへは行けないという。
「腕に覚えのない者は辞めといた方がいいね。」
そう語るごっちんの顔は笑っていない。
脅しではない。どうやらかなり危険な場所の様だ。
「私は近くの町に残って、加護ちゃんを看てるよ。」
「うん、愛はその方が良い。あいぼんのことよろしく頼むね。」
そして吉澤はボコボコに腫れた顔で、同じくボコボコ顔の後藤に微笑んだ。
「私は当然行くよ。」
その顔を見た後藤は口端を少し上げる。
どちらからともなく二人は軽く手を叩く。ここに歪んだ友情が生まれた。
「ののもいくのれす!」
二人の間に辻も割って入る。

1.「そうだね、ののも一緒に行こう。」
2.「ののは愛とあいぼんを守っていてくれ。」
3.「ののにはハロプロ城の偵察を頼みたい。」

46 :名無し募集中。。。:02/01/11 00:04 ID:APCxB/Mo
タイミング悪いな俺。 逝ってきます。

1でお願いします。

47 :名無し募集中。。。:02/01/11 00:06 ID:APCxB/Mo
日付変わったからID変わってる・・・
ごっちんの活躍期待してます。糞レススマソ

48 :ねぇ、名乗って:02/01/11 00:08 ID:WVhXNdz+
是非1で。

49 :ねぇ、名乗って :02/01/11 00:10 ID:p/0kl/3z
1で
>>37
書きこみ禁止は言い過ぎだと思うけど・・・
前スレで辻豆さんを偽者扱いした人は、辻豆さんに一言あってもいいんじゃない?

50 :アルマーニ濱口 ◆2ggkL5EU :02/01/11 00:11 ID:cmuMihrg
>>49
そうだよなー、失礼だもんな
俺は本物ってわかってたけどW

1で

51 :ねぇ、名乗って:02/01/11 00:36 ID:qpTPHS+O
1でお願いします。

52 : :02/01/11 00:38 ID:xfKNjXbz
1で

53 :名無し募集中。。。:02/01/11 00:42 ID:RYDjGn6j
・・・1で。

54 :ねぇ、名乗って:02/01/11 01:01 ID:luXQOO5M
1じゃのぅ

55 :前スレ937:02/01/11 01:05 ID:YuXYvxU8
( -┏ ┓-)<正直、スマンカッタ

運命の章という前例があったもので・・・
ホントにごめんなさい

選択は2で

56 :j:02/01/11 01:29 ID:/2wWBPNh
スキルアップを考えるなら1だろうけど、高橋にまたスポット当たらなくなるのもやなので、
2で。

57 :無名でか・・・:02/01/11 01:36 ID:B2PQCksJ
新スレおめでと!
当然1でお願いします。

58 :のてせ:02/01/11 01:43 ID:kYPeD7Fv
辻と後藤も見てみたい、けど辻豆さんのザッピングも捨てがたい(w
……「2」で。

59 :名無し募集中。。。:02/01/11 02:05 ID:yMsIFz33
2でサッピングを・・・

60 :ねぇ、名乗って :02/01/11 02:10 ID:6FrDBa4v
辻豆さん,疑ってゴメンナサイ。
話の急展開に脳がついてけませんでした。
もう書き込みしないので許してね。

61 :名無し♪:02/01/11 09:21 ID:ZznGIMf3
3で♪
ののたんの大冒険を期待して…

62 :プリンス羊:02/01/11 13:48 ID:NJOdGizR
よしごま、辻と後藤、・・・3.

63 :あいおらいと:02/01/11 15:00 ID:T+CQ2qxc
ついにリアルタイムに追いついたよ 嬉しい
よしごまで行かせて、ののたんはハロプロ城へ向かわせて
ぜひかおののコンビの実現を

ってことで3でーぇ

64 :  :02/01/11 16:03 ID:ZQHcClge
矢口と紺野に萌え燃え〜〜♪
偵察中の辻からザッピングでこの2人に飛べることを期待して…

3でファイナルアンサー♪

65 :名無し募集中。。。:02/01/11 17:06 ID:Awdlwtv5
一塊よりも別れて進んだ方が面白そう、3

66 : ◆KABO/ROM :02/01/11 17:47 ID:xB1IE71W
1

67 : ◆Fuchu5X6 :02/01/11 18:21 ID:L824y6/u
( ´D`)<1なのれす!

68 :名無し名人:02/01/11 19:29 ID:nfsLxJ8k
1

69 :ねぇ、名乗って:02/01/11 20:27 ID:RGak41QK
3。敵さんの動きが気になる。いや、それよりなにより・・・石川が気になる!!

70 :age:18:02/01/11 21:32 ID:VQ4I5KHy
3で

71 :age:18:02/01/11 21:33 ID:VQ4I5KHy
挙げてしまった・・・失礼。

72 :辻っ子のお豆さん:02/01/12 00:26 ID:j2NORUKK
「そうだね、ののも一緒に行こう。」
「アーイ。」
インスピの街に愛を残し、私とののとごっちんは船で北の孤島を目指した。
船内で一泊し、翌日の朝起きると海原に目的の島が見えた。
島の中央に細長い塔が雲の上まで伸びている。
「あれが天空へと続く塔だね。ごっちん。」
「そうよ、今は大陸を追われた魔物達の住み処と化しているけどね。」
「モンスターいっぱいいるんれすか?」
「言ったでしょ、腕に覚えがなければ来るなと。」
「ののはモンスターなんかに負けないれすよ、後藤さん。」
私達は島に上陸し、真っ直ぐに塔を目指した。
塔に入ると、早速モンスターの群れが襲いかかってきた。
「足を引っ張る様なら置いていくからね。」
ごっちんは自慢の日本刀で次々と魔物を一刀両断してゆく。
その姿に思わず見とれてしまった。たった一人で戦い抜いてきただけの事はある。
桁外れに強い。これだけの数を相手にして傷ひとつ受けていない。
「こりゃ、負けてらんないや。」
私も気を引き締め、彼女の後を付いて行った。

73 :辻っ子のお豆さん:02/01/12 00:26 ID:j2NORUKK
どれくらい登っただろう、戦闘の連続で数えている暇もなかった。
「後藤さん、ちょうじょうはまだれすか?」
「あと半分くらいかな。」
「えー!まだ半分!」
想像以上にきつい所だった。敵のレベルも上に行く程どんどん上がっている。
本当に私達は天空の城まで辿り着けるのだろうか?
「よっすぃー、お外がきれいなのれす。」
ののが窓の外を眺めていた。私も隣に立ってその雄大な景色を一望した。
外下に広がる海が夕日で紅く染まっていた。
梨華ちゃんもこの夕焼けを見ているのかなぁ・・?
ふいに私は、離れ離れになった仲間の事を思い出した。

「よっすぃーも、この夕焼けを見ているかしら?」
ハロプロ城のテラスに、華やかなドレスを纏った美しい娘がいた。
「どうしたべさ?梨華姫。」
後ろから彼女に声を掛けたのは彼女の婚約者、安倍なつみ。
「あ、なっち様、何でもないです。ちょっと友達の事を考えていて・・」
「三日後の私達の結婚式にその友達も招待すればいい。きっと祝ってくれるべ。」
「はい・・そうですよね。」

74 :辻っ子のお豆さん:02/01/12 00:27 ID:j2NORUKK
ハロプロ国の姫と、新しき王となる英雄の結婚に国中が湧き上っていた。
帝国を滅ぼし戦争を終らせた勇者なっちの人気は、民衆にとって絶対的な物である。
「支持率100%に近い。たいしたもんだよ。」
「そう、だな。」
王宮の渡り廊下で石黒と飯田もその話題を交わしていた。
「つんく王が死に、一時はどうなることかと案じたがこれで一安心だ。」
騎士団長の石黒も他の皆と同様に、好感をもって勇者なっちをみていた。
だが宮廷魔導師である飯田はなぜか顔色が冴えない。
「お前どうしたんだ、あの日からおかしいぞ。」
あの日とは、つんくが暗殺されたあの日の事である。
「いや、何でも、ない。気に、するな。」
それだけ言うと、飯田は石黒に背を向けて自室へと歩き出す。
あの日からずっと、飯田の中にある疑問が浮かび上がっていたのだ。
その疑問とはずばり、つんく王を殺害した人物のことである。
あの日、城への侵入者は福田と暗黒竜しかいなかった。
彼女は魔法による障壁を城全体に巡らせていたので、それを確信できた。
これらの条件から推測すると、暗殺できた人物は一人しかいないのだ。
「だが、あいつは・・そんな、はずは、ない。私は、どうすれば・・」
最悪の真実が飯田を苦悩させていた。

75 :辻っ子のお豆さん:02/01/12 00:28 ID:j2NORUKK
太陽が沈み、深い闇が世界を包む。
残された希望、3つの星はひたすらに塔を駆け上っていた。
「二人とも大丈夫?いよいよ次が最上階よ。」
「フゥー、やっと着いたか。」
「おなかすいたのれす。」
だが最上階で三人を待ち受けていたものが、そんな安堵の気持ちを吹き飛ばした。
「嘘でしょ、どうしてこいつが!?」
漆黒に染まった邪悪な怪物が私達の前に立ちはだかっていた。
「ごっちん、こいつはもしかして・・」
「なっちの仕業か、抜け目のない奴だ。」
暗黒竜。伝説で語られるあの怪物が目の前に。
こんな疲れきった所でこんな化け物に出くわすなんて最悪だ。
と思っていたらののが暗黒竜を見て場違いな感想を述べた。

1. 「かっけーのれす。」
2. 「こわくて、おしっこちびったのれす。」
3. 「うまそうなのれす。」

76 :事務 ◆UFA/1agI :02/01/12 00:32 ID:dBg6s58V
規制が外れてやっと書き込めるよ・・・。
当然3で。

77 :ねぇ、名乗って:02/01/12 00:34 ID:/bXAToQH
3でお願いします。

78 :名無し募集中。。。:02/01/12 00:39 ID:EKaLIjaH
>>77
sageろよ。

そろそろ腹も減っただろうし3で。

79 :プリンス羊:02/01/12 00:42 ID:9aYTJ1bD
3.ヤジロベエの様に。

80 :れぼ:02/01/12 00:42 ID:E0XM2EFg
3でヨロシクお願いしますっ!!

81 :ねぇ、名乗って :02/01/12 00:42 ID:zTiejNdh
とーぜん3でしょう。

82 :ねぇ、名乗って:02/01/12 00:43 ID:NBjST2NP
3以外に考えられない。

83 :のほほん:02/01/12 00:57 ID:W/Lz1Vu9
ののたんも「おなかすいたのれす。」って言ってることだし、
ここは3が自然でしょう。

84 :名無しでごめんね:02/01/12 01:03 ID:7zTL/Bxn
3de。とりあえず食っとけ(w

85 :ねえ、名乗って:02/01/12 01:07 ID:SEPHGkTd
うむ、のの的に食っとけ(w
3で。

86 :ねえ、名乗って:02/01/12 01:14 ID:d6muoAFX
3で
ののはご馳走を目の前にしている時だけ、セブンセンシズに目覚めるのれす

87 :アルマーニ濱口 ◆2ggkL5EU :02/01/12 01:20 ID:IP7y249G
3だな

88 : ◆Fuchu5X6 :02/01/12 01:41 ID:eBRE2kqd
( ´D`)<はらへっらのれ3なのれす

89 : ◆Fuchu5X6 :02/01/12 01:42 ID:eBRE2kqd
( ;´D`)<うぇ〜ん、あげてしまったのれす。ごめんなのれす

90 :食え:02/01/12 01:47 ID:g+qH8vXn
食っとけ(w
3

91 :あいぼんあぼーん:02/01/12 01:50 ID:6yRpqFW2
食べちゃってください、3で。

92 :( ´D`)ノ:02/01/12 02:02 ID:nTUpfMRV
3でたべるのれす!!
(辻豆さんの術にはまってるけどそれもまたよし)

93 : :02/01/12 02:06 ID:TkFJLXpH
みんな、辻豆さんサービスのおもらしののを見てみたくないのかぁー
と言いつつバッドエンドはやだからやっぱ3かな。

94 :のてせ:02/01/12 02:48 ID:raQ1OaIM
食べるべきか、漏らすべきか。それが問題だ(w
「3」です。

95 :ねぇ、名乗って:02/01/12 03:11 ID:Jn2DufPr
3!通算2回目(だよな?)の全会一致なるか!?

96 :ねぇ、名乗って:02/01/12 05:13 ID:jMLfrS1t
暗黒竜に勝てるわけないじゃん。強さがインフレしすぎ。>辻豆

97 :名無し募集中。。。:02/01/12 05:17 ID:dB6SgzwV
3ですね。

98 :ねえ、名乗って:02/01/12 07:25 ID:ndSZep0q

本当に食べるのだろうか? まるでエヴァだな(w

99 :兄貴の位牌:02/01/12 08:37 ID:ri3y46fP
食ってから漏らせ(w



100 :夢幻夢:02/01/12 08:45 ID:E+Z/GaM5
ここはもう3で。

101 :ねぇ、名乗って:02/01/12 10:00 ID:Epuk8F+J
3
やっぱ文章だけの戦闘ってのも限界あるよね
長々やる訳もいかないし、ゲームや映画みたいな進め方も出来ないし

102 :ねえ、名乗って:02/01/12 10:15 ID:NA0xH0NT
3なのれす。

103 : ◆KABO/ROM :02/01/12 10:57 ID:lz++rzYg


104 :ねえ、名乗って:02/01/12 11:27 ID:ZhX0V83w
( ´D`)<わたがしみたいなので3なのれす

105 :名無し♪:02/01/12 15:26 ID:VGcKt+WV
3で♪

106 : :02/01/12 16:06 ID:njc/OojZ
3で

107 :ざわ…:02/01/12 18:00 ID:JEFHKTy1
3〜

108 :辻っ子のお豆さん:02/01/12 21:14 ID:dYOUWopc
「うまそうなのれす。」
ヨダレを垂らしたののがフラフラと暗黒竜に近寄って行く。
私はあわててののを止めた。
「危ないって、こんな化け物に勝ってこないよ。」
「けど倒さなければ先へは進めない、それでもいいの?」
「そんなことはわかってる。でも相手はなっちと師匠と飯田さんとマリーの
 4人掛かりでやっと勝てた様な化け物なんだよ。私達だけじゃ・・」
「あれはお芝居だ。こいつはなっちの手足に過ぎない。」
「え?」
「暗黒竜を魔界から解き放ったのはなっちだ。自分で始末する為にね。」
「何の為にそんなことを?」
「これまで町や村を襲った魔物達も同じ。奴は魔物をけしかけ、
 それを自分の手で倒す。そうやって勇者という冠を手にしてきたんだ。」
初めてなっちと出会ったモーコーの町。
デーモン軍団が襲来してきたダンサイの町。
梨華ちゃんが訪れたという魔物に襲われた小さな村。
暗黒竜が現れたつんく王暗殺の日のハロプロ城。
その全てに彼女は関わっていた。全ての場所になっちは存在した。

109 :辻っ子のお豆さん:02/01/12 21:15 ID:dYOUWopc
「じゃあそのためだけに、モンスターに街を襲わせてたっていうの?」
「それが真実だ。」
許せない。絶対に許せない。
「よっすぃー、あいつ食ってもいいれすか?」
腕の中でののが物欲しそうに私を見上げている。
「いい!」
もう腹は決まった。暗黒竜なんかぶっ倒してやる。
「アーイ!いったらっきま〜す♪」
ののは私の腕から飛び出ると、暗黒竜の足にかじりついた。
「おいおい本当に食う気かよ。なんなのあの子?」
「ののはね、世界でたった一人の本物の勇者だよ。」
あの暗黒竜が噛み付かれた痛みでジタバタしている。やっぱりののはすごい。
「ごっちん、今がチャンスだ。いこう!」
暗黒竜はののに気を取られて完全に隙だらけだ。
「プッチ!」
恋にKO!の衝撃で暗黒竜の体が思いっきり仰け反った。
すぐさまごっちんの必殺技が炸裂。日本刀を股間から上部に引き上げる。
「ハマミエ!」
刀から放たれた黄金の閃空が暗黒竜を真っ二つに切裂いた。

110 :辻っ子のお豆さん:02/01/12 21:15 ID:dYOUWopc
「モグモグ、二人とも食べないのれすか?おいしいれすよ。」
「いらん!」
結局ののは一人で暗黒竜一匹を平らげてしまった。
「もう満腹れ動けないのれす。」
「暗黒竜よりよっぽど化け物だな。」
「後藤さん・・」
私達はののを引っ張って、塔のてっぺんへと出た。
そこは雲の上の世界だった。目の前に天空城が聳え立っていた。
「あそこにごっちんの先生がいるんだね。」
「うん、行こう。」
先生ってどんな人だろう?ごっちんの先生ならきっとすげーかっけーんだろうなぁ。
「HO~ほら行こうぜ!修学旅行〜行こうぜ!」
天空城に入ると、小さくて変なおっさんが踊っていた。
「何、あのおっさん?」
「んあ〜先生。」
「おおっ後藤か、ようきたな、まあ座れや。」
「え!もしかしてこのチビ・・いやこの人が…」
「うんそう、先生の岡村さんだよ〜。」
紹介された岡村先生は満面の笑みで仁王立ちしていた。

111 :辻っ子のお豆さん:02/01/12 21:16 ID:dYOUWopc
「先生、彼女が先生にお願いがあるみたい。」
「お、なんや、なんでもゆうてみ。先生にできないことはありません。」
私は早速岡村さんに事情を話した。死んだあいぼんを助けて欲しいと。
「なんやそんなことかい、え〜と無理です!」
「えー!!」
「もうしわけ!」
岡村さんは低い頭をさらに低くしてあやまった。
「そんなせっかくここまれきたのに、あいぼんはたすからないのれすか?」
ののの眼に涙が浮かぶ。私も泣きたくなってきたよ。
「ちょっと岡村さん、なんとかしてあげてよ。」
「そうはゆうてもやな後藤、死人を生き返らせるなんて無理やで。」
「先生はオファー達成率100%なんでしょ、だったらこのオファーもなんとかしてよ。」
オファーという言葉に岡村の表情に変化が・・
もう一押しすれば、なんとかやってくれるかもしれない。

1. 誉めちぎって頼んだ。
2. 泣き落としで頼んだ。
3. 色気を使って頼んだ。

112 :ねぇ、名乗って :02/01/12 21:19 ID:QtiG9tZt
2で

113 :のてせ:02/01/12 21:23 ID:raQ1OaIM
オカレモン直後だけに(wwwwwww
すべて選びたいが、作者新境地に惹かれる「3」。

114 :夢幻夢:02/01/12 21:52 ID:UGIwSwgl
出たな辻と後藤。(W
しかも師匠が岡村さんだったとは。(W
1で。

115 : :02/01/12 21:57 ID:njc/OojZ
3で

116 :名無し募集中。。。:02/01/12 22:10 ID:hwi5PMhM
3でしょ。やっぱり。

117 :ねぇ、名乗って:02/01/12 22:33 ID:Jn2DufPr
ついにモーニングおっさんまで登場かぁ
3でハァハァさせてくれ!

118 :名無し将軍:02/01/12 22:45 ID:MndsYSIV
色っぽいよっすぃ〜ハァハァってことで


119 :名無し♪:02/01/12 23:10 ID:HL7+pfoY
モーニングおっさんかっけー。
1で♪

120 :名無し募集中。。。 :02/01/12 23:10 ID:3e6sAnEP
言われてみれば、ハマミエの師匠は岡村先生だったね(w
岡村先生の反応が楽しみな3で

121 :ねぇ、名乗って:02/01/12 23:10 ID:RLQbPziv
1でしょ!
岡村さんは誉められて伸びる子です

122 :ねぇ、名乗って:02/01/12 23:17 ID:Epuk8F+J
1
つーか暗黒竜があっさりと倒されたの萎え・・・

123 :プリンス羊:02/01/12 23:18 ID:sJscuXZt
この展開、面白すぎる。
1.

124 : :02/01/12 23:26 ID:ckYtfcgW
相変わらず引き込まれてしまうストーリー...
漏れも、3でハァハァに1票。

125 :じゃのぅ:02/01/12 23:40 ID:roxPjIy7
わははははははははは。大爆笑
おっさん。サイコーということで、1

126 :アルマーニ濱口 ◆2ggkL5EU :02/01/12 23:46 ID:bK4f5PRw
誉めれば誉めるだけ
伸びる芸人、レモン岡村
1で

127 :名無し:02/01/13 01:19 ID:R18U1n5s
じゃあ、同じく1で

128 :名無し:02/01/13 01:43 ID:dSg+QAg2
岡村は色気が効くタイプではないので1

129 :ねぇ、笑って:02/01/13 02:01 ID:uAnUnR4h
岡村に激しくワラタ。
3で!!

130 :ねぇ、名乗って :02/01/13 02:07 ID:lvDXkvfH
色気は通用しないよ。巨乳もいないし。
1で。

131 :七紙:02/01/13 02:28 ID:uBqaw378
>>126
激しく同意。
1で

132 :SHIIMA:02/01/13 03:23 ID:HipJbIjB
2でいこうか。

133 :つきかげ:02/01/13 04:05 ID:kVaSRyDK
1で!
岡村センセのしゃべってる声が聞こえてくるようだ(w

134 :( ;‘д‘;):02/01/13 04:42 ID:O9TDQOp5
( ;‘д‘;)<1でたのんます・・・

135 :名無し:02/01/13 06:22 ID:IGCZCYBt
悩む・・・。3で。

136 :名無し募集中。。。:02/01/13 07:25 ID:1Xawn0ge
1かな。

137 :無名でか・・・:02/01/13 07:48 ID:CvoRp9x0
1以外無い!
1でお願いします。
「折ったドー!」

138 :加護っ子のお豆さん:02/01/13 08:04 ID:lNTnjraP
1で

139 ::02/01/13 08:51 ID:o1b6NlAm
>>122
暗黒竜なんてキャラ立ってないんだからイイジャン
岡村先生には意表をつかれた(w  てっきり夏先生だろうと思ってた

1で

140 :名無し募集中。。。:02/01/13 11:49 ID:HY3ceqYE
何してはるんですか?岡村さ〜ん
ワラタヨ  1で。

141 :ねぇ、名乗って:02/01/13 12:43 ID:IH6jIetT
>>139
国の兵士やら石黒や飯田が頑張っても食い止めるのが精一杯だったり強さの象徴だったのに
辻が噛み付いただけで怯んだ上に2発で殺されるなんてさ
強さがデタラメになってるじゃん

142 :名無し募集中。。。:02/01/13 13:39 ID:05gQiE9n
1de

143 :名無し募集中。。。:02/01/13 14:12 ID:5Nu2KAeY
オールナイトも聞いてるので、3は選べない。
1で。

144 :ねぇ、名乗って:02/01/13 17:23 ID:XKKqJdB3
1なのだ

145 :ねぇ、名乗って :02/01/13 18:10 ID:33cWhJPj
>>141
暗黒竜はなっちの強さを誇示するための道具だよ。
ハロプロ城に暗黒竜が出現したときも、そこにはなっちがいた。
つまり、竜となっちで芝居をしていたということ。

146 :かぼ師匠 ◆KABO/ROM :02/01/13 18:45 ID:0hHPFpC5
かノハぼ
( ‘д‘)<小ネタが楽しいね
       1で

147 :ねぇ、名乗って:02/01/13 19:54 ID:rK0bK/f7
>>145
石黒はともかく、飯田はその猿芝居に気付きそうなもんだがな・・・・。
まあ設定がメチャクチャなのは今に始まったことじゃないから粗探しはやめよ。
その場その場で考えて書いてるんだから、仕方ないよ。

148 :辻っ子のお豆さん:02/01/13 20:27 ID:UlC7iErk
私は岡村さんを誉めちぎって頼んだ。
「かっけー岡村先生ならできますよー。」
「だから無理やて、先生はおだてなんかにのりませんよー!」
「謙遜する所がもっとステキ〜!」
「ほ、ほんま?」
「私達、何でもできる先生が大好き〜♪」
「なんか先生やれる気がしてきましたー!」
テンションが上がってきた岡村さんはまた踊り始めた。
「HO〜ほら行こうぜ!あいぼん助けに行こうぜ!」
「あいぼんたすけにいこうれ!」
つられてののまで一緒に踊り始めた。
「ほらーお前達もやらんか!踊らんと助けに行かんへんで。」
そう言われたので私も並んで一緒に踊った。
「HO〜ほら行こうぜ!あいぼん助けに行こうぜ!」
「おい、後藤。お前もや!」
「んあ〜あたしは関係な・・」
「ごっち〜ん。」
「後藤さん。」
吉澤と辻の訴えかける様な瞳に、断りかけた後藤も渋々横に並んで踊り出した。

149 :辻っ子のお豆さん:02/01/13 20:28 ID:UlC7iErk
「よしよし、お前等これ着いや。」
踊り終えると、岡村さんは変なジャージを持ってきた。
「なんすかこれ、かっこ悪いなぁ〜。」
「アホタレ、岡女ジャージやないか。最強の防具や!」
私は渋々それを羽織った。ののだけは嬉しそうに着替えていたが。
「よっしゃ、それじゃその死人のとこまで案内してくれ。」
「しにんらないのれす。あいぼんれす!」
ののが怒ったので、岡村さんはまたもうしわけと謝っていた。
「またあの塔を降りなきゃいけないの、やだな〜。」
「大丈夫、先生は空間転移魔法を使えるから、一瞬でインスピだよ。」
「そうゆうことや任せとけ、ほな行くで。」
岡村さんは再び踊り始めた。
「HO〜ほら行こうぜ、インスピの町行こうぜ!」
すると周りの景色ぼやけて、やがて見覚えのある街並みへと変わった。
「ここはインスピ?」
私達は天空城から一瞬でインスピの町に転移した。
「しぇんしぇーすろいのれす!」
「言うたやろ、先生にできないことはありません。」

150 :辻っ子のお豆さん:02/01/13 20:28 ID:UlC7iErk
「愛、ただいま〜!」
「よっすぃー!ののちゃん!それに後藤さん!早かったねー。」
私達は岡村さんを連れて、愛の待つ宿屋へと戻った。
「あれ、そこのおサルさんは誰?」
「すんまそ〜ん、てそりゃおさるや!寒いボケさせんな!」
「愛、この人が後藤さんの先生だよ。」
「えー!そうなんですか。私知らなくてつい本音を・・すんまそん。」
「うーん吉澤君。この子、喧嘩売っとんのかな〜?」
「ごめんなさい先生、気を取り直してあいぼんの方をお願いします。」
「ああ、そやね。おさるの物まねする為に来たんやなかった。」
宿屋のベットに呼吸を止めたあいぼんが横たわっていた。
「あいぼん・・」
動かないあいぼんを見て、ののはまた悲しそうな顔して俯いた。
私と愛で岡村さんに詳しい事情を説明する。
ごっちんは壁にもたれ掛かって、もう寝ていた。
「皆が出てる間に私、道具屋で愛の種買ってきてためしたんだけど・・」
愛の種、死者を蘇生させる貴重なアイテムである。
「効果なかったの?」

151 :辻っ子のお豆さん:02/01/13 20:29 ID:UlC7iErk
「せやろな。あれは瀕死を回復するに過ぎん。本物の死者には意味ないで。」
岡村さんが、さっきまでとは打って変わって真面目な顔で話す。
やっぱりごっちんの先生だし、ふざけただけの人じゃないんだ。
「死因は?」
「剣で胸を貫かれて、即死です。」
「そっか、実際に見てみないと対処しようがあらへんなぁ。」
「そう…ですね。」
「吉澤君、ちょっと服を脱がしてや。」
「え?あいぼんのですか?」
「当たり前やろ!」
岡村さんは眉間にしわを寄せて真面目な顔している。
ホントに真面目にやってんのかなぁ?

1. 疑いの目で岡村さんを見る。
2. 仕方ないからあいぼんの服を脱がし、上半身裸にする。
3. それはできないときっぱりと答える。

152 :辻っ子のお豆さん :02/01/13 20:31 ID:UlC7iErk
>>147
その通り、飯田さんは気付きかけている。

153 :かぼ師匠 ◆KABO/ROM :02/01/13 20:31 ID:0hHPFpC5
かノハぼ
( ‘д‘)<それはできない(きっぱり)
       と言いながらも1で

154 :夢幻夢:02/01/13 20:32 ID:APJpXh05
おお
更新に立ち会えた。やったね。
1で。しかし岡女ジャージが最強だったとは(W

155 :ねぇ、名乗って :02/01/13 20:33 ID:BXAE8EwU
2!

156 :名無し募集中。。。:02/01/13 20:33 ID:U6bRMOPR
対処できないなら仕方がないな・・・
2で

157 :ねぇ、名乗って :02/01/13 20:33 ID:gW9OQMF1
>>147
なっち・市井・飯田・矢口の勇者パーティを組んでたときから
飯田と矢口は騙されていた。
昔、暗黒竜を倒したときも芝居だった筈。
昔から騙されてた飯田が気付くはずがない(w

158 :157:02/01/13 20:37 ID:gW9OQMF1
とか書いてる間に更新が・・・自分アホだ(苦笑)



159 :兄貴の位牌:02/01/13 20:41 ID:m4Lr/5wT
2で仕方ないでしょ・・・
高橋の「すんまそん」小一時間聞いてみたい(W

160 : :02/01/13 20:46 ID:rxy8qVcG
2で

161 :ねぇ、名乗って :02/01/13 20:57 ID:QyIi/yEO
2で

162 :最強大好き厨房:02/01/13 22:14 ID:tOUkBH/O
2de

163 :ペプシキング:02/01/13 22:59 ID:kTe3ZUKm
2やね

164 :はあはあ:02/01/13 23:03 ID:8qp8mgSh
2で、お願いします。岡村さんは巨乳好きです。何をしてくれるんだろ…?はあはあ

165 :アルマーニ濱口 ◆2ggkL5EU :02/01/13 23:04 ID:+HN3V5er
2

166 :名無し♪:02/01/13 23:28 ID:+c2BSZA8
2で♪

167 :無名でか・・・:02/01/13 23:34 ID:gvOhR/Lq
1をしつつ2かな・・・
2でお願いします。

168 :2で:02/01/13 23:39 ID:rMgXNoeq
(;´Д`)ハァハァ

169 :ねぇ、名乗って:02/01/14 00:06 ID:+NAJaaZF
前回の選択肢といい今回といい・・・辻豆さんはお色気シーンが書きたくなってきたのか?

ようし!オジサンその夢かなえちゃうぞー!2!!

170 :のてせ:02/01/14 00:16 ID:u/rwMJHF
先生はおとなです、分別あるおとなです、ぼくを信じなさい(w
ということで「2」ですね。

171 :辻っ子のお豆さん:02/01/14 00:43 ID:q9qmobcX
なっちをハッピーエンドにしたくなってきたのですが

172 :アルマーニ濱口 ◆2ggkL5EU :02/01/14 00:46 ID:RijB3NTW
>>171
え?どういう意味?

173 :辻っ子のお豆さん:02/01/14 00:49 ID:q9qmobcX
なんか急に惚れた

174 :ねぇ、名乗って :02/01/14 00:50 ID:nQFuIFc3
>>171
MUSIX見たな!(W
どうせなら辻のパワーでなっち達を浄化してくれ(FF4みたいに)。

175 :アルマーニ濱口 ◆2ggkL5EU :02/01/14 00:52 ID:RijB3NTW
>>173
なっちをここでハッピーにしたら、おかしなことになるんちゃう?
改心させない限り
あ、そーかペンダン(略

176 :辻っ子のお豆さん:02/01/14 00:58 ID:q9qmobcX
>>174
見た。なっちと飲みたくなった。
>>175
あ、そーか(略

177 :のてせ:02/01/14 01:06 ID:u/rwMJHF
>作者
「なっち悪者(?)編」と「なっち幸せ編」、両方とも見たい!
どちらかをこのスレのラストで使って、使わなかったほうはエンディング後に
リロード作品として書くとか……

178 :辻っ子のお豆さん:02/01/14 01:10 ID:q9qmobcX
>>177
エンディングにはある仕掛けを考えているんで
なんとか上手くやってみます。

179 :アルマーニ濱口 ◆2ggkL5EU :02/01/14 01:13 ID:V0uXivln
>>178
それは楽しみだ

本編が脱稿終えたら
いつか、外伝が読みたいものだ

180 :事務 ◆UFA/1agI :02/01/14 01:13 ID:WqQsw8kR
選択は2で。

オレはずっとナッチはダブルスパイだと思ってたので
作者さんからこういうレスがあったのは意外だったよ。

181 :のてせ:02/01/14 01:20 ID:u/rwMJHF
>作者
仕掛けについてあれこれ詮索するのは心の中だけにしときます。
万が一!なことがあるかもしれないし(w
こっそりやるのが難しいからね、2chは……
それでは、楽しみに待ちます。

なっち、ええひとやったなぁ……
なっちありが(略

182 :ねぇ、名乗って:02/01/14 02:38 ID:+NAJaaZF
作者さんもMUSIXでなっち好感度アップかぁ・・・田舎に住んでる自分が悔しい・・・

見てみたいなぁ

183 :名無し募集中。。。:02/01/14 09:07 ID:onjlGtXX
1で、ジーっと見つめてほしい。

「仕掛け」ですか・・・楽しみ。

184 :プリンス羊:02/01/14 11:40 ID:Gi/kJgsL
2を選ぶな!!!!!!!!!!!!!!!!!1

1.

