5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

伊丹十三の死について

1 :仕置の女3:02/04/29 02:04 ID:BkX9GSok
今でもたまにテレビで伊丹十三監督の作品をみるたび、
伊丹が死んだ時感じた失望と釈然としない感情が蘇る。
だが今になって思う。
彼は本当に自殺したのだろうか?

確かに晩年の伊丹は映画作家としては落ち目で
意気消沈気味だったのかもしれない。
しかし彼ほどプライドの高い人間がよりによってあんな
かっこ悪い死に方をするだろうか。
自殺するにせよである。
謀殺説があると聞かされた日には疑いたくなるね。

伊丹作品や伊丹自身についての思いと一緒に
伊丹の死について語り合いましょう。

2 :名無シネマさん:02/04/29 02:05 ID:q0Ssv97v
2

3 :名無シネマさん:02/04/29 02:06 ID:CQOllwOF
やなこった>>1
倉庫逝け!!!

4 :名無シネマさん:02/04/29 05:09 ID:uUb8uqgi
産廃

5 :名無シネマさん:02/04/29 07:54 ID:rPWPd//W
宮本信子がかわいそうだな。なっとうのCMは見てられない。きっと
夜中に悪い夢を見て汗だくで、ガバッと起きたりするんだろなぁ、
と想像してしまう。

6 :仕置の女3:02/04/29 12:13 ID:OoznJ3MI
自分は以前にオカルト版、ちくり裏事情版でこの話題を振ったが、
あまり有益な情報がえられなかったんで、映画版にスレ立てさせてもらいます。
映画版なら好き嫌い含めて伊丹に対する思い入れのある人も多いように思う。

自分が知りたいのはまず伊丹が死んだときの状況、
現場はどのような状態だったか、どのように報じられたか、関係者はどのような
発言をしたのか…、皆が憶えてる範囲で教えてほしい。

それとWEBではけっこうささやかれた謀殺説について…
なんせ古い話なので情報を検索してもリンク切れになってることが多い。
それがいったいどういう内容だったのか、知っている人がいたら
どんな些細なことでもかまわないので書いてほしい。

7 :名無しシネマさん:02/04/29 12:15 ID:3zu4D0I6
これは板違いなのではあるまいか。

8 :名無シネマさん:02/04/29 12:16 ID:x/Us9RX9
板違いなんだよ、真面目にやりたいなら自分で削除依頼出して、
改めて隣に立てろよ。そしたら応援したる、がんばれ。

9 :名無シネマさん:02/04/29 12:17 ID:5Q4h1oUS
まあ、死んで正解だったんじゃないかな。
くだらない映画ばかり作ってたし。
これ以上「パチンコ屋の女」とか「ユニクロの女」とか
作られたらかなわん。

10 :名無シネマさん:02/04/29 12:37 ID:eZX3j/hG
わだいせいづくりだけはたけてたよな。
あげまんなんてことばりゅうつうさせたこうせきもある
せいさくしゃとしてはよかった。かんとくとしてはさんりゅう

11 :名無シネマさん:02/04/29 12:48 ID:YXBySYLT
遺書で自分の死をもって、無実を証明するなんていってたけど。
結構、神経細いんだな。

12 :名無シネマさん:02/04/29 12:52 ID:mtiJoXzf
人間てそういうもんだよ。
辻本だってあんなに威勢がよかったのに、いまじゃぼろぼろじゃん?
メンタル的にどういう衝動があるなんて表からはわからないし、
十三だってその境界をぎりぎりいきてたんだよ。

とかかたってみました。じゃ俺も逝くかな。

13 :名無シネマさん:02/04/29 12:55 ID:G8+8BZsX
伊丹が自殺?んなこたない

14 :名無シネマさん:02/04/29 13:23 ID:ZTFmQCj9
>確かに晩年の伊丹は映画作家としては落ち目で

んーなことはない。まったくない。
映画も収益あがっていて、別段金で苦労はしていない。

映画作家として落ち目なのは、井筒とか大島渚、それから催洋一とかだろ。
伊丹は最後の歳まで映画作っていたyo。

まったく1のアフォにも、呆れるばかり。










氏ね

15 :名無シネマさん:02/04/29 13:38 ID:AmY9BLAj
愛人問題でイライラしてる時、悪酔いしすぎて
勢い余ってビルから飛び降りたんじゃないの?
当時、愛人問題で夫婦関係が、かなりギクシャクしていたとか
自殺した原因は映画トラブルじゃないんじゃないの?
1は何を期待してるわけ?

16 :名無シネマさん:02/04/29 14:03 ID:rgpMqw/s
蓮實重彦に誉められたい一心で映画を作っていたがついに誉められなく
て自殺した。

17 :名無シネマさん:02/04/29 14:05 ID:n5GcuQlU
陰謀説を聞きたいのだと思う。

18 :名無シネマさん :02/04/29 14:23 ID:jXKvhOLH
この問題を語れるマスコミは皆無。

19 :名無シネマさん:02/04/29 14:33 ID:Z3KI6BMA
5月18日に「タンポポ」やるね。
伊丹はヤクザに襲われて以降の映画は、全部駄作。
初期はマジで面白かったのに・・

20 :名無シネマさん:02/04/29 14:38 ID:jXKvhOLH
触れちゃいけない。

21 :名無シネマさん:02/04/29 15:14 ID:1gvgvsuq
あげたい

22 :名無シネマさん:02/04/29 15:49 ID:JK43Mpyu
富士宮の後藤組ってまだある?

23 :名前:sage 投稿日:02/04/29 20:42 ID:XDFJvHXp
【消シタイ】あの監督や俳優の隠された過去【消セナイ】
http://tv.2ch.net/test/read.cgi/movie/1019365218/



24 :白夜の陰獣:02/04/29 21:40 ID:9LoJbvSp
ビートタケシが直後に記者会見で伊丹の氏について訊かれたら私が後ろから押しました
と発言

25 :名無シネマさん:02/04/29 21:48 ID:wOipxUgt
映画が自殺の原因だと仮定すると…
余り思い当たるところがない。

強いて言えば
彼の得意な手法を舎弟が、そのまんまパクった
Shall we dance? が大ヒットして
あ、これには敵わない、と伊丹が悟った…
なんて…あまりに考えにくいなあ。

あとは、作家として「カラ」になったか。

26 :新しい人:02/04/29 22:27 ID:ImVBYG1R
日本映画はつまらない。
カメラは固定して、ショットは永すぎる。
新しい(?)手法はパクリばっか。
観客をナメているサラリーマン監督・脚本家・製作者。
才能が無さすぎ。