185 : ◆Fuchu5X6 :02/01/14 12:11 ID:4kHDYnPk
( ´D`)<2はだめれすか?・・・1でいいのれす

186 :ねぇ、名乗って:02/01/14 13:11 ID:m4BgYYcm
2

187 :名無しさん。:02/01/14 14:21 ID:QqyLqjWO
(●´ ー `●)ノ凸 ←銀座・レモネードうまいべ。選択は2がいいべ。

188 :つきかげ:02/01/14 14:56 ID:qRRFH+VH
えっと、「1」がおもしろそう!

189 :はっ!:02/01/14 17:07 ID:/YrV+12p
1で問答になるのがいい。

190 :名無し募集中。。。:02/01/14 19:05 ID:9z1eHahJ


>>50
ワロタ

191 :辻っ子のお豆さん:02/01/14 22:22 ID:Md/SFoYW
仕方ないからあいぼんの服を脱がし、上半身裸にする。
膨らみかけた二つの丘陵が露わになる、直前で愛に止められた。
「おさるさん、鼻の下のびてる。」
「な、何を言うんですか!先生はそんなこと一切ない!ましてやお前等は妹分・・」
見るからに興奮してうろたえている。私は再びあいぼんに服を着せた。
「あー、まだみてへんのに!」
「何を見てないんすか?」
吉澤に睨まれて、岡村はまた頭を下げた。
「もうしわけ!」
とりあえず一発平手打ちをお見舞いしといた。
「ほな、本題に入ろうか。」
右の頬に手の平形の痣を作った岡村さんが話を進める。
「こっちの愛の種は効かへんが、魔界の愛の種なら効くかもしれへんな。」
「魔界の愛の種?それどこにあるんすか?やっぱ魔界?」
「人間界にもあるにはある。だが無理や、手に入れるのは不可能や。」
「どこにあるんですか?教えて下さい、私どこへだって行きます!」
「ののもなんらってするのれす!」
しばらく間を置いて、岡村さんは口を開いた。
「暗黒竜の体内。」

192 :辻っ子のお豆さん:02/01/14 22:23 ID:Md/SFoYW
私はののと目があった。
「魔界でも最悪最強の化け物や、せやからや無理やて。」
「あのー、それ私達さっき倒したんすけど・・」
「なんやて!何者や自分等!死体はどこにあんねん!」
「ののがくっちまったのれす。」
「お前なにしとん!食うか普通、ありえへんがな。」
「てへてへ。」
「あれ、ということは、魔界の愛の種は今・・」
その場の全員の視線が大きく膨れた辻の腹に注がれる。
「とっとと出してこーい!」
「へい!」
辻がトイレに駆け込む。辻のぶりんこ待ちということになった。汚い話だ。
小一時間程して、辻が種粒を持って出てきた。
「でたのれす。」
「それや、それを加護に飲ませるんや!」
「え、汚い〜。」
「ちゃんと洗ったのれす。さぁあいぼんのむのれす!」
辻は強引に魔界の愛の種を加護の喉に押し込んだ。

193 :辻っ子のお豆さん:02/01/14 22:24 ID:Md/SFoYW
「ウ〜ンウ〜ン。」
あいぼんがうなされている。
「あいぼん!」
辻の声に加護が目を覚ます。眉をしかめて言った第一声は・・
「のの〜なんか臭いんやけど?」
「やったー!あいぼんがいきかえったのれす!」
ののがバンザイして喜ぶ。一方で訳も分からないあいぼんは吐きそうな顔してた。
「ものすご気分悪いわ、なんでやろ?」
あいぼんが生き返った。
すごい、びっくりするくらい感動できない。こんなんでいいのだろうか?
「いんでない。」
岡村さんも満足そうに頷いていた。
なにはともあれ、これで皆無事に帰れるんだ。
「せっかくやで、送ったるわ。」
その岡村さんの申し出をありがたく受け、私達はピース村へと飛んだ。
着いた場所は村の入り口手前、あの頃のまま変わっていない。
生き返ったとは言えあいぼんはまだ体調は悪そうなので、ののと愛が先に家に運んだ。
私は岡村さんとごっちんにお礼を言う為にその場に残った。

194 :辻っ子のお豆さん:02/01/14 22:24 ID:Md/SFoYW
「ほんじゃ、ここでお別れやな。」
「はい、色々ありがとうございました。」
岡村さんは背を向けて去ろうとしたが、急に何か思い出した様に戻って来た。
「そやそや忘れてたわ、そのペンダントのことやけどな。」
突然、私がずっと首から下げていた青い結晶のペンダントを指してきた。
「いや、やっぱやめとこ。」
「何ですか、気になるじゃないですか〜。」
「聞かへん方がええよ、忘れてくれ。ほいじゃ!」
そう言って、岡村さんは空間転移であっという間に消えてしまった。
後には、私とごっちんだけが残った。
ごっちんもこのペンダントのこと知ってるのかなぁ?
いや、それよりもこれからどうする気だろ?

1. ペンダントの事を尋ねてみる。
2. 今後のことを尋ねてみる
3. 何も聞かずに村へと入る。

195 :名無し募集中。。。:02/01/14 22:33 ID:G3cS+uhg
おお、戻ってきた。
気になるので1で。

196 :名無し:02/01/14 22:35 ID:wL6bkxUw


197 :ナチグロン:02/01/14 22:36 ID:9Uyc5OtA
漏れも1で
なっちの幸せキボン

198 :兄貴の位牌:02/01/14 22:44 ID:hMPD7ipf
昨日は板の雰囲気自体かわったね・・・



199 :ねえ、名乗って:02/01/14 22:46 ID:EAncfAPM


200 :あいぼんあぼーん:02/01/14 22:52 ID:GJnTkGnD
ここは2でしょうか?

201 :稲垣復活:02/01/14 22:55 ID:sfYc86lQ
よっしゃー! 昨日からずっと読みつづけ、やっと追いついたべさー。
あいぼんちょいと気の毒ねw

2で。

202 :ヒミツ:02/01/14 23:23 ID:/YrV+12p
にぃー

203 :ムテキング、普段の名前は・・・:02/01/14 23:25 ID:frRIFnFv
1。
ふとおもた、オットトット山脈にいる彼も、光りの末裔って事か?

204 :プリンス羊:02/01/14 23:29 ID:C3OJsGOc
1.

205 :アルマーニ濱口 ◆2ggkL5EU :02/01/14 23:31 ID:TyfjsE/I
ペンダントの重要性を考えると
1で

206 :無名でか・・・:02/01/14 23:32 ID:xRK6ND/i
まさかののの腹から出てくるとは・・
1でお願いします。

207 :七紙:02/01/14 23:43 ID:aqRjZAWm
1で。

208 : :02/01/14 23:51 ID:T2BApknL
1で

209 :ねぇ、名乗って:02/01/15 01:07 ID:eEThyTFQ
1

210 :加護っ子のお豆さん:02/01/15 02:07 ID:Xw51Ghwh
2で

211 : ◆Fuchu5X6 :02/01/15 02:42 ID:7bDURtIS
( ´D`)<2れす!

212 :のてせ:02/01/15 10:10 ID:9AZGC+A4
良薬は苦いのが常とはいえ……とりあえず蘇生おめ>あいぼん&師匠
語ってくれそう度の違いから「2」で。

213 :名無し♪:02/01/15 12:55 ID:L+ccGvx1
祝!あいぼん復活!
2で♪

214 :名無し募集中。。。:02/01/15 12:57 ID:M+EG2uoD
2でお願いします。

215 :ねぇ、名乗って:02/01/15 16:06 ID:HWOHt5oZ
暗黒竜実は魔界じゃ最弱レベルの魔物という設定を期待してたのだが・・・
2

216 :nanasi:02/01/15 16:57 ID:DyKWFW5v
1

217 :ざわ…:02/01/15 18:17 ID:ziYMqTd+
1〜

218 :かぼ師匠 ◆KABO/ROM :02/01/15 18:57 ID:Vlgh/pLw
かノハぼ
( TдT)<祝 あいぼん復活
       1で

219 :夢幻夢:02/01/15 19:34 ID:+AMv+v3h
祝(?)!! アイボンふっくわつ。
1で。

220 :紺野あさ美応援団:02/01/15 21:23 ID:wPvID+h8
祝あいぼん復活!!
1紺野で〜。

221 :ななし☆:02/01/15 23:17 ID:X5MezgJp
1でお願いします。

222 :ののたまご:02/01/15 23:40 ID:a76v3iCW
やっぱ、死人が生き返るのってRPGの醍醐味だよね。
あいぼん復活おめでとう!
とりあえず、1かな。

223 :辻っ子のお豆さん:02/01/16 00:31 ID:uFjLdN5o
ペンダントの事を尋ねてみる。
「ごっちんもさ、このペンダントのこと知ってるの?」
寝起きで気だるそうな後藤は、少し考えてから頷いた。
「どんな意味があるの?教えてよ?」
「それで誰か見えた?」
質問を質問で返された。とりあえず素直に答えるか。
「見えたよ、梨華ちゃん。」
「フーン。」
ごっちんはなんだか不機嫌そうに歩き出した。
「ちょっとどこ行くの?私の質問に答えてよ!」
「聞かない方がいい、その方が君の為だよ。」
それだけ言い残して後藤は去ろうとする。
「待って!」
「時間が惜しい、私は行くよ。」
「わかった。もう聞かないから、今日はうちに泊まってきなよ、日も暮れるし。」
見上げると、空はきれいな夕暮れに包まれていた。
「ね、あいぼんのお礼がしたいんだ。」
一晩だけなら、という条件で後藤はその申し出を受け入れた。

224 :辻っ子のお豆さん:02/01/16 00:31 ID:uFjLdN5o
帝国滅亡のニュースは辺境のピース村まで届いていた。
さらに、さらわれた村のアイドル高橋愛を助け出した事で、
私とののは一躍村の英雄と祭り上げられた。
だからその日の夜は、村中の皆が月光亭に集まってお祭り騒ぎだった。
さすがにあいぼんはまだ病み上がりなので参加はできなかったが。
「そこれののがエーイっれキラーパスをおくったのれす!」
ののは机の上に立ち上がって、自分の活躍話を皆に語っていた。
私の所へも、旅の話を聞かせてと、ひっきりなしに人が集まってくる。
カウンターで、月光亭のオーナー平家さんと愛とごっちんが話しているのが見えたので、
なんとか人だかりを抜け出して、私もそこへ避難した。
「あ、よっすぃーだ。おつかれ〜。」
「もうまいったよ、さっきからずーっと質問攻め。」
「まあまあ、三人が無事で皆嬉しいのよ。それぐらい我慢しな。」
平家さんが私の前に料理を置いて言った。
ひさしぶりに食べる平家さんの料理は、やっぱりおいしかった。
そして本当に帰ってきたんだって実感した。
「また前みたいに、ずっと一緒に暮らせるんだよね。」
愛が隣で微笑む。それは私がずっと追い求めてきた笑顔。

225 :辻っ子のお豆さん:02/01/16 00:32 ID:uFjLdN5o
この村で皆一緒にのんびり暮らす。
私はずっとそれを望んで旅を続けてきたんだ。
そしてそれは叶った。でも・・だけど・・
「余計な事は考えるな。お前はここに残れ。」
私が思い悩んでいると、反対側に座るごっちんが小さな声でささやいた。
「ここにはお前が愛する人々も、お前を必要とする人々もいる。お前の場所だ。」
「ごっちん・・」
「そんな奴を連れて行く訳にはいかない、後は私の仕事だ。」
隣で愛が心配そうに私を見つめる。
平家さんも深刻そうに成り行きを見守っている。
顔の見知った村の皆が私達の帰りをこんなに祝ってくれた。
やっぱりそうなのかな、私はここに残るのが一番いいのかな。
戦争とか、魔族とか、そういうこと全部忘れて、ここで幸せに暮らす。
それが一番なのかな・・
「そうだね。」
小さく頷いた私の一言で、愛も平家さんも喜んでくれた。
これでよかったんだ。
私の旅は終った。

226 :辻っ子のお豆さん:02/01/16 00:32 ID:uFjLdN5o
お祭り騒ぎが終ったのは、もう真夜中だった。
ののと愛はそれぞれ自分の家へ、私もごっちんと家に帰った。
ごたごたしてたから家に戻るのはこれが最初だった。
大きな声でただいまって言った。
お母さんはおかえりって抱きしめてくれた。
お父さんは何も言わずにポンって頭をなでてくれた。
ごっちんがいたから堪えてたけど、私は我慢できずに泣いちゃった。
もう遅かったからその夜はそれだけで、私とごっちんは寝室へと向かった。
格好悪い所見られたから恥ずかしかったけど、ごっちんは特に何も言わなかった。
寝室には、お母さんが布団を二つ並んで敷いていてくれた。
私達はそれぞれの布団に入って横になった。

1. すぐに寝る
2. 少しおしゃべりしてから寝る
3. 一つの布団で一緒に寝る

227 :名無し娘。:02/01/16 00:34 ID:W6g54BiJ
一番乗り?
3!

228 :名無し募集中。。。:02/01/16 00:45 ID:oYuS/7WD
2を選ぶべきだろうが・・・3でお願い・・・

229 :ねぇ、名乗って :02/01/16 00:51 ID:E/Oo2Xa8
絶対3!!

230 :ねぇ、名乗って:02/01/16 00:58 ID:Y8a0KcfI
3だ!ここで3を選ばない奴は逝ってよし!

231 :無名でか・・・:02/01/16 01:01 ID:kBikZjGs

すぐ寝よう!

232 :ねぇ、名乗って :02/01/16 01:07 ID:dGuCCDzf

ごっちんと話をしよう
できれば、ペンダントの話をもう一度聞きたいが・・・

233 :兄貴の位牌:02/01/16 01:31 ID:RwVQ0A5a
2。
おしゃべりして成り行きで一緒の布団で寝るべし。

234 : :02/01/16 01:56 ID:PVN/C1dd
3で

235 :nanasi:02/01/16 02:10 ID:XoNiOqqJ
何かペンダントに石川が写るってとこが100%いしよしを暗示してて嫌だな…
むすめたちの夜。はよしごま、街れすはいしよしだったので、
いしごまを期待しつつ、でもよしごまも好きなので3

236 :ねぇ、名乗って :02/01/16 02:36 ID:W1lHubxn
3かな
言葉はいらない。ただ、あなたの鼓動を感じるだけでいい。

237 :名無しでごめんね:02/01/16 02:39 ID:q/Y+v9o1
いしよし派だから2(w

238 :七死:02/01/16 03:12 ID:p3mLDpIy
同じくいしよし派w 2で。

239 :アルマーニ濱口 ◆2ggkL5EU :02/01/16 04:20 ID:HHFusVhu
寝てる間に何かが起こる?
1で

240 :のてせ:02/01/16 06:51 ID:WaQsLvnL
疲れてそうだけどちょっとだけなら、ね、ごっちん……
というわけで「2」(w

>辻豆さん
「勇者の章」&「帝国の章」を保全してるんだけど
保全打ち切りのタイミングに関して作者の意向を尊重したいので
ご意見あればこのスレorそれぞれのスレにコメント希望。
「やっとリアルタイム更新に追いつきました」なんてレスをみると
「完結まで保全かなぁ」と思ったりしてますが。

241 :名無し募集中。。。:02/01/16 10:15 ID:uzcZVwE2
3でお願い。

242 :名無し♪:02/01/16 10:39 ID:FApf3QNl
2で♪

243 :ねぇ、名乗って:02/01/16 15:54 ID:DnA1dv+p
2

244 : ◆KOSINeo. :02/01/16 17:44 ID:e6o2YIdf
>辻っ子のお豆さん さん
小説総合スレッドで紹介&更新情報掲載しても良いですか?
http://tv.2ch.net/test/read.cgi/ainotane/1000493808/

2で。

245 :辻っ子のお豆さん:02/01/16 18:27 ID:uB+vlbVp
>>240
毎回保全してくれているのてせさんには、
前から一度お礼を言わなきゃと思っていました。ありがとう(●´ー`●)
新規読者の事を考えると完結まで保全が一番いいのかなと思います。
でも強制する気はありません。そこはお任せします。
>>244
もちろんOKです。いつもありがとうございます。
あ、それとわざわざ「さん」付けしなくても
気軽に呼び捨てで「辻っ子のお豆さん」と呼んでくれて結構です。

246 : ◆KABO/ROM :02/01/16 18:33 ID:lWf7Ts+8
>>245
>気軽に呼び捨てで「辻っ子のお豆さん」と呼んでくれて結構です。
ワラタ


選択は2で

247 :ねえ、名乗って:02/01/16 18:37 ID:PhjN+ya6
3を選びたい。

248 :名無し:02/01/16 18:45 ID:eSLIHr2l
3で。

249 :夢幻夢:02/01/16 19:38 ID:cIKRgR/o
3で。

250 :ねぇ、名乗って:02/01/16 19:38 ID:Tm9Os/Dl
3で

251 :名無し。:02/01/16 19:41 ID:7+nSyi5E
3でしょ。

252 :プリンス羊:02/01/16 20:50 ID:WZI9TyJe
3.
sageろsageろ言われるんで下げてるんだけどここはsageスレなんですか?

253 :( ^▽^):02/01/16 23:13 ID:2nQhVjAJ
3で
>>252
小説は上げると荒らされやすいんですよ。
だから小説はだいたいsage進行なんんですよ。
このスレは作者が続きを書いてくれたら目に付くようにあげてくれますんで、読者はsage進行することが、暗黙の了解になっています。

254 :辻っ子のお豆さん:02/01/17 00:10 ID:/Ycft4li
一つの布団で一緒に寝た。
「どうして入ってくるの、狭いじゃない。」
口では文句を言っているが、ごっちんもそれほど嫌そうじゃない。
「明日でお別れだからさ、今日だけいいでしょ。」
そう言って私はごっちんとぴったりくっついた。
ごっちんの柔らかい体の感触が私の皮膚に直に伝わってくる。
頭の中ほとんどごっちん♪
「ZZzzzz〜」
二人は疲れが溜まっていたので、そのまますぐに眠りについた。
しばらくすると、枕元に置いた吉澤のペンダントが光を発し出した。
当然、熟睡する二人にはそんな事知る由もない。
そのペンダントは、対を成すペンダントの主に危機が迫っていることを、
自分の主に知らせるべく、その能力を自ら解放した。
吉澤ひとみに夢を見せる。これまで幾度となく見せてきたあの夢を…
「梨華ちゃん・・?」
気が付くと例の王宮の寝室、目の前に梨華ちゃんの姿があった。
その足元には傷ついた飯田さんが倒れている。
これは一体どういうこと?今お城で何が起こっているの?

255 :辻っ子のお豆さん:02/01/17 00:11 ID:/Ycft4li
話は数時間前に戻る。
飯田は王宮のバルコニーから城下町を眺めていた。
二日後に迫ったなっちと梨華の結婚式準備の為、夜だというのに街は騒がしい。
しかし誰もが幸せに満ち溢れている。新しい王の誕生を心から祝っている。
この幸せを本当の物にする為に、飯田には確かめねばならない事があった。
「ごめんごめん、待たせたねカオリ。」
一人の娘がホールから現れ、飯田の横に立った。
「で、用事って何?」
屈託のない笑顔で話すその娘の名は、市井紗耶香。
勇者なっちの相棒で、飯田にとっても数年来の付き合いの友人である。
「紗耶香、お前に、一つ、確認して、おきたい、事がある。」
異を決した飯田は、いつも通りの片言で切り出した。
「どしたの、あらたまって、何?」
市井に変化はない、さっきまでと同じ笑顔のままである。
「つんく王を、殺したのは・・」
飯田はゆっくりと市井の目を見詰めた。
「お前だな。」
市井紗耶香の顔から笑みが消えた。

256 :辻っ子のお豆さん:02/01/17 00:12 ID:/Ycft4li
「あの日の、あの時間、あの場所、あの条件、全てから、導き出した、答えだ。」
普段は無口でマイペースの飯田が、早口でまくしたてる。
「王の暗殺は、お前にしか、できない。」
飯田が市井を指し示す。真っ直ぐに見詰めるその瞳に迷いはない。
「ア〜ア、どうやら言い逃れはできそうにないみたいね。」
市井は開き直ったかの様に、また笑顔に戻った。
「御名答、つんくは私が殺した。ばれない様に気を付けたんだけど、流石カオタン。」
「ふざけるな!どうして、どうしてお前が!」
「なっちが頼んだんだべさ。」
何時の間にか、バルコニーの入り口に安倍なつみが立っていた。
「なつみ・・」
「なっちが王になるには邪魔だったんだべさ。だから始末してって頼んだの。」
「貴様…!」
飯田は怒りを露わにして安倍を睨み付けた。全身から台風のような魔力がほとばしる。
もう仲間だった、あの頃のなつみと紗耶香ではない。
そこにいるのは自分の君主を殺害した敵だ。飯田はそう認識した。
「残念だべカオリ、人間にしては見所があると思っていたのに・・」
安倍はバルコニーから後方のダンスホールへと飛び、剣を抜いた。

257 :辻っ子のお豆さん:02/01/17 00:12 ID:/Ycft4li
「紗耶香は手を出さないで、カオリとは二人きりで決着を着けたいの。」
安倍の申し出を市井は素直に聞き入れ、二人から少し離れた。
ダンスホールにて、安倍と飯田が向かい合う。
「最初から、お前達は、私を、騙して、いたのか?」
「そだよ、実を言うと暗黒竜もなっちのペットなんだべ。」
「マリは?あいつも、お前達の?」
「あの子は違う。貴方と同じ、使えそうだから利用しただけだよ。」
ずっと騙されていた。ずっと仲間だと信じていた。飯田は4人での旅を思い出した。
飯田の右手に巨大な魔力が集約する。
「なつみ、お前は私が倒す!」
大陸一の大魔導師と称される飯田圭織がついに本気になった。
魔術では飯田の方に分がある。一瞬で接近戦に持ち込む。
そう考えた安倍は即座に間合いを縮めてきた。
勝負は一瞬。わずかに飯田の魔法が安倍のスピードの上をいった。
「ねえ、燃えて」
安倍の全身が炎に包まれる。
魔族でも死を避けることができない程の圧倒的な魔力。
なっちは骨すら残る事なく焼き尽くされ、消滅した。

258 : :02/01/17 00:27 ID:8vHm+Tlf
???終了???

259 :名無しでごめんね:02/01/17 00:35 ID:5qwYOPos
あり??リアルタイムと思いきや… 辻豆さん、どうかしましたか?

260 :アルマーニ濱口 ◆2ggkL5EU :02/01/17 00:42 ID:0DVzJykn
>>258
>>259

別に毎回
選択肢で終わるとも限らんだろうに

261 :辻っ子のお豆さん:02/01/17 00:48 ID:SiQJ0KKk
ごめんなさい、今日は選択肢なしです。
ラスト近くなると、展開上どうしてもこういうことがあるので御理解下さい。

262 :名無したん:02/01/17 00:52 ID:0CyVlVeE
あーい。了解しました。

263 :無名でか・・・:02/01/17 00:57 ID:mkiea7Xv
あり?
なっち脂肪?

264 :ねえ、名乗って。:02/01/17 01:15 ID:PiTAXhX8
すごい展開だねぇ。

265 :のてせ:02/01/17 02:36 ID:JVhLPQCQ
>辻豆さん
レスどうもです。新規読者のために残りレスを無駄遣いしないよう、適切な保全を暗黙のもとに
行っている自分以外の方々に感謝したいです(コテハンは目に付き易いですから代表ってことで)。
これも作者と読者のよい関係の賜物だと思います。
デキタ読者をお持ちで(w

266 :名無し募集中。。。:02/01/17 02:59 ID:JpaaDxdD
保全
まだ読みきってないんで。。

267 :無名でか・・・:02/01/17 03:54 ID:mkiea7Xv
1でお願いします

268 :名無し募集中。。。:02/01/17 04:37 ID:w0PJY7c2
>267
(・ω・)?

269 :名無しさん@そうだ占拠に行こう:02/01/17 05:22 ID:L+n9Cwaa
「ネェ、モエテ」が漢字だったのは魔力を最大限にしたからでせうか?

270 :名無しでごめんね:02/01/17 08:03 ID:o8ceJHPo
了解。こちらこそ変なこと書きこんでスマソ

271 :加護っ子のお豆さん:02/01/17 09:19 ID:IU7/2XWX
トップページのみ更新いたしました。
RPG楽しみにしてる方に朗報もございますので
是非ご覧ください。

ttp://isweb40.infoseek.co.jp/computer/kagomame/

272 :名無し♪:02/01/17 10:18 ID:qPR9+KqO
安倍と飯田の勝負の行方が楽しみですね。
どうなるんでしょう。。

273 :ねぇ、名乗って:02/01/17 13:48 ID:MhsGOqBJ
松浦に攻撃された時と同じだな

274 :ねぇ、名乗って:02/01/17 20:57 ID:n32hyQwY
>>269
魔法である以上に、なっちに対する想い
(負の感情に子の字を当てるのも変だけど)
がこめられていたからだと解釈する。

275 :プリンス羊:02/01/17 21:05 ID:+QUh/H8s
娘。切り草から読んでいるが作者自身は一度もsageろとは言っていない、
しかし、気付いた時にはみんなしてsageろゴルァ!とか我物顔で言ってるんだよね。

別にどうでも良いけど。

276 :名無し募集中。。。:02/01/17 21:44 ID:bIzzp96F
みんなこのスレを大事にしたいんだよ。
荒らされたくないもんね。

277 :名無しさん:02/01/17 22:08 ID:wsXFANL7
そうそう。小説スレが上がっていると荒らされちゃうんだよね。
だからここは基本的に作者以外はsageの方向がよろしいかと。

278 :辻っ子のお豆さん:02/01/17 22:12 ID:BNYsyZrj
次の瞬間、飯田は自分の目と耳を疑った。
「さすがカオリ、殺すのが惜しくなってきたべさ。」
安倍なつみがさっきまでと一寸変わらぬ姿で、目の前に立っていたのだ。
「嘘でしょ!どうして?なつみ・・」
飯田は混乱した。確かになっちは自分の魔法によって焼け死んだはず。
だが、そこに居るのはまぎれもなく安倍なつみ本人。
「教えてあげようか、カオリ。」
困惑する飯田を見かねて、離れて見ていた市井が口を開いた。
「なつみは時を駆ける。」
飯田の炎によって消滅しかけたなっちは、時を越え再び元の姿に戻ったのだ。
「この力こそ、なつみが唯一無二の魔王として君臨しうる最大の理由。」
それを聞いても未だ混乱し続ける飯田に、安倍は容赦なく剣を振り下ろす。
「今度はこっちの番だべ。」
なっちの剣が飯田の体を肩口から斜めに切裂く。赤き鮮血を飛ばし飯田は崩れ落ちた。
止めの一撃を与えるべくなっちは剣を下向きに持ち直した。
「バイバイ、カオリ。」
だが、その一撃は空を斬ることになる。
瀕死の飯田は最後の力を振り絞って、その場からワープしたのだ。
「しぶといね、一体どこへ?」
「あの体ではそう遠くへは飛べないはず、おそらくあそこだべ。」

279 :辻っ子のお豆さん:02/01/17 22:12 ID:BNYsyZrj
ハロプロ王国の王女石川梨華は自室で一人、考え事をしていた。
これからの事、なっちの事、結婚の事、王国の事、よっすぃーの事。
そこへ突然、傷ついた飯田が現れた。
「カ、カオリ!どうしたの?その怪我!」
「り、梨華様、早く、逃げて・・」
「逃げてって?誰にやられたの!?」
「なつみ・・なっちは、敵です。早く!」
「なっち様!?なっち様がやったの?嘘でしょ!カオリ!」
だが、飯田から返事が返って来ることはなかった。
飛んできた剣が飯田の背中に突き刺さり、飯田は息絶えた。
「カオリ?カオリーン!」
幼い頃から自分の面倒を見てくれていた者の死に、梨華は悲鳴をあげた。
部屋の入り口からなっちはその姿を見下ろしていた。
「残念だよ、梨華。」
「なっち様・・これは一体どういうことですか?どうして・・?」
「君だけには知られなくなかったけど、仕方ないね。やって明日香・・」
「え・・?」
梨華の背後に潜んでいた福田明日香の手が、そっと梨華の後頭部に触れる。
「Never Forget」

280 :辻っ子のお豆さん:02/01/17 22:13 ID:BNYsyZrj
梨華の記憶の中から大事な思い出が一つまた一つと消えて行く。
お城での生活・・
初めての冒険・・
初めての友達・・
大事な約束・・
福田明日香の魔法によって梨華は全ての記憶を失い、心の抜け落ちた人形と化した。
「終りました、なつみ様。後の処理はどうします。」
「ありがとう明日香、あとはそこの死体の片付けをお願い。」
「はい。」
福田は飯田の死体を担ぐと、また闇の中へと消えて行った。
残った安倍はまるで人形のように動かなくなった梨華を見詰める。
「せめてあと二日、心を持った君と結ばれたかった・・」
抜け殻となった梨華をベットに寝かせ、なっちは部屋を後にした。
この事件が公に出る事はなかった。
ただ飯田がいなくなった。その事実だけが伝えられた。
兵士達の中にも少しおかしいと思う者がいたが、それ以上の事は何もできなかった。
目撃者もいない、何の証拠もないからだ。
梨華となっちの結婚式まで、あと一日。

281 :辻っ子のお豆さん:02/01/17 22:14 ID:BNYsyZrj
遠く離れた地でたった一人、その現場を目撃していた娘がいた。
「梨華ちゃん・・」
吉澤ひとみは体を震わせて上半身を起こした。
(見た)(梨華ちゃん)(悲鳴)(殺された)(飯田さん)(福田)(なっち)
単語の切れ端が頭の中を渦巻いて止まない。
見てしまった。私はとんでもないシーンを見てしまった。
大事な友達に危機が訪れている。
私はどうすればいいの?
ううん、どうすればいいのかなんて本当はわかってる。

1. 私は梨華ちゃんの所へ行く!
2. あとはごっちんに任せて、村で無事を祈っていよう。
3. 本当はわかっていない。

282 : ◆KABO/ROM :02/01/17 22:15 ID:A0DZ84Lv
1で

283 :兄貴の位牌:02/01/17 22:28 ID:61+ljKb2
ん〜〜〜、3選びたいけど・・・

やっぱ1で。

284 :夢幻夢:02/01/17 22:31 ID:Wck5sojk
続きが気になる期待サゲ。

285 :めちゃ子:02/01/17 22:33 ID:6dVQj4CJ
参がいいですぅ〜。

286 :夢幻夢:02/01/17 22:38 ID:Wck5sojk
>>284
とおもったら更新されてた。鬱だ。逝ってきます。1で。

287 :名無し募集中。。。:02/01/17 22:51 ID:fvuoqsQO
1・・・いや、3で。


288 :名無しどん:02/01/17 23:01 ID:Z/8s0NRS
ここで1を選ばずして帝国軍人は勤まりませぬ

289 :名無し。:02/01/17 23:09 ID:H9LyooUr
1しか選べないよ。
3すてがたいけど。

290 :ねぇ、名乗って:02/01/17 23:10 ID:8w/i6jI8
やはりプロローグの「彼女」は石川なのか・・・
いよいよ大詰めですね。
もちろん1でしょう

291 : :02/01/18 00:03 ID:H12eY42Z
>(見た)(梨華ちゃん)(悲鳴)(殺された)(飯田さん)(福田)(なっち)
時かけつながりで、七瀬ですか。。。さすが、辻豆さん。
当然1で。

292 ::02/01/18 00:24 ID:hO5ghfVS
静かな日々の階段よ…3

293 :ナチグロン:02/01/18 01:11 ID:HkSkZ0ef
わっ!なっちDIOみたいだよ最強だわさ
ん・・・吉良もまざってるかな

選択は1しか選べないな

294 :名無し募集中。。。 :02/01/18 01:13 ID:KqXYLy/+
3だとどうなるのだろう
というわけで3


295 :ののたまご:02/01/18 01:27 ID:TG9oIiI1
吉澤じゃあ何もわかんねーだろう。3。

296 :名無し募集中。。。:02/01/18 01:35 ID:lV90Nbg0
ああっ! かおりむが・・・・ 生き返らないだろうな・・・



1で

297 :無名でか・・・:02/01/18 01:48 ID:+1vnUbrq
今行ってもごっちんはついてくるのだろうか・・
2はまず無いとして、なにかありような3でよろしくお願いします。

298 :アルマーニ濱口 ◆2ggkL5EU :02/01/18 02:08 ID:yD/w7W19
それより聞いてくれよ、辻っ子さん
今日夢見た訳、夢
そんなかで、ごっちん出てきたの、後藤(なぜか髪の毛二つに分けてた)
なぜかケンタでバイトしてる訳
で、何時に終わるのって聞いたら
恥ずかしそうに笑いながら、「10時って言う訳」
そのあと俺、ヒトラーと戦うから
「じゃあ、また後で」としか、俺言えなかったよ・・・
そこで目がさめたけど
もう、ごっちんが気になってしょうがないよ

と言うことで、誰も指定してないけど
2で

299 :ざわ…:02/01/18 02:19 ID:pQA+cqxx
3で

300 :ねぇ、名乗って:02/01/18 03:04 ID:5Gf3R3Zy
話が終局に向かっていくのが分かる・・・少し寂しい・・・

1でお願いします

301 :つきかげ:02/01/18 03:26 ID:ONhPO+MG
ここは・・・やっぱり1で!