その中にあって「伊丹十三」だけは違った。
周りのしがらみ(古い映画人)に打ち勝って
いろいろと面白い作品を作ってくれた。
特に「マルサの女」は最高で世界に通用すると思う。

観客を意識した動く映像。
惜しい人を亡くしました。

27 :名無シネマさん:02/04/29 22:46 ID:eZX3j/hG
伊丹十三って岸田秀の「ものぐさ精神分析」に心酔してた時期があったよな。
「すべては幻想である」っていう…
もともと生きにくさを感じている人だったんじゃないのか?
ま、自殺するのは大概鬱病だけどな。

28 :仕置の女3:02/04/29 22:50 ID:m72LkxNh
伊丹の遺作、マルタイの女には驚くべきシーンが存在する。
マルタイとは警察の身辺警護対象のことをさし、伊丹は92年暴力団に襲撃された後
マルタイになった自身の体験をもとにこの作品をつくったという。
主人公の宮本信子扮する女優はあるカルト教団の殺人の現場を目撃したことから
検察側の証人となる。カルト教団はあらゆる手段をもって宮本の証言を弾圧する。
渦中の宮本は津川雅彦扮する妻子もちの男と恋仲になる。
そのスキャンダルを握ったカルト教団はそれをネタに宮本を脅迫し、
やがて津川もとにも教団の手先が現れ脅そうとしたとき、津川は隠し持っていた拳銃で
手先を次々に撃ち殺していく。そして、
「人生とは道端のどぶのようなところで突然終わるものなんだよ…」
と述懐し、自らのこめかみを撃ちぬくのである。

マルタイ→不倫スキャンダル→自殺…
この恐るべきシンクロニシティを単なる偶然として片付けてよいものなのだろうか?
自分には何者かのあざといまでの見せしめと報復に思えてならない。

29 :仕置の女3:02/04/30 01:18 ID:iLRLZ3Pv
自分が最初に伊丹の死に疑念を抱いたきっかけは、ドラマ古畑任三郎の津川雅彦が
出演した回を見たことだったかもしれない。
この回の「古畑」は奇妙な話だった。
古畑は小学校時代の旧友で今は作家の津川から突然別荘に招待される。
そこで古畑を含めた津川、年の離れた若いその妻、その編集者の織り成す人間模様が
淡々と描かれていく。
しかし古畑はその日常の風景から津川が実は自殺を計画していることを察知する…
クライマックスは自殺しようとする津川とそれを必死の説得で踏みとどまらせようとする
古畑の対決である。そこにいつものクールな古畑はない。

この物語の真意は伊丹の遺作「マルタイの女」を見た人で、なおかつその製作に
「古畑」の脚本家三谷幸喜が関わっていたことを知る人でないと分からないだろう。
詳述は避けるが三谷はこのエピソードを通じて逝ってしまった伊丹を津川雅彦に見立て
語りかけたのである。
マルタイの女の津川の自殺エピソードと伊丹の自殺の符合に言及したのは三谷だけだと思う。

参考:
 http://www2s.biglobe.ne.jp/~w-yutaka/essay-furuhata.htm

30 : :02/04/30 01:31 ID:33ogQ1PZ
>>29のサイト
>最後にその人の名前が「マナベ」とわかるのだが、もしかするとこれも伊丹の自殺に「学べ」ということなのかもしれない

って、それはちょっと考えすぎなんじゃねぇ〜の??

31 :名無シネマさん:02/04/30 01:33 ID:TxcumxT3
どっちにせよ、このことについては触れちゃいけないということなんだよ

32 :名無シネマさん:02/04/30 01:42 ID:qPWZorc4
つうか、>>1ってミス汁じゃん♪

はい 糸冬 

33 :名無シネマさん:02/04/30 02:03 ID:uscDxUuZ
真相を知るには
1、遺書
2、伊丹の借金
3、伊丹の保険金
4、愛人の自白
5、岸田秀の精神鑑定
6、撤退したスポンサーの証言
7、産廃問題の裏事情調査
などが必要ではないか
当時
その気になって調べるルポライターがいなかったのかな

34 :名無シネマさん:02/04/30 03:00 ID:fNNcrfhm
調べても理由なんてなかったのさ。
死ぬのに理由はいらない。ちょっとしたキッカケさえあれば、ギリギリのところで
仕事をしている中高年は、いつストレスで死んでも構わないとさえ思ってる。
そこまで自分を追いつめられる仕事をしていることが生き甲斐であり、なおかつ
その仕事のレベルの高さを保っている。

惜しむのは、「異文化交流」という明言を吐いた森本レオのようにさらりと
浮気疑惑をかわせなかったこと。根が真面目だったんでしょうね。
森本レオは、その軽さゆえたいした仕事をしないでキャラだけで得する人生を
終えるんでしょうが、伊丹は素晴らしい作品群を残し、日本映画史に大きな足跡を
刻んで去っていった。

これからの日本映画は、伊丹以前と以後に分けられるとおもう。

35 :名無シネマさん:02/04/30 03:02 ID:BAydaQ+u
宮本信子は「伊丹記念館」を建てたい、って言ってた。
伊丹万作と十三の記念館にするんだって。
俺も後期の作品は好きじゃないな。
「スーパーの女」を観たときは、
これが「タンポポ」や「マルサ」を撮った、あの伊丹十三の作品とは信じたくなかったよ。

36 :名無シネマさん:02/04/30 03:03 ID:0GXBgs+q
とにかく安い監督だよね。死んでもたいした損失じゃないから
別にいいや。

熱狂的ファンてどこにでもいるんだね。

37 :名無シネマさん:02/04/30 05:02 ID:fcCNEyiA
「スーパーの女」「タンポポ」「マルサ」、たぶん監督自身にとって
同列だね。
ワテにとっても、等価値さ。
「スーパーの女」
興行戦略、社会性においては、「タンポポ」「マルサ」を凌駕してるね。

38 :名無シネマさん:02/04/30 05:11 ID:nqqd5wgM
「マルタイ」の津川の自殺シーン見て、
なんじゃこりゃ
って思い、後に伊丹自殺の報を聞いて、
ははーん
って思った人なんて結構たくさんいるんじゃない。
三谷だけじゃなく。
だって、オレだってそう思ったもん。

39 :名無シネマさん:02/04/30 05:16 ID:VRuXHqBK
「スーパーの女」
観客としてのターゲットは、主婦と伊丹マニア。

遺書は公開された?全文公開は無理だ。ーふつう。

40 :探偵ゼット:02/04/30 05:31 ID:/TNG0wM/
>>38
一種の自己防衛行為だったのでは?
先手を打って、
「これこの通り、おれがやられたら、犯人はこいつらだ」
「それでも、あんたら、おれを擬装殺人できるか」
というメッセージ!