302 :名無し募集中。。。:02/01/18 08:05 ID:BZobVZNf
1で!

303 :名無しでごめんね:02/01/18 08:12 ID:wvy3jmOl
吉澤キャラなら3だろうけど…1で

304 :名無し♪:02/01/18 10:32 ID:DO+OGooJ
ここは1で♪

305 :のてせ:02/01/18 12:26 ID:KNp/poDS
辻豆さんにアレコレ語ってもらいたいので、あえて「3」。

>辻豆さん
「勇者の章」dat逝かせてしまいました……
保全に関してコメント戴いたばっかり、という事実が無念さに拍車をかけております。
でもいきなりhtml可されてるんですけど、これってPC環境を問わず「読める」状態って解釈してよいのでしょうか?
もし「読めない人」いたら、ゴメンナサイ。

306 :のてせ:02/01/18 12:44 ID:KNp/poDS
と思ったらまだ生きてた>「勇者の章」
圧縮にともないスレ順が再編されて見失っただけ、みたい。

……まずは遺書でも書くとするか

307 :名無し募集中。。。:02/01/18 12:55 ID:CJWaOZPG
辻豆さん加護豆さんお疲れ様です。
楽しみが増えて(・∀・)イイ!!

1で。

308 :ねぇ、名乗って:02/01/18 13:35 ID:B9twIrkq
今までも思ってたけど、いつもみんな順当過ぎ。
これじゃせっかくの選択式が普通の小説見てるのと変わらないじゃん

3

309 :ねぇ、名乗って:02/01/18 15:26 ID:JkFufiKc
1でしょう


310 :辻っ子のお豆さん:02/01/18 16:24 ID:Dh0Zniah
私は梨華ちゃんの所へ行く!
吉澤はペンダントを握り締め決意を固める。
翌日の早朝、村の入り口には二人の娘が立っていた。
「どしたの急に、村に残るんじゃなかったの?」
「気が変わったの、行かなきゃいけない事情ができたから。」
「相手は魔族、死ぬかもしれないよ。」
「それでも・・行く。」
「もうあいつは一国の王だ、国中いや世界中を敵に回す事になる。それでも?」
「行く。」
吉澤の意志の固さに、後藤はこれ以上の制止は意味がないと悟った。
二人が村の外へ歩み出そうとすると、後ろから一人の少女の声がした。
「よっすぃー!どこへ行くの?」
振り返るとそこには、息を切らせた幼なじみ高橋愛が立っていた。
「愛・・」
「昨日どこへも行かないって言ったよね。ずっと一緒にいてくれるって!」
私はごっちんに少し待っててと合図を送り、愛の元へ歩み寄った。
そして私はそっと彼女の肩を抱いた。
「私ずっと愛の事が好きだったよ。」
いつまでも届く事のないと思っていた告白、それは最後の告白。

311 :辻っ子のお豆さん:02/01/18 16:25 ID:Dh0Zniah
愛は恥ずかしそうに顔を伏せ、下を向いたまま応じてくれた。
「だったら、ずっと一緒に・・」
知らず知らずに涙が出て来て、それ以上は言葉にならなかった。
「ごめん、でも私は・・」
「もういい、行って!早く!」
自分がいくら止めても、吉澤の決意を止める事はできない。
ずっと一緒に生まれ育ってきた愛には、それが痛いほど分かっていた。
もう目の前に映る吉澤ひとみはあの頃の吉澤ひとみじゃない。
こんな小っぽけな村に閉じ込めておいていい人じゃない。
そして今自分が彼女にしてあげられる一番の事は・・
「がんばれ・・よっすぃー。」
高橋愛は涙をこらえ、最高の笑顔を旅立つ幼なじみに送った。
吉澤はすぐに振り返って何も言わず歩き出した。
愛のそんな顔をこれ以上見ていたら、決意が揺るぎそうだったからだ。
後藤も何も言わず、そんな吉澤の横に並んで歩き出した。
これが私の二度目の旅立ち。
最初の旅立ちは村の皆に見送られての旅立ち。
今回はその時その場にいなかった幼なじみ一人に見送られての旅立ち。
本当のプロローグが今ようやく終りを告げた。

312 :辻っ子のお豆さん:02/01/18 16:25 ID:Dh0Zniah
高橋愛は見送りの後、辻と加護にもこの事を伝えようと辻宅へと向かった。
ところが辻の部屋では、病み上がりの加護がベットに横になって
ポッキーを咥えているだけであった。
「あれ、ののちゃんは?」
「ふぇー、昨日から見てへんで。」
加護はごろんと寝返りをうって答えた。
「まさか・・」
高橋は何か思い付いたかの様に急いで部屋を出ようとした。
だが、すぐに止まる。
部屋の前にいるはずのない人物が立ち塞がっていたからだ。
「なんで、ここにいるの?」
それは高橋もよく知っている人物であった。
「どしたん、お客さんかぁ?」
高橋の様子がおかしいので加護もゆっくりと体を起こして、入り口を見た。
その人物は、高橋と加護を見て微かに微笑んだ。

朝食の準備ができたと家の者が部屋に呼びに来た時には
もうそこに誰の姿もなかった。
ただ食べかけのポッキーの箱だけが無造作に転がっていた。

313 :辻っ子のお豆さん:02/01/18 16:26 ID:Dh0Zniah
吉澤と後藤が村を出てしばらくすると、道の脇に生える大木から声がした。
「おそいよー。まちくたりれたのれす。」
声のした方を見ると、大木の影に辻希美が座り込んでいた。
「のの!あんたこんな所で何してるの?」
「ろうせこんなことらろうとおもって、きのうからマチブセてたのれす。」
辻は二人の前にピョンと飛び出して叫んだ。
「ののを置いてくなんて、そうはいかないれすよ!」
「あのね、すっごい危ないんだよ。今までとは訳が違うんだよ。」
だがののは言っても聞かなそうだ。私はごっちんを見た。
「話聞かない所は誰かさんそっくりだね。」
それって私のこと?やれやれ、仕方ないか。
私達はののを加え、三人で一路ハロプロ王城へと足を進めた。
超駆け足で進んだので、昼過ぎにはモーコーの町へと到着した。

1. 急いでいるから、立ち寄っている暇はない。
2. 飯だけ食べてすぐ出発しよう。
3. 情報屋小川真琴を尋ねる。

314 :兄貴の位牌:02/01/18 16:29 ID:+jLXnXlW
久々登場のイノキ・・・いや、小川に期待。


315 :めちゃ子:02/01/18 17:21 ID:2q5raPAK
今度こそBがいいですぅ〜。

316 :ペプシキング:02/01/18 17:35 ID:1qx9t1qE
久々に出てこんかい。
3de

317 :名無し募集中。。。:02/01/18 17:47 ID:0SPQwv75
今日は更新早いですね。
3でお願いします。

318 :夢幻夢:02/01/18 18:18 ID:fIfz46cN
3で。

319 :age;18:02/01/18 18:21 ID:NcOVu13f
3だべ

320 :名無し募集中。。。:02/01/18 18:23 ID:UZfPyS7O
3で。
ちなみに真琴→麻琴。

321 :加護っ子のお豆さん:02/01/18 18:23 ID:3N26SPfO
作り始めて一月とちょっと。やっとRPGのデバッグを兼ねた体験版が
完成し、配布を始めました。
このスレを愛していで是非デバッグに参加してもいい方
まだまだ募集してますんでお待ちしております。

ttp://isweb40.infoseek.co.jp/computer/kagomame/

322 :ねぇ、名乗って:02/01/18 18:44 ID:5Gf3R3Zy
2と3で迷うけど・・・3かな?

323 :名無し♪:02/01/18 18:51 ID:DO+OGooJ
3で♪
高橋の良く知っている人物…こちらも気になりますね。


324 :ねぇ、名乗って :02/01/18 20:37 ID:j7YkAwpS
3で


325 :プリンス羊:02/01/18 20:38 ID:QwyOIhrm
1.

326 :名無しでごめんね:02/01/18 21:17 ID:39u6Q18N
やっぱ3だな、3

327 :名無し。:02/01/18 22:28 ID:uHxdmewZ
3で

328 :ののたまご:02/01/18 23:11 ID:pKQ5UlVI
順当に3か。

329 :無名でか・・・:02/01/18 23:11 ID:j25ZRv8X
小川さん!待っていました!(嘘
3でお願いします。(ほんと

330 :名無しさん。:02/01/18 23:45 ID:f0MpA/Zw


331 :ねぇ、名乗って :02/01/19 00:16 ID:9AMEFy35
高橋と加護を連れ去った人物は、究極魔法を手に入れたわけか・・・
3で

332 :名無し募集中。。。:02/01/19 00:27 ID:S8h+qKM3
3だと順当すぎるから、2でハプニングを期待。

333 :ねぇ、名乗って :02/01/19 00:34 ID:bgTELNUz
・・・3
とりあえず最近の世相をチェックだな

334 :あいぼんあぼーん:02/01/19 01:43 ID:N7ItzMjl
やっぱり3かな。

335 :名無し募集中。。。:02/01/19 02:24 ID:3R55Hm6L
高橋の知ってるココにいるはずのない人・・・
なんとなくわかった。でも目的はなんだろ。

とりあえず3で。

336 :のてせ:02/01/19 04:36 ID:TXAhsoRB
あいあい……ていうかのの、責任とって活躍すれ(w
ののフィーチャーの布石を願って「2」で。

337 :ねぇ、名乗って:02/01/19 12:56 ID:3wT4kpJL
最近選択偏ってるね。どれになるか期待してた時期が懐かしい

と言いつつも3

338 :辻っ子のお豆さん:02/01/19 13:16 ID:QCNhPkut
情報屋小川麻琴を尋ねる。
「ちょっとどこへ行くの?」
「この町に知り合いの情報屋がいるんだ。何かわかるかもしれないから。」
「ののもまこっちゃんにあいたいのれす!」
二人の勧めに、後藤も渋々従った。
家の前に、馬車の手入れをしている小川がいた。
「こんちわー。」
「あー、あんた達!」
「まこっちゃん、ひさしぶりなのれす。」
「あんたも元気そうね、今日はどうしたの?」
私は彼女にこれまでの経緯を簡単に話し、情報が欲しいと正直に望んだ。
職業柄あまり動じない性格の小川でも、そのあまりの内容に身震いがした。
「勇者なっちが魔族ですって?」
「嘘みたいな話だけどさ真実なんだ。信じてくれる?」
すると小川は馬車に乗り込んで言った。
「なっちと梨華姫の結婚式は明日よ、あんた達も行くんでしょ、乗りな。」
「まこっちゃんもいくんれすか。」
「当然よ。そんな大スクープ、現場に居合わせなきゃ情報屋の名が泣くわ。」
私達は顔を見合わせて頷き、馬車の荷台に乗り込んだ。
4人を乗せた馬車は超特急で西へ出発した。

339 :辻っ子のお豆さん:02/01/19 13:17 ID:QCNhPkut
日が暮れる。真夜中になっても馬車は歩みをとめない。
辻と後藤はすでに熟睡していた。
吉澤は荷台から、運転席に座る小川に声を掛けた。
「まこっちゃん、変わろうか?」
「いいから寝てなさい。あんた達には明日大事な仕事があるんだから。」
「うん。いつも助けてくれて、ありがとう。」
「馬鹿ね、私は大スクープの為にやってんの、あんた達の為じゃないわよ。」
「へへ、そっか。じゃ寝るね。」
そう言って吉澤は荷台に戻った。
小川は一人、月夜の荒野を眺めながら思った。
自分はあいつ等に借りがある。だから今まで情報を与えてきた。
でも今回は違う。純粋に一人の人間としてあいつ等の力になりたかった。
そして今はこう思う。あいつ等と出会えて良かった。
やがて朝日が再び荒野を照らす。
なっちと梨華の結婚式当日、運命の一日が幕を開ける。
「見えたわ、ハロプロ城よ!」
小川の一声で三人は目を覚ました。
吉澤と辻と後藤は並んで、前方に見える決戦の舞台を凝視した。
これが最後の戦いになる。誰しもの胸に、そんな想いが去来していた。

340 :辻っ子のお豆さん:02/01/19 13:18 ID:QCNhPkut
ハロプロ城下町は、朝だというのにお祭りムードが広がっていた。
「で、どうやってあの難攻不落のお城に忍び込むつもり?」
小川の冷静な意見に三人は顔を見合わせた。
遠目から見ても、お城には警備の兵士だらけなのがわかる。
「正面突破!じゃまするやつはれいいんぶっとらすのれす!」
「・・だな。」
辻の暴言に後藤も同意見の様で、刀を腰に差した。
ごっちんに賛同してもらえたのが嬉しかった様で、ののはてへてへ言ってる。
「ちょっと二人とも!うちらの敵は魔族どもだよ。関係ない人までやるのは・・」
「フーン、気付かれずに侵入する方法があるならいいけど。」
気付かれずに侵入って、そんなのできる奴いない・・
いやまてよ。どこかでそんな奴いた様な・・
保田圭!!
たった一人でハロプロ城に忍び込んだ大泥棒の名が頭に浮かんだ。
確か地下牢に投獄されたはず・・

1. いや無理だ。あいつは敵だ。街を回って他の手を探そう。
2. 細かい事にこだわってる場合じゃない。あいつの手を借りよう。
3. やっぱり、正面突破だな。

341 :名無し( ^▽^) 娘:02/01/19 13:19 ID:4xqVmpL8
初リアルタイムかな。
2で

342 :あいぼんあぼーん:02/01/19 13:27 ID:qk0e/pLs
おっ、久々のリアルタイムです。
やっぱり2がいいです。

343 :ざわ…:02/01/19 13:47 ID:v6+9RMBi
2〜

344 :CPTN:02/01/19 14:10 ID:VOx/i1Kz
今日も更新早いっすね〜
2 お願いしまっす!

345 :むすむす:02/01/19 14:16 ID:mHBn7gHy
追いついた〜
2でお願いしマース


346 :ねぇ、名乗って :02/01/19 14:39 ID:konSER1b
2で
ところであまりにも基本的な疑問なんですが、この話の中ではなっちやよっすいーは男なんでしょうか?


347 :名無しでごめんね:02/01/19 14:45 ID:eAYmOmiH
久々にヤッスーに会いたいね(w
2で

>>346
基本的に全員娘だって前に辻豆さん書いていたよ。
どこに書いてあったっけ?娘たちの夜かな?

348 :ねぇ、名乗って:02/01/19 15:47 ID:JpxZJRd2
ダーヤス再登場ねがって2。

349 :名無し♪:02/01/19 15:52 ID:Qd1/5rSN
2で♪
久しぶりに保田に会いたいですね。

350 :age:18:02/01/19 16:10 ID:PmMPruVe
2だべ。

351 :れぼ:02/01/19 16:54 ID:qGMtQ+zb
街で他の方法探そ!!
なんで1でお願いします。

352 :sex:週2回:02/01/19 17:31 ID:w62bvIYU
2で
やすごまマンセー

353 :あいのの:02/01/19 18:31 ID:okevmMER
1だぁぁぁぁっ!

354 :兄貴の位牌:02/01/19 19:03 ID:rBHbCIk7
2じゃ予定調和かな・・・

1。

355 :346です:02/01/19 19:05 ID:MqRsXnQs
>>347
ありがとうございます。
それでは勇者なっちと梨華姫は女同士で結婚するんですね。
それはそれで萌えるな(w


356 :ねぇ、名乗って:02/01/19 19:37 ID:BCfe6RT3
保田・・・忘れてた(w
もちろん2

357 :名無し。:02/01/19 19:39 ID:8rqON0tm
1がいいよ。

358 :ねぇ、名乗って:02/01/19 19:42 ID:3wT4kpJL
矢口やコンコンが来ているかもしれない
1

359 :加護っ子のお豆さん:02/01/19 19:47 ID:AXPFJRvm
1で。
吉本から復帰したヤンジャンの力を借りるときが来た!!

360 :あ名無し娘。:02/01/19 22:11 ID:E4UPLBjL
2
da


361 :名無し:02/01/19 22:31 ID:zXQ6H+nP
2ですかね。
ところで、ゴマキの弟ユウキはどうなった?

362 :無名でか・・・:02/01/19 23:16 ID:Eh+SOrGD
>>359
そうですよね!
街の名士の娘ならあいぼんがいなくともののひとりで
アミーゴを困惑させるに違いない!
他のストーリーの広がりもみてみたいので
1でお願いします。

363 :のてせ:02/01/19 23:42 ID:bSaMOiwU
「おたずね者」に認定されてる可能性もあるし、どうしたものか……
まずは地上から、ってことで「1」で。

「勇者の章」>>1から開くと950くらいまでhtml可されてるみたいで
読めるんだけど、スレ自体を開くとhtml待ちで全然読めないんだよね……

364 :炎の紋章:02/01/20 00:04 ID:yH/1jyK7
・・・2
究極の合体技”トライアングルプッチアタック”が見たいので猛烈に2を押します

365 :プリンス羊:02/01/20 00:08 ID:2fm9YkYb
2.

366 :くぁ:02/01/20 00:12 ID:9CkR0cTz
2がいいです

367 :七紙:02/01/20 01:01 ID:ZKctR9VO
>>364同意
合体技が見たいので2

368 : :02/01/20 02:00 ID:YdPV/IPO
2で

369 :辻っ子のお豆さん:02/01/20 02:15 ID:5vxnEMVi
細かい事にこだわってる場合じゃない。あいつの手を借りよう。
私達はお城の脇にある地下牢入り口へと向かった。
警備はほとんど城に集められていたので、簡単に入ることができた。
ここには嫌な思い出がある。
もう二度と近寄りたくはなかったんだけど、まさかこんな理由で来る事になろうとは。
最深部まで来た時、私は殺気に近い気配を感じて顔をあげた。
闇の中に浮かぶ二つの目がこちらを睨み付けている。
「保田さん?」
「…」
返事はない、だがわかる。彼女は保田圭だ。
獰猛な獣に近いその殺気に、辻と小川は少し後退りした。
ごっちんだけはいつもみたいに平然としている。
でもこの中で彼女と面識があるのは私だけなので、私が話すしかない。
「私のこと覚えていますか?吉澤です。」
その途端、闇の中から物凄い勢いで二つの腕が伸びてきた。
鉄格子がなければ、私の首は跳ね飛ばされていたかもしれない。
「…!」
ようやく見えた彼女の姿は、私の知っている保田さんとはまるで別人だった。
長い牢獄生活により、頬の肉が削げ落ち、すっかり痩せ細っていたのだ。

370 :辻っ子のお豆さん:02/01/20 02:16 ID:5vxnEMVi
保田さんはそのつりあがった目で、何も言わず私だけを凝視し続けている。
当然だ。彼女をこんな目に合わせた原因は私にある。私を恨んでいるに決まっている。
「ねえ、やっぱりやめよ、よっすぃー!」
後ろでののの声が聞こえた。悪いけどやめる訳にはいかないんだ。
梨華ちゃんを助ける為なら何だってやってやる。
「保田さん、今からここを開けます。」
「…」
「ハロプロ城に忍び込む為に、あなたの助けが欲しいの。」
「…」
保田さんは何も答えず、ただ私の目を睨み付けている。
ヒュンと音を立て、ごっちんがハマミエを抜いた。
「先に言っておくぞ、少しでも妙な真似をしたらすぐに斬る。」
保田に負けぬ眼光で脅しをつけ、後藤は鉄格子を切裂いた。
もう間に障害は何もない。保田圭はゆっくりと牢獄の中から出てきた。
その瞳はまだ私の瞳を写し出している。何を考えているのかわからない。
「二つ…条件がある。」
しばらくして、ようやく重い口を開いた。
「松浦亜弥に会わせろ。」
「たぶん、嫌でも会える。あと一つは?」
「メシおごれ。」

371 :辻っ子のお豆さん:02/01/20 02:17 ID:5vxnEMVi
「うわーすごい兵士の数ですよ、矢口さん。」
「見りゃわかるよ!ポケーっとしてないで口閉じろ。」
元帝国将軍の二人、矢口と紺野もハロプロ城下町にいた。
「本当にこんな中を行く気ですか、すごいですね。」
「馬鹿!お前も一緒に行くんだよ!他人事みたいに言うな!」
「えー嫌ですよ私。やめましょう、ね、やめましょ。」
「おいら、一度決めた事は曲げないって決めてんの!ほら行くぞ!」
ゴッチ〜ン!
勢い良く通りへ飛び出した矢口は、食堂から出てきた娘と激突した。
「いった〜い!」
「お前どこに目つけてんだ!私にぶつかってただで済むとでも・・」
あれ?前にもこんなことあった様な?
デジャブった矢口は、ぶつかった相手を見てまた声をあげた。
「あーまたお前か!」
「んあ〜、あの時の!」
「ごっちん、大丈夫。」
すると彼女の連れと思われる集団が4,5人食堂から現れた。
それを見て矢口は、またまた大声をあげることになる。

372 :辻っ子のお豆さん:02/01/20 02:18 ID:5vxnEMVi
「あー!」
「あー!」
指差して叫ぶ矢口を見て、吉澤も矢口を指差して叫ぶ。
「あ、その節はどうも。」
「おいーっす。」
同様に辻の姿を見た紺野も丁寧に頭を下げておじぎした。
「ちょっと〜今度は誰よ、もう。」
また知らない顔の登場に、小川はいい加減呆れていた。
「…」
圭ちゃんは焼き鳥を咥えて様子を窺っている。
飯食ったら、どうやらやつれた頬も元に戻ったみたいだ。
「んあ〜、よっすぃーも知り合いなの?」
「え、ごっちんこそ知り合いなの?」
「ていうか、お前等こそ何でここに一緒にいるんだよ!?」
後藤も吉澤も矢口も、どうしていいのかわからなくなった。

1. とりあえず今は関わってる暇はない、逃げろ!
2. 今度こそ決着を着けてやる。いざ勝負!
3. あーもう面倒だ!全員一緒にヤンジャン家へGO!

373 :事務 ◆UFA/1agI :02/01/20 02:20 ID:f9cIDQbc
何かわくわくしてきた。
呉越同舟で3を。

374 :むすむす:02/01/20 02:22 ID:DlTO7C8c
まってたかいあったぜリアルタイムだ!
面白そうなので3で


375 :名無し募集中。。。:02/01/20 02:50 ID:HUPYNFih
3だ。絶対3だ。

376 : :02/01/20 03:26 ID:YdPV/IPO
3で

377 :ねぇ、名乗って:02/01/20 03:44 ID:Y68MVG4V
おお、夜も更新してたんだ!

やはりここは一つ遊びを入れますか。3で。

378 :名無し:02/01/20 03:51 ID:yvYPgkK8
面白そうなので2で

379 :ねえ、名乗って:02/01/20 04:13 ID:2AwEIwZK
いよいよ役者がそろってきたなー。これからの展開が楽しみ!!
つーわけで、2!

380 : ◆Fuchu5X6 :02/01/20 04:23 ID:Xa4URPsQ
( ´D`)<3なのれす!

381 :CPTN:02/01/20 04:39 ID:UCaQTDQx
3 決定ですね

382 :兄貴の位牌:02/01/20 07:33 ID:BrADe9W3
そりゃもー多いに越したこたあない。
辻・紺野もある意味師弟だし。
3っす。

383 :GBアブラとり紙:02/01/20 09:02 ID:UYNA+DAJ
3333!仲間はできるだけ多いほうがいいに決まっている。
あいあいの究極魔法もいつか出るのかな。


384 :名無しさん。:02/01/20 10:28 ID:rFjWcShz


385 :ねえ、名乗って:02/01/20 10:50 ID:w0RaAAm4
メンバーが揃ってきたね。
3。ヤンジャンの活躍に期待(w

386 :ねぇ、名乗って:02/01/20 11:18 ID:71ttvKxp
1
矢口紺野組とはバラバラで動いた方がイイ

387 :ペプシキング:02/01/20 11:35 ID:rbdXb5a/
毎日見れないのが残念。
3かな

388 :名無し募集中。。。:02/01/20 12:38 ID:xrbNwiz7
3かな

389 :名無し♪:02/01/20 13:19 ID:jSuo4Qnq
3で♪
本格的な復帰も見えてきたことですしね。<ヤンジャン

390 :辻豆fun:02/01/20 14:38 ID:G/wt8ep0
3が面白そう

391 :あいぼんあぼーん:02/01/20 14:52 ID:Q1co4fBv
やっぱり3でしょう。

392 :名無し募集中。。。:02/01/20 16:21 ID:Tgu3Y4Wo
3だ〜

393 :原田なつみ:02/01/20 16:32 ID:ZH21Eq+Z
いつの間にかヤンジャンの助けかりるの決定してる・・・
3で♪

394 :名無し募集中。。。:02/01/20 17:14 ID:/1PbjCTl
ごちゃまぜLOVE!!3で

395 :名無し募集中。。。:02/01/20 17:46 ID:hdPxMi0a
あみーご3

396 :プリンス羊:02/01/20 18:00 ID:wLm7GLFd
3.

397 :ねぇ、名乗って:02/01/20 18:30 ID:ob85JgpM
3で。

398 :名無し。:02/01/20 19:47 ID:35UtzzVA
3だー

399 :名無し:02/01/20 21:19 ID:bKae1Ed+
3de.

400 :( ´D`)ノ:02/01/20 22:14 ID:6NrE5rP+
「暗黒竜うまそうなのれす。」の時ほど(全員一致)じゃないけど、
今回もどれを選ぶかの意見が一致してますね。
ちょっと違うほう選びたいけど、ヤンジャン吉本入り記念で3!(w

401 :川o・-・) ノ:02/01/20 22:50 ID:MJMUePY5
そりゃぁ3だろうな。

402 :名無しでごめんね:02/01/20 23:06 ID:zBBpdEOY
3以外何を選べと(w

403 :あ名無し娘。:02/01/21 00:11 ID:mu0uWgeQ
3de

404 :名無し娘。:02/01/21 00:51 ID:k+5sOeiw
3でキマリ

405 :七紙:02/01/21 01:13 ID:d0GMNbhG
3. あーもう面倒だ!全員一緒にヤンジャン家へGO!
激藁 ここは3しかない!!!!

406 :辻っ子のお豆さん:02/01/21 01:29 ID:PGq3LLD6
前略 お父様 お母様 お元気ですか

初めての一人暮らし 最初はすごく不安でつらいこともいっぱいあったけれど

新しい仕事もみつかり この街での生活もようやく慣れてきました

今日もたくさんの友達が遊びにきてくれて あみはとっても幸せ者です

サムライさん 将軍さん デメキンさん 大泥棒さん ヒバゴンさん アホ 大食漢

みんな個性的でおもしろい人達ばかり

そのうちお父様とお母様にも 絶対紹介しないので安心してね

では 次に会える日を楽しみにしています

それまで私が無事生きていれば…

あみより

407 :辻っ子のお豆さん:02/01/21 01:30 ID:PGq3LLD6
「ヤンジャン、何書いてんの?」
「見るなー!寄るなー!触るなー!出てけーーーーーー!!!」
鈴木あみが一人暮らしするその家は、勝手に武装集団の作戦本部と化していた。
「この大人数だと目立っちゃて、ここしか思い付くとこなかったんだよね〜。」
「知るかっアホ!なんか知らねえが俺まで巻き込むんじゃねえ!」
「ヤンジャン、もう冷蔵庫からっぽれすよ。」
「たった今おめえが空にしたんだろが!まだ食う気か、この飢えるジャンヌダルク!」
「あ、買い出し行くの?じゃあついでに取材用のカメラお願いしていい?」
「行かねーよ!!お前はカメラよりガメラとでも戦ってろ!」
「んじゃ私、焼酎。」
「ババア!!泥棒ならてめえで盗んできやがれ!!」
「あのー、私は・・えーと、そのー、うーん、あのー・・やっぱりいいです。」
「テキパキ言えよ!じれったいんだよ!T-BOLANかお前は!じれったい愛。」
「ねー、さっきからうるさいんだけどー。ちょっと静かにしてくれない?」
「だーれのせいだ!だーれのせいで俺が血管浮かべてまでべしゃってると
 思ってんだコノヤロー!てめえに言われたかねえよ!ヤッホ〜イ!」
「ZZzzz・・」
「寝るなーーーーーーーー!!!!」
あみは血管が一本切れて倒れた。

408 :辻っ子のお豆さん:02/01/21 01:31 ID:PGq3LLD6
さっきよった食堂で小川が集めた情報によると、式の開始は午後3時から。
今の時間は午後2時、あと1時間しかない。
あいつが王になったら、それこそ手の出しようがなくなる。これが最後のチャンスなんだ。
「つーかさ、お前等この人数で王国に喧嘩売るのかよ、正気じゃねえって!」
鈴木あみはまだ騒ぎ立てている。
正気じゃないか。普通の人からしたらやっぱそう見えるのかな。
「俺も詳しくは知らねえけどよ、勇者なっちってむちゃくちゃ強えんだろ。
 おまけに何百っつう騎士団に守られてるんだぜ。死にに行くようなもんだぞ!」
あみの意見は正しい。それはここにいる誰もがわかっている。
あらためて現実におこる死を想像させられ、あみのベットで寝ている後藤と
食料を求めて戸棚をあさっている辻を除いた全員の顔が曇っていた。
「な、危ないことはやめとけって。それよりせっかくこんだけ人数集まったんだから
 天空のレストランしようぜ。ほら、俺は北上アミ使うからよ、あみだけに。」
キレた吉澤がロード中にメモリーカードを引っこ抜いて叫んだ。
「何百いようが何千いようが何万いようが関係ない!私は行くよ。」
吉澤のその言葉に矢口も顔を上げて、微笑んだ。
「吉澤なかなかいいこと言うね、私と五分に闘れただけあるわ。」
「五分〜?矢口さ〜ん。私が勝ったっしょ〜。」
データが消え呆然とするあみを尻目に、吉澤と矢口は互いの手を叩きあった。

409 :辻っ子のお豆さん:02/01/21 01:31 ID:PGq3LLD6
「おいらも行くよ。なっち止めれるのは矢口しかいないっしょ。」
長い間ライバル関係にあった矢口さんとこうして手を組む日がくるとは
以前なら夢にも思わなかった。だけど味方にしてこんなに頼もしい人もいない。
矢口に続き、パンを口いっぱいにほおばったまま辻も手をあげた。
「ののもひひゅふぉふぇす。」
何言ってるかよくわかんなかったけど、何を言いたいのかはよくわかる。
「つ、辻さんが行くのなら、私もがんばってみます。」
辻を目標とした紺野も精一杯勇気を振り絞って応じた。
「あたしはどっちでもいんだけどね〜、しょうがないから付き合うけどさ。」
一杯やりながら保田も頷いた。
「私は戦う力はないけど、やれることで皆を支援するつもり。」
メモ用紙片手に小川も答えた。
「ぬお〜!!レベル99にしたドラクエ4のデータも全部消えてる!
 あ?何見てんだ!俺はぜ〜ったい行かねえからなコノヤロー!!!」
あみは泣きながら叫んでいだ。
戦力は私、のの、矢口さん、紺野、保田さん、それにごっちんを入れて6人。
「保田さん、それで城内に侵入する方法なんですけど・・」
作戦を立てる為、私は肝心な情報を保田さんに尋ねた。

410 :辻っ子のお豆さん:02/01/21 01:32 ID:PGq3LLD6
「さっきの地下牢、あそこに城内に通じる隠し通路がある。」
「え、でもあそこは普通にお城と繋がってるんじゃ?」
私も入った経験から多少知っていた。お城と牢獄は地下で通じている。
「それとは別にもう一つ誰にも知られていないのがあるのよ。」
「そこを使えばバレずに侵入できるんですね。」
「いや今日の警備具合からみて、それは無理ね。」
「じゃあ意味ないじゃん!」
矢口さんが文句を投げつける。私もそう思った。
「だからまず二手に別れる。外から警備の目を引きつけるオトリ役に2人。
 その隙に残りの4人が城内へ侵入する。」
すかさず保田さんが作戦を述べる。
「それしかないみたいね。吉澤、そいつ信用できるの?」
矢口さんの質問を受け、私は保田さんを見た。そして答えた。
「あんまりできないっす。でも、その作戦しかなさそうなんで。」
「やれやれ・・」
そう言って矢口さんはため息をついた。
作戦は決まった。6人を侵入組4人とオトリ組2人に分ける。

411 :辻っ子のお豆さん:02/01/21 01:34 ID:PGq3LLD6
吉澤は必然的に侵入組となります。
残りの【辻、矢口、紺野、保田、後藤】から
ラストパーティーに入れる3人を選出して下さい。
票の多かった上位3名で決定とします。

412 :名無し( ^▽^) 娘:02/01/21 01:38 ID:w0xxk4ls
後藤はなっち達を倒せる剣もっているから必要で、矢口も勝手の仲間との絡みみたいので、
必要で、あとは何か奇跡を起こしそうな辻を!