41 :仕置の女3:02/04/30 23:25 ID:rZW3xhNs
>>33
確かにそういった具体的な現場に近い状況証拠がより意味を持つのは
まちがいない。
だから、自分は当時の報道を記憶している人やあるいは関係者の人が
情報を寄せてくれることを期待している。
しかし実際問題そういったバリューの高い情報ほど得られる確立は低いと思う。
だから並行して推理による事件の検証を行わなければならないだろう。
別々の角度から仮説を立てていくことで、やがて仮説と仮説が手を結び
おぼろげながら大きな真相が見えてくることはあると思う。


42 :TEST:02/04/30 23:30 ID:RkNsH46R
僕はドアを開けた。限りなき透明に近いサイゴンで
いったことはなあい。

43 :名無シネマさん:02/05/01 00:58 ID:9YlehE1t
宮元信子さんとコンタクトして!

44 :名無シネマさん:02/05/01 01:01 ID:JA7CE/uI
静かな生活がすき

45 :名無シネマさん:02/05/01 01:04 ID:BIX/VHD/
伊丹十三って、そんなにすごいシネアストだったっけ?
個性と技巧は感じるけど、この監督に関してはハスミの評価は正しかったと思う

46 :名無シネマさん:02/05/01 01:04 ID:jf5H1VNp
たんぽん良かった

47 :名無シネマさん:02/05/01 01:11 ID:PrWermjK
>>45
もともと映画自体を過大評価するなよ
映画というつまらん世界の中では、鶏頭だった

48 :名無シネマさん:02/05/01 01:12 ID:BIX/VHD/
>>47
ハァ? 馬鹿じゃないの?

49 :名無シネマさん:02/05/01 01:15 ID:gFpSBwWA
>>44
イーヨー!

50 :名無シネマさん:02/05/01 01:16 ID:tEmOGYw+
馬鹿にするなエライ奴はこんなとこくんな

51 :新しい人:02/05/01 02:00 ID:WxiEVL0g
「面白い」「面白く無い」は確かにその人の感性の領域に入るから
どうしょうも無いことだけど。(それを議論するのは不毛)

ずーと小さい時から沢山商業映画を見てきた者にすれば
あの当時やはり「マルサの女」はショックであり
いろいろな意味で面白かった。

観客をいかにその映画に引きずり込んで満足させられるか?
いつもそんな事を考えながら作品を作っていた人だと思います。

52 :名無シネマさん:02/05/01 02:09 ID:aruyZ38N
コイツの映画のターゲットって常におばさん、頭の悪いOLだよね。

53 :名無シネマさん:02/05/01 02:29 ID:G4UP/nY2
>>52
後半はね。「あげまん」くらいまでは男性層向けだった気がする

54 :名無シネマさん:02/05/01 03:26 ID:s3EfPU3R
>>27
二人の対談読みたい

55 :名無シネマさん:02/05/01 10:23 ID:ceqWN3Na
「マルサの女」のカメラワークや照明の使い方に、邦画でもここまで
やれるのかと正直吃驚した。
ハリウッド的なストーリーやクライマックスではなく、伊丹風の映画になって
いたというのは、凄いことだと思う。その点独自性があった。
普通のシナリオライターでは書けない趣味人ならではの視点が新鮮だったのです。



56 :名無シネマさん:02/05/01 16:40 ID:3YmC61wZ
衝撃スクープ!!



伊丹十三は生きていた!

57 :某スレよりコピペ:02/05/01 19:20 ID:NguWYY2I
Ж伊丹十三ですが、なにか?Ж(912)

1:名前:伊丹十三:投稿日:84/01/01 13:13
 みなさん、 明けましておめでとうございます。
 今年はね、いよいよ映画をやろうとはりきっています。
 ホンもできています。
 タイトルは『侘び助の初夏』。
 テーマはお葬式です。
 みなさんにも是非見て頂きたいト。
912:名前:伊"丹十"三☆:投稿日:97/12/19 13:13
 みなさん、ごめんなさい。
913:名前:伊丹十三★:投稿日:97/12/20/ 00:13
 >>912
 ププ、正体はわかっていますよ。
 みなさん、今度nhkで「医療廃棄物問題」についてのドキュメントをやります。
 映画の次回作との関連もあり。
 是非御覧頂きたいト。

58 :名無シネマさん:02/05/01 19:35 ID:vixqp/F1
「お葬式」はそれなりに良かったのかも知れないけど、「マルサの女」は
宮本信子らが「ワハハハ!」と笑うカットでどうしようもない古さを
放り出してしまっていたので、こりゃだめだと思った記憶がある。
ストーリーも、それなりに面白かったけどまだまだ浅すぎる、もっと
ドンデンしないと、と思った。

59 :名無シネマさん:02/05/01 20:41 ID:B8CIznZM
「噂の真相」のバックナンバーにくわしく書いてあったぞ。他殺ではないと
しても、自殺に追い込まれた・・・というニュアンスだったと記憶してる。

60 :名無シネマさん:02/05/01 22:04 ID:iQDpVnX6
http://w1.adhost.com/sidetrak/Japanese/shoji28.html

面白い妄想が書いてあるよ‥。何にせよ、フライデーにも少しは責任あるんじゃない?

61 :名無シネマさん:02/05/01 22:34 ID:qWCwwa1k
「パルプフィクション」は伊丹十三の作品。

62 :名無シネマさん:02/05/01 22:41 ID:237CynyY
確か次回作は、OLを主人公にした映画にする筈だったんだよ。
フライデーに掲載された女との写真は、映画構想の為の取材だった
って、言い張ってたんだよな。それなら嘘でもその言い訳を
突き通せば良かったのに・・。絶対自殺するキャラじゃ無いだろ?

63 :  :02/05/01 22:45 ID:2618ECPp
層か板行けばもっと食いつきいいと思うよ(藁

64 :名無シネマさん:02/05/02 00:18 ID:zMKhvhj0
>>60
簡明な良い文だな


65 :名無シネマさん:02/05/02 00:27 ID:gLvdDYeO
カナダでOS10やってるかも知れんので
その古いのあまってんならくれますか?

66 :名無シネマさん:02/05/02 00:28 ID:SjsZdJBF
だから暗殺だってば。



--------------------------終了--------------------------

67 :名無シネマさん:02/05/02 03:39 ID:qFXmw/A+
俳優などの評論もずいぶんはぎれが悪かったり、冷たかったり・・・
元々自殺者には批評めいた意見もあるだろうが、伊丹作品に何度も出てる俳優から酷評されてたり、
大島なんかはワイドショーでもぼろかす言ってたね。不自然なほどに。

68 :名無シネマさん:02/05/02 03:40 ID:vR89Rguf

単純に壮年性のうつ病だったんじゃないですか?
そー思ってますけど…。

69 :名無シネマさん:02/05/02 03:48 ID:Z2SgKw8y
もし暗殺だったら
「スキャンダルで辱めて殺す」とは常とう的
マニュアル通りだ
女の使い方にしろ
仕組んだ人間の頭の悪さ?
残された最新の編集機はどうなったかな?





70 :名無シネマさん:02/05/02 03:50 ID:Z2SgKw8y
万作は病死だっけ?

71 :名無シネマさん:02/05/02 03:51 ID:gLvdDYeO
同郷の人にすれば東京や同郷に対して
あまり良いイメージを持たない事になる事で
つまりあの死後の最近のほれなんだよ。
つまらんなあ。

72 :「人間臨終図鑑」:02/05/02 09:24 ID:qDKKKZux
万作の死
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/k.okamoto/topic/itami.html
肺結核のため、享年46才でした。(十三13才)
昭和21年9月21日午後6時30分。


73 :名無シネマさん:02/05/02 14:14 ID:rBmhGWgU
伊丹十三1997年12月20日死去 享年64歳

ドレミファ娘の血は騒ぐ 〜伊丹十三の死
http://www.ops.dti.ne.jp/~hamakaze/zaregoto/zare013.htm
●伊丹十三の自殺の真相
http://village.infoweb.ne.jp/~fwgj5057/sub64itami.htm
伊丹十三のprojection
http://www.hasegawa.ac/utakata/10itami.html
◆飛降自殺した伊丹十三の痛み?
http://can.ne.jp/news/log/19971221195353.html

74 :ゴルゴ十三:02/05/02 14:26 ID:rBmhGWgU
岸田秀研究室課外掲示板(新)
http://8132.teacup.com/shimakaz/bbs

75 :仕置の女3:02/05/03 23:53 ID:y0ZyZEdd
痴情の現場の証拠を押えて脅迫する…
これは伊丹がマルサ2、ミンボー、マルタイと自作で3度も使った手口だった。
いわば敵の常套手段にはめられてしまったんだよね。


76 :名無シネマさん:02/05/04 00:27 ID:uCE2VSi2
伊丹の死の翌日だったか、大阪市北区兎我野町の珈琲座っていう喫茶店で
オレの後ろの席のヤクザたちが「伊丹もとうとう殺られよったな」って話してたが

77 :名無シネマさん:02/05/04 09:28 ID:rh63WsJL
>>76
ほんまかいな!?

78 :友情出演/桂三枝:02/05/04 09:37 ID:KGwMsanB
フラッシュ編集部も首をかしげる強引な「情事写真の売りこみ」だったらしいし、
売りこんだ女の消息も不明。何より売りこみ時、代理人がいたし、
ほとんど美人局でしょ。

やっぱミンボーの女襲撃時のいやがらせが尾を引いているんじゃないの?

79 :名無シネマさん:02/05/04 10:47 ID:yqBFBRdO
>>75
はめられた自分に絶望した結果、うつ病に陥ったんでしょうか?




80 :仕置の女3:02/05/04 15:42 ID:QqPrEl7N
 http://www.kokusai-tokyo.co.jp/newsland/houdou/7/133-133.html

81 :名探偵明智:02/05/04 16:21 ID:bDbLr/rJ
最期のパソコン画像が犯人ではないか?

82 :名無シネマさん:02/05/04 16:35 ID:4RhgJ9O+
伊丹の映画以外にTVでヤクザの地上げの実態や宗教法人の脱税の実態なんて知る機会があるか?
やっぱ殺されたんで無くとも、実際情事めいた事があったにしても
黒い筋からの加勢はあったんじゃないかなあ。

83 :名探偵明智:02/05/04 16:50 ID:wL5+C4nr
黒い筋でピンと来た。犯人は黒人だな

84 :ygf:02/05/04 21:19 ID:L+VfGQzE
おおあさか阿倍野トポスの交差点の喫茶店で
「とうとう化粧品かわされ」はんくそこでとうとうX

85 :仕置の女3:02/05/05 04:30 ID:i3OOXcCM
>>82
スーパーの女なんてまさしく雪印に始まる食肉ラベル張替え騒動を先取りしていた.
自分的には伊丹監督最高傑作はマルサの女2。
作品としての出来は1には劣るかもしれない。
しかしバブル全盛の時代の作品でありながら、
この映画が取り上げた日本社会の病巣はまさしくその後の
”失われた十年”を産み落とすことになる。
日本の暗い先行きを予見するかのような不気味なラストシーンは今見ると怖すぎ。
見てない人は是非見てほしい。
伊丹の鋭すぎる嗅覚は一部の人間にとって脅威だったに違いない。


86 :名無シネマさん:02/05/05 04:57 ID:h5isxKE9
黒い筋でピンと来た。犯人は黒沢清だな


87 :名無シネマさん:02/05/05 05:06 ID:owhnMnGW
>スーパーの女なんてまさしく雪印に始まる食肉ラベル張替え騒動を先取りしていた.

わかった!
犯人は雪印だ。

88 :名無シネマさん:02/05/05 05:53 ID:l77MqvLP
宮本信子はなんで何にもいわないんだろうか?
893に目をつけられたくないんだろうが
ちょおと、あっさりしてるよね〜。

89 :名無シネマさん:02/05/05 06:06 ID:hlE0T7AH
え?週刊誌に載ったから自殺したんでしょ?

90 :名無シネマさん:02/05/05 06:10 ID:mT7nnXnk
>宮本信子はなんで何にもいわないんだろうか?
893に目をつけられたくないんだろうが
ちょおと、あっさりしてるよね〜。

わかった!
犯人はあの変なオバサンだ!

91 :仕置の女3:02/05/05 06:52 ID:192ikIrN
 http://www.zakzak.co.jp/geino/n_December97/nws1660.html
「今年の正月はどうしようって夫婦で話し合ったばかりだった。
 自殺の動機なんてなかったはず…」
宮本信子は語っている。
もちろん人間突然、鬱になって自殺することもあるだろう。
しかし…
 http://www.zakzak.co.jp/geino/n_December97/nws1665.html
なんと宮本は当日、伊丹の帰宅が遅く、連絡がつかないことから警察に
「事務所を見回ってほしい」と電話していたのである。
自殺の動機は考えられないと言う宮本がこのような電話をかけていた…
つまり宮本は伊丹の身に迫る危険を察知していたと言えるのではないだろうか?