後藤
矢口

の3人で

413 :名無し募集中。。。:02/01/21 01:39 ID:LucFftkm
辻、矢口、後藤で。
普通すぎるか。

414 :ねぇ、名乗って:02/01/21 01:39 ID:obhLqEq7
おれも

のの
矢口
後藤

で〜

415 :名無し:02/01/21 01:40 ID:2Q6w40h+
後藤 矢口 保田

416 :( ´D`)ノ:02/01/21 01:47 ID:tXg4xrtm
クリップボードに矢口入ってると思ってペーストしたら( `.∀´)が出た。鬱っつーよりワラタ。

ってわけで、
( ´D`)ノ
( ´ Д `)
( `.∀´)==○)T◇T〜)<追い出された...。
で。

417 :ねぇ、名乗って:02/01/21 01:51 ID:GExFiwwZ
う〜むやっぱ漏れも

後藤
矢口

だな・・

418 :名無し:02/01/21 01:58 ID:VOoh6GfO
後藤はなっち達を倒せる剣もっているから必要
保田は道を知っているから必要
あと一人は今のところ誰も選んでない紺野で


419 :つきかげ:02/01/21 01:59 ID:/19EuGS5
ヤンジャンがラヴリーすぎw

えっと、侵入組が【吉澤】に「後藤」「紺野」「保田」。
で、おとりが「辻」「矢口」。

理由:侵入>主力の後藤、内部に詳しい保田、リーサルウェポン紺野。
   おとり>この2人なら最強だと思うw

420 :七紙:02/01/21 01:59 ID:d0GMNbhG

後藤
矢口
が順当かと...

421 :419:02/01/21 02:02 ID:/19EuGS5
>>418
おお、かぶったw

422 :ねぇ、名乗って :02/01/21 02:10 ID:fOwlPOqy
おいおい、おめぇら、保田入れてぷっちなんたら発動とか言ってたじゃねぇか。
れも、おばちゃんこわくて信用できないのれす。
ごま、やぐ、ののでいくのれす。

423 :名無し:02/01/21 02:52 ID:L9n3H02A
侵入>矢口、保田、後藤
陽動>辻、紺野
でお願いします。

424 :名無しどん:02/01/21 03:14 ID:2cdmE9mC
ごとーとヤスとののたん侵入。
トライアングルプッチ&最強の腹。

矢口のセクスィービームは派手にどっかんどっかんするから陽動にもってこい。
こんこんは変な顔でもさせとけばいいw


425 :ねぇ、名乗って:02/01/21 03:22 ID:Vr79tS0t
侵入:後藤、保田、辻   おとり:矢口、紺野

後藤は対魔族用に外せない。ヤンジャン邸での会話より、矢口保田は仲間割れの恐れがありそうなので別にしたい。
信用できるか微妙な保田は目の届くところへ、あとは連携を重視して・・・

426 :こいつでどうだ:02/01/21 03:24 ID:niGKYywC
後藤、保田、辻で。矢口、紺野は陽動。

427 : :02/01/21 03:46 ID:5q36wch7
後藤
保田

でお願いします。

428 :名無し募集中。。。:02/01/21 03:53 ID:2+15xbQi
プッチ+辻で

429 :無名でか・・・:02/01/21 04:01 ID:/bOuLED4
プッチ奥義が炸裂しそうな保田、後藤、後は勇者のので行きたいけど
おとり役の矢口、紺野はどうかな〜と・・・
よって、保田、後藤、矢口で
おとり役(紺野、のの)の活躍に期待!

430 :名無しどん:02/01/21 04:10 ID:2cdmE9mC
そういや、飢えるジャンヌダルクは激ワラタ。
赤坂かよ!

431 :のてせ:02/01/21 05:22 ID:AOZ5tRsM
亜依or愛がいればなぁ>T−BOLAN(w
「矢口・保田・後藤」で侵入。

432 : :02/01/21 05:33 ID:mV909SEe
保田、後藤、紺野で。おとり組は派手で小回りが効くのが良い。

433 :むすむす:02/01/21 06:36 ID:36JP6N6n
後藤 矢口 辻 がいいなぁ〜


434 :ねえ、名乗って:02/01/21 06:43 ID:lIxiLj2f
矢口、保田、後藤
でおねがいします

435 : :02/01/21 08:42 ID:Gxxtu17w
後藤、保田、辻。プッチ+辻になり、これ最強

436 :兄貴の位牌:02/01/21 08:51 ID:dGw6F1QW
プッチ+辻って・・・ハロモニダンス対決の組み合わせだな(w
でもそれ強そうなので
後藤、保田、辻

437 :名無し募集中。。。:02/01/21 10:46 ID:W66ZmbJg
後藤、辻、保田で。市井VS保田のライバル対決とか見たいし、
辻は勇者なので、やっぱり連れて行かなきゃ。

438 :名無し♪:02/01/21 10:58 ID:s7WESWt0
辻+紺野コンビの陽動作戦が見たいので、
侵入組:後藤、保田、矢口
おとり組:辻、紺野
でおねがいします。

439 :名無し:02/01/21 11:52 ID:1mpqk07t
プッチ&辻でヨロシコ


440 :加護っ子のお豆さん:02/01/21 11:57 ID:1XXmJBoh
後藤、保田、矢口やね。

441 :カリ城:02/01/21 13:39 ID:hquofv/4
辻  (勇者はRPGに不可欠)
後藤 (ハマミエは対魔族に不可欠)
保田 (抜け道突破に不可欠)

ルパン(花嫁救出に不可欠)クラリスゥーー


442 :418です:02/01/21 15:09 ID:K2eK5tQ6
>>419
同志ハケーン
ちなみに辻をはずしたのは、
「お城の中に入ればおいしいものがたくさんあるよ」
よ言われたら非常識な活躍で正面から入って来るのではと思ったからです。


443 :プリンス羊:02/01/21 16:37 ID:DPAR0Yox
後藤、矢口、辻で。

辻は勇者だぜ!

444 : :02/01/21 16:56 ID:RU92p1O6
吉澤 辻 後藤 紺野

これ最強

445 :名無し:02/01/21 18:12 ID:mV909SEe
今のところ、
後藤 29
保田 20
辻  19
矢口 15
紺野  4
だな。

446 :名無し:02/01/21 18:22 ID:mV909SEe
訂正
後藤 30
保田 21
辻  20
紺野  4
見落としがあったようで申し訳ない。

447 :名無し:02/01/21 18:22 ID:mV909SEe
本当にスマソ…矢口が抜けた。矢口には15票入ってます。

448 :ねぇ、名乗って:02/01/21 19:37 ID:nvqHYNtn
侵入:後藤保田矢口
陽動:辻紺野

時代はこんののですが何か?

449 :名無し。:02/01/21 20:01 ID:eq66Thvf
侵入 後藤、保田、矢口
でいってちょ

450 :最強好き厨房。:02/01/21 20:12 ID:ynlCacOW
なんだかひさびさにきたけん面白くなってる!!
あとのこり500か・・・・
辻豆さんファイ!!

潜入・紺野・保田・矢口。。陽動・辻・後藤で

まあ最後には全員集合ってことで…
なんだかFFZを思い出すねぇ。(そんなイヴェントあったかは不明)


451 :ねぇ、名乗って :02/01/21 20:15 ID:cNC29Zs5
後藤 辻 紺野かなぁ・・・


452 :ななしんぐ:02/01/21 20:49 ID:tbgc7Jyn
後藤・辻・保田で。

453 :ペプシキング:02/01/21 21:22 ID:Vet7FZKW
辻、、、は要るわなぁ。
ごっちんは囮で保田、矢口でショ。
何かいよいよって感じですな。

454 :夢幻夢:02/01/21 22:04 ID:ozwRvAVH
みんな連れて行きて〜
けどプッチ+紺野で。

455 :名無し募集中。。。:02/01/21 22:18 ID:E5lzI2p4
後藤、保田、紺野で。
どうせ最後は合流するし、辻と矢口の掛け合いが見たいんで。
というか多分最後は、全員登場すると思われ。
>ソニン(松浦がギリギリで生かしてると思う)+ユウキ+ココナッツ+ヤンジャン+愛&亜衣+石川

456 :( ´D`) ◆Fuchu5X6 :02/01/21 22:24 ID:lFX6maQP
(`.∀´)
(〜^◇^〜)
( ´Д` )
がいいな

457 :辻っ子のお豆さん:02/01/21 23:27 ID:P6zERWWX
1位 37票 後藤
2位 29票 保田
3位 23票 辻
4位 20票 矢口
5位 8票 紺野

というわけで、ラストパーティーは後藤・保田・辻に決定しました。
ちゃっと意外な結果でびっくりしてます。
辻と後藤が同数くらいで上位で、次に紺野あたりがくるのかな
と予想していたのですが圭ちゃん人気はすごいね。

今からストーリー練り直して書きます

458 :乳ダス:02/01/22 00:16 ID:PPDgQPuh
>>457
>今からストーリー練り直して書きます

ああ、そりゃ申し訳、ですね。
俺は投票してなかったけど(w
がんばってくらはい。

459 : :02/01/22 00:26 ID:9xMD474j
サウンドはなりますか?

460 :名無し募集中。。。:02/01/22 00:33 ID:vXBb5fco
ぬおおぉぉォ〜〜〜出遅れたぁぁ〜〜〜
激しく鬱・・・こんな大事な所で・・・・・・・・・・逝ってきます。

461 :ねぇ、名乗って :02/01/22 01:20 ID:2gjQX0Jy
むむ、今日は修正であっぷはないのれすか?
眠いので寝るれす。

462 :辻っ子のお豆さん:02/01/22 01:38 ID:LHC4lgca
話し合いの結果、侵入組は私とののとごっちんと保田さんの四人で、
オトリ役が矢口さんと紺野の二人ということになった。
「なんだよ〜、おいらオトリかよー。」
不満そうに口をとんがらせた矢口さんが愚痴をたれている。
「だって矢口さんのセクシービームが一番派手で、効果的じゃないですか。」
「実力的にも矢口さんなら、安心して任せられるのれす。」
「え、やっぱそう?しょーがねーなーやってやるか。」
上手くおだてて、矢口さんも納得してみたいだ。
「ファ〜話し合い終わった?」
ずっと寝ていたごっちんが、ようやく目を覚ました。
「よし行こう!」
吉澤の合図で、辻・保田・後藤・矢口・紺野・小川は立ち上がった。
「おい!」
戦地へ赴く7人の背中へ向けてあみが声を荒げた。
「勝手に入って来て部屋荒らして、お前等マジむかつくんだよ!
 後で一発ずつ殴ってやるからな!だからそれまで勝手に死ぬんじゃねーぞ!!」
7人は振り向かず右腕を上げてそれに応えた。
娘達の最期の戦いが始まる。

463 :辻っ子のお豆さん:02/01/22 01:39 ID:LHC4lgca
ハロプロ城下町の中央に伸びる大通りに小川は姿を現わした。
新しき王と王妃の誕生を祝おうと、通りは人でごった返している。
「私は少しでも多くの人達に真実を伝える。そのために全てを見届ける。」
小川は目の前にそびえる建物の屋上を見上げた。
その屋上の上では、矢口と紺野が城を見渡している。
「開演10分前、そろそろ時間だね。覚悟はできた?紺野。」
「あの…私は何をすれば…いいでしょう?」
「あんたは変な顔でもしてればいいよ、オトリ役は私がするからさ。」
矢口は自分一人で危険を背負い込む気でいた。
その後ろ姿を見て、紺野は両手で顔を抑えながら考えた。
結局何も変わっていない、矢口さんに頼ってばかり。
私はいつまで経っても落ちこぼれ・・そんなのいけない。
『ののらっておちころれらけろ勇者らもん』
紺野の胸にあの時のあの娘の言葉が重く響く。
「私だって・・私だって落ちこぼれだけど!」
セクシービームの準備をしていた矢口の横を、何かがすごい勢いで飛び出した。
「え?今のって紺野?えーー!!」
ほんとに変な顔してた。あの時みたいに・・

464 :辻っ子のお豆さん:02/01/22 01:39 ID:LHC4lgca
変な顔で暴走したコンコンは、すごいスピードのまま屋根から屋根を伝って
ハロプロ城方向へ一目散に突進していく。恐怖の暴走コンコン再び!
「なんだあれはー!」
「騎士団を城門右翼に集めろ!なにかが襲撃してきた!」
暴走コンコンの突然の襲来に警備兵達は浮き足立った。
ドーン!
一撃の正拳によって屈強な騎士達が次々と吹っ飛ばされていく。
それは、もう誰にも手のつけられないモノと化していた。
城門での突然の騒ぎに民衆は訳が分からず、パニックが起こる。
式の演出と勘違いしておもしろがる者まで出る始末となった。
「やるね〜あいつ、こりゃおいらもウカウカしてられないよ。」
さらに矢口の放ったセクシービームが、そのパニックを後押しする。
「あら、花火ですよ、おじいさん。」
「今度の王様はやることが派手じゃのう。フォッフォッフォッ」
とある家のベランダでは、老夫婦がお茶をすすりながら微笑んでいた。
「楽しくなってきたぜヤッホ〜イ!それもう一発セクシービーム!」
「止めろー!誰か、あの二人を止めろー!」
城門前は紺野と矢口によって確実にお祭り騒ぎとなっていた。

465 :辻っ子のお豆さん:02/01/22 01:41 ID:LHC4lgca
「表が騒がしい、どうやら上手くやってくれたみたいだね。」
地下牢から隠し通路に入った吉澤達にも、騒ぎの音が聞こえてきた。
「時間がない、私達も急ごう。」
保田が先頭に立ち隠し通路の出口へと走る。
出口は、ホコリまみれの倉庫につながっていた。
「さ〜て、警備はいなくなったかしら?」
保田さんが倉庫の扉をわずかに開き、廊下の様子を窺う。
「おや、あれも騎士団か?まずいね、変な格好したのがまだ3人残っている。」
さすがに騎士団全員が陽動された訳ではないらしい。
「3人くらいなら問題ない、一瞬で片付ける。」
ごっちんが物騒に刀を握る。
「隙を突いて、反対側から先に進んだ方がよくない?」
保田さんはそう提案する。二人の間でののは私に尋ねてきた。
「よっすぃー、ろうします?」

1. ごっちんに任せて、一瞬で片付けてもらおう。
2. 保田さんの言う通り、無駄な戦闘は避けるべきだ。
3. 事情を話して説得してみよう。

466 :名無し募集中。。。:02/01/22 01:44 ID:F43LTP49
漏れも投票に参加できんかった…
鬱だ…氏ぬ前に投票しとこう
3でセトーク!石黒に活躍の場を!!
さて氏のう…

467 :ねぇ名乗って:02/01/22 01:44 ID:2gjQX0Jy
2でいくのれす

468 :のてせ:02/01/22 01:45 ID:TiXC8V/3
ひょっとしてコ(略
だとしたら「3」で。

469 :ののたまご:02/01/22 01:50 ID:qV2VU+ZM
いいね。やぐこん。メッチャ良い。ワラタ。

ハロプロ城の変な3人組っつたら、多分アレだろ。
別に切り裂いてもいいけど、戦力は多い方がいいかな。
3。

470 :名無し:02/01/22 02:00 ID:08kgeFeJ
ここは何かが起こりそうな3で


471 : ◆Fuchu5X6 :02/01/22 02:13 ID:7IzYeckM
( ´D`)<3でいくのれす!

472 :ねぇ、名乗って :02/01/22 02:36 ID:zrJBrg5n
3に期待

473 :アルマーニ濱口 ◆HAMAscXY :02/01/22 02:39 ID:3iL3Bqbf
蹴散らす
で1

474 :ネェ、ナノッテ!:02/01/22 03:00 ID:WKEVeZEK
ここでごっちんの力を使っていいのだろうか。
3で!

475 :ねぇ、名乗って:02/01/22 04:55 ID:/m83QJI7
3ですね

476 :無名でか・・・:02/01/22 05:34 ID:MrOND8lI
一瞬でメロンを成敗!屁の突っ張りはいらんですよ。
1で!

477 :ねぇ、名乗って:02/01/22 05:47 ID:xqkoR79F
もしかして洞窟に居たあの3人?
だとしたら3だな。

478 :兄貴の位牌:02/01/22 06:56 ID:H9/cdP75
そっかアレか・・・3だな。

479 :名無し♪:02/01/22 09:45 ID:pXGtZJu3
2で♪

480 :名無しでごめんね:02/01/22 09:59 ID:HUx+YWyc
コソーリがいいな。2で

481 :プリンス羊:02/01/22 10:43 ID:K8w0DKiJ
3.

482 :ざわ…:02/01/22 10:46 ID:nmUlh/P9
2〜

483 :名無し募集中。。。:02/01/22 11:18 ID:HTo8Yttj
3で・・・

484 :黙れ:02/01/22 14:25 ID:WZi0T4te
3と言ったら3しかない
3を希望です。

485 :名無し募集中。。。:02/01/22 15:50 ID:v/GTHIjW
あいぼむは今日のオソロ出ますか?

3で

486 :ななし:02/01/22 17:01 ID:UAO4Hgwo
3でお願いします〜。

487 :むすむす:02/01/22 17:42 ID:qRHDQiPn
3かなぁ〜。


488 :名無しさん:02/01/22 17:54 ID:6qSj52tK
3で

489 :名無し:02/01/22 18:41 ID:eS3CQ49o
あいつらなのか。。。
3で。

490 :夢幻夢:02/01/22 18:43 ID:yqIL+ekN
あれって言ってる人もいることですし3で。

491 :名無し:02/01/22 18:56 ID:hu3w9yCt
3だな。


492 :名無し:02/01/22 19:06 ID:qONIjpT+
みんな誰だと思ってるんだろ・・・3で

493 :ねぇ、名乗って:02/01/22 20:04 ID:8YvjmXAB
ココナッツのやつらの気がする。3で

494 :あ名無し娘。:02/01/22 21:24 ID:B67ETBIa
うむ3で

495 :辻っ子のお豆さん:02/01/23 00:03 ID:Gv8zUCiJ
「後藤さん、おばちゃん、ちょっろまっれくらはい。」
「のの、あいつらってもしかして・・」
「そうれす!あのときの3人れすよ!」
他の騎士とは異彩を放つ鎧武者の三人組に、私とののは見覚えがあった。
ピョーン洞窟で拳を交えたココナッツの三人だ、事情を話して説得してみよう。
私とののは手を振って、三人に近寄った。
「オ〜ウ、梨華殿の部下ではないですか、おひさしぶりね〜。」
「いや部下じゃないけど…まさかこんな所で会うなんてね。」
「おかげさまで、私達もこの国の騎士として活躍してるよ〜。」
だが、のんびりおしゃべりしている時間はなかった。
「おい!あそこにも怪しい奴等がいるぞ!取り押さえろ!」
後ろから他の騎士達がやってきたのだ。
「なんだ吉澤、お前等敵なのか?」
「違うよアヤカ、私達は梨華ちゃんを助けに来たの。信じてよ。」
そうこうしてる内に、騎士達がどんどん集まってきた。
「まあいい、ここは任せてお前達は先へ行け。」
「え?」
ココナッツの3人が吉澤達と騎士団の間に割って入った。
「ミカしゃん、レファしゃん、アヤカしゃん、ありらとうなのれす!」
おかげで4人は騎士団の妨害を受けずに先へ進むことができた。

496 :辻っ子のお豆さん:02/01/23 00:04 ID:Gv8zUCiJ
「なぜ邪魔をする!お前達はこの国を裏切る気か!」
「違うね、私達はこの国に仕えるのではない、梨華殿に仕えるのだ。」
梨華の意志に導かれた娘がここにもいた。
ココナッツの助けを得て、4人はさらに城内の奥へと進む。
しかし警備の数は圧倒的に多く、あちらこちらから現れてくる。
「いたぞー!周りを囲め!一匹たりとも逃がすなよー!」
「くそ、戦うしかないのか…」
追い込まれそうになったその時、再び聞き覚えのある声がした。
「姫様は2階のダンスホールです!さあここから早く!」
梨華付きの近衛騎士、りんねとあさみだった。
「どうして・・?」
「昨日から梨華様の様子がおかしいの、私達にも反応してくれなくて。」
「姫を救えるのは吉澤殿あなたしかいない。姫をお願いします。」
二人は見ていた。吉澤の事を嬉しそうに話す梨華の姿を・・
二人は知っていた。吉澤と石川の絆の強さを・・
そして全てをこの娘に託そうと決意したのだ。
「わかった、ありがとう、りんね!あさみ!」
りんねとあさみの現れた階段から、一向は2階へと駆け上る。
「梨華様付きの近衛騎士の名に賭けて、あの方達の邪魔は誰にもさせん!」
ここにもいた。梨華の意志に導かれた娘が・・

497 :辻っ子のお豆さん:02/01/23 00:04 ID:Gv8zUCiJ
梨華ちゃん、聴こえている?
君の為に命を賭けて戦う人達の声が…
もうすぐ、もうすぐだよ。もうすぐ行くから。
また一緒に歩いて踊って笑い合えたら、それだけでいいね。

「運命の二人に奇跡を起こす。」
出発の時、ごっちんから伝えられたペンダントの真実が頭をよぎる。
「お前に姫が見えたのなら、それはそういうことだ。」
私と梨華ちゃんがそれぞれの運命の相手。
それを聞いても別になんとも思わなかった。
「運命?関係ないよ。そんなの。」
「じゃあどうしてそこまでするんだ?」
何の為に私はこんなに危険を冒してまでがんばってるのか。
そうだなぁ、あえてひとつ言うなら…
「約束したから。」
一緒に8段アイス食べに行こうってさ。

吉澤ひとみは走る。たいせつな人との約束のため。

498 :辻っ子のお豆さん:02/01/23 00:05 ID:Gv8zUCiJ
扉が開く。
巨大なホールの中央に純白のウェディングドレスに着飾られた石川梨華
そしてその横に漆黒の衣装を纏った安部なつみ
向かい合う吉澤ひとみ、辻希美、保田圭、後藤真希
石川梨華だけが記憶を奪われ人形のように佇んでいる。
「生きていたべか。そのまま隠れて暮らしていればいいものを。」
「言いたい事は一つ!梨華ちゃんは私の!お前にだけはぜってーやんない!以上!」
「まあいい、式の前座ついでに遊んでやるべさ。」
なっちが合図すると市井紗耶香、福田明日香、松浦亜弥が姿を現わした。
もう何の邪魔も入らない。4対4、きっちり決着を着ける。
最後の戦いが始まった。8人それぞれがそれぞれの相手と向かい合い出す。
吉澤ひとみの相手は・・

1. 全ての黒幕にして最強の魔王、安倍なつみ
2. 越えなければならない壁、師匠、市井紗耶香
3. 一度は敗北を喫した因縁の相手、福田明日香
4. 説明不要、松浦亜弥

499 :のてせ:02/01/23 00:13 ID:MOvTfXSv
拳を交えていない相手、「1」で。

500 :ねぇ、名乗って:02/01/23 00:16 ID:PzO7oH+C
市井に辻みせたいので

安倍 vs 後藤
市井 vs 辻
福田 vs 吉澤
保田 vs 松浦

をキボンで3〜


501 :ねえ、名乗って:02/01/23 00:20 ID:HsyvVXkc
市井ちゃんだろ、ここは。2で。
何か続きが待ちきれない。全盛期のジャソプの続きを
待っていた厨房時代を思い出す。

502 :ねぇ、名乗って:02/01/23 00:21 ID:Y1w3Bfa3
魔王なっちにはハマミエごっちん
あややには、彼女に会いたがっていた圭ちゃん
ののは、明日香にリベンジ
というわけで、師匠と決着をつけよう 2で

503 :ねえ@名乗って:02/01/23 00:23 ID:MFeDyQaX
師弟対決きぼーん。2で。
俺も待ちきれない・・・とか言ってもう寝るけど。


504 : ◆Fuchu5X6 :02/01/23 00:24 ID:DSwYFEH/
(0^〜^0)<師匠と対決するのよ。パラダイス!

505 :ねえ、名乗って:02/01/23 00:35 ID:0AgBulpg
なっちは最終対戦に取っておいて、
ここは師弟対決の2で!

506 :ねぇ、名乗って:02/01/23 00:38 ID:uJLpBq2/
2

507 :無名でか・・・:02/01/23 00:56 ID:ObciGj7o
市井VS吉澤
安倍VS後藤
松浦VS辻
福田VS保田?

よって、2でお願いするだ。

508 :あいぼんあぼーん:02/01/23 01:05 ID:SH7uP9EJ
僕は2で。
ダーヤスは誰と当ててもやられちゃいそうですね・・・。

509 :名無し募集中。。。:02/01/23 01:09 ID:cEXARihO
>>507
あほ。普通保田と辻は逆だろ。

510 :ねぇ、名乗って:02/01/23 01:11 ID:k6VsWwY8
安倍 vs 後藤
市井 vs 吉澤
福田 vs 辻
保田 vs 松浦

ということで、2で

511 :七紙:02/01/23 01:16 ID:BttoLDlE
逝け!!今こそ師匠を超えるとき!!
3だ!!

512 :名無し募集中。。。 :02/01/23 01:24 ID:lL0bqyaB
今のところ一番謎な4で


513 :名無し募集中。。。 :02/01/23 01:28 ID:KF5jLido
当然2で

514 : :02/01/23 01:39 ID:08LkH5mu
2で

515 :ミカとチャーミーが案外似ている・・:02/01/23 03:02 ID:MPuaPzC3
ここは2だろう

516 :ねぇ、名乗って :02/01/23 04:34 ID:zhcljf6L
( ´D`)ノまあ、2だろうな。

517 :名無しさん:02/01/23 05:14 ID:ztoVr7gk
うをー子弟対決じゃー!!2でよろすこ

518 :むすむす:02/01/23 08:12 ID:qsrxykg2
2じゃ〜〜〜

519 :ねぇ、名乗って:02/01/23 08:36 ID:4dLE86DO
燃える展開だなあ。2でお願いします。

520 :安倍っ子のお豆さん:02/01/23 08:45 ID:B599wPjx
何やかんやゆーても
  後藤(ハマミエ使い)VS安倍
  吉澤(対師匠)VS市井
  辻 (勇者)VS福田
  保田(秘策ありき)VS松浦
とちゃいますの?

521 :名無し♪:02/01/23 10:14 ID:bp2SwGYW
是非とも師匠越えを…2で♪
これって、新旧ちょこっとLOVEセンター対決になるのかな?

522 :名無し募集中。。。:02/01/23 12:10 ID:BkRurFyo
2で

523 :夢幻夢:02/01/23 17:27 ID:7FnUoXEy
なっちとも戦わせたいけどやっぱり2かな〜。

524 :名無し:02/01/23 19:00 ID:zQ+fOx9q
2

525 :ねぇ、名乗って :02/01/23 20:16 ID:jVFHueN1
2でしょ

526 :ペプシキング:02/01/23 20:39 ID:huuWtVS4
俺も安倍豆サンと同じやな。(ん、、?誰?)

亀ですが振り向かず右腕を…っつーのがミョーにきた。

527 :名無し名人:02/01/23 21:39 ID:VesyiFjR
師弟対決の2

528 :ねぇ、名乗って:02/01/23 22:56 ID:PjPBlkN6
3
ってゆうか後藤以外の奴じゃ誰と戦っても勝ち目ないだろ

529 :辻っ子のお豆さん:02/01/24 00:55 ID:FSrYKqUE
なっちとやる前に私には越えなければいけない人がいる。師匠、市井紗耶香。
吉澤、市井、どちらからともなく自然に二人は向かい合っていた。
「いつかこんな日が来るかもって思っていた。ひとみちゃん、貴方が私の前に立つ日が。」
「敵と知っていながら、どうして私を鍛える真似なんかしたのですか?」
それが聞きたかった。彼女の真意は一体?
「別に理由なんてない、ただの退屈しのぎよ。」
本当にそうなのだろうか、まるで・・いや余計な考えはいらない。
「私は貴方のおかげで強くなれました。そしてその力であなたを倒します。」
吉澤ひとみのとった構えはプッチ。師である市井直伝の必殺奥義である。
「10年早い。」
市井紗耶香の構えも吉澤と全く同じ、元祖プッチ。
言い換えればそれは、吉澤のプッチ対市井のプッチの激突。
「行きます。」
「プッチが選ぶのは私かお前か、はっきりさせよう。」
吉澤の拳と市井の槍が同時に光りを発する。
「恋にKO!」
「ちょこラブ!」
師弟対決、始まる。

530 :辻っ子のお豆さん:02/01/24 00:55 ID:FSrYKqUE
保田圭と顔を合わせたのは松浦亜弥であった。
「ひさしぶりね、亜弥。」
「あっれ〜保田さんじゃないですか〜、そっち側についたんですか〜?」
「別にそういう訳でもないけど、あんたこそどうしたのよ?」
「亜弥は〜なっちさんといる方がおもしろいかな〜って思ったんです。」
「変わってないわね、あんたはあの頃のまま・・」
二人の出会いは、圭がこの城に忍び込んだ夜だった。
ペンダントを盗み逃走しようと入った部屋に、無邪気に微笑むお姫様がいた。
『おもしろそ〜、亜弥も連れてって下さいな。』
彼女は逃走経路を用意して、そのままいっしょに着いてきた。
それから、二人で計画を立てて大陸中を駆け回った。
勇者なっちのつるぎを盗み出すなんて、とんでもないことまでやってのけた。
結果としてそれが二人の明暗を分けることになった。
「あの日ダンサイで、なっちさんに出会えておもしろい事いっぱい教わったの。」
「だからあいつの側についたって訳?」
「うんそう、保田さんもこっち側に来たらどうですか、歓迎しますよ。」
「断るわ。悪いけど私、誰かの下につくのって嫌なの。」
「残念無念、じゃあ殺しちゃってよいのかな〜♪」
松浦の小さな体から、凄まじい量の気が吹き荒れた。

531 :辻っ子のお豆さん :02/01/24 00:56 ID:FSrYKqUE
吉澤は市井と、保田は松浦と、そしてなっちの前に立ちはだかる少女は・・
「どきな辻、そいつは私の獲物だ。」
だが後藤の言葉にもその少女は耳を貸そうとしない。
「たとえ後藤さんれも、これらけは譲れないのれす!」
辻希美は安部なつみの前を離れようとしない。
「あいつはあいぼんのかたきれす。ののはれったいにゆるせないのれす!」
「辻・・」
「勇者のなを汚すわるものは勇者のののらたおさなきゃいけねーのれす!」
後藤はずっと辻をただの大食いチビと思っていた。
だが今その目に映る彼女の後ろ姿はまるで、まるで本物の勇者の様。
「決まった?なっちは別に二人まとめてでも構わないべさ。」
「うるは〜い!おまえなんかののひとりれ十分なのれす!」
「のの?ああ、前に勇者ごっこしていた子供がいたな、忘れていたべ。」
魔王なっちは完全に目の前で吠える小さな娘をなめきっていた。
「勇者ごっこはお前れす!ほんろうの勇者はこまっれいる人を助けるのれす!
 ほんろうの勇者はわるいやつをやっつけるのれす!お前らねーのれす!」
「どっちが本当の勇者にふさわしいか試すべか?まあ結果は見えてるけど・・」
辻vs安倍、歴史を変える二人の勇者が、今ここに激突す!

532 :辻っ子のお豆さん:02/01/24 00:57 ID:FSrYKqUE
福田明日香の手にはあの剣が握られていた。
保田等によって盗まれ、松浦と一緒に戻って来た勇者なっちの剣が。
「これはね、元々私の武器だったの、闇の末裔である私の・・」
その剣に後藤真希の持つ聖剣ハマミエが反応を示す。
「そう、光の聖剣ハマミエに対を成す闇の魔剣ギンナンよ。」
高らかに語る福田に対し、後藤は興味なさげに髪をかき分ける。
「誰だか知んないけど、あんたの出る幕はないんだよね〜。」
「後藤真希、お前は調子に乗り過ぎた、ここで死ね。」
明日香と後藤、交わることのない二つの星が今ここに交差する。

4つの戦いが幕を開けた。
この中で最初に決着が着いた勝負は?

1.吉澤vs市井
2.保田vs松浦
3.辻vs安倍
4.後藤vs福田

533 :名無し:02/01/24 00:59 ID:g5oOf5bq
初リアルタイム更新に立ち会いました。
おいしい物は後に取っておくとすると、2で。

534 :名無し募集中。。。:02/01/24 00:59 ID:qjU5a+qt
スレ名まで使うとは…
ここはやはり「明日香と後藤、交わることのない二つの星」の4で

535 :名無し募集中。。。:02/01/24 01:01 ID:Wg6Y9yGr
4で。なんかダレてきましたね〜。新しい試みが欲しいところ

536 :ねえ、名乗って:02/01/24 01:02 ID:h+fT4Ayh
4っす

537 : :02/01/24 01:03 ID:Ea/jZLSr
( ^▽^)<盛り上がってまいりました!3かな!

538 : :02/01/24 01:12 ID:qMSzXlSt
4で

539 :マンセー!:02/01/24 01:12 ID:IS/HaJvG
ワーイ更新だ!
鼻息一発で決まりそうな2で!

540 :七紙:02/01/24 01:12 ID:oQnpMkHs
ついに最終対決ですね。辻豆さんがんばってください
4で

541 :tak:02/01/24 01:25 ID:x8lP5e+5
1がみたい

542 :夢幻夢:02/01/24 01:49 ID:0TGP1Qqp
辻vs安倍 後藤vs福田とは思わなかった。
さすが辻豆さん。スレ名を使うとは・・。2で。

543 :CPTN:02/01/24 03:17 ID:3iZ0qlS8
2!