伊丹が消されたとして敵が巨悪であれば、なおさら彼女に告発を求めるのは
酷かもしれない。

92 :名無シネマさん:02/05/05 06:54 ID:eWkHtQkH
登別カルルス

93 :名無シネマさん:02/05/05 23:13 ID:LI1cXykE
ミンボーの女は面白かった。

94 :名無シネマさん:02/05/05 23:40 ID:O1K4Oh6R
遺作のマルタイの女って、当時色々問題になってた宗教問題扱ったんだよね

95 :名無シネマさん:02/05/05 23:44 ID:V3WYAW5t
警察の不祥事が表立って出てきた頃に警察マンセーな映画を作っちまった
からなー、時期が悪かったとしか。次回作は恩を仇で返すような警察の不祥事
ばらす作品とか作って欲しかったよ。

96 :255です。:02/05/05 23:46 ID:3+/b2QMw
鋭く社会の問題をえぐる・・・
 ワンパターンな言い方かもしれんが、まさしくこのとうりの人
だったと思う。
 そんな行動と反比例するように孤独だったのかな・・・

97 :仕置の女3:02/05/06 01:43 ID:zgh2VkHT
 http://www.zakzak.co.jp/geino/n_December97/nws1663.html
”伊丹監督自殺の動機を報じた記事の中で、警視庁が重大な関心を持ち、
 この女性(26歳OL)の背景の洗い出しを始めた”

女性の背景を洗う…やはりスキャンダル騒ぎが何らかの陰謀であると
警察も疑っていたのだろうか?
しかしそれを警察が調べてどうするつもりだろう?
仮にスキャンダルが陰謀だったとしてその罪に問う法はないはずだ。
やはり警察は伊丹の死を自殺と発表しながらその背後に黒いものがあると
踏んでいたのだろうか?
この捜査がどのような経過をたどったか非常に興味はあるが・・・

98 :名無シネマさん:02/05/06 03:59 ID:YEmyzuOR
池田○作は碌な死に方しないだろうな

99 :仕置の女3:02/05/07 00:28 ID:OvCYGjJF
97のフォーカスの記事どなたか記憶にないだろうか?

フォーカスと言えば新潮社
一橋文哉は動いてくれないのだろうか。

100 :名無シネマさん:02/05/07 10:20 ID:OcnWR5Mv
100ゲット!
AGEMAN

101 :名無シネマさん:02/05/07 12:21 ID:FkELiVh+
Shall we dance?のヒットともののけ姫の大ヒットで居場所が無くなったと思っちゃったのかな?

102 :名無シネマさん:02/05/07 12:44 ID:yKCGGoLj
自殺するのに理由があると考えるのは間違ってるよ。
人には、食欲性欲と同じに、自殺欲というものがあるのです。
伊丹監督はそれに従ったのみ。

103 :名無シネマさん:02/05/07 13:18 ID:rAaZ3v3W
>>102
いまだに謀殺説にこだわる人が多いのには驚かされるね。オレは「噂の真相」
が自殺説を出した時点で、謀殺のセンは薄いと思ったよ。面白いネタならな
んでも飛びつく「ウワシン」ですら、謀殺ネタを書かなかった。つまり、警
察・マスコミ内部には、有力な謀殺情報は一切あがっていなかったんだよ。
伊丹の場合、ストレスによる発作的自殺とみるべきと思う。
それよりも、一時は日本映画を制すかと思われた周防正行がなぜか撮れなく
なり、消えるかと思われた黒沢清が世界的評価を得ているという、かつての
伊丹人脈ふたりの人生ゲームの方が興味深いよ。

104 :名無シネマさん:02/05/07 15:59 ID:uaJk7OMJ
>>103

あーのーなー
 黒沢清の「世界的評価」というのは、どの「世界」だ?
 下北沢二丁目の「世界」か、それとも「紀尾井町五番地」の世界か?
 どっちにしても、小さすぎる「世界」じゃ。

しかしな、周防は一般から支持されてるし、アルタミラピクチャーだって
やってるんだぞ。連作して貧打を出さないよう、じっくり作り上げる姿勢は
ああいう映画作家には正しい姿勢だとおもう。

105 :ppp:02/05/07 18:57 ID:5Bn+G4vd
茶色レンガの飯の皿筋でよくやられるあのコ残念だったなあ。台詞忘れたな。

106 :103:02/05/07 21:08 ID:Ub/ju6zr
>>104
>黒沢清の「世界的評価」というのは、どの「世界」だ?
昨年のカンヌで受賞しているし、「ル・モンド」にまで「回路」の撮影ルポが載っ
ている(つまり、「回路」以前から、欧米のインテリ層には受けていた)
公開規模は不明だが、ここ数年の新作は軒並み上映されているはず。むろん、北野武
と同様、大々的な商業的成功にまでは至っていないが、これは非欧米圏映画の宿命
だろう。興行価値としては、大衆映画でもないしね。

>連作して貧打を出さないよう、じっくり作り上げる姿勢
それは違うと思う。「Shall we ダンス?」以後、もう7年だぜ。小栗康平タイプの
アート派志向監督ならいざ知らず、周防のような、エンタテインメント志向の監督は、
もっと頻繁に撮りたいはずだ。少なくとも、森田芳光や金子修介程度の頻度でね。
なんらかの撮れない理由があるのだ。
アルタミラだけど、以前、その周辺にいた人に聞いたのだが、ヒットを出しているにも
関わらず、台所事情は必ずしも良くないらしい。周防もまた、ヒットを出しても報わ
れず、撮る機会もコンスタントに巡ってこない、日本映画界の構造的体質の犠牲者なんだよ。

107 :仕置の女3:02/05/08 00:36 ID:mmj/gTNu
>>102,103
死の直前伊丹がどういう心境だったか、それははっきり言って本人以外
誰も推し量ることは出来ないだろう、たとえノーベル賞作家でも。
だから部外者の立場では客観的に状況証拠を座視し
そこから状況を読み解くしか方法はないのである。
少なくともスキャンダル写真についてはリークによるもの、
つまり何者かに仕組まれたものであると自分は考える。
そしてそれが仕組まれたものであれば
自殺そのものの意味もまったく変わってくるはずだ。


108 :はあ???:02/05/08 01:24 ID:EZYrklyE
106 :103 :02/05/07 21:08 ID:Ub/ju6zr
>>104
>昨年のカンヌで受賞しているし、「ル・モンド」にまで「回路」の撮影ルポが載っ
ている(つまり、「回路」以前から、欧米のインテリ層には受けていた)
公開規模は不明だが、ここ数年の新作は軒並み上映されているはず。むろん、北野武
と同様、大々的な商業的成功にまでは至っていないが、これは非欧米圏映画の宿命
だろう。興行価値としては、大衆映画でもないしね。