544 :名無し:02/01/24 04:11 ID:rkSfpK+5
>>535
お前もっかい読み直せ
めちゃめちゃ盛り上ってるとこやん
あえて3で

545 :ねぇ、名乗って:02/01/24 06:26 ID:+mFweRwo
久々に意見がばらける選択肢っすね。
2でお願いします。

546 :のてせ:02/01/24 06:30 ID:bCTueORb
松浦の秘めた心の内を覗きたいので「2」。

547 :名無しでごめんね:02/01/24 07:38 ID:nEYmFbOv
ワラタ!辻豆さん(・∀・)イイ

一番見たいのは後藤vs福田だけどここは"2"でお願いふらっしゅ

548 :名無し:02/01/24 08:02 ID:efL2XiuL

市井が攻撃をやめて、師匠どうして〜!って展開も燃える。

549 :名無し♪:02/01/24 09:28 ID:8RSl10MI
うーん、迷いますが…1で♪

550 :名無し募集中。。。:02/01/24 12:41 ID:cZH9CS1h
2でお願いしたい。

551 :安倍っ子のお豆さん:02/01/24 13:11 ID:S1nLdOj5
やはり保田VS松浦の秒殺からでげしょ〜。
と、ゆーわけで2でお願いします。

552 :れぼ:02/01/24 13:57 ID:FtM2ZSfd
2でお願いします。

553 :名無し。:02/01/24 14:52 ID:QNMduVb7
4で。

554 :むすむす:02/01/24 15:06 ID:QvSxiPbR
う〜んどれも面白そう・・・4で!

555 :ねぇ、名乗って:02/01/24 16:31 ID:dtC/GH40
2

556 :名無し娘。:02/01/24 16:31 ID:z55CJrsH
みんなひどいよ、わかってないよ。
ダーヤスは実はものすごい力を秘めてる。おれはそう信じてる。

ただ、順番的には2413の順で見たいんだよな。
つーわけでやっぱ2。

557 : :02/01/24 16:58 ID:G3kQPxZ5
まずは4がみたい

558 :プリンス羊:02/01/24 17:04 ID:qhGg3ciW
2.ダーヤス死亡

559 : ◆Fuchu5X6 :02/01/24 22:13 ID:eFfd7e2y
( ´D`)<2でいくのれす!

560 :名無し募集中。。。:02/01/24 22:27 ID:DwjMJWpm
保田と松浦は裏で芝居する可能性あるもんなあ・・・なんか松浦がぁゃιぃ・・・

561 :辻っ子のお豆さん:02/01/24 23:00 ID:Ta+h3kpd
吉澤と市井の師弟対決は旅立ちの章からずっと一番書きたかった所。
自分の中ではかなり熱い内容なんですよ。
それをうまく文章にできるかは別として・・

今日もちょっと選択肢なしになりそうです。

562 :ねぇ、名乗って :02/01/24 23:03 ID:Gw1a2UYT
あ、もう遅いのかな?
まだ間に合うなら2で


563 : ◆Fuchu5X6 :02/01/24 23:14 ID:eFfd7e2y
( ´D`)ノ辻豆さん、がむばるのれす!

564 :辻っ子のお豆さん:02/01/24 23:23 ID:/wGwDZgl
松浦亜弥の最大奥義が保田圭の体を掻き消していく。
「100回のDEATH」
かつての仲間でも松浦には一切の遠慮はない。邪魔する奴は殺す。
右足を吹き飛ばし、左腕を奪い去り、最後に頭を破壊する。
だが殺ったと思ったその時、松浦の視界から保田圭が消えた。
「あんたを外に出したのは私の責任、あんたも死ぬのよ。」
片腕片足を失い瀕死状態の保田が、松浦の背中にぴったり張りついていた。
「うそ…!」
プッチ バージョン4【ぴたクリ】
「やめろーーーーー!!」
ぴったりくっついた保田の体内から激しい爆発が巻き起こる。
(吉澤、辻、後藤、短い間だったけど、最後にお前等と笑い合えて良かった)
(さよなら・・)
爆発の音に辻が振り向くと、もうそこには保田の姿も松浦の姿もなかった。
「おばちゃーん!おばちゃーん!!」
辻が呼びかけても、もう返事は返ってこない。
「うわ〜ん!おばちゃ〜ん!!」
最後の仲間、大泥棒保田圭は死んだ。

565 :辻っ子のお豆さん:02/01/24 23:24 ID:/wGwDZgl
「せっかく部下にしてやったのに情けない奴だべ。」
松浦の死を安倍は悲しむどころか、むしろ笑ってさえいる。
「グスッ、エッ・・お前は仲間が死んでもなんとも思わないのれすか!」
「あいつも所詮は人間、なっちの仲間は紗耶香と明日香だけだべ。」
「お前は最低なのれす!」
辻は涙を拭いて安倍に突進した。互いに持つ剣と剣が交差してぶつかり合う。
「お前には心というものはないんれすか!人でなし!悪魔れす!」
「悪魔・・そうだよ、なっちは悪魔だべさ。」
安倍の表情が一変する。全てを憎むかのごとく冷徹な怒りを秘めた表情に。
「お前にはわからないだろうな・・何不自由なく幸せな人生を歩くお前には・・」
「不自由してるのれす。ご飯が足りなくてすぐおなかすいて不自由れす。」
「…」
「…」
「死ね。」
なっちの右手から熱き光が湧き起こる。
「真夏の光線!」
「うわー!」
あまりに近距離で、回避不可能なその光線は確実に辻を打ち抜いた。
辻はもんどりうって倒れた。

566 :辻っ子のお豆さん:02/01/24 23:25 ID:/wGwDZgl
その様子を見ていた福田明日香が口元を緩める。
「なっち様の魔法を受けて生きていた奴はいない、これで残り二人。」
明日香の笑みに後藤は顔をしかめた。
やっぱり辻になっちの相手は荷が重すぎた、私がやっていればこんなことには・・
だが後悔してももう遅い、辻が殺されたのは自分の責任だ。
そんな負の感情が後藤の剣さばきを鈍らせる。
「光の末裔とはこの程度か、後藤真希。」
隙を突いた魔剣ギンナンが後藤の右肩を薄く切裂いた。傷口から血が滲み出る。
さらに明日香の回し蹴りをモロにくらい、後藤は壁際に弾き飛ばされた。
「ゲホッ・・ゲホッ・・」
「お前達はここで全滅するんだよ。」
「うるさい!私は負けてない!それにまだよっすぃーもいる。」
「どうかね〜それももうすぐ終りそうだけど…」
その言葉にハッとして、後藤はすぐ横で戦っているはずの吉澤の方に振り返った。
すぐ横で、市井紗耶香と吉澤ひとみが向き合っている。
プッチのぶつかり合いによって、二人の間の床がひどく焼け焦げていた。
同様に吉澤ひとみの服も所々が焼け落ちている。
一方の市井紗耶香には傷どころか、埃すらついてない程であった。

567 :辻っ子のお豆さん:02/01/24 23:26 ID:/wGwDZgl
これが二人の力の差・・
自分は強くなったと思っていた、梨華ちゃんを守り抜けるくらい強くなったと思っていた。でもそれは私が思い込んでいただけなの?
私の力じゃ梨華ちゃんを守る事はできないの?
目の前に立ち塞がるこの人を越える事はできないの?
膝を突いて震える吉澤の目に、人形のように立ち尽くす花嫁姿の梨華が映った。
何もしゃべらない、何の感情も持たない、梨華ちゃん人形。
「梨華ちゃ…」
「がっかりだよ。」
私の声は、その人の呆れた様な声に掻き消された。
「もう少しマシかと期待してたんだけどねー。」
「師匠、私は…」
「もう師匠じゃねえ!私はこんな情けない弟子を持った覚えはないんだよ!」
市井は再び構え直す。
「買い被り過ぎたみたい、もういい、死ね。。。」
プッチ バージョン1【ちょこラブ】
輝きを帯びた球体が私に向かって真っ直ぐ飛んでくる。
私にそれを防ぐ術はなかった。

568 :辻っ子のお豆さん:02/01/24 23:54 ID:DwjMJWpm
GAME OVER

569 :名無し募集中。。。:02/01/24 23:56 ID:i7+/IRxX
ぉぃぉぃ(藁

570 :名無し募集中。。。 :02/01/24 23:59 ID:iVZjdCTX
終わっちゃったよう・・・
しかもGAME OVER・・・
涙・・・


571 :名無し募集中。。。:02/01/25 00:08 ID:Ni6Z5usO
ショッキー!

572 :むすむす:02/01/25 00:11 ID:ZMSoRuqw
ままま、マジすか?


573 :名無し募集中。。。:02/01/25 00:12 ID:rb09/pkp
どこで選択を間違ったかな
やっぱ矢糞は必要?

574 :ななしなでしこ:02/01/25 00:19 ID:14JgTN2R
え、え、えマジですか?

575 :ねぇ、名乗って:02/01/25 00:21 ID:3oulzjlS
へっ??
ID変わってるけど、GAME OVERって書いたのニセモノさん?
終わりじゃないでしょ?

576 :乳ダス:02/01/25 00:24 ID:yjkessof
>>575
前もあった手だよね。こんな感じの。

577 :ねぇ、名乗って:02/01/25 00:24 ID:qiBHFTEu
(・∀・)イイ!!
今までサウンドノベルの醍醐味であるバッドエンドが全くないから、
はっきり言ってつまんなかったんだ。
だってこれじゃ選択肢の意味なかったもんな。
最後の最後でやってくれるね!辻豆さん。
ということでパーティー編成の場面に戻るんでしょ?
紺野か矢口どっちかが必要なのかな?

578 :名無し募集中。。。:02/01/25 00:26 ID:IiumbdJc
>>577
禿同。今まで選択肢の意味全くなかった。
結局皆王道を選んでたから。これでよかったよ。
で、どっからロードするんですか?>辻豆さん

579 :( ´D`)ノ:02/01/25 00:45 ID:qrSHeNCn
今回の「選択肢なくなりそう」ってこういうことだったのか・・・。

でも「梨華ちゃん人形」には藁田。
今回の展開はこれが言いたかっただけだったりして

             んなこたぁーない>⊂(■∀■¬)

で、仕切り直しですよね・・・?

580 :プリンス羊:02/01/25 00:49 ID:lYl+W/3k
松浦には圧倒的な性能であって欲しい。

>>577-578
物語の作成に参加できるだけでも嬉しいものなのだよ。

581 :名無しでごめんね:02/01/25 00:58 ID:v8L3y7F4
あうちっ!ここでバッドエンドとは…
やられましたわ。いやマジで
しきりなおしに期待っ!!

582 :名無し募集中。。。:02/01/25 00:58 ID:Q2mcAOaI
プッチの連携技を期待してプッチ+辻を選んだのが間違いだったのか・・・
1対1を選べと言われてヤベエと思ったがあとの祭り(w

元仲間の会話ありぃのってことで市井と矢口を対峙させなあかんかったか

583 :名無しさむ:02/01/25 01:17 ID:GNnmmluO
( ^▽^)<ぁゃゃは最後の黒幕に取っておくべし

584 :名無:02/01/25 01:26 ID:o8TINstB
不審な行動が目立つ松浦と語り手・吉澤に会話させる必要があると思われ。

585 :ねぇ、名乗って:02/01/25 01:34 ID:bPT+749P
う〜ん。面白いなあ。
やっぱかつての仲間矢口は連れてかなきゃならなかったのか?
それとも戦わせる相手が悪かったのか?

586 :のてせ:02/01/25 02:03 ID:7OFz0NGP
むぅ、リスタート用の更新を待つ以外に無いのか……

587 :名無し募集中。。。:02/01/25 02:17 ID:XcE9vbEa
>吉澤と市井の師弟対決は旅立ちの章からずっと一番書きたかった所。

こう言ってるのにBADENDは不自然では。
一番書きたい所で、そんなことはしないと思う。
568は偽者と見た。

588 :ねぇ、名乗って :02/01/25 02:20 ID:zbdS311H
>>587
くどい。本物だよ。

589 :ねぇ、名乗って:02/01/25 02:30 ID:bPT+749P
>>587
ニセモノだとしたら残念・・・。せっかく面白いと思ったに。

590 :辻っ子のお豆さん:02/01/25 02:31 ID:ElwjFsZn
どうも本物です。
568は偽者です。

591 :のてせ:02/01/25 02:40 ID:7OFz0NGP
>>590
では、本日用「真の更新」をどうぞ(w

592 :ねぇ、名乗って:02/01/25 03:02 ID:bPT+749P
>>590
そうなんですかあ・・・はぁ。

593 :なな:02/01/25 03:13 ID:GNnmmluO
んーつまり確実に1人は偽者が紛れ込んでるわけで…
トリップ付けた方がいいですね

594 :のてせ:02/01/25 03:22 ID:7OFz0NGP
まあ、遅くとも明日の夜半には本物がどちらか判明するでしょう。
この後増殖しまくったら鬱(w

次回作(あるかな?)からはトリップ使用希望>真・辻豆さん(w


595 :七紙:02/01/25 03:25 ID:k2/Oj6mW
どっから偽者だったんだろ…

596 :のてせ:02/01/25 03:32 ID:7OFz0NGP
個人的には「文章をうpしていないほうが偽豆さん(w」だと思います。
該当するのは590ですが(w

597 :名無し募集中。。。:02/01/25 04:59 ID:Lp7bWo2D
っていうかのてせウザ過ぎ。
「(w」で保険書けるな。図々しい。

598 :のてせ:02/01/25 08:00 ID:7OFz0NGP
>>597
590が本物の辻豆さんだった場合、コテハン捨てます。
幸い物語も終盤ですし、名無しになれば済むだけのことですから。
597のスレ内容を検討する限り、「偽豆問題とのてせ」に関しての感想と受け止めたうえでの判断です。

ageてまで煽るあたり、590=597の可能性が濃厚、と個人的には仮定していますが。

スレ汚しスマソ>作者

599 :名無しちゃんいい子なのにね:02/01/25 08:12 ID:bscCE85M
>>590 の書き方は普通じゃない=辻豆さんではない
よって偽者。なので4キボーン(藁

600 :安倍っ子のお豆さん:02/01/25 10:32 ID:UX1Zz3oe
う〜む・・・。確かに
>>吉澤と市井の師弟対決は旅立ちの章からずっと一番書きたかった所。
とは言ってるけど、561はsageで564はage。
辻豆さんはいつもならageな訳で。
ということは、561は偽物っぽい。
590は本物っぽいけど、本物ならもっとコメントくれるような気が。
それに
>>599の言ってることもわかる。
しかし、564もここに来てバッドエンドというのもないよーな気がする。
でも、個人的には久々のバッドエンドで有る意味新鮮でした。
・・・・・ところで、これこそ本当の推理のような気が。
誰が本物なんだろ?
以上、長くなってスマン。


601 :名無し募集中。。。:02/01/25 12:05 ID:B2dSyrcr
トリップつければ何の問題もない。今までつけなかった作者が悪い。
それだけのことではないのですか?

602 :じゃのぅ:02/01/25 12:21 ID:Iza2kv14
ちょっと皆な落ち着け。そのうち判るから。

603 :名無し:02/01/25 12:56 ID:wiZxSJeX
>>564-567は本物でまだ続くんじゃないの?
>>568はきっと偽物。
>>567の後30分くらいあいてるし、ID違うし。


604 :うーん:02/01/25 13:02 ID:o8TINstB
全部本物で、辻豆さんのメタフィクション的仕掛けと読むが。
読者にあれこれ推理する楽しみを提供する、みたいなね。
いつぞやの偽者騒動でアイデアを得たのではないかと。はて。

605 :名無しさん:02/01/25 15:15 ID:fBAGgus1
>>603の意見に概ね同意だな。
バッドエンドでなくまだここから話続くと思われ

606 :うむむむむ:02/01/25 15:47 ID:c//mTliV
ラストパーティ選択時の辻豆さんの文面から推測する限り、
バットエンドの人ははさすがに偽者でしょう。
バットエンドにするつもりだったら、さすがにああいう感想
(保田人気が意外だったとか)をアップしないと思う。

辻豆さんは、いつも、我々読者の『わがままな最大公約数』を
受け入れつつシナリオを書いてくださっているわけだから。
もし、本当にゲームオーバーだったら、正直かなりショック。
最後の最後で、意見が無視されたわけだから。

>>568が偽者だと信じ、辻豆さんには、偽者を気にせず、
続きを書いてほしいです。

しかし……前の偽者さんとは違い、今度のは手間が
かかってない分悪質だ……。



607 :ねぇ、名乗って:02/01/25 16:57 ID:4IEh1AAg
前と同じだろ。最初に>>561書いて回線切ってIDに変わったんじゃないの
リスタートするのかこのまま続きがあるのかは分からんけど
っていうかこの戦いに負けてなかったらそっちの方が萎える
最後に近くなると選択肢なしの場合も出てくるって前にも言ってたし
っていうか前からトリップ付けろと言われ続けてるんだから対応してくれてもいいものだと思うが

>>580
正直作成に参加出来てたか?
最近のなんて選択肢見た瞬間に次これになるだろうなっての分かってたぞ。みんなワンパターン過ぎて
>>577には加護しく同意

608 :のてせ@長文スマソ:02/01/25 16:58 ID:7OFz0NGP
「更新の続きを待っているためレスがつかないのでは、と仮定した辻豆さんからの贈り物
 という根拠で568を本物と断定し、それ伴い590は偽物と断定」

以上、個人的見解だったんだが「568が偽・590が真」説も説得力あるなぁ。
「辻豆さんは更新後に寝る」と勝手に思い込んでたのもあるしなぁ。
名指しで煽られたこともあり、レス回数が(不本意にも)増えてるわけだが
煽った甲斐あって、コテハン「のてせ」を消せるかもしれないね、おめでとう(w

あと、市井吉澤部分が淡白に映ったのは、リロード後に書かれるであろう「いちよし」にこそ
辻豆さんの本気が注がれているから、と断定中。

さて、辻豆さんへの謝罪文を考えておかなきゃな……

609 :ねぇ、名乗って:02/01/25 18:28 ID:mU5BwzSg
GAME OVERって表現が偽物っぽいな〜

610 :ねぇ、名乗って:02/01/25 18:49 ID:ndkPRVyW
つーかねー、話の流れもウンコだし、辻豆には個人的には死んで欲しいね
いや、煽りとかじゃなくて、普通に。

611 :        :02/01/25 19:43 ID:drPRLbDb
>610
そういうことは思っても書くもんじゃないよ

612 :ねぇ、名乗って:02/01/25 19:52 ID:TMVgMNhJ
なんか荒れてんな・・
たのむからマタ−リ行こうよヽ(´ー`)ノ


613 :プリンス羊:02/01/25 20:00 ID:hAJcBt2t
次の展開が楽しみですね。

614 :ねえ、名乗って:02/01/25 20:10 ID:NdMNenWW
マターリ・・・

615 :( `.∀´)<:02/01/25 21:41 ID:EqbKl7U/
こんくらいで騒ぐなよ厨房ども。待てばいいだろ。

これだから最近の羊は・・・

616 :ねえ、名乗って :02/01/25 21:43 ID:Exc2DVua
ま、ゆっくりいきましょうよ

617 :age:18:02/01/25 21:48 ID:jSo/KXjJ
案外今回のハプニング的な物が総て辻豆さんの演出であるような気がして
ならないのですが・・・
敢えてトリップを付けなっかたり GAME OVER なぞと怪しげな表現を
使うことによって小説があげられていない時にも読者の人達が
楽しめるように  実際、そしてそのような演出をする事によって賛否両論もあるけど
現に読者の方々が色々と意見や推理をして、次の展開が気になるようになって
どんどん引き込まれて行ってるのも事実かと・・・。
個人的には>>604さんと同意見です。
クライマックスですし辻豆さんには煽りなぞに負けずにがんばって欲しいのもです。 
長々と誠に失礼致しました。

618 :辻っ子のお豆さん:02/01/25 21:54 ID:6ZuJmZAj
市井紗耶香は知らなかった。その娘の力を・・
福田明日香は知らなかった。その娘の可能性を・・
安倍なつみは知らなかった。その娘の起こす奇跡を・・
その時点までその場には、明らかに魔族側圧勝のムードが流れていた。このような絶望的状況を希望へと変える存在を、もし人々が勇者と呼ぶのなら、その娘はまぎれもなくそれに値するであろう。

激しい爆音が去り、吉澤は自分がまだ生きていることを悟った。プッチの直撃を受けて助かる見込みはないのにどうしてだろうと思い顔をあげると、目の前には一人の少女の背中が見えた。この背中は以前にも見た覚えがある。吉澤が誰より信頼を寄せる人物の背中。
「のの…」
辻希美は生きていた。安倍の放った真夏の光線は全て辻の腹によって無効化されていた。そればかりではなく辻は吉澤を救う為に市井のプッチすらも反射してみせたのだ。

「馬鹿な・・どうして奴は生きているのだ!?」
魔族側に初めて動揺がみられた。安倍市井ともに己の奥義には絶対な自信を持っていただけに、たかが人間ごときに無効かされたその衝撃はあまりに大きい。福田にしても辻にその様な能力があることに驚きを隠せなかった。
『我らの計画には何の障害にもなりません。ただの雑魚でした。』
そして完全にノーマーク扱いしていた自分を悔いた。

619 :あぼーん星人:02/01/25 21:55 ID:sSq1eEgw
 「矢口ソロデビュー」の電p@発見!!
http://school.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1008318966/l50
>>258

620 :辻っ子のお豆さん:02/01/25 21:56 ID:6ZuJmZAj
「後藤さん!イマれす!」
辻の声で福田はハッと我に返る。しまった、あいつに気を取られていて完全に自分の相手を見失っていた。そう思った時にはもう遅かった。
福田がギンナンを持ち直す前に、後藤真希のハマミエが福田明日香を一閃した。何物もを弾く魔族の肉体を聖剣の光が消し去っていく。

一瞬の出来事に、安倍と市井は驚嘆の声をあげた。
「明日香!」
あぁ、なっち様と紗耶香の声が聞こえる。薄れ行く意識の中で明日香はなっちとの出会いを思い出していた。魔族として生まれ迫害された自分を救ってくれたのはなっち様だった。
そのときからずっと、理想境を創るというなっち様の夢に、自分の身を捧げる事を誓った。だけどどうやらそれもここまでらしい。
「死ぬな!明日香!」
もうなっち様が何を言っているのかも聞こえない。しゃべる力すら残されていないみたいだ。でも最後にこれだけは伝えておきたい。
(なっちありがとう・・)
福田明日香の最後の意識が言葉になることはなかった。闇の魔剣ギンナンを残し、福田は完全に消滅した。

621 :辻っ子のお豆さん:02/01/25 21:57 ID:6ZuJmZAj
「どうしてだべ明日香、もうすぐ、もうすぐだったのに・・」
松浦の時とは異なり、福田の死は明らかに安倍を動揺させていた。だがその悲壮な気持ちはすぐに怒りと形を変えて安倍に力を与えていた。福田の忘れ形見となった魔剣ギンナンを拾い矛先を福田の仇、後藤真希へと向ける。
「真希、やはりお前をあの時生かしておいたのは失敗だった。絶対に許さない!」
「それは私のセリフだよ。」

吉澤ひとみは再び立ち上がった。
「のの、私はもう大丈夫だからごっちんを助けてあげて。」
「よっすぃー・・れも。」
「お願い、あの人とは一対一でケリをつけたいんだ。」
吉澤の顔を下から見上げながら、辻はコクンと頷いて後藤の方へ駆け寄っていった。
またののに一つ教えられた。どんなに絶望的な状況でもあきらめちゃいけないってこと。こんな弱い気持ちで師匠を越えられるはずななかった。
「私は勇者ののの相棒だから、この戦い絶対に負ける訳にはいかない!」
(それを教えてくれたのは師匠、あなたです。)
「いい顔だ、それでいい。」
決意を秘めた吉澤の表情に、市井もまた応える。
「ちょこっとラブ!」
「恋にノックアウト!」

622 :辻っ子のお豆さん:02/01/25 21:58 ID:6ZuJmZAj
立場も境遇も異なる二人ではあるが、共通する意志が存在する。自分の命を賭けても良いほどに純粋で真っ直ぐな意志を持った唯一無二の相棒がいること。その為に自分は絶対に負ける訳にはいかないこと。
「なつみと目指した夢の為に!私は勝ち続けるんだぁー!!」
市井さんの想いがプッチ越しに伝わってくる。果てしない怒りと悲しみに包まれた想い。
だけど私だって負ける訳にはいかないんだ。梨華ちゃんを助けるんだから、その為にたくさんの人が私に力を貸してくれたんだから。全部の想いをこの一撃に乗せて!
「うわああああああああああああぁぁぁぁぁ!!!!!!」
吉澤のプッチが市井のプッチを越える。それは奇跡でもまぐれでもない。単純に市井の意志を吉澤の意志が越えたということ。
「師匠・・」
壁にもたれ倒れ込む師とそれを見下ろす弟子。市井はなぜか笑っている様にもみえた。
「とどめをさせ。」
何の感情もない言葉、これが師からの最後の言葉。

1、 市井紗耶香を殺す
2、 できない

623 :名無し募集中。。。:02/01/25 22:00 ID:dUK3tkt+
情け無用 1

624 : :02/01/25 22:08 ID:gInwR5qp
1で

625 :名無し募集中。。。:02/01/25 22:09 ID:Q2mcAOaI
改行なしか・・・

626 :名無し募集中。。。:02/01/25 22:14 ID:dhX+T9X+
あれか・・・

627 :できない:02/01/25 22:19 ID:Z6ltP8kc
2で

628 :名無し募集中。。。 :02/01/25 22:20 ID:DRWEYRDd
改行なしも演出?それとも・・・
2で

629 :名無し募集中。。。 :02/01/25 22:30 ID:0HkTydIN
2デ。もうちっともったいぶって

630 :ひっぱって〜:02/01/25 22:35 ID:ZJjDov4+
辻豆さんやっぱ天才だわ。2で


631 : :02/01/25 22:38 ID:Cs1rrByU
1

632 :名無し:02/01/25 22:40 ID:vIae/i9H
2だよなぁ。
容赦なくとどめ刺せるようなキャラじゃないよなぁ。

633 :age:18:02/01/25 22:40 ID:1UxhSL6i
続きがあると言うことは GAME OVER の発言はは辻豆さんでは無かったのですね。
実際の所演出だったのか否かは定かではありませんが・・・
>>辻豆さん 勝手に変な詮索をしてしまった事をお詫びいたします。

634 :ののたまご:02/01/25 22:43 ID:ObOzk28O
殺せといわちゃ殺さざるをえまい。1で。
いやぁ、信長の野望思い出すねぇ。
何人斬首したことか…。懐かしいねぇ。

635 :夢幻夢:02/01/25 22:48 ID:PR/HlFKu
まさかやられたりしないよね?2で。

636 :( `.∀´)<:02/01/25 22:50 ID:xzSTB4SZ
>>628
書いてて熱くなったんじゃない?(w



2で。

637 :ねぇ、名乗って:02/01/25 23:14 ID:drM02RCf
本物偽者騒動も含めて、何だかんだで楽しみを与えてくれる作品だな

迷うけど1で。

638 :ねえ、名乗って:02/01/25 23:23 ID:NdMNenWW
2れす

639 :七紙:02/01/25 23:31 ID:OLk8GFdy
あえてコメント無し
2で。

640 :ねえ、名乗って :02/01/25 23:44 ID:EzYNfQSO
難しいなぁ・・・2で

641 :プリンス羊:02/01/26 00:15 ID:hBUU6f7E
( ● ´ ー ` ● )ありがとう。2

改行不思議だね。

642 :名無し募集中。。。:02/01/26 00:31 ID:LHcy6yk/
あえて1

643 :名無し募集中。。。 :02/01/26 01:01 ID:xW3Pe94j
2で


644 :ねえ、名乗って :02/01/26 01:06 ID:kJznZYLn

市井は死に急いでるような気がする。

645 :名無し募集中。。。:02/01/26 01:47 ID:wFz5er4K
「最後の」言葉か……
「1」で。

>作者
スレ汚しスマソ。そして、無礼な発言の数々をお詫びします。

646 :辻っ子のお豆さん:02/01/26 03:14 ID:Zf9Eg2mu
定期的に起こるイベント化してきた偽豆事件についてのコメント

・偽者はGAME OVERだけです。590は言葉が足りなかったですね。申し訳。
・偽者発言に対しては別に怒ってないです。対応が悪かったこちらにも責任があるし。
・トリップはあんまりつけたくないです。どうしてもと言われれば考えますけど。
・のてせさん、謝罪はいらないからコテハン捨てて欲しくないです。
・今回の改行の件、急に改行の練習をしたくなっただけで深い意味はないです。タイミングが悪かったかな。

647 :アルマーニ濱口 ◆2ggkL5EU :02/01/26 03:17 ID:b62mQwqB
相変わらず、ハプニングが起こると
いい意味で騒然としてるな。よかよか

ここは生かすだろ
2で

648 :ねえ、名乗って:02/01/26 03:18 ID:8eTApVJP
2。・・・甘いかなあ。

649 :名無し募集中。。。:02/01/26 03:24 ID:Pg7SBJdJ
コテハンは作者とゲーム作ってる二人だけでいいよ
コテハン読者を責めるつもりないけど目立つことは確か
まとめるようなこと言ったり新参の相手してるレスがコテハンなら
(ゴメソだけど)やっぱウザく感じやすいんだな・・

650 :ねぇ、名乗って:02/01/26 05:24 ID:qL//3bQO
やったーウザイのてせが消えること決定!
公約どおりコテハン捨てろよ。ホントウザイから。

651 :名無し募集中。。。:02/01/26 05:30 ID:DH/hTOpZ
っていうか相変わらずつまんねー。辻豆のサウンドノベルシリーズが面白く感じられたのは、
最初の娘切草の導入部分のみ。あとは糞。これ常識。

652 :名無し募集中。。。:02/01/26 05:48 ID:wBztqcXV
>>650
上に上がってると思ったら読者の下げ忘れなのはもっとウザイ。

>>651
で、相変わらず全部読んでるわけだ。なるほどね。

653 :名無し募集中。。。:02/01/26 05:57 ID:C3ReelnU
>>651
俺は「街」の教会に行くまでが面白かったよ
みんなでワイワイ推理とかするのが

なんちゅーか、「ハッピーエンド」は時事ネタに
振り回され過ぎなような気がする

>>652
俺は最近は読むだけで選択しなくなったよ
でも読み続けるよ、また面白くなるかも知れないし
(旧タンヲタっぽいな、俺)

654 : :02/01/26 07:09 ID:OtmBdk+A
自分は「むすめたちの夜」や「街」なんかが好きだった。
推理物だったからっていうのもあるかも知れないが。

それにしてもダーヤスは必ず逝っちゃうな…(w;

655 :まぁまぁ:02/01/26 09:33 ID:oslaCM3E
感じ方は人それぞれですな。楽しみましょうや。

656 :名無し募集中。。。:02/01/26 09:44 ID:O+K0f1oZ
今回のダーヤスの死に様はカコ(・∀・)イイ!!
写真集も勢いで買ってしまおうかと思ったよ。

657 :ねぇ、名乗って:02/01/26 11:43 ID:mZnu5HUJ
殺せと言ってるのに情けをかけられるのは最大の屈辱
1

俺も街が好きだったな。
今回のも初期の頃の選択肢はヨカタ

658 :辻っ子のお豆さん:02/01/26 12:22 ID:7y4RDa9K
「できないよ。私には・・」
師匠を殺す、その現実を前にして吉澤は動きが止まった。
そんな吉澤の前に寂しい眼をした後藤が現れる。
「いちーちゃん。」
「真希・・」
二人は知り合い?後藤と市井の間に意味ありげな空気が漂っている。
「私が今楽にしてあげるよ。」
市井は何も言わず目を閉じて頷いた。まるでそれを望んでいたかの様に・・
(やっぱりお前しかいないか、真希)
「やめろー!駄目だー紗耶香!」
「いかせねーのれす。お前の相手はののれす。」
叫びながら安倍は駆け寄ろうとしたが、辻に行く手を阻まれ間に合わなかった。
プッチ バージョン2【青春時代123】発動
3本の閃光が市井の体を切裂く。
(ごめんね、なつみ)
安倍の眼に市井の最後の姿が写し出される。
「ごっちん・・」
後藤も顔をくしゃくしゃにして泣いていた。

659 :辻っ子のお豆さん:02/01/26 12:22 ID:7y4RDa9K
『今日から私がなつみの相棒ね、よろしく。』
『君はひとりじゃないよ、ここに私がいるでしょーが。』
『なつみは間違ってないよ、自分の夢を信じなさい。』
紗耶香との思い出がなつみの頭を渦巻く。また、ひとりぼっちに戻った。
その瞬間、なつみの中の何かが音を立てて崩れ落ちた。

夢は終った。
もうこんな世界はいらない。
明日香も紗耶香もいない理想境なんてない。

ハロプロ城に巨大な落雷と旋風が吹き荒れる。
城門前で戦う矢口や紺野や騎士達がその異変に気付き、動きを止める。
見上げると上空に、天を覆う程巨大な暗黒空間が出現していた。
「ちょっと、何よアレ・・」
謎の怪奇現象に民衆はおろか騎士達ですら次々とパニックに陥ってしまった。
その時、矢口の耳に古い仲間の声が聞こえた様な気がした。
(なつみを救って・・)
「え、今のカオリ・・?なによそれ?」

660 :辻っ子のお豆さん:02/01/26 12:23 ID:7y4RDa9K
ハロプロ城から数キロ程離れた場所に、その異変を見上げる者達がいた。
「うおーなんじゃありゃー!」
「このままでは魔界の門が開いてしまう、急ぎましょう。」
「でも私達が行った所で何が?」
「愛ちゃん!ののやよっすぃーも戦っとるんや!うちらも手助けせなあかんやろ!」
「そ、そうだね、うん。」
その三人はハロプロ城へと足を速めた。

さらに少し離れた小高い丘の上にも、その光景に見とれる者達がいた。
「トロピカ〜ル♪」
「この国はもう終ったわね。直にここも危なくなる、行きましょう。」
「せっかくだからもう少し見ていこうよ、こんなの滅多にないですよ〜。」
自分が生まれ育った国が滅び行く様を、その少女は面白そうに微笑んで眺めていた。
流石に年配の女性もそれには少し寒気を覚えた。
「あ〜あ、こんなんだったらもう少し遊んでれば良かったなー。」
「冗談じゃない、早めにとんずらして正解だったわよ。」
年配の女性は心底そう感じていた。
魔界の門が開いたが最後、あそこにいる人間はまず命はないと悟っていたからだ。

661 :辻っ子のお豆さん:02/01/26 12:24 ID:7y4RDa9K
なっちの暴走によってハロプロ城内は台風の過ぎ去った後の様に荒れ果てていた。
天井には大きな穴が空き、そこから上空が覗ける。
けれど、見えたのは青い空ではなく謎の暗黒空間であった。
辻は口をポカーンと開けてそれを見上げていた。
「なんれすかあれは?」
「まさか魔界の扉!まずい、早くなっちを倒さないと!」
しかし全ての引き金を下ろしたなっちの力は、後藤にも恐れを感じさせる程であった。
「全部消えてなくなってしまえばいいべ。」
なっちが両手を上げ念じるたび、徐々に暗黒空間が地上へと降りてくる。
その時、吉澤は・・

1. 人形のように固まっている梨華ちゃんの元へ駆け寄る
2. どうすればいいかわからずとまどうののの元へ駆け寄る
3. 戦いを挑もうと構えを取るごっちんの元へ駆け寄る

662 :ねぇ、名乗って :02/01/26 12:25 ID:gcFFn0cr
オリジナルストーリーでここまで書ける人はそうはいない。
辻豆さんスゴい。選択肢は2で。

663 :名無し募集中。。。:02/01/26 12:53 ID:DsMMTLpD
物語もいよいよクライマックスですね。
矢口はなっちを「きゅうえ」るのでしょうか??
1で。

664 :盛り上がってきました!:02/01/26 12:54 ID:oslaCM3E
うわーどれ撰んでいいかわかんね〜。
とりあえず662と同じにしとこ。2で

665 :ねぇ、名乗って:02/01/26 13:14 ID:JBLXBX7t
>>662
そうでもないよ。

666 :ねぇ、名乗って:02/01/26 13:32 ID:zYvD37r0
理想境→理想郷では?