それが、あんたにとっての「世界的評価」か?
一部、インテリっぽい映画雑誌に載せられた程度だろうが。
それが「世界的評価」かよ。
以前、北野武の映画がパリで上映していた時期にテレビ局が取材していたけど
劇場はからっぽ。客もはいらず一部マスコミに取り上げられただけで
「世界的評価」とはちゃんちゃらおかしい。
しかも日本でさえも興行的には不発。
「世界」だなんだというまでに、日本の客を満足させる作品をつくれない
監督に、なにを期待するというのだ。


>連作して貧打を出さないよう、じっくり作り上げる姿勢
>それは違うと思う。「Shall we ダンス?」以後、もう7年だぜ。小栗康平タイプの
アート派志向監督ならいざ知らず、周防のような、エンタテインメント志向の監督は、
もっと頻繁に撮りたいはずだ。少なくとも、森田芳光や金子修介程度の頻度でね。
なんらかの撮れない理由があるのだ。

森田のようなすでにダメ監督という評価が定まっている人間や
金子修介のようにのべつ幕なし、毎年撮ることだけが目的の監督と
周防をいっしょにするな。

>アルタミラだけど、以前、その周辺にいた人に聞いたのだが、ヒットを出しているにも
関わらず、台所事情は必ずしも良くないらしい。周防もまた、ヒットを出しても報わ
れず、撮る機会もコンスタントに巡ってこない、日本映画界の構造的体質の犠牲者なんだよ。

「その周辺」とはどの周辺だ? 君のご近所のオバサンが井戸端会議やってたのか(藁
「日本映画の構造的体質の犠牲者」って、なんのことだよ。
逆に、その犠牲者じゃない監督なり映画関係者って存在するのか?
周防だけ被害者であるという証明がなりたつとは思えない。

109 :103:02/05/08 02:44 ID:dZ3EQbhc
>>108
>一部、インテリっぽい映画雑誌に載せられた程度だろうが。
>それが「世界的評価」かよ。
そうだよ(w) いまや、興行的評価以外の、映画の批評的評価なんて、良くも悪
くも、その程度のものさ。ちゃんと「インテリ層には」と書いたじゃないの。
>「世界」だなんだというまでに、日本の客を満足させる作品をつくれない
>監督に、なにを期待するというのだ。
キミの「満足」尺度は、メジャー系ヒットに限定されているみたいだね。それなら、
いま、日本でそれを確実に成し遂げる監督は、宮崎駿だけだろうね。
>森田のようなすでにダメ監督という評価が定まっている人間や
>金子修介のようにのべつ幕なし、毎年撮ることだけが目的の監督と
>周防をいっしょにするな。
別に一緒にはしてないよ。「頻度」としては、あの人たち程度には撮りたいんじゃ
ないかなあ、と言っただけ。
>「その周辺」とはどの周辺だ? 
言えるわけねーだろ。
>周防だけ被害者であるという証明がなりたつとは思えない。
はあ? 「周防だけ被害者」なんて、どこにも書いてないけど。「周防もまた」と
書いてありますけど。

もうちょっと、他人の揚げ足を取るときは、冷静になろうね。

110 :名無シネマさん:02/05/08 14:48 ID:fYYQEmiE
武はフランスでは結構客はいってるほうだよ。
BROTHERはけっこう客はいってた。
俺、ひとあし早く向こうでみる機会あったから。
インテリちゅーか大人が多かった気がする。青年ていうか。


111 :パンピー:02/05/08 14:59 ID:voaEoKlr
黒沢明は知ってるけど清は知らない。
シャルウィーダンスはおもろかった。

112 :名無シネマさん:02/05/08 15:02 ID:8Wj2EitO
清って、大久保清と山下清程度だよね。有名人は。

113 :名無シネマさん:02/05/08 15:27 ID:BpjUV/7o
渥美清・・・

114 :名無シネマさん:02/05/08 15:29 ID:2AzCWLop
クールファイブ

115 :名無シネマさん:02/05/08 15:31 ID:BpjUV/7o
ビートきよし・・・

116 :名無シネマさん:02/05/08 15:44 ID:oG+5oheZ
氷川・・・

117 :名無シネマさん:02/05/08 15:58 ID:oMBA/sqQ
館ひろし・・・

118 :名無シネマさん:02/05/08 16:39 ID:X9HkbhTh
違うからそれ(w・・・

119 :名無シネマさん:02/05/10 12:34 ID:aRugbUYj
隊長!
スレと関係ない話してます!

120 :名無シネマさん:02/05/10 12:50 ID:UT+FqTk7
>>117
それぢゃ「やかたひろし」・・・

121 :名無シネマさん:02/05/10 16:03 ID:MiTZODON
舘ひろしもいいよね。
ああいう歳のとりかたしたいよ。
女房が財閥系の娘なんでしょ。
まったくなあ、計算尽くじゃん。
石原軍団も、渡が死んだら舘の時代か。
頑張れ、峰隆太(ってやめてたんかよっ!)

122 :名無シネマさん:02/05/10 16:18 ID:Tv8tCjve
ひろしって、舘ひろしくらいだよね。有名人は。

123 :名無シネマさん:02/05/10 16:20 ID:ZNOLgyHW
柳生・・・

124 :名無シネマさん:02/05/10 16:24 ID:SVGFCWr3
ひろし&キーボー

125 :名無シネマさん:02/05/10 20:38 ID:VktNWtLt
黒金ヒロシ

126 :名無シネマさん:02/05/10 20:42 ID:LqY+hxd7
横山たかし・ひろし

127 :名無シネマさん:02/05/12 07:39 ID:TPAWOzg2
社会の暗部を作品で暴露していた伊丹監督が、
結局は、私的な暗部を暴露され自死という選択肢
をとったのはとても皮肉な感じがした。

漏れとしては、人間の泥臭さを体現するためにも
生き抜いてほしかった。おそらくこの人のプライド
がそれを許さなかったのだろうが

128 :名無シネマさん:02/05/12 07:43 ID:TPAWOzg2
いつか雑誌に義兄弟の大江健三郎が伊丹監督の
死について書いていたが、批判的とまでは言わない
までも、かなり醒めた文体だったので、なんとも
きまずい思いをした覚えがある。

親戚くらいは庇いあっても良いんじゃないかってね(苦藁

129 :名無シネマさん:02/05/12 09:32 ID:LXv8WI16
大江と伊丹は、かなり仲が悪いんだよ。

伊丹の妹が、大江と結婚する際、自殺するとかいって止めようとしたんだから。
そんで大江と伊丹妹の間にできたのが、「光」。

それみたことか、と伊丹は思ったろうね。
大江の知能を受け継いだ息子が産まれちゃってさ。

130 :名無シネマさん:02/05/16 21:19 ID:/bT7GwSE
陰謀の理論あげ

131 :名無シネマさん:02/05/17 21:50 ID:O/hS7iEW
自殺でしょ

132 :名無シネマさん:02/05/17 22:50 ID:KXgIhGv8
伊丹の自殺?のきっかけになった女性は、こないだ
結婚したんだよ。
事件のあと、普通に会社に就職したし。
コネだったけど。

133 :名無シネマさん:02/05/18 05:29 ID:Yyf7WyLd
もしマルサ女3が作られていたら・・・
不良債権、財界、政治家、ヤクザ・・・

134 :名無シネマさん:02/05/19 03:27 ID:GN0+VtMu
タンポポあげ

135 :公平に見て:02/05/20 00:17 ID:fgdXazte
>>108の負けだな

136 :名無シネマさん:02/05/20 04:21 ID:6Oyg2j+F
しかし、この人ほど見事に映画評論家から手のひら返された人ってあとにも先にもいないだろうね。
俺は大好きなんだけど、ある映画評論家に伊丹十三好きだっていったらそれまで和気あいあいと話していたのにいきなりお前は映画がわかってないとかそんな痛烈なことをいわれたことがあるよ。

137 :名無シネマさん:02/05/20 04:23 ID:6Oyg2j+F
で、そのあと今度は作品のことじゃなくて伊丹十三本人の悪口言いはじめた。みんなから嫌われていたとか、あんなに感じのわるい奴はいなかったとか。
まあ、俺から言わせれば、その評論家の方がよっぽど感じ悪かったし、みんなから嫌われていたんだけどね。



138 :名無シネマさん:02/05/20 05:21 ID:JHUYbzrs
>>135
そうけ?俺は108に同意。
て優香、あんた103?粘着?
何日前のレスに拘ってんの?(pupupu


139 :名無シネマさん:02/05/20 05:42 ID:Y4B23aVC
つーか「伊丹映画好きは素人」ってことは
法律で決まってるし…。

140 :名無シネマさん:02/05/20 06:19 ID:c2spLTuE
>139 罰則は無いよな?

141 :名無シネマさん:02/05/20 06:28 ID:21AHVIdN
>139は痴呆。

142 :公平に見て:02/05/20 15:32 ID:aH7aK6xB
>>138は粘着バカ(pupup

143 :名無シネマさん:02/05/20 20:52 ID:kMBwMlP4
伊丹さんの良さって、邦画だけでなく海外の映画と比べてみても
特殊だと思う。
それだけ独自性があるよね。

「死」「食」「金」「運」「法」「生」「?」「商」「役」
これだけ豊富なテーマで作り続けた監督もいない。
脚本も伊丹が書いていたんで、その点も特色。

次の映画が見たかったね。

144 :名無シネマさん:02/05/21 01:18 ID:ube5gUno
>>142
キモイ・・・。

145 : :02/05/21 01:29 ID:oHS63MhS
「お葬式」「たんぽぽ」「マルサの女」
ここまでだな。
でもこの3本を作ったってだけでもたいしたもんだと思うけどね。
で、死んだ人のことはもういーじゃねーか。
作品を語るならまだしも。

146 :名無シネマさん:02/05/21 01:36 ID:QmxBo+f5
伊丹映画は単純に面白いと思うんだけどなあ。
評論家は深読みし過ぎなんじゃないか?アクが強いから好き嫌いわかれる
と思うし、全国民がマンセーしてるわけじゃないよね。なにが悪いんだろう。
ジブリなんかよりよほど健全だと思うが。

147 :名無シネマさん:02/05/21 01:42 ID:/QMl5+YS
伊丹十三の映画 (20)
http://cocoa.2ch.net/movie/kako/976/976615585.html
黒沢清と伊丹十三の「スウィートホーム」裁判 (107)
http://cocoa.2ch.net/movie/kako/976/976286254.html
伊丹十三は本当はなんで自殺したの? (88)
http://cocoa.2ch.net/movie/kako/979/979229300.html

これでも喰らえ。

148 : :02/05/21 01:49 ID:QTvlP+pB
激しく同意。
漏れも素直に面白いと思うぞ。評論家の言うことなぞ
気にする必要なし!映画は大衆のものなりよ。

149 :名無シネマさん:02/05/21 01:53 ID:qIOh1QZu
「マルサの女」がかなり批判されてたよね。
政府(御上)におもねった作品だと言われて。

あれは、税金とられる庶民が、映画みていくうちに、税金取るほうに
肩入れしてしまう精神状況に変化していってしまう仕組みが面白いと
思うんだけど。
少々、赤がかった映画人たちは、あの税金取りの味方した作品と貶して
いました。

井筒なんかその急先鋒で、てめーの作品のつまらなさ棚に上げて、よく
あの傑作を批判できると思ってましたわ。


150 :ai:02/05/21 01:54 ID:YKE4M+FZ
http://www.vap.co.jp/u-seven/index.html

151 :名無シネマさん:02/05/21 02:17 ID:qgl1f/gW
そういえば虎ノ門でエビスさんが三谷幸喜の「みんなのいえ」をかるーく批判していて、「このままだと伊丹十三みたいになっちゃうよ!」って言ったことがあったなぁ。
ぼくは、おいおい!伊丹十三みたいになるってことはそんなに悪いことなのかよ?って思ったよ。


152 :名無シネマさん:02/05/21 02:23 ID:qgl1f/gW
そうそう、あと「突入せよ!」を小泉首相が見たっていうニュースを見た時、「マルサの女」を中曽根首相が見たことを思い出した。
そのころはまだ小学生だったんで井筒監督が「マルサの女」を同批判したかは知らないんだけど、井筒監督は虎ノ門で「突入せよ!」も見てもいないのに、警察側から描いたようなもん見たくもないわ!みたいなこといってたね。

153 :名無シネマさん:02/05/21 02:27 ID:QmxBo+f5
井筒って一年位前の俺と同レベルのバカだなw

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/21 03:10 ID:2Npzn4ug
>>146
> なにが悪いんだろう。

「これおもしろいでしょ」ってお仕着せがましいところ。
うまいとは思うんだけど、嫌いな部類のセンス。くどいというか。

>>143
エッセイ読んだことある? 「女たちよ」なんか。
ものすごく話題豊富な人だよ。映画のテーマに限らずね。


155 :名無シネマさん:02/05/21 03:25 ID:mVKLkP/a
つーか別に葬式とか税金のマメ知識なんか映画で見たくないし。
コイツって心の底から描きたいものがなにも無かったんだろうね。
それって作家として絶望的に安いよね。