667 :夢幻夢:02/01/26 13:47 ID:Z8uzcYOc
>>665、666選択書いたほうが。1で。

668 :ねえ、名乗って:02/01/26 14:06 ID:v9N03xqw
わっかんねー 1.にしとこ

669 : :02/01/26 14:12 ID:v8hVawYp
選択肢ありのスタイルでここまで盛り上げることができるのはすごいと思う.
1で

670 : ◆Fuchu5X6 :02/01/26 14:23 ID:rmMDcAsm
( ´D`)<1れす!

671 :名無し。:02/01/26 14:25 ID:3yaLbDn7
3で。

672 :ねぇ、名乗って:02/01/26 16:04 ID:JyUs0tBe
1.

673 :ねぇ、名乗って:02/01/26 16:06 ID:c1MZJ7zw
余りににストーリーが長い故か・・・
最近は批判やら荒らしやら、厳しい御意見が多々あるようですが
娘切り草の頃から楽しませて貰っている自分としては
こんなにも長い期間ほぼ毎日の更新ペースでこれ程の大作を
書き続けて来た辻豆さんは正直凄いと思います。

3で。


674 :名無し募集中。。。:02/01/26 16:14 ID:SRbwB9am
選択肢の意味全くないけどねъ( ゚ー^)

675 :ねぇ、名乗って:02/01/26 16:57 ID:+XsnkF+5
>>674
そんなのは終わってから話せばいいっしょ、sage進行だし
雰囲気考えようぜ ъ( ゚ー^)

んで、俺は結構熱くなってたりします。
1で。

676 : :02/01/26 17:04 ID:XoFa4d4h
1で

677 :名無し募集中。。。:02/01/26 17:12 ID:k9JK4ST6
梨華ちゃん守る吉澤こそかっけ〜ので 1

678 :ねぇ、名乗って:02/01/26 17:55 ID:I/R2c8d4
エピローグの約束の相手が石川だったら全く面白くない。
むしろ辻であることを願うのであえて1!

679 :ねぇ、名乗って:02/01/26 17:57 ID:mZnu5HUJ
とりあえず他の2人はどうにでもなるけど、後藤は下手したら死にそう
3


680 :ねぇ、名乗って :02/01/26 19:47 ID:NZ4GyFIv
辻豆さん天才!!
2で!

681 :ねぇ、名乗って :02/01/26 20:53 ID:P2mop22b
1で


682 :名無し募集中。。。:02/01/26 21:00 ID:+G0Kqlmy
絶対1−ッ!!

683 :名無し募集中。。。:02/01/26 21:31 ID:HD45ZRZ9
辻豆の小説はどうでもいいが辻豆信者はウザイ。

684 :名無し娘。:02/01/26 21:39 ID:zQtyuhHF
最近ホント荒れてんな……。
マターリ選択肢を選んでたあの頃はどこへ行ってしまったんだ。
それとも、そうは言ってられないほどこのスレの存在はおっきく
なってしまったのかな。
辻豆さん応援してます。2で。

685 :名無し募集中。。。:02/01/26 22:32 ID:gh9e5rJp
>>683
激しく同意。最近は特にヒドイ。
どうでもいいけどこのスレいしよしヲタ多いよな
吉澤×誰かの時って毎回石川になってる気がする。

686 :ペプシキング:02/01/26 22:33 ID:D0vcbYJA
辻豆サンどうか気にしないで。
1で。

687 :( ´D`)ノ:02/01/26 22:42 ID:9WCaBPxb
選択肢は2ってことで。
文句がある人はとりあえず選択肢を選んでからってことで。

688 :名無し募集中。。。:02/01/26 23:13 ID:gh9e5rJp
一応言っておくとダイヤルアップだからID変わったけど選択はした

689 :名無し:02/01/26 23:38 ID:sx88W6V8
たまにあがるスレで批判があるのをとやかく言う人間が多くなったな。
仕方ないけど。


↓こいつと同じで。

690 :アルマーニ濱口 ◆2ggkL5EU :02/01/27 00:18 ID:jCcqAk79
カルシウム足りねえ、馬鹿ども増えたな
煽るなら違うスレで煽れよ

1で

691 :ねぇ、名乗って:02/01/27 02:01 ID:TG0CoMT+
1で
やはりあややと保田は生きていたか・・・
飯田も生きてる? そして亜依&愛と一緒にいる人はいったい・・・

692 :名無し募集中。。。:02/01/27 02:43 ID:WgJNCSQQ
1で

ペンダントの謎もそろそろ解明?

693 :名無し募集:02/01/27 03:06 ID:JVBgS5tL
>>690
うっせ新参

694 :辻っ子のお豆さん:02/01/27 03:17 ID:Cai4nnmA
人形のように固まっている梨華ちゃんの元へ駆け寄った。
「梨華ちゃん!大丈夫!」
私は彼女の両肩を掴んで力任せに揺さぶって呼んだ。
「やめて、痛い。」
梨華ちゃんは私の腕を振りほどくと、脅えた眼で私の事を睨んだ。
それはずっと見てきた彼女の眼ではない、眩しく輝いていたあの笑顔もない。
「私だよ・・よっすぃー、吉澤ひとみだよ。」
「誰?」
「助けにきたの。」
「なんで?」
なんでってそんなの決まってるだろ、私は梨華ちゃんのことが…
「本当に全部忘れてしまったの?私の事も、一緒に旅したことも。」
だって約束しただろ、一緒に…
「あの約束も、全部…」
「キャー来ないで!」
私がさらに近寄ると梨華ちゃんは悲鳴をあげて後ずさりした。
まるで暴漢魔を見るような蔑んだ眼で私の事を見ている。
「嘘でしょ。冗談やめてよ。ねえ、梨華ちゃん。」
彼女からの返事はなかった。私はその場に崩れ落ちた。

695 :辻っ子のお豆さん:02/01/27 03:18 ID:Cai4nnmA
「伸びろ!ピョーンソード!」
上空に浮かび上がったなっちに向けて剣は伸びていったが、なぜか直前で阻まれた。
「おかしいのれす、こうげきらとろかないのれす。」
「ハマミエ!」
後藤も光の聖剣を振ったが、やはりなっちの手前で消滅した。
強大過ぎる闇の力がなっちを包み込んで、あらゆる攻撃を防いでいた。
「くそっ、このままじゃ・・」
「後藤さん、ろうなるんれすか?」
「魔界と地上が繋ったら世界の終わりよ。」
「せかいのおわり、そんなのいやれす!」
しかし、辻と後藤をもってしても、もはやなっちを止める術はなかった。

矢口真里は焦っていた。
今すぐなっちの所へ向かわなければならない気がしているのに、それができない。
城門にはまだ数多くの騎士と騎士団長の石黒が立ち塞がっていたからだ。
「お前等どけー!もう争ってる場合じゃないだろー!」
「うるさい!我らハロプロ騎士はいかなる事態でも王宮を守り抜くのだ!」
天変地異と言ってもよい現象が起きているというのに、まだこんなことを言ってる。

696 :辻っ子のお豆さん:02/01/27 03:18 ID:Cai4nnmA
「矢口さん。あそこから直接行って下さい。」
見かねた紺野が矢口に提案した。ななめ前方のバルコニーを指していた。
「無理よ、あんな所まで届かないって。」
「投げます。」
すると紺野は小さな矢口を持ち上げて構えた。
「ちょ!ちょと待って!わ、わ、うわー!!」
紺野自慢の遠投により、真里は毬の様にバルコニーまで飛んでいった。
どーん、ぐしゃ!
矢口はバルコニーの柱に思いっきり激突して、潰れ落ちた。
「あいつ、後でコロす・・」

起き上がった矢口はバルコニーからダンスホールへと入っていった。
上空に浮かぶなっち、それに身構える辻と後藤、脅える石川、崩れ落ちる吉澤。
あーあ、面倒臭そうな状況だなぁ、ヤダナー。入るなり矢口は嫌な顔した。
「やぐっつぁん!」
意外な所からの味方の参上に、後藤達は驚きの声をあげる。
矢口は二人に軽く手を振って合図し、変わり果てた古き仲間を見上げた。
「ひさぶりだね、なつみ。」

697 :辻っ子のお豆さん:02/01/27 03:19 ID:Cai4nnmA
「マリ・・」
なつみは小さく呟いた。
「紗耶香とカオリは?」
「もういない。」
ある程度予想していたので、矢口に驚きはそれほどなかった。
「しっかり者の二人がいなくなって、バカやってた二人が生き残っちゃったか。」
「…」
なつみの上に広がる魔界の門はさらに拡大を続けていた。
「もうやめなよ、意味ないじゃん。」
「…」
しかしなつみは矢口の言葉にも耳を貸そうとはしなかった。
矢口の胸に過去の思い出が蘇ってくる。

1. なつみと初めて出会った日のこと
2. なつみと夢を語り合った日のこと
3. 旅が終わり別れを告げた日のこと

698 :アルマーニ濱口 ◆2ggkL5EU :02/01/27 03:28 ID:jCcqAk79
どれを選べばいいのやら・・・

一番読みたいのは
2かな

699 :名無し募集中。。。:02/01/27 03:30 ID:1kJSMTtr
何で市井殺すかなー??
よって市井も出てきそうな3

700 :700:02/01/27 03:36 ID:IG4UNqE4
700

701 :名無し募集中。。。 :02/01/27 03:57 ID:RMcgWMzW
どれを選べばいいのか悩むな。
1で


702 :名無し募集中。。。:02/01/27 04:05 ID:sEmwclm5
1かなぁ・・・

703 :名無し募集中。。。:02/01/27 04:21 ID:okTGDjea
袂を分かった理由を知りたいので「3」。

>辻豆さん
お気遣い感謝致します。
自分の事よりも「このスレが汚れること」のほうが個人的には辛い、
という考えのもと、コテハン捨てることで無用なレス(=>>650)が減るのなら
その方がこのスレにとって有益だ、と判断したうえでの決断ゆえ御容赦下さい。
(駄レスが減らなかったら無念ですが。)

……その後も参加しちゃってるけどね(w

704 :名無し募集中。。。:02/01/27 04:43 ID:Opx3q4AF
人間の遠投なんて初めて見たよ(w

ここは2をお願いします。

705 :名無し募集:02/01/27 05:08 ID:LXOVBpWt




   ポイッ  (;〜^◇^)<うぉぅっ
川o・-・)ノ 彡




3で。

706 :あいぼんあぼーん:02/01/27 07:10 ID:aJfpJe59
全部!ってわけにもいかないでしょうから、
3でしょうか?

707 :名無し:02/01/27 07:51 ID:iNHcjRE5
3にします

708 :名無し募集中。。。:02/01/27 10:28 ID:h/EPisXo
http://cloud.prohosting.com/inkoseek/cgi-bin/inkoload/source/up0237.jpg
辻豆さん、ふぁいとっ!
1で

709 :708:02/01/27 10:31 ID:h/EPisXo
直リンしちまった(撃つ

コピペで跳んでくらはい

710 :名無し。:02/01/27 10:31 ID:yOIEptH6
2で

711 :名無し募集中。。。:02/01/27 10:51 ID:Ji11Brnb
2れすね

712 ::02/01/27 10:54 ID:WGeod0Ib
3で。

713 :ざわ…:02/01/27 11:27 ID:cjmPzozX
3〜

714 :ななし:02/01/27 12:20 ID:QSqycF1L
2でお願いします。

715 :名無し募集中。。。:02/01/27 13:00 ID:KIJLtvOR
1で。

716 :ねぇ、名乗って:02/01/27 13:50 ID:Xz6XHT4/
1

717 :もちろん:02/01/27 15:44 ID:QSqycF1L
2!

718 :ねぇ、名乗って :02/01/27 16:38 ID:8bjWU9Gw
2かな。

719 :夢幻夢:02/01/27 16:46 ID:CpYYcRVD
あ,あれ?矢口飛べるんじゃ・・・。い,いや,気にせず逝きましょう。
全部見たいな。けど3で。

720 :名無し募集中。。。 :02/01/27 20:28 ID:t6x6iUip
どれも見たいけど、あえて選ぶなら2だな。
なっちや矢口の夢を聞きたい!

721 :名無し募集中。。。:02/01/27 20:38 ID:gM4Ebn/p
なっちの本心が知りたい。2で

722 :名無し募集中。。。:02/01/27 21:40 ID:Uac2tJ5b
難しいが、2か。

723 :名無しでごめんね:02/01/27 23:07 ID:9HvtPLp3
綺麗事いっとけ。2で

724 :プリンス羊:02/01/27 23:42 ID:M09wSV6t
3でしょ。

725 :七紙:02/01/28 00:05 ID:Mkg/sy84
微妙なところですがここは1,で。

726 :名無し:02/01/28 01:34 ID:dhZXjA/K
1がいいな〜。
ここ、ちょっとの間忙しかったので来れなかったので、自分の展開予想言わせて
もらえれば、松浦は洗脳されてたか、偽物と思ってた訳だけど見事に期待、とい
うか予想裏切りましたね、辻豆さん。(でも、出来レースぽい展開でワクワク)
 後、石川、加護ですね〜。ハッピーエンドお願いします。

727 :安倍っ子のお豆さん:02/01/28 09:53 ID:DQ0AsVQp
なっちの夢は世界征服なので、素敵な夢ではないと思われ。
あまり発展しなそーなので、3で。


728 :名無し募集中。。。:02/01/28 13:59 ID:Ep6cX+Eb
1がいいです。

729 :名無し草:02/01/28 15:37 ID:kLdDZZSe
まりっぺの夢が気になるので2。

730 :        :02/01/28 23:17 ID:hAevoXpu
2で

731 :辻っ子のお豆さん:02/01/29 00:15 ID:y7FnlsqY
>>708
最強11人編成マンセー!

今回は2で書きます。


732 :アルマーニ濱口 ◆2ggkL5EU :02/01/29 00:19 ID:lQwZiTFg
2. なつみと夢を語り合った日のこと


夢はかなう きっと かなう
だって こんなに はっきり 見えるんだよ
by 加護亜依



733 :辻っ子のお豆さん ◆RpdZFP7A :02/01/29 01:33 ID:z1EVCgVV
とりあえず偽者対策にトリップ付けました!

続きは現在執筆中です。

734 :辻っ子のお豆さん:02/01/29 01:47 ID:aySjDZHT
なつみと夢を語り合った日のこと
高くそびえ立つ山脈のふもとに、たき火を囲む4人の姿がある。
その日の食事係だった紗耶香はたき火の上でシチューらしきものを掻き回していた。
その傍らではカオリが目をつぶり瞑想(交信?)をしている。
いつものことなので、もう皆慣れっこだ。
少し離れた所に朽ちた大木が横になって倒れている。
私はそこに腰を下ろし、夕飯ができるまで目の前の景色を眺めていることにした。
連なる山々の中でも一つだけ群を抜いて高く伸びた岩山がある。
そこが私達4人の最終目的地、暗黒竜の住み処。
明日には突入できる距離まで近づいていた。私は少し寒気を覚え、身を震わした。
「怖いの?」
後ろから声がしたのでハッとして振り向くと、そこになつみが立っていた。
「こ、怖くなんかないよ!」
精一杯の強がり、声が震えていた。
なつみはちょっと笑いながら、私の横に座ってきた。
「なっちは怖い・・」
驚いて見返ったなつみの横顔はどこか悲し気だった。
いつも笑って私達を引っ張って来た彼女の、そんな顔を見たのはその時が初めてだった。

735 :辻っ子のお豆さん:02/01/29 01:48 ID:aySjDZHT
「そうだよねぇ、これが最後の夜になるかもしれないし…」
たった4人であの化け物に挑むことが、どんなに無茶な事かというのはわかっていた。
3ヶ月前、私は暗黒竜討伐隊の一兵士として帝国から出陣した。
だが百近くいた討伐隊は私一人を除いて全滅した。
あの時なつみ達と出遭っていなければ、きっと暗黒竜の手によって私も…
「マリはどうして戦うの?」
なつみの問いかけに私の意識は再びこの場に戻された。
「そりゃあ決まってるじゃん、暗黒竜退治なんてしたら一気に英雄よー。
 ピョーンと出世して、もしかしたら将軍にまでなれるかもしれないし。」
「そうだね、なっちもピョーンって勇者だべさ。」
私が腕一杯に広げてジェスチャーしたら、なつみも笑いながら真似をしてきた。
それが妙におかしくって二人で爆笑しちゃった。
そしたら、こっそり聞いてたのか、向こうでカオリの奴がため息ついてた。
「なんだよー!なんか文句あんのかー!」
「アハハ、ノーテンキでうらやましいだって。」
私が怒鳴りつけると、瞑想中のカオリの代わりに紗耶香が笑いながら応えた。
「ブー、どうせうちらはノーテンキだべさ。」
「ちょっとなつみ、私まで一緒にしないでくれる。」
「あ〜ひどーいマリ、裏切り者〜!」

736 :辻っ子のお豆さん:02/01/29 01:49 ID:aySjDZHT
その夜、私はなんだか目が冴えて寝床を抜け出した。
するとさっきの大木の所になつみが座っているのが見えた。
「どうしたー?まだ寝ないの?」
近寄って声を掛けるとなつみはちいさく首を振った。
「なんかさ、明日の事考えると寝れなくて。」
「だよねー私も私も。てか普通そうじゃない。命懸けの戦いの前日にイビキかいて寝てる
 紗耶香がおかしいんだって。カオリは…まああいつはいつも寝てるみたいなもんか。」
「フフフ、こっちがうらやましいべ。」
そのまま笑いながら私はなつみの横に座って、満月の夜空を仰ぎ見た。
「そういえば、なつみはどうしてなの?」
「ん?何がだべさ。」
「ほら、さっき私に聞いたこと、どうして戦ってるのって。」
急に思い出して何気なく聞いたつもりだったけど、なつみはなぜか悲し気な顔をした。
「あ、ごめん、言いたくないならいいよ。」
「ううん、そんなことない。なっちはね…夢の為かな。」
「夢?」
なつみはしばらくうつむいて、そして顔をあげて語り始めた。
「なっちの夢はね、誰もが笑って暮らせる理想郷を造ること。」
月明かりに照らされて、誇らしく夢を語るなつみは私の眼に何より美しく見えた。

737 :辻っ子のお豆さん :02/01/29 01:50 ID:aySjDZHT
「あの夢は…あの頃のなつみは…どこへいったんだよ!」
回想から戻った矢口は、大粒の涙を眼にためて叫んだ。
魔界の門に手をかざし見下ろす魔王なっちは、何の感情もない声で答える。
「夢は目の前まで来ていた。複数の王がいれば争いが起こる。だから一度無に戻す。
 なっちがたった一人の王として世界を平和に導く。もうすぐそれが実現できたのに・・」
なっちは、後藤、辻、そして吉澤を睨み付ける。
「このガキどもが邪魔をしたせいで!ぜんぶ無駄になってしまった!
 紗耶香も明日香もいない世界なんてもういらない!全部なくなってしまえばいい!」
なっちの激情に合わせて、魔界の門から暗黒の流星が降り注ぐ。
「危ない!みんな避けろ!」
矢口の声に後藤、辻は柱の影に身を寄せる。
「梨華ちゃん!」
一旦は身を隠した吉澤だったが、身動きせず立ち尽くす梨華を見て飛び出した。
「早く!こっちへ!」
吉澤は抵抗する梨華の腕を強引に引っ張って、助け出そうとした。
しかし、流星の衝撃によって崩れ落ちてきた天井の瓦礫が二人の上へ・・!
「よっすぃー!!」
辻の悲鳴がホールをコダマした。

738 :辻っ子のお豆さん:02/01/29 01:51 ID:aySjDZHT
痛い…それに重い、体が引き千切れそうだ。
でも目の前に梨華ちゃんの顔があるだけで元気が湧いてくる。
へへっ、なんで?って顔してるよ梨華ちゃん。
「なんで?」
ほらやっぱりね。怪我してなくて良かった。
「言っただろ、助けに来たって。」
「私はあなたを知らない、どうしてここまでしてくれるのか知らない。」
「私は知ってる。たとえ梨華ちゃんが私を忘れても私は忘れない。」
「なんで・・?」
梨華の眼から静かに涙が零れ落ちてくる。
瓦礫の中で、吉澤は梨華の上に覆い被さり潰されない様に支えていた。
そのおかげで梨華にはたいした怪我はない、しかし吉澤は…
「あなたを知りたいよ…」
人形は涙を流さない、生きている梨華ちゃんは泣きながらそうつぶやいた。

1.「イェ〜イ、よっすぃーでーす。」ふざけてみせた。
2.「やだ、教えない。」冷たく横向いた。
3.ほっぺにチュッてした。

739 :辻っ子のお豆さん:02/01/29 01:52 ID:aySjDZHT
>>733
nisemono

740 :アルマーニ濱口 ◆2ggkL5EU :02/01/29 01:53 ID:lQwZiTFg
なんだ偽者か・・・

ここは3だろ


741 :辻の子供:02/01/29 01:54 ID:GUwg4rx2
やっぱノートに書く?

742 :名無し募集中。。。:02/01/29 02:05 ID:QE76Hgcc
さり気ないね、「激情」……
魅力的な「3」で。

昨日と違って、今日はこれで眠れる(w

743 :名無し:02/01/29 02:05 ID:dyFWuirO
ここは・・・ 3でいってみたいな


744 :ねぇ、名乗って:02/01/29 02:09 ID:s7ENs6Ei
トリップの方が偽かYO!
3で頼んます。

745 :名無し募集中。。。 :02/01/29 02:13 ID:QFY0PO7l
3で。
それで雷に打たれるんだな。

746 :名無しでごめんね:02/01/29 08:30 ID:HQYWaVGW
いしよしマンセー(w
3で

747 :安倍っ子のお豆さん:02/01/29 09:18 ID:jCaCHTqu
よっしゃ〜一気に押し倒せ〜。
で、3。

748 :名無し募集中。。。:02/01/29 10:49 ID:XV4RFEzX
3で。

749 :名無し募集中。。。:02/01/29 14:20 ID:Acafcwes
1で

750 :名無し:02/01/29 14:26 ID:zp2kFO8n
1かな。

751 :加護っ子のお豆さん:02/01/29 16:52 ID:S0Zp/Ule
3で

752 : :02/01/29 17:07 ID:/LsRGAcf
1

753 :夢幻夢:02/01/29 18:17 ID:Q3TeA3oW
イレギュラーに2で。

754 :bomber:02/01/29 19:23 ID:cXRDmp3D
3でよろしこキャイーン

755 :ののたまご:02/01/29 19:26 ID:wcwnvho8
吉澤が知りたいなら1しかないだろ。

756 :いんふぃにてぃ:02/01/29 19:32 ID:LoIq/onH
2日間で全作品読みました。
辻豆さんすごすぎッス。

やっぱここは3でしょ、
こんな場面でふざけるのもなんだし・・・。

757 :いんふぃにてぃ :02/01/29 19:34 ID:LoIq/onH
すいません。
ageてしまいました。

758 :名無し募集中。。。:02/01/29 19:36 ID:sGyh8tpV
久々にこのスレ見つけたよ
また読み返さなきゃな・・
で、3

759 :プリンス羊:02/01/29 19:47 ID:JecvgLvB
3.

760 :ペプシキング:02/01/29 19:51 ID:Kh2Ar/3Z
1でしょ。

761 :名無し募集中。。。:02/01/29 20:04 ID:C5wry3Yz
オチネタのが好き。1で。

762 : :02/01/29 22:51 ID:W6uJ6P1x
1de.

763 :名無し:02/01/29 23:12 ID:VCKswyoh
3で。

764 :名無し:02/01/29 23:12 ID:VCKswyoh
スマソ。

765 :いしよしマンセー:02/01/29 23:13 ID:jpNiRwP7
3でいくがよい

766 :辻っ子のお豆さん:02/01/29 23:54 ID:I8M75oBG
ほっぺにチュッてした。
(知ってる、シンデレラは王子様のキスで目を覚ますんだよ)
(あれ、白雪姫だったっけ)
(まぁいいや、梨華ちゃんも目を覚ませ)
唇に伝わる頬の感触は、涙で濡れていてしょっぱかった。
瓦礫を支える体もそろそろ言う事を聞かなくなってきたみたい。
ごめんね梨華ちゃん、結局君を助けられなかった。
でも最期に一緒にいれて良かっ・・
吉澤の瞳から零れ落ちた涙が、梨華の胸元にかけられたペンダントの上に落ちる。
すると、二人の持つペンダント同士が反応し合い輝きを増した。

【ペンダントは運命の二人に奇跡を起こす。】

膨れ上がった光の輝きが、二人を瓦礫の上に跳ね上げる。
突然の出来事に私は何が起こったのかわからず、頭が真っ白になった。
そんな真っ白の頭の中に、その声は入って来たんだ。
「よっすぃ〜。」
その声はまぎれもなく梨華ちゃんの口から発せられている。

767 :辻っ子のお豆さん:02/01/29 23:55 ID:I8M75oBG
照らされた光の中で二人は見詰め合っていた。
「私がわかるの、梨華ちゃん?」
「わかんない、わかんないけど、なぜか急に頭に浮かんで来たの。」
「お願い、もう一度言ってくれる。」
「え、うん・・よっすぃー。」
私は嬉しくって、彼女を思いっきり抱きしめた。
名前だけだけど梨華ちゃんが私の事を思い出してくれた。それが最高に嬉しかった。
「コラーそこのカップル!こんな時にイチャつくなー!」
矢口さんの怒声で私は慌てて手を放した。うわー皆に見られてしまった。
「よっすぃーぶじれよかったのれす!」
ののは気にせず笑っているが、ごっちんはちょっと呆れてるみたい、ごめん。
「世界の終わりが近づいているって時に、お前等は何やってんだ!ほら来い!」
私は矢口さんに引っ張られて戦線に復帰した。
「もう覚悟は決めた。なつみを倒すしか方法はない!」
「どうやって、私のハマミエも何も通じないのよ?」
ごっちんの問いに誰も答えることができなかった。なっちを倒す方法がない。
「あのれすね〜ののは〜」
もぞもぞと辻が何か言おうとした声は、入り口から現れた者の大声に掻き消された。
「姉ちゃん!!」

768 :辻っ子のお豆さん:02/01/29 23:56 ID:I8M75oBG
肩で息をしたユウキがそこにいた。そしてその後ろには・・
「よっすぃー!ののー!」
「亜依ちゃんマン参上!」
私達の名を呼ぶ愛と変なポーズを決めたあいぼんが立っていた。

吉澤達がピース村を旅立った後、二人の前に意外な人物が姿を見せた。
愛もよく知っていて、そこにいるはずのない人物。
「どうしてここにいるんですか、後藤さん?」
旅立っていったはずの後藤の姿を見て高橋は驚いた。
様子がおかしいと、加護もベットから体を起こしてその人物を見た。
「ちがうで愛ちゃん。こいつはユウキや!ひさぶりやな〜。」
「え、後藤さんじゃないの?そういえば髪が短くなってる様な・・」
「やっぱり姉ちゃんここにいたんですね、気配を感じた通りだった。今どこに?」
ユウキは姉の真希の気配を追って、ピース村へと辿り着いたのだった。
「後藤さんなら、またハロプロ城へと旅立ってしまいましたけど。」
それを聞いたユウキはきびすを返して、走り出した。
「おーい、ちょい待てや。せっかくやからうちも連れてけー!」
「ま、待ってよ、じゃあ私も行く!」
こうして3人は一路ハロプロへと向かうことになった。
この二人が究極魔法の二人とユウキが知るのは、ずいぶん後になってからであった。

769 :辻っ子のお豆さん:02/01/29 23:56 ID:I8M75oBG
私とののは、愛とあいぼんとの再会に賑わった。
そして生き別れになっていた姉弟ごっちんとユウキも再会を果たした。
「あんた、もしかしてユウキ・・生きていたの。」
「うん、ソニンて人に拾われて、なんとか。」
「だからのん気にしゃべってる場合じゃないって言ってんだろ、お前等〜!」
矢口さんのきついお叱りに私達は現実に戻された。
「状況は大体わかってます。この二人を連れてきて正解でした。」
するとユウキが愛と亜依を指して語り出した。
「あれを破壊するには究極魔法【愛のビッグバンド】しかありません。」
二人のアイが念じる事で発動する究極魔法、だがその威力は国一つを一瞬で消す程。
「無理だよ。こんな所で使ったらこの国がなくなっちゃうよ!」
「仕方ないですよ吉澤さん、このまま魔界の門が開けば世界全部が滅んでしまう。
 被害がこの国だけで済むならそうするべきです。他に打つ手はないんです。」
確かにユウキの言う事は正論だ。でも・・そんなのって。
私が悩んでいるとののが耳打ちした。(あれやってもいいれすか)私は決断した。

1. 究極魔法【愛のビッグバンド】を使う
2. 使わない。私達が死んじゃったら国も世界も関係ない。
3. あの禁呪の封印を解く

770 : :02/01/30 00:02 ID:PSWwmyFx
1

771 :名無し:02/01/30 00:03 ID:6Sdqm66J
ここは3じゃないとつまんないよね。

772 :名無し:02/01/30 00:08 ID:fWrUwdvL
1de.

773 :ぺ(略):02/01/30 00:12 ID:1S8ecols
2,,,,,で何とかして下さい。

774 :j:02/01/30 00:15 ID:nuFK37oQ
3

775 :ねぇ、名乗って :02/01/30 00:16 ID:p0Ff9IxB
うーん、ここは1かな
それにしてもここでユウキが出てくるなんて予想外


776 :名無し募集:02/01/30 00:23 ID:e5glSM8v


777 :名無し募集中。。。 :02/01/30 00:24 ID:NVcvmF2S
辻が何を言おうとしたのか気になる…

2で

778 : :02/01/30 00:31 ID:hs2ZITkY
3しかない。

779 :ねぇ、名乗って:02/01/30 00:32 ID:GospjghA
>>777
(あれやってもいいれすか)  ←これじゃないの?