156 :名無シネマさん:02/05/21 03:28 ID:QmxBo+f5
わかった風なこと抜かすな。伊丹は娯楽監督なんだよ、作家じゃない。
だいたいお葬式とマルサはマメ知識の映画じゃない。

157 :げら:02/05/21 04:05 ID:/QMl5+YS
>>156
わかった風な口をきいていたのは、伊丹だね(w
蓮實にあんだけ吹いてた割に、出来た映画があの程度だもんな( ´,_ゝ`)
だから当時みんな馬鹿にしたんだよ。
作家かどうかなんてどうでもいいし。
そそ、確かにお葬式もマルサも映画ですらないよねー(w

158 :名無シネマさん:02/05/21 04:32 ID:rLbqluLL
>>157
煽りっぽいからあんまり反応しない方がいいんだろうけど、ちょっとだけ反論させてもらうと、
>当時みんな馬鹿にした
ってのは明らかにおかしいと思うな。
だって映画は興業的に大ヒットしたわけでしょ。日本アカデミー賞はじめ映画賞総ナメにもしたわけでしょ。
興業的なものなんて前売り券制度がどうだとか、映画賞なんて周りの人の意向によって決められてるだけだとか揚げ足とられるかもしれないけどさ。
でもそりゃ蓮実やその他の評論家や監督とかの一部の人は馬鹿にしたかもしれないけど、少なくとも「みんな」が馬鹿にしていたわけではないと思う。

159 :名無シネマさん:02/05/21 04:39 ID:rLbqluLL
仮にみんな馬鹿にしていたのなら興業的には大コケ、映画賞なんてかすりもしなかったと思う。バブルのころに星の数ほどでた秋元康やガッツ石松のような異業種監督のようにね。

あと
>映画ですらない
ってのもむずかしい言葉だよね。考えようによっては誉め言葉にもとれるし。
比較の対象があれだけど、モーニング娘もあんなの音楽じゃないとかよく批判されるけど、じゃあ音楽ってなんなんだ!っていつも疑問に思っちゃうよ。
で、そういうひ批判する人にじゃあお前の考える最高の音楽は?って聞くと、大抵ミスチルとか言われたりしてがっくりくるんだよ。

長文すいませんでした。

160 :名無シネマさん:02/05/21 04:42 ID:i8awIwSz
>158
いや、これは「煽り」ではないと思うぞ。
157のいいたい「みんな」というのは「映画」をみたい人間のことを
さしているとおもわれ。
伊丹の映画はマルサ以降からは完璧なるうんちくたれになってしまった。
ようするにあの人は完全なるブルジョワなんだよ。著作を見ればわかる。
大衆っていうものはこんなもんでしょ、って手慰みに作ったものが予想
の外大当たりしてしまって、ついにはそれに呑み込まれてしまったのでは?
マルサ2からは民主主義の旗手みたいなもちあげられかたまでしてたし。

自分でもそういう自分にだいぶ嫌気がさしていたのではないだろうか。
晩年の漏れ聞くやさぐれっぷりからするとだいぶすさんでいたらしいし。

161 :名無シネマさん:02/05/21 04:47 ID:i8awIwSz
>映画ですらない
>ってのもむずかしい言葉だよね。
>じゃあ音楽ってなんなんだ!っていつも疑問に思っちゃうよ。

洞窟にしか住んだことのない人間に掘っ立て小屋を見せても彼らは宮殿
だと思うだろう、という言葉がある。
伊丹の映画をみて「娯楽」だと思う人間は、まさにそれなんだよ。
どんなに言葉をつらねて説明しても本物をみたことのない人間には宮殿
のなんたるかは理解できないだろう。

162 :名無シネマさん:02/05/21 04:57 ID:zOoiyRi/

なんにせよ、クソ井筒のゴミ作品に比べれば天と地ほどの差があるね。
井筒の作品見て喜んでるゴミの気がしれないな(w

163 :名無シネマさん:02/05/21 06:17 ID:/QMl5+YS
こんなとこで映画史がどうちゃらおっぱじめてもしゃーないし、
伊丹映画好きな輩なんぞ勝手にしてくれ。
伊丹は自分を認めて欲しいばっかりに、大言壮語してたわけで、
ほんなら自分の言葉にケツもてよ、と。
結局、死んじまったんだから、まぁいいか、と。
そんだけのことです。

あと、好き勝手出来た伊丹と
プログラムピクチャー作ってた井筒と比べるのは
ナンセンスとちがいますか。
こんなんと比べても勝ち誇れんて。っつうか良い勝負なんか?(w

164 :名無シネマさん:02/05/21 06:35 ID:WW16/6Mg
すいませんが、おととい放送されたタンポポの、
CMとの合間に流れたクラシックっぽい音楽はなんて言うんですか?

165 :164:02/05/21 07:56 ID:WW16/6Mg
ミーミーレソーーミドラドレミーって感じなんですが・・・
→ → ↓↑  ↓↓↓↑↑↑

166 :名無シネマさん:02/05/21 10:23 ID:C3LdNt1F
井筒の味は、たぶん暴力なり徹底したリアルナンセンス。
でもそれは、いまでは三池の独壇場になっており、井筒の出番がない。
だから、テレビの仕事でふやけてる。

プログラムピクチャーったって、「トラブルバスター」あたりまで。
Vシネでいくつか撮ってるけど、役者がそれなりに良いのに作品としては
ヒットしなかった。もちろんVシネでヒットというには、連続して作られると
いう意味で。

十年以上、監督業やってきて、いまだに「井筒ならではの映画」という色合いが
ない。ここが伊丹と大きく違うところだね。
この前、一六タルトをはじめて食べたよ。美味しかった。

167 :名無シネマさん:02/05/21 13:16 ID:J4S8pyCK
井筒はねえ、ピンク映画時代の「赤い復讐・暴姦」っていうのが大傑作だよ。
脚本は西岡琢也で、下元史朗と大杉レン(字が変換されない)が主演のヤツ。
全場面が、1シーン/1カット。
どのカットでも、カメラは同じ方向(左から右)&同じ速度で横移動して、
しかもアングルは常に水平方向。更には、全カットを通じて、
人が画面から見切れた瞬間にカット替わり、で統一されているという、
小津もビックリのとんでもない実験的手法で貫かれた作品だった。
内容は本格的ハードボイルド(セリフも極端に少ない)だったけど、
暴力場面はそんなにハードじゃなくて、むしろ叙情的。
ラストは、「さよなら」という字幕が、やはり同じ速度で横移動して、
見切れた時点でエンディング。
井筒を暴力&ナンセンスの作家だとするのは、早計だと