今回はどれを選ぶかでだいぶ展開が変わりそう。3で何か起こしてください。

780 :名無し募集中。。。:02/01/30 00:40 ID:l51BCfL0
3で〜

781 :あいぼんあぼーん:02/01/30 00:42 ID:cAIgRjAi
あえて1で。

782 :名無しでごめんね:02/01/30 01:15 ID:b7gM83Bm
1de

3は…正直もういい(w

783 :名無しさん?:02/01/30 01:15 ID:uzD+eFXu
1で。
あの禁呪はなぁ・・・。

784 :加護っ子のお豆さん:02/01/30 01:16 ID:ZkAVVU+g
3で。もう少し究極魔法はひっぱりましょう。

785 :七紙:02/01/30 01:35 ID:IWMh9dIe
禁呪の効果に期待!!
3で。

786 :名無し募集中。。。:02/01/30 02:53 ID:w9F5/NdS
ユウキ復活ってのもある意味タイムリー
3で

787 :名無し募集中。。。:02/01/30 06:34 ID:kL3mxAdY
……やらせてやろう(w
「3」で。

788 :やっぱり:02/01/30 07:56 ID:8Ii2ECwq
3かな


789 :名無し:02/01/30 08:00 ID:wvj/YV7k
「輝いて見えるぅ〜♪」3で。


790 :安倍っ子のお豆さん:02/01/30 09:05 ID:t89ED3LZ
やった!!ついにあの技の解禁ぢゃ〜!!
と、いうことで3。

791 :名無し募集中。。。:02/01/30 09:19 ID:T8iro/Fy
1で。

792 :名無し:02/01/30 13:13 ID:hP9aMoDR
3やだよぉ・・・
1で。

793 :名無し娘。:02/01/30 16:53 ID:3QShzHqt
>あれやってもいいれすか

笑って震えてキーボードがうまく打てない(w
ついに……ついに来たかこの時が。
3でおねがい。


794 : :02/01/30 18:01 ID:ql/dG0WK
1
正直3みたいの飽きた

795 :夢幻夢:02/01/30 18:23 ID:3jRYcqa5
禁呪はこの時のために。3で。

796 :プリンス羊:02/01/30 19:03 ID:DPCKnYXW
2.ユウキがなんのドラマもなく出てきてしまった。


797 :通行人さん@無名タレント:02/01/30 21:35 ID:+NigU+cs
3ってやっぱり帝国軍を・・・(以下略
そりゃ3で。

798 :無名でか・・・:02/01/30 23:20 ID:cRJCCVGL
1でしょう〜


799 :辻っ子のお豆さん:02/01/30 23:55 ID:bH+Dvl1f
あの禁呪の封印を解く。
「愛!あいぼん!究極魔法なんか使っちゃ駄目だ!あれは滅びの魔法だよ!
 世界が救われたって私達皆死んじゃったら意味ないよ!みんなで生き残るんだよ!」
「だけど他に方法はないんですよ!吉澤さん!」
ユウキの反論に、私はののと顔を見合わせて大声で叫んだ。
「のの!あいぼん!死ぬよりマシだ。アレを許す!」
私達の笑顔を見て、あいぼんも気が付いたようだ。ニタ〜と笑い出した。
加護は辻の元へ駆け寄って、二人は手を繋いではしゃぎだした。
「やるか、のの!」
「へい、あいぼん!」
私は他の皆に危ないから下がってと呼びかけ、避難させた。
「ちょっとちょっと、何するっての!?」
矢口さんは訳も分からず大声で騒ぎ立てている。
「んあ〜、嫌な予感がする。」
ごっちんは勘が鋭い。梨華ちゃんはまだボーっとしている。
愛は何も言わず手を組んで祈っている。二人を信じているのだろう。
「何をする気か知らないけど、常識的な魔法では奴には通じないんだよ!」
ユウキはまだ反論してくる。だから言ってやった。
「じゃあ打ってつけだね。あのコンビは世界の常識すら覆す。」

800 :辻っ子のお豆さん:02/01/30 23:56 ID:bH+Dvl1f
異変に最初に気付いたのは、城門で奮闘していた紺野であった。
彼女は知っていた。そのありえない出来事を一度、身を持って経験していたから。
ポカーンと開いた口が事の重大さを物語る。
ある意味魔界の門より恐ろしいモノが天空から降り注いで来たのだ。
コンコンはダッシュでその場を逃げ出した。

「ぶりんこう○こが輝いてみえる〜♪」

どこの世界にこんな恐ろしい魔法があっただろう・・
辻と加護はさも嬉しそうに笑いながら踊っている。
魔界の門も、世界の常識も、PTAもお構いなしに、笑いながら踊っている。
「いやああああああああああ!!!なんだべさ〜!!」
当然なっちは半狂乱にうろたえて泣き喚いていた。
しかしどうすることもできない、無数のぶりんこメテオがなっち目掛けて降り注ぐ。
「もーーやだーーー!!!」
あまりの恐怖に気がふれたなっちは、無意識の内にその場から消滅した。時を越えて…
なっちが消えると開きかけた魔界の門も消滅した。
ぶりんこは世界を救った。

801 :辻っ子のお豆さん:02/01/30 23:56 ID:bH+Dvl1f
「楽しいなぁ、のの。ぶりんこ〜♪」
「うん、あいぼん。う○こが〜♪」
なっちも魔界の門も消滅したというのに、二人は仲良く踊り続けていた。
「こんな楽しいのがいつまでも続いたらええなあ。輝いて〜♪」
「そうれすね、いつまれもいっしょにね。みえる〜♪」
「いつまでも続かれてたまるかぁ!お前等いい加減に止めろー!!」
鼻と口にハンカチをあてた矢口さんは、耐え切れずジタバタもがいていた。
二人が踊り辞めた時には、ホールは文章にするのもためらう程酷い有り様になっていた。
ごっちんもユウキも愛もすでに廊下へ避難していた。
ただ梨華ちゃんだけが、その光景を見て何かを呟いていた。
「…シナイヨ」
「え?今なんて言ったの、梨華ちゃん。」
「…しないよ、私。」
目の前に広がる非常識な光景が梨華の頭から記憶の鍵を引き出した。
浮かび上がったひとつの言葉は、それに連なる言葉の群を浮かび上がらせる。
蘇る言葉の群はやがてひとつの思い出となり、ひとつの思い出は別の思い出を呼ぶ。
思い出の連鎖が梨華の心に結びつき、それは記憶となる。
「忘れたり…しないよ、よっすぃー。」
梨華はひとみの胸に飛び込んだ。

802 :辻っ子のお豆さん:02/01/30 23:57 ID:bH+Dvl1f
「くそっ、グレてやる。」
死闘の後、ユウキは姉の命令でホールの掃除をさせられていた。
ひとみ、梨華、希美、亜依、愛、真里、真希は廊下に輪になって座り込んだ。
戦いに疲れ、もうみんなクタクタだった。
「んあ〜信じられない、私達生きてるんだねぇ。」
「そうだ!We’re Alive!」
誰の顔にも笑顔が戻っていた。戦いは終ったんだ。
「でもみんなにはどう説明するの?結婚式こんなめちゃくちゃになっちゃってさ。」
「う〜ん、どうしましょう?」
矢口の問いかけに石川は首を傾げた。あまり悩んでなさそうだ。
「おーし、ここは私に任せて!」
「え、何かいい考えあるの、吉澤。」

1. 私は梨華ちゃんの手を取ってバルコニーへ飛び出した。
2. 私は梨華ちゃんの手を取ってお城を抜け出した。
3. 勢いで言っただけで、ホントは何にも考えてない。

803 :ねぇ、名乗って:02/01/31 00:00 ID:JqcFKSQe
1で!

804 :ねえ、名乗ってよ:02/01/31 00:02 ID:zvgqcUAL
3みたのを見てみたい

805 :ねぇ、名乗って:02/01/31 00:02 ID:ZNaX9tQ3
やはりこの展開でしたか・・・(W
でもなっちは何処へ?
1・2だとエンディングに直結しそうなので、3!

806 :名無し:02/01/31 00:02 ID:WAzeJMp7
2がいいな〜
なんとなく、でも一番楽しそ〜。

807 :名無し募集中。。。:02/01/31 00:09 ID:6wS6fNzt
1で、幸せになりたい!

808 :アルマーニ濱口 ◆2ggkL5EU :02/01/31 00:24 ID:2tdz21Bv


809 :w:02/01/31 00:33 ID:N7efBDjT
3

810 :ねぇ、名乗って:02/01/31 00:55 ID:IIacVsVZ
2とか1を選ぶやつって何も先のこと考えてねぇな、氏ね。
3で。

811 :名無し募集:02/01/31 01:05 ID:vu/B10Iz
今から、810が、




します。



2で。

812 :名無しの予感:02/01/31 01:08 ID:DgZoGn+G
うーん・・・ここは2でワッショイ



813 :ののたまご:02/01/31 01:09 ID:HYPnj0Px
3。吉澤はいつも何も考えてないしな。

814 : :02/01/31 01:09 ID:iB/SThap
3の辻豆さんおまかせコースで。

しかし、「しないよ」をあぁいう風につなぐとは恐れ入る。


815 :名無しでごめんね:02/01/31 01:26 ID:rmjIgFom
終わっちゃ嫌!3で

どうするどうする〜

816 :名無し募集:02/01/31 01:37 ID:KpxxSaZ+
まあでもなっちのザ・ワールドが発動してないからなぁ・・・。
バイツァ・ダストって言ったほうがいいかな?

817 :ねぇ、名乗って:02/01/31 02:16 ID:YXlpZr3m
3で


818 :名無し募集中。。。:02/01/31 02:22 ID:vyk26MGP
どこまでダッシュしてしまったのか>あさ美(w
なっちの処遇も気になるので「3」。

819 :ちらちらパンツホール ◆IYAN.Upc :02/01/31 02:38 ID:4K4QE5LY
俺的には2かな。

820 :名無し募集中。。。:02/01/31 03:12 ID:F5+Bvh79
あえて3

821 :名無し:02/01/31 06:19 ID:GKPHO6Gp
3で。

822 :名無し募集中。。。:02/01/31 06:56 ID:wBIWJ3Yn
1にしたいけど、あえて3で・・・

823 :名無し募集中。。。:02/01/31 10:02 ID:G4mrBTiz
改めてその恐ろしさを痛感しました。<ぶりんこ
3で。

824 :ひっぱれ〜♪:02/01/31 10:31 ID:fE2BKtx4
3でしょ


825 :七誌:02/01/31 11:13 ID:IgfkeD6f
3で希望
残りの数で終わるかにゃー

826 : :02/01/31 12:08 ID:hsZ6BGNR
3
緊迫したクライマックスがあっさりし過ぎのような・・・

827 :名無し:02/01/31 15:22 ID:Tn8xpVbs
さすがにこれで終わるのは困る
3で。

828 :_:02/01/31 17:00 ID:rRsHunpn
1

829 :夢幻夢:02/01/31 18:35 ID:SCmUmSG6
1で。辻豆さんのことだからそう簡単には終わらないだろう。
しかし,シナイヨの使い方がうまい。(・∀・)イイ!

830 :名無し募集中。。。:02/01/31 20:34 ID:U8tdMZnf
コテハンは多弁やなぁ(w



831 :プリンス羊:02/01/31 21:18 ID:t9hUPSN3
3.

832 : ◆Fuchu5X6 :02/01/31 22:08 ID:xhzU7cqF
3で

833 :辻っ子のお豆さん:02/01/31 23:14 ID:sdcL4hVL
勢いで言っただけで、ホントは何にも考えてない。
「えへへ〜。どうしましょうか?」
「ないんかい!だったらおとなしく座ってろ!」
矢口さんに突っ込まれて私が座ろうとすると、梨華ちゃんが私の手を取ってきた。
「私に任せて。行こ、よっすぃー!」
突然、梨華ちゃんは私を引っ張ってバルコニーへと駆け出した。
城下は、あまりの事態に戸惑う兵士や民衆でざわめいていた。
「みなさ〜ん、聞いてくださ〜い!」
突然の王女の声により、人々は騒ぎを止め一斉にそちらに目を向けた。
その中にはダッシュで逃げた紺野の姿もあった。
「あ、お姫様だ。なんで吉澤さんが隣にいるんだろう。」
騎士団長石黒は驚いて下から声を張り上げた。
「姫様!これは一体どういうことですか!?」
民衆の中には情報屋小川の姿もあった。
「フゥ〜、どうやらうまくやったみたいね、あいつ。」
バルコニーの上で、私は梨華ちゃんの行動が理解不能で混乱した。どうして私まで?
「ちょっと梨華ちゃん、これは・・?」
梨華ちゃんは私の問いに答えず、眼下に広がる人々に声を掛けた。
「ごめんなさーい、結婚式の演出、ちょっと派手にやりすぎちゃいましたー!」

834 :辻っ子のお豆さん:02/01/31 23:14 ID:sdcL4hVL
梨華の言葉を受けた民衆は一気に沸き上がった。
騎士達は唖然として顔を見合わせ、口々に何かを呟いていた。
「え、演出?じゃあ俺達みんな姫様に一杯食わされたって訳か。」
「そうみたいだな、やれやれ姫様もお人が悪い。」
「だがそれなりに楽しめた。ここまでドキドキしたのはひさしぶりだ。」
皆の顔に自然と笑顔が戻ってくる。
薄汚れたウェディングドレスを纏った王女は、激しい死闘でボロボロの服を着た、
だけど誰より大好きな本当の王子様と手をつないで笑顔を振り撒いた。
「結婚式の演出ってさ、ちょっと無理がない。第一もう相手がいないんだし…」
「え?いないの?」
まるで尋問する様に梨華ちゃんはじっと私の目を見詰めてくる。
「いや、います。はい。」
なんか敬語になってしまった。
梨華は微笑みを浮かべ、私の腕を掴んだまま大きく上に掲げで宣言した。
「私達、結婚します!」
すると今度はさっきの倍以上の歓声が沸き上がった。
あーあ、もうどーにでもなれ〜。
「結婚するぞ〜!みんなよろしくー!!」
考えるのは辞めて、勢いで私も声を張り上げた。

835 :辻っ子のお豆さん:02/01/31 23:15 ID:sdcL4hVL
その内容を聞いた城内でも歓声が沸き上がっていた。
「よっすぃーがおうさまなのら〜。」
「めでたいで〜、祝杯や祝杯!」
「あいつはアホか。」
「zzzzzz…」
「後藤さん、寝てる。」
「くそっ、グレてやる。」
ここにハロプロ王国の新しい王が誕生した。
吉澤ひとみ。
ハロプロに新しい時代の幕が下りる。

836 :辻っ子のお豆さん:02/01/31 23:16 ID:sdcL4hVL

城下町から少し離れた小高い丘の上で、保田圭は目を丸くして驚いていた。
「うわー、まさかあいつらが勝つとはねぇ〜。」
「予想外の結末でしたね、保田さん。」
そう答える松浦の言葉にはどこか陰りがあった。
「まぁうちらにとってはどっちでも関係ないか。そろそろ出発する?」
二人は約束していた。
全て終ったら外の世界へ出て、もっとおもしろい物がないか見て回ろうと。
相打ちで死んだと思わせ姿を消そうと。
しかし、松浦の様子がおかしい事に保田は気付いた。
「どうしたの亜弥?」
松浦は何も答えずハロプロ城の方をじっと見詰めていた。
いや、まるでそれは石川と吉澤を見詰めている様にもみえた。

【真実の章 終わり】


837 :辻っ子のお豆さん:02/01/31 23:29 ID:vB3mSDIe
ということで最後のスレではなくなってしまいました。

838 :名無しさん:02/01/31 23:34 ID:p2lVb2WN
新章かよ!!



                 ヤター

839 :名無し:02/01/31 23:34 ID:nEnMLGJw
お、まだ続くんれすね。
とりあえず、辻豆さん、「真実の章」ご苦労様でした。
楽しませてもらいました。
何かかましてくれそうなあややに期待。


840 :ねぇ、名乗って:02/01/31 23:37 ID:FijsDZjC
恐らく辻豆さんは今人気急上昇カップリング「よしあや」的な方向に持っていくんじゃないかと思われ。

841 :ねぇ、名乗って:02/02/01 00:18 ID:WXpn/CbY
もう1章あるのかぁ・・・確かに何となくそんな予感はしてたけど。
次章はどんな感じになるんだろ?もう複線もほとんどないよね?

何にせよ辻豆さん、がんがれ

842 :名無し募集中。。。:02/02/01 00:18 ID:ygy6SZ5d
終わりじゃないのね。期待してますよ。

843 :プリンス羊:02/02/01 00:51 ID:UXkJT66a
お疲れ様。
新章期待sage。

844 :名無しでごめんね:02/02/01 01:43 ID:HSLLlGg9
辻豆サンおっつー
次章も期待していまっす

845 :七紙:02/02/01 01:44 ID:LE2Oyq5M
いや〜おもしろかった!!
漏れも次に期待してるんでガムバッってください!!

846 :名無しの予感:02/02/01 01:55 ID:Vw6IXQmU
おもしろい・・・なんだこりゃ?
新章楽しみです。がんばってください!

847 :おもろいっす:02/02/01 01:59 ID:CjTj64lX
辻豆さんおつかれっす!!続き楽しみにしてますよ〜!
頑張ってね!

848 :名無し募集中。。。 :02/02/01 02:49 ID:NKk+dU/Q
新章に期待


849 :無名でか・・・:02/02/01 04:02 ID:NxlJ+YHs
辻っ子お豆さん、おつかれさま〜。
新章ですか・・・応援してます。

850 :名無し募集中。。。 :02/02/01 05:30 ID:thaVvX7s
下手に時間かけすぎたせいで間延びしちゃったね。
辻豆さんが楽しんでりゃそれでいいと思うが。


851 :名無し:02/02/01 07:14 ID:IWhahlUT
次章は写真集発売決定記念ってことで、逆襲の保田ですか?

852 :安倍っ子のお豆さん:02/02/01 09:17 ID:A1X2Fcid
ヤター新章突入。
辻豆さんファイッ!!!


853 :名無し募集中。。。:02/02/01 10:17 ID:3tIB4Olt
辻豆さん、お疲れさまでした。
今回も楽しかったです。新章も期待しております。


854 :age:18:02/02/01 11:11 ID:YIQOmQ/h
>辻豆さん
とにかくお疲れ様でした♪
ここまで来て更に新章に引っ張るとは・・・。
久しぶりに予測できませんでした
影ながら応援しつつ新章にも期待している次第に御座います。
期待sage

855 :名無し:02/02/01 13:21 ID:TEFmNTen
お疲れ様ですーm(__)m
次章も期待してます。
がんばってください(^-^)/~~

856 :名無し募集中。。。:02/02/01 16:03 ID:9KEZGs/U
お疲れ様>辻豆さん
感謝の言葉は尽きませんが
読み続け選び続けることで替えさせて下さい。

857 : :02/02/01 17:29 ID:2Y0WLJsU
正直カップリングネタは辞めてくれ

858 :ねぇ、名乗って:02/02/01 18:47 ID:Jdt0wxbR
( ‘д‘)<辻豆はいしよししか書かないからおもんないな〜
      プロローグのところは結局よっすぃ〜が梨華ちゃん助けるシーンやろ?
      何かガカーリかも知れんわ〜

859 ::02/02/01 19:43 ID:8WyfVHhh
なっちが死んでないから、次章でどうなるか楽しみだね。

860 :夢幻夢:02/02/01 19:45 ID:F67FCqz0
辻豆さん乙!!新章期待してます。

861 :名無し募集中。。。:02/02/01 19:49 ID:fCUBnzkF
次章では初心に返って変な選択肢を選びたいと思う

862 :いんふぃにてぃ:02/02/01 20:11 ID:sFnD0VxC
次章も期待してます。
頑張ってください。

863 :名無し:02/02/01 20:23 ID:11FBOdq2
\(^▽^)/<新スレおめでとうございまーす♪





早すぎ(w


864 :辻っ子のお豆さん:02/02/02 01:05 ID:UMYtX61K
>>837
これは偽者です。エンディングいかせてもらいます。

865 :辻っ子のお豆さん:02/02/02 01:05 ID:UMYtX61K
――――――――――――【エンディング】――――――――――――
「おっかわり〜!」
「これが8段アイスか〜、うまいねんな。」
「もうー二人とも、食べ過ぎー!」
高橋に怒られても、辻と加護の手は止まる事はなかった。
あれからピース村の月光亭には、毎日の様にこの二人の姿があった。
「まあええやん、腹が減っては戦はナンタラゆうたやろ。」
「戦は終ったでしょーが!いい加減にしないと太るよ。」
すると、辻のズボンのボタンがポンととれた。
「てへてへ。」
世界を救った勇者は相変わらずでした。

「矢口さ〜ん。どこへ行くんですか〜?」
「別にぃ、紺野、あんたは城に残っていればいいのに。」
「ほっとけませんよ、矢口さん一人じゃ心配です。」
「あーあ、あんたに心配されるとは私も落ちたもんね。」
「いつまでも落ちこぼれ扱いしないで下さい。私だってもう立派な…」
「ハイハイ、立派な金魚だよ。・・って、おい!暴走すんなよ、こんな所で、やめてー!」
矢口はコンコンとニャンニャンでした。

866 :辻っ子のお豆さん:02/02/02 01:06 ID:UMYtX61K
「ただいまぁー。」
少女はまるで散歩から帰った後の様に、数ヶ月ぶりに戻る実家の敷居をくぐった。
玄関を開けると居間から長身の少女が飛び出してきた。
「あんた今まで何やってたのよ。全然連絡もよこさないでさ!」
「ちょっと、社会見学に。」
少女は何でもないといった感じで、おどけてみせた。
長身の少女は呆れて怒る気も失せてしまった。
「あーあ、やっぱり家が一番だわ。」
里沙は大きく伸びをした。

「魔界の門に、魔王に、ぶりんこ。こんな情報手に入れても誰も信じる訳ないわね。
 はぁー、あんなに苦労して全部無駄骨かぁ。」
小川はモーコーの自宅で一人、ため息をついていた。

「ねえ大谷さん、帝国なくなりましたね、どうしましょうか?」
「知らねーよ!もう4人しか残ってねーだろーが!どうにもなんねえって!」
「残ったのは私と柴田と大谷と、紺野隊の斎藤だけか。あ〜駄目だコリャ。」
「だねー。いっそのこと、ここでメロン畑でも作ってみるー?」
斎藤の意見に、4人はパッと顔を見合わせて呟いた。
「これが運命。」

867 :辻っ子のお豆さん:02/02/02 01:07 ID:UMYtX61K
何もない荒野の片隅に後藤真希の姿があった。
「みんな終ったよ。」
無造作に積み上げられた石碑に向かって、真希は言葉を掛ける。
十数年前まで、この地には大きな街が存在していた。
だが魔王なっちの手によって、跡形もなく滅ぼされたのだ。
家も家族も友達も全てをその時失った。
ユウキと再会するまで、真希は自分がたった一人の生き残りだと思っていた。
そして復讐を誓った。それがようやく叶ったのだ。
だけど残った物は空しさだけだった。
「どうしてだろ、いちーちゃん。ずっと望んでいたことなのに・・」
真希は地面に膝を付き、石碑を抱いて涙を流した。その時真希の耳に懐かしい声が…
『ごめんな、つらい役回りさせちゃって』
「え?」
真希は涙を拭いて辺りを見渡したが誰もいない、でも確かに聞こえる。
『ついでにもう一つ面倒かける、うちのヘボ弟子頼んだよ』
空耳、かもしれない、聞こえるはずがない。でもそれは確かに真希の心に届いていた。
「もー、しょーがないなぁ〜。」
もう泣かないよ、真希はまた歩き始めた。

868 :辻っ子のお豆さん:02/02/02 01:07 ID:UMYtX61K
さて、あれから1週間。新ハロプロ王国は・・
騎士団長石黒を中心にりんね、あさみ、ミカ、レファ、アヤカ等が
二人の若き王と王妃を支えてどうにかやっていた。
「ひとみ王、この書類100枚、明日までに目を通しておいて下さい。」
「ひとみ王、本日の午後は会議、明日も明後日も会議で・・」
「ひとみ王、なくなった帝国領の措置についてお話が…」
「ひとみ王、○∈◆∩▽×▲〜」
「…」
「うがぁーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!」
頭が爆発したひとみは、梨華の膝元へ駆け寄って泣き付いた。
「どうしたの、あなた?」
「もうヤダよー王様なんてー!スケジュールは秒単位で寝る暇も無しに次から次へと
 色んな事言われて頭はパニックで何にもできなくて眠いし腹へったし遊べないし
 世界を救ったってのにこれじゃ全然BAD ENDだよ!ウワァーーーー!!!」
「はいはい、よしよし、ポジポジ。」
梨華は自分の膝にうずくまり泣き喚くひとみの頭を、赤ちゃんみたいになでてあげた。
この1週間毎日のように、梨華はそうやってひとみをあやしていた。
でも正直、そろそろ限界かな〜と梨華も思い始めていた。
そんな時お城に突然事件が起きた。
「泥棒だぁー!」

869 :辻っ子のお豆さん:02/02/02 01:08 ID:UMYtX61K
今日はとりあえずここまで。
明日はエンディング後編をお届けします。

870 :名無し:02/02/02 01:15 ID:mj4Wa0uJ
読んでいる方にとっては最後まで偽物に振り回されたてしまいましたね。
エンディング後編期待


871 :名無し募集中。。。:02/02/02 01:16 ID:6wWR/upl
鬱・・・>>837ニセモノだったんですね。

でもオモロイ。早速ニャンニャン出てくるし(w
辻豆さんおつかれさまです。

872 :名無し:02/02/02 01:20 ID:rRiyky1s
初めてリアルタイムでよんだYO!
明日も期待しております、頑張って。

873 :ねぇ、名乗って:02/02/02 02:04 ID:GrxEa/c8
うわ、新章に期待とか言ってた自分が恥かしい・・・
次で最終回なのかかな? 頑張れ、辻豆さん!

874 :02/02/02 02:02 :02/02/02 02:04 ID:E0W3zH5I
辻豆さんお疲れ!

875 :名無し:02/02/02 02:10 ID:E0W3zH5I
ぎゃあ!sage忘れてたし2分も遅れたし鬱・・・。
後編楽しみにしてます。

876 :プリンス羊:02/02/02 02:23 ID:+JhLjh97
偽者うまいなぁ(ウザイけど)、完璧に信じてしまったよ。


877 :名無しの予感:02/02/02 02:31 ID:JfDQ8HQg
>>873
おれも言ってたよ・・・鬱だ。
辻豆さんエンディング期待してます!

878 :名無し募集中。。。:02/02/02 03:29 ID:3RzUWYS8
でも更新直後に(といっても15分空いてるが)レスするんだから
>>837も相当熱心な読者なのかもな〜、なんてお人好し風の解釈をしてみる。

板について、ココを覗かず真っ先に新章探してましたが、何か(w

879 : :02/02/02 05:41 ID:ehtGSX5E
偽物にすっかり騙されました(w
エンディング頑張ってください。

新垣の実家の「長身の少女」とは…?

880 : :02/02/02 12:59 ID:2HOSSUD1
矢口のニャンニャンまでネタにするとはすごい人だ。

881 :名無し娘。:02/02/02 14:41 ID:kikSClYW
>>879
木下と思われ

882 :名無し募集中。。。:02/02/02 15:09 ID:thXUwjCP
エンディング前編面白かったです。
個人的には「これが運命」が一番好きです。
後編も楽しみにしています。

883 : :02/02/02 15:35 ID:FcvY5Tv7
悪いんだけどあんま面白くない。
文章が辻豆さんっぽくない気がする。
なっちが気になる。って言うか終わってほしくない。

884 : :02/02/02 19:24 ID:cK5a+/En
んで、実際のところどっちがホンモノなのさ?

885 :名無しでごめんね:02/02/02 20:05 ID:7BHyMp0N
や、やられた(w
最近こんなんばっかやね

886 :辻っ子のお豆さん:02/02/02 23:46 ID:Vtx6QdQr
「何何?この騒ぎは?」
「泥棒が侵入した様です。王、王妃、危険ですのでここにいて下さい。」
報告に来た石黒さんに部屋に閉じ込められた。せっかくおもしろそうだと思ったのに…
私は扉の前でがっかりして、梨華ちゃんと顔を見合わせた。
「でも泥棒って、前にもこんな事あった様な。」
「もしかしてあの人…いや、そんなはずはないか。あの人はもう…」
「ピンポーン、泥棒は圭ちゃんだよ〜。」
いるはずのない人物の声がした。私と梨華ちゃんは驚いて振り返った。
窓際にもたれ掛かって、死んだはずのあの娘がいた。
「あやや!」
「お久しぶりお姉様。こうしてまた生きて会えるとは思ってなかったわ。」
「亜弥…」
「お前こそ、なんで生きているんだよ!?確かにあの時!」
「ひとみちゃん、いや今は国王様かしら。私は不死身なの、フフフ残念でした〜。」
口に手を当てて笑う松浦の表情には、どこまでも無邪気な残酷さが浮かび上がっていた。
恐怖に耐え切れなくなった梨華が私の腕に体を絡み付ける。
緊張が体を包み込む。だけど逃げる訳にはいかない、隣には梨華がいるんだ。
「そ、それで一体、何の用だ!?」
「トロピカ〜ル♪あなた達二人にお礼をしにきたの。」

887 :辻っ子のお豆さん:02/02/02 23:47 ID:Vtx6QdQr
お礼?プレゼントでも持ってきたの。そんな訳ないか。
ふいにあややが右手をあげると、ベットのシーツが私達に覆い被さってきた。
「きゃー!」
「なんだよ、邪魔だ!」
私が強引にシーツをはがすと、一瞬にして全身が凍り付いた。
あややの右手が私の喉元にあったのだ。隣の梨華の喉元にも同様にあややの左手が。
「ッ…」
言葉が出なかった。シーツで視界を隠された数秒の間にこんな事に。
あややがほんの少し腕に力を込めれば、簡単に命を奪える状況になっていた。
まるで片思いの相手に贈るかのごとく、あややはとびきりの笑顔をみせた。
「殺しちゃってよいのかな〜♪」
ブチン!
松浦の両手は、主の命令を確実に遂行した。
目的を追えた松浦は、回れ右をして再び窓に手をかけた。
その手には、青き結晶のペンダントが二つ、握られていた。
「本当はあの後、なっちさんを相手にして楽しむ予定だったんですよ。だけどお姉様達が
 それを見事阻止してしまった。だから責任もって代わりにあややを楽しませてね。」
それだけ言うと松浦は窓から外へと飛び出した。

888 :辻っ子のお豆さん:02/02/02 23:48 ID:Vtx6QdQr
部屋に残された二人は、訳がわからずしばらく呆然としていた。
「あれ、生きてるよ。」
「違う!ペンダントを奪っていったんだ、あいつ!」
二人の首に掛けていた大事なペンダントが、紐ごと引き千切られていた。
「初めからこれが目的だったのかな。」
「大変だ!追いかけよう!取り戻さなきゃ!」
「そうだよね、国宝だもんね。」
「それに、二人の思い出の品だろ。」
梨華は頬を赤らめて、目の前に立つ愛しい人を見上げた。
ひとみは窓に手を乗せ、もう片方の手を梨華の方へ伸ばして声を掛けた。
「行こう!」
彼女が差し出すその手をとった時、この平凡な毎日が終わりを告げるのだろう。
「うん。」
梨華の手がひとみの手に重なる時、再び壮大な冒険の扉が開く。

「ひとみ王!梨華様!ご無事で?」
石黒達が部屋に戻った時には、そこにはもう二人の姿はなかった。
「あーあ、やっぱり行っちゃいましたか。」
「そうなると思ったよ。さ、隊長、我々は二人の留守を守りましょうか。」
「やかましい!りんね!あさみ!王を探せ!逃がすなよー!」

889 :辻っ子のお豆さん:02/02/02 23:49 ID:Vtx6QdQr
ハロプロ城そばの丘で、松浦は保田と合流した。
「流石大泥棒。保田さんが騎士団の目を引いてくれたおかげで、うまいこといったよ。」
「あんたねー、わたしゃ死ぬかと思ったよ。どうして今更こんなこと?」
「あの二人へのお礼ですよ。クスッ、きゃたおも〜い♪」
「何だそりゃ?」
「さーて、それじゃ行きましょうか、まだ見ぬ外の世界へ!」
松浦亜弥は二つのペンダントを振り回して走り出した。

ひとみと梨華は手をつないだまま城下町を走り抜けた。
「ねえ、亜弥がどこへ行ったか、わかってるの?」
「わかんない、適当。」
「やっぱり、もう・・」
梨華はすねた顔をしたが、心の中ではよっすぃーらしいと微笑んだ。
「僕にはわかる。」
「その声は、綾小路…じゃない、ごっちん!」
城下町の入り口の影に待ち伏せていたのは後藤真希だった。
「君達二人では危なっかしくて見てらんないからな。つきあうよ。それともお邪魔かな?」
「ううん、そんなことない。また逢えて嬉しいよ、ねっ梨華ちゃん。」
「うん、これで名トリオだね。」
「そう?」

890 :辻っ子のお豆さん:02/02/02 23:50 ID:Vtx6QdQr
「名トリオだよ〜もう〜。」
後藤はわざと梨華に冷たく当って、反応をおもしろがっていた。
「よーしそれじゃまず、ピース村へ向かって、のの達も誘おう!
 それでまた皆で冒険の始まりだ!目指すは松浦、ペンダントを取り返す!」
「はーい、ポジポジ。」
「やれやれ、また騒がしくなるのか。」
そうは言いながらも真希は、こういうのも悪くないと感じていた。
一方、ひとみの胸も新たな旅の期待と興奮に高鳴っていた。
『トロピカ〜ル♪あなた達二人にお礼をしにきたの。』
もしかしてあの時のお礼とはこういう事だったのかもしれない。
私をつまらない生活から解き放つ為に…
「まあ、直接会って確かめればいいことか。」
「え、何が?」
「へへー、何でもないよ。ほら、行こう!」
吉澤、石川、後藤は新たな旅立ちの一歩を踏みしめた。
世界は広い。まだまだ私達の知らない光景が広がっていることだろう。
みんなで行こう。
きっといつかどこかでみつかるはずのハッピーエンドを手にする為に…

【ハッピーエンド 完】

891 :辻っ子のお豆さん:02/02/02 23:51 ID:Vtx6QdQr
(あとがき)
読者の皆様、長い間御愛読ありがとうございました。
お蔭でこの物語もなんとか無事、完結を迎えることができました。
とりあえず感想ですが、長編がいかに大変かということを身を持って知りました。
最初の頃は自分でもどうなるのだろうとワクワクしながら書いていたのですが、
後半になるにつれ厳しくなり四苦八苦してました。
さらに荒しや偽者が増え、もう辞めようかと思ったこともありました。
それでも最後までがんばれたのは応援してくれる人がいたからです。多謝。
さてこの物語、完結となっておりますが、まだ語られていない話が存在します。
勘の良い方ならお気づきだと思います。あの娘の物語。
これを語らなければ終れません。
番外編「もうひとつのハッピーエンド」近日公開予定

892 : :02/02/02 23:52 ID:ei8bbIHO
おつかれさまでした。

893 :ねぇ、名乗って :02/02/02 23:55 ID:SMXQWGHw
おお、ついに完結!
辻っ子のお豆さん、お疲れさまでした。面白かったです!
番外編も期待してますYO!

894 :名無し:02/02/03 00:03 ID:owo4aCl1
おつかれさまー
番外編がんばってください

895 :名無し募集中。。。:02/02/03 00:08 ID:FL0IAn8N
辻豆さん、おつかれさまでした。
最後まで書きつづけてくれたことに、只々感謝です。

番外編も期待してます。

896 :の(略:02/02/03 00:11 ID:q4oPz9cs
>辻豆さん
お疲れ様でした。
あれ以降もほぼ皆勤で参加し続けましたよ(w
「ウッドストック効果」であろう新スレも楽しませてもらいます。

897 :むすむす:02/02/03 00:18 ID:EwGQfIWh
辻豆さんお疲れ様です〜。最後までどきどきさせてくれましたね!
番外編待ち遠しいです〜

898 :じゃ:02/02/03 00:24 ID:9Jpov5nl
面白かったのぅ

899 :加護っ子のお豆さん:02/02/03 00:46 ID:49IWduAD
完結おめです。いろいろな騒動がありつつ
何とかここまでたどり着きましたね。
僕の方は引き続きRPG作成してますんで
気長に待っていてくださいね。

900 :名無し13号:02/02/03 00:52 ID:2uvhXV+3
お疲れさまでした。
番外編も楽しみに待ちます。

901 :名無し募集中。。。:02/02/03 01:05 ID:7XVWYkvs
偽者なの本物なの??

902 :名無し募集中。。。:02/02/03 01:19 ID:vRuQEWW5
辻豆さんお疲れ様です。
本当に楽しく読ませて頂きました。
番外編も頑張ってください、応援しています。

903 :名無しなのれす:02/02/03 02:35 ID:/6RICa3W
辻っ子さんお疲れ様でした.
最後まで楽しませていただきました.
番外編も楽しみにしていますので,
がんがってくらさい.

904 :名無し募集中。。。 :02/02/03 03:00 ID:RW9Hg9kd
辻豆さん乙!
ひょっとして収集つかなくなるんじゃないかなと、別の意味でドキドキしながら読んでた
のだけれど、スッキリとした読後感を与えてくれたことに多謝です。
もうひとりの「娘。」にも、フォースの導きを(w

905 :名無しげな:02/02/03 03:06 ID:F5BrYjv4
お疲れ様です,充分楽しませていただきました
番外編次回作共に期待してます

906 :ねぇ、名乗って:02/02/03 04:14 ID:FEFA/KC3
荒しや偽者・・・淡々と更新されていたから平気なのかと思っていましたが、やはり気になさってたんですね。
それでもきちんと話を完結させた辻豆さんを尊敬します。
毎日大きな楽しみを与えてくださり、どうもありがとうございました。  番外編期待してます!

907 : ◆Fuchu5X6 :02/02/03 11:25 ID:FJLWge+2
( ノ´D`)ノついまめさん、おつかれなのれす!
      あたらしいおはなしもがむばるのれす!

908 :ペプシキング:02/02/03 12:46 ID:xqEmdfxB
お疲れ様でした。番外編期待です。

909 :名無し♪:02/02/03 13:17 ID:a4mPtlhz
辻豆さん、お疲れさまでした。
合計4章からなる長編小説、本当に面白かったです。
番外編&次回作も期待しています♪

910 :プリンス羊:02/02/03 15:26 ID:W2jCHAa8
お疲れ様。番外編期待。

911 :夢幻夢:02/02/03 16:31 ID:Q1TOSbl/
辻豆さんお疲れ様です。新章ないのは残念だけど,番外編頑張って下さい。

912 :いんふぃにてぃ:02/02/03 18:02 ID:O3hpS7i2
お疲れ様です。これからも頑張ってください。

913 :名無し募集中。。。:02/02/03 21:11 ID:JG+R3cLn
お疲れ様でした。毎日楽しみにさせていただいていました。
番外編も楽しみにしていますよ。

914 :名無し14号:02/02/03 21:11 ID:tPkUVNHg
面白すぎです!!とても選択肢があったとは思えないほどストーリー性に優れてるし。
番外編楽しみにしてます!

915 :七紙:02/02/04 01:45 ID:Oaj2p6iW
本当にお疲れ様でした
めっちゃおもろかったです!!
番外編もすげ〜楽しみですがんばってください!!

916 :アルマーニ濱口 ◆2ggkL5EU :02/02/04 06:11 ID:z8uR2EQy
長編小説終わったか、、、感無量

917 :安倍っ子のお豆さん:02/02/04 09:15 ID:Ur43hr+u
辻豆さん。お疲れです。めっちゃ楽しかったです。
これからも頑張ってください。

918 : :02/02/04 13:50 ID:s7yv1h3+
正 直 言 っ て 糞 つ ま ん な か っ た よ。
成長が見られない。無難すぎる。
きちんと(それもいつも通りかなり無理矢理ではあるが)完結させたことは評価するが。

919 :名無し娘。:02/02/04 14:04 ID:az4RUc2Q
あげなくてもいいのに…。
途中で挫折して最後の感想見てやっぱ読もうかなと思ってたけど
どうしようかな…。

920 :いりごま:02/02/04 14:39 ID:6Vnvglns
感想
ファンタジーは苦手だからオイラには読んでて辛かった。
だって読み手が考える場面がないんだもん。
初心に戻ってミステリーを書いて欲しい。
オリジナルでの娘。ミステリーを書けるのは辻豆・・あんたしか居ない。




921 :名無し募集中。。。:02/02/04 17:26 ID:rib7B1WF
漏れも長過ぎだと思った。淡々としてて他の小説読んでるのとあんま変わらない。
強さとか戦闘シーンぐだぐだだったし。

街の方がずっと面白かった

922 :ねぇ、名乗って:02/02/04 21:23 ID:GFFNZ8hv
感想
最初の旅立ちの章は秀逸だと思った。
しかし、物語が進むにつれ無理な設定や強引な話の進め方が目立ったと思う。
辻豆が自分のオナニー小説の番外編を書きたいんなら止めはしないが
俺的には 
かまいたちの夜>>街>>>娘切草>>>>>>>>>>>>ハッピーエンド
推理系の物語の方が他の奴にも好評なようだが、どうよ?>辻豆

923 :最強好き厨房:02/02/04 22:09 ID:WlSFhWTJ
>>922
禿同。。
旅立ちの章からワクワクしてたけど、
福田明日香登場あたりからだれてきたな…
正直長編を休みなしに書き上げるのは大変だろうし。
戦闘とかでは選択肢の存在意義なかった。
でも変化自由な中篇だったらまた読んでみたい。。

辻豆さんファイトッッ!気長に楽しみにまってます。

924 : :02/02/04 22:12 ID:CoIQ2KSc
ごめん読んでませんでした。
ただそれはドラクエに興味がないだけで、街れすまでは
全部読んでます。次に期待。

925 :924 :02/02/04 22:17 ID:CoIQ2KSc
それと「街れす」は娘小説に入った初めての作品なんですよね。
そういう意味で感謝してますよ。書いてますし。

926 :辻っ子のお豆さん:02/02/04 23:26 ID:ftRsKQwb
番外編「もうひとつのハッピーエンド」

小さな頃から、その娘はひとりだった。
少女が右腕を上げるとどこからともなく魔物が現れる。
魔物は全てを破壊する。家を近所を街を。そしてまた闇の中へと戻っていく。
被害を被った人々の、怒りの矛先は少女へと向けられる。
『そいつは悪魔だ!悪魔の子だ!殺せ殺せ殺せ!』
その少女は殺された。しかし少女は死なない。時を駆けてまた戻る。
殺しても生きている少女を見て、また人々は恐怖にかられる。
物心がついた頃には、少女に近づくような者は誰もいなかった。
ひとりだった。

どこまでも続く雪の平原を歩き続けた。
寒さで体の感覚はなくなっていた。力尽きた少女は雪の中に崩れ落ちた。
このまま眠りについたら、死ねるかなぁ・・
雪といっしょに溶けて消えてしまえばいいと少女は思った。
やがて意識はなくなっていった。

927 :辻っ子のお豆さん:02/02/04 23:27 ID:ftRsKQwb
「あー!気が付いたみたいだよー。いちーちゃん!」
目を覚ますと、少女は暖かいベットの中にいた。
脇から騒がしい声が聞こえる。見ると小さな女の子が二人喚き合っていた。
どうやら少女は、彼女達に助けられたみたいだった。
そこはとある街の、身寄りのない子供たちが集まる施設の中の一室だった。
「私はさやか、それでこの子は・・」
「まきー!」
「あなたのお名前は、なんていうの?」
さやかと名乗ったショートカットの方の女の子が、少女の顔を覗き込んで話し掛けた。
少女は掠れるほど小さな声で答えた。
「なつみ・・」

なつみにとって、3年あまり続くそこでの暮らしはささやかながらも幸せな日々だった。
友達もできた。いつも明るく笑顔を振りまく市井紗耶香。
『今日から私がなつみの相棒ね、よろしく。』
物心ついた時から、恐怖と怒りの対象としか人に見られなかったなつみにとって
分け隔てなく接してくれる紗耶香の存在は本当に支えになった。
だからなつみは自分の力を隠し通した。この幸せをいつまでも壊さない為に…

928 :辻っ子のお豆さん:02/02/04 23:28 ID:ftRsKQwb
紗耶香の後ろにいつもぴったりくっついている女の子がいた。
後藤真希。いつまでたってもなつみには心を開かず、紗耶香の背中に隠れていた。
彼女には小さな弟がいたが、いつもほったらかしで紗耶香にくっついていた。
ある日、真希を尋ねて男の人がこの施設を訪れた。
面会室でその人が真希に何かを話している。
なつみと紗耶香は気になって、ドアの隙間からその様子を覗いてみた。
『君こそは捜し求めた光の末裔、ぜひ私と共に天空城へ・・』
難しくて男の人が何を言っているのか、よく分からなかった。
ふいになつみはその男の人と目が合う。すると彼は突然大声で喚き始めた。
『何たる運命!魔王の血筋がこの様な場所に!すぐに始末せねば!』
どうやらその人物には、なつみが隠していた力を悟られた様だ。
なつみは怖くなって逃げ出した。隣にいた紗耶香も訳が分からず一緒に逃げ出した。
しかしその男は凄い早さで二人を追いかけてくる。
忘れていた恐怖、なつみの心に幼き日の悲劇が蘇る。
『そいつは悪魔だ!悪魔の子だ!殺せ殺せ殺せ!』
(やだーーーーーーー!!)

気が付くと、街は燃えていた。
暴走したなつみの魔力が全てを灰へと返していた。
目の前に燃えカスとなった男の死体が転がっていた。

929 :辻っ子のお豆さん:02/02/04 23:29 ID:ftRsKQwb
炎の中で一人の少女がこちらを睨み付けていた。
「お前が…お前がみんなを殺した。」
不思議な光が真希を炎から守っていた。なつみの中で血がざわめく。
この娘はいずれ自分の敵になる。ここで殺しておくべきだ。血がそう語り掛けてくる。
そんなのできない、なつみは体を抱え込んでその場から逃げ出した。
紗耶香はなつみの後を追った。彼女を一人にしてはおけないと…

「また壊しちゃった。また一人になっちゃったよ。」
走り疲れ、崩れ落ちた木陰でなつみは泣き伏せた。
そんななつみの背中を優しく包んだのは紗耶香だった。
「君はひとりじゃないよ、ここに私がいるでしょーが。」
そのぬくもりが何より暖かかったのを覚えている。

二人が明日香と出遭ったのは、そのすぐ後だ。
彼女もまた、なつみと同じ様に魔族の血により虐げられていた。
なつみはその姿に過去の自分を重ね、当然のように彼女を助け出した。
明日香にとって、そんな彼女がどんなに眩しく見えたか。
「この身をあなたの夢に捧げます。なっち様。」
なつみには夢があった。

930 :辻っ子のお豆さん:02/02/04 23:30 ID:ftRsKQwb
「なっちの夢はね、誰もが笑って暮らせる理想郷を造ること。」
魔族も人間も、みんなが笑って暮らせる世界を作りたい。
でもその夢を叶えるには、世界はあまりに汚れきっていた。
だから3人は考えた。それなら自分達の手で新しい世界を作ろう。
なつみが誰からも尊敬される英雄となり、皆を導く王となる。
紗耶香は常になつみの傍にいて、彼女を助ける。
明日香は表には出ず、影武者に徹してなつみをサポートする。
こうして3人の夢への道程は定まった。

英雄への第一歩として暗黒竜討伐作戦を開始した。
そこでなつみは二人の人間と出遭う。飯田圭織と矢口真里。
最初は、自分の噂を広めるのに利用する為だけに近づいたのだが、
共に行動するにつれ、徐々にその魅力に惹かれていった。
「カオリはねー、普通にしゃべるとねー、変だからねー、片言にしてんの。」
「好きな子といるとすぐ立っちゃうモノってなぁ〜んだ?キャハハ何考えてるの〜?」
人間は悪い奴ばかりじゃない。こういうおもしろい人もいるんだね。
紗耶香、圭織、真里、彼女達との旅の中でなつみに再び笑顔が戻った。
そしてなつみは暗黒竜を退治して勇者となった。

931 :辻っ子のお豆さん:02/02/04 23:31 ID:ftRsKQwb
とりあえず番外編前編です。
次の更新がおそらく本当に最後になると思う。

932 : :02/02/04 23:31 ID:U6mVfFRO
新垣
http://free2.memberz.net/member/musume/risa.html
飯田
http://free2.memberz.net/member/musume/johnson.html
矢口
http://free2.memberz.net/member/musume/yaguchi.html
保田
http://free2.memberz.net/member/musume/hotta.html

933 :夢幻夢:02/02/04 23:34 ID:vk/9oKTe
更新お疲れ様です。
なんかなっちの味方になりたくなってきた。
切ないですね。
複雑な心境です。

934 :の(略:02/02/04 23:43 ID:djYNHF7B
「最後」?
この胸騒ぎは何だ……
自分の杞憂であることを願わずにはいられない。

935 :つうか:02/02/05 00:39 ID:SxOP/0LR
小説スレなんてマンセーで一向に構わないと思うのだが…
なんでわざわざ書き手のやる気を無くすような発言するんだろ。
みんなsageで書いてんだから荒らす理由もないっしょ?

もし、批判意見を書く事で今後の小説の方向性を変えさせたいの
だったら勘違いもいいとこだと思う。
結局プロでもない辻豆さんに、自分のエゴを押し付けてるだけじゃないかな。
結構楽しく読んでる人もいるんだし(自分含)、その人達まで萎えさせるレスは
どうかと思うよ。

マジレスしちまったけど、ちょっと批判レス読んでて寂しくなったんだYO。
だって…余韻を楽しみたいじゃん。


936 :_:02/02/05 04:26 ID:jNAaVlpG
>>935
批判と言うより批評でしょ。
そんな萎えるようなレスじゃないよ。
むしろソコで批判という言葉を使うからアンチと勘違いしちゃうんだよ。
無問題、続き期待してるよ辻豆さん。がんがれ


937 :ねぇ、名乗って:02/02/05 05:58 ID:NrZaCQng
「本当に最後」ですか・・・なんて寂しい響きだろう・・・

>>935
いろんな意見があってもいいんじゃない?批判もあった方が健全だし作者さんにとってもいいと思うけど。
俺は楽しく読んでる方だけど、批判みても特になんも思わんよ。こんな意見もあるのか、ってだけ。

938 :名無し募集中。。。:02/02/05 10:18 ID:BN58j0Te
批判・批評レスがあるのは別にしょうがないと思うよ。健全なスレである証拠だよ
全部マンセーばっかりじゃ気持ち悪いしね
ただ偽者はいただけないな。悪意しか感じられん

939 :うーん:02/02/05 11:20 ID:kS/XCjwB
批判・批評があった方が健全なのには同意だけど、ネット小説の場合は話の途中で
それが入るのが辛いとこだね。
たとえていうなら、映画に惹きこまれて見てる最中に、隣の客が「つまんねーなー」
とか大声で言ってるようなもんだからさ。


940 :名無し募集中。。。:02/02/05 12:50 ID:Y1nZPbQO
安部の時をかける能力は、ジョジョが元ネタですか?

941 :ペプシキング:02/02/05 12:57 ID:aZIV4s1B
>>939が今いい事言った。
ただただつまらんとかぬかすだけの奴が一番うざいよな。
こんだけの人を惹き付けてるってだけでも相当すごい事やと思うぞ。

つーワケで後編期待です。がむばって。

942 :名無し募集中。。。:02/02/05 13:21 ID:iXto0W5v
のてせウザイ。。。

943 : :02/02/05 14:15 ID:9oyHqcj4
>>941
そんなもん気にしてたら2chで書けん

944 :前前スレの798:02/02/05 16:27 ID:V9qcZkFp
>>936
同意。結局、辻豆さんにしか、判断できないと思います。

読者が、呼んだ感想を好き勝手判断できるのと同じで、
筆者も、読者の感想を自由に解釈できるわけで。

タダ、経験上、自分にとって本当に面白いと思える小説が、
一握りしかない様に、自分にとって本当に勉強になる批評が
一握りしかないのも事実。

技の弱点は、技をかける人間が最も詳しいわけですから。

>>943
超同意。


945 : :02/02/05 16:28 ID:d2/ipbW2
>>935 >>941
こうゆう信者っぽい奴が一番ウザいと思うのは俺だけ?

946 :辻豆さんも:02/02/05 16:46 ID:LQcaHCqp
色々言われる覚悟はしてるでしょう。
一つの小説に対する感想なんて読者の数だけある訳だし、ここは2chだし。
「推理小説の方が好きだった」も「ハッピーエンドも好きだ」も立派な意見だから
言っちゃいけないことはないと思われ(お門違いの罵倒はいかんが)


947 :  :02/02/05 17:00 ID:AhBZtS5F
逆に批判よこせよ!って思えないとだめだろ
そんなことないですか?

948 :ROM:02/02/05 18:24 ID:qiNTzAOp
スレの残りも考えて論争はほどほどにしとけよ。
自分の意見は次の最後の更新が終わってからでよくない?

949 : :02/02/05 18:41 ID:zFa0uIsN
論争はこちらで
http://tv.2ch.net/test/read.cgi/ainotane/1009542838/

950 :名無し募集中。。。:02/02/05 22:00 ID:ahDrmeZk
やっぱり娘切草の冒頭が一番(・∀・)イイ!!な。
どんどんネタ化していくにつれて面白さも減少していった。

951 : :02/02/05 22:09 ID:Xn1Du4nP
俺は辻豆さんのネタ好きだよ。

952 : :02/02/05 22:46 ID:F+xNg2+E
>>951
何事も程々が一番。正直最後のまとめ付近はいつも暴走気味だった気もする。


953 :   :02/02/05 23:04 ID:AhBZtS5F
娘切草のミステリーからバトロワに変わるのはアリ

954 :辻っ子のお豆さん:02/02/06 00:35 ID:EhanLCa1
一つの旅の終り、圭織はハロプロ王国へ、真里は中澤帝国へと、それぞれの場所に戻る。
でもなつみ達の旅はまだ始まったばかりだった。
モンスターを召喚しては街や村を襲わせ、自らの手でそれらを退治する。
その繰り返しによって勇者なっちの名は世界中へ広まった。
新しい世界を導く英雄となるだけの条件は整いつつあった。
王としての地盤を得る為に王国の姫石川梨華と運命の出会いを果たす。
さらにもう一人の協力者と出遭う。名を松浦亜弥。
人間とは思えない程のその実力者が、なつみ達の仲間になりたいと申し出てきたのだ。
何か企でいるような怪しさを秘めてはいたが、なつみはその申し出を受け入れた。
より確実に夢へと近づくには強大な力が必要だったから。
そして残すは最後の仕上げ、なつみが王となるのに妨げとなる古き王を始末すること。
明日香と紗耶香の見事のお芝居によって、まずつんくがいなくなった。
そして帝国の皇帝中澤も問題なく片付けることができた。
全て思い通りに事が運んでいた。もうすぐ理想郷に手が届く所まで来ていた。
どこで歯車が狂い始めたのだろう?
なつみは古き友、飯田圭織をその手で殺める事になる。
仕方のない事、頭ではそう理解していても心まではそうはいかない。
気が付けばなつみの手は、拭い切れない血で汚れてしまっていた。

955 :辻っ子のお豆さん:02/02/06 00:36 ID:EhanLCa1
「ねえ紗耶香、なっちは間違ってるのかな?」
なつみが戸惑い浮かべた時、相棒はいつも優しく背中を押してくれた。
「なつみは間違ってないよ、自分の夢を信じなさい。」
その言葉がどんなに心強かったか、そうだよね、今更夢を捨てることはできないよね。
もう後戻りはできない所まで来てしまったんだ。なつみの迷いは消えた。
そして夢が現実の物となる日が訪れた。
みんなが笑って暮らせる理想郷、なっちがその王となる日。
しかしここに来て、なつみの夢の前に立ち塞がる者達が現れた。
吉澤ひとみ、辻希美、そして成長した後藤真希。
もう一人名前も知らない奴がいたが、そいつはすぐに松浦を巻き込んで自爆した。
「グスッ、エッ・・お前は仲間が死んでもなんとも思わないのれすか!」
「あいつも所詮は人間、なっちの仲間は紗耶香と明日香だけだべ。」
「お前は最低なのれす!」
辻がなつみに突進してきた。互いに持つ剣と剣が交差してぶつかり合う。
「お前には心というものはないんれすか!人でなし!悪魔れす!」
「悪魔・・そうだよ、なっちは悪魔だべさ。」
なつみの表情が一変する。幼き日の思い出が脳裏をかすめる。
『そいつは悪魔だ!悪魔の子だ!殺せ殺せ殺せ!』
「お前にはわからないだろうな・・何不自由なく幸せな人生を歩くお前には・・」
闇が、なつみを覆い尽くしていた。

956 :辻っ子のお豆さん:02/02/06 00:36 ID:EhanLCa1
明日香が、そして紗耶香が、真希の手によって殺される。
今思えば紗耶香はずっと責任を感じていたのだと思う。
なつみに人殺しをさせていたのは自分だと思い込んで…
そして命を絶つことでしか許されないと思っていたのかもしれない。
ずっと自分を殺してくれる相手を探していた様なふしもあった。
もっとも、もう真相を確かめる事はできないのだけれども。

なつみは全てを失った。共に歩んできた仲間も、掴みかけた夢も・・

あの頃のように、またひとりに戻ってしまったなつみには、もう何も残っていない。
こんな世界はいらない、なつみは魔界の門を召喚し世界を消そうとした。
なつみを止めたのは小さな勇者達だった。
その少女達は笑っていた。その笑顔はずっとなつみが追い求めてきたモノ。
(あななたちなら・・なっちの夢を叶えられるかも・・)
そこでなつみの意識は途切れた。

なつみは時を駆けた。

957 :アルマーニ濱口 ◆2ggkL5EU :02/02/06 00:37 ID:o5uNVhSZ
新スレ立てないのか?

958 :辻っ子のお豆さん:02/02/06 00:37 ID:EhanLCa1
「あー!気が付いたみたいだよー。いちーちゃん!」
目を覚ますと、少女は暖かいベットの中にいた。
脇から騒がしい声が聞こえる。見ると小さな女の子が二人喚き合っていた。
「私はさやか、それでこの子は・・」
「まきー!」
「あなたのお名前は、なんていうの?」
さやかと名乗ったショートカットの方の女の子が、少女の顔を覗き込んで話し掛けた。
少女の眼から涙が零れ落ちた。
「わ、わ、わ、どーして泣くの?」
「アハハハ、きっといちーちゃんの顔が怖いんだよぉ。」
「なんだとぉ、コラァまきー!」
二人ははしゃぎながら部屋を飛び出して行った。
神様、私にもう一度チャンスをくれるのですか?
私にもまだハッピーエンドを手にする資格が残されているのですか?
少女は涙を拭いてベットから飛び起きた。
その無垢な手にはまだ少しの汚れもついていない。

番外編「もうひとつのハッピーエンド」完

959 :アルマーニ濱口 ◆2ggkL5EU :02/02/06 00:37 ID:o5uNVhSZ
ありゃ、、、、、スマソ、、、、、、、、

960 :加護っ子のお豆さん:02/02/06 00:56 ID:fy73FQys
番外編を含め完結おめでとうございます。
このおめでとう記念についに初の一般体験版Ver.0.5をリリースさしていただきました。
それではまだまだ未熟な作品ですがよければお楽しみくださいませ。

ttp://isweb40.infoseek.co.jp/computer/kagomame/

961 :バトロワ:02/02/06 00:56 ID:JJixk2pK
おつかれさまでした。次回作も期待しとります

962 : ◆KABO/ROM :02/02/06 01:03 ID:rcbJT6WM
お疲れ様です。。
途中から選択には参加していなかったものの
最後まで読ませていただきました。。。
とても面白かったです。。

次回作も楽しみにしています。。

963 :ねぇ、名乗って:02/02/06 01:03 ID:Gu4ZbJv0
(;´ー`;)
下手に語ると野暮になりそうなのでただ一言。
ありがとう!辻っ子のお豆さん。

964 :ねぇ、名乗って:02/02/06 01:16 ID:qgedM+O1
(●;´ー`;●)
・・・・・・GOOD JOB!

965 :名無しでごめんね:02/02/06 01:27 ID:8lnLURT6
ほんとにおっつーでしたっ♪
いやぁ今回も楽しませていただきました&多少ご迷惑おかけしたようで…
どもすみませんでした

966 :名無し:02/02/06 01:31 ID:xsgv2f5m
最期のシメが(・∀・)イイ!!
本当にお疲れさま!

967 :勇者(●´ー`●):02/02/06 02:23 ID:WCcpbmXN
そのぬくもりは魔法、
 頬を伝う涙は、しょっぱさに混じって、懐かしい香りがした

辻豆さん乙!

968 :名無し募集中。。。:02/02/06 02:42 ID:u41+NTyv
>辻豆さん
お疲れ様&脱稿おめ。
そして、多大なご迷惑をお掛けしたことをお詫させていただきます。

再びお目にかかれる日を楽しみにしております……

969 :ねぇ、名乗って:02/02/06 05:41 ID:tSCjZNVO
おもしろかった!
辻豆さん、本当に本当にお疲れ様です!

970 :むすむす:02/02/06 06:33 ID:6hpQioWN
もう最高です!!
お疲れさんです!!

971 :無名でか・・・:02/02/06 07:28 ID:p7U0mZ9Y
辻豆さん。おつかれさまです。
すごい作品に巡り会えて良かったです。

又の新スレ期待してますね〜。

972 :名無し募集中。。。:02/02/06 08:04 ID:xK6etwEK
            Λ_∧    o           o
     o      ( ´レ_ ` )  。    ○ 。   。     。
   。      /~   /⌒\    o     o     。
       o _/_\./ /  |
        (___ ̄_/   |
         / / ̄  \  |
    l⌒l~ l⌒l~~ /\    /
    \ \\\_/   \_ノ

癒されています。
辻豆さん、有難う!!次スレも楽しみにしてます。

973 :安倍っ子のお豆さん:02/02/06 08:54 ID:rFvJNDbn
辻豆さんお疲れ様でした。
めちゃめちゃ良かったです。
また、次回作を期待しています。

974 :じゃ:02/02/06 10:16 ID:5UecKrIB
イロイロありましたが本当に乙!! 

975 :最高なのれす:02/02/06 12:38 ID:JSy02a5t
面白かったです!!
次回作楽しみにしてます!

976 :名無し♪:02/02/06 13:28 ID:3WRkZIZV
辻豆さん、本当にお疲れさまでした。
最後のなっちが時を駆けた後の話は本当にじーんとしました。
面白かったです。次回作も楽しみにしています。

977 :_:02/02/06 15:58 ID:a8dp7eY6
お疲れさま。とっても面白かったYO!
次の作品を楽しみに待ってます♪

978 :夢幻夢:02/02/06 18:46 ID:dzCoFZSD
辻豆さん本当にお疲れ様です。
しかし僕はこれから何を心の支えに生きて逝けば良いのだろう?

979 : :02/02/06 20:56 ID:tJsF3NGo
辻豆さんサイコー。でもお
豆ちゃんこと新垣にはハッピーエンドがなかったね。少
し残念でした。煽りや、粘着によく頑張りました
ね!感動しました。ありがとう!!!!!!!

980 :ほへ:02/02/06 23:50 ID:Y84tDIzC
加護マメのRPGがおもろいのでage


981 :辻っ子のお豆さん :02/02/07 00:20 ID:NLUPNsFN
(最後のコメント)
全速力で走り続けて早四ヶ月
サウンドノベルシリーズはとりあえずこれで一区切りつけようと思います。
「娘切草」「むすめたちの夜」「街れす」「ハッピーエンド」
自分の中ではどれも甲乙つけがたい最高傑作達です。
最後にいい思い出ができました。
それじゃあ皆お元気で。
I’ll Never Forget You





…なんて、そのうちひょっこりまた何か始めるかもしれないけど

982 :名無し募集中。。。:02/02/07 00:25 ID:8fXWZ2Hp
>>981
臭っ
カッコつけんな。氏ね。

983 :のてせ:02/02/07 00:29 ID:KuVeXq4p
>辻豆さん
コテハン捨ててお待ちしています(w

984 : :02/02/07 00:37 ID:8fXWZ2Hp
1000

985 : :02/02/07 00:37 ID:8fXWZ2Hp
1000ゲット

986 : :02/02/07 00:38 ID:8fXWZ2Hp
1000ゲットォ

987 : :02/02/07 00:39 ID:8fXWZ2Hp
1000ゲットォォ

988 : :02/02/07 00:40 ID:8fXWZ2Hp
1000ゲットォォォ

989 : :02/02/07 00:40 ID:8fXWZ2Hp
1000ゲットォォォォ

990 : :02/02/07 00:41 ID:8fXWZ2Hp
1000ゲットォォォォォ

991 : :02/02/07 00:42 ID:8fXWZ2Hp
1000ゲットォォォォォォ

992 : :02/02/07 00:42 ID:8fXWZ2Hp
1000ゲットォォォォォォォ

993 : :02/02/07 00:42 ID:8fXWZ2Hp
1000ゲットォォォォォォォォ

994 : :02/02/07 00:43 ID:8fXWZ2Hp
1000ゲットォォォォォォォォォ

995 : :02/02/07 00:44 ID:8fXWZ2Hp
1000ゲットォォォォォォォォォォ

996 : :02/02/07 00:45 ID:8fXWZ2Hp
辻豆と愉快な信者達はこちらへ
http://tv.2ch.net/test/read.cgi/ainotane/1009542838/

997 : :02/02/07 00:46 ID:8fXWZ2Hp
辻豆と愉快な信者達はこちらへ( ´D`)
http://tv.2ch.net/test/read.cgi/ainotane/1009542838/

998 : :02/02/07 00:46 ID:8fXWZ2Hp
辻豆と愉快な信者達はこちらへ( ´D`)( ´D`)
http://tv.2ch.net/test/read.cgi/ainotane/1009542838/

999 : :02/02/07 00:46 ID:8fXWZ2Hp
辻豆と愉快な信者達はこちらへ( ´D`)( ´D`)( ´D`)
http://tv.2ch.net/test/read.cgi/ainotane/1009542838/

1000 :アルマーニ濱口 ◆2ggkL5EU :02/02/07 00:46 ID:lKWQhiYM
記念

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

224 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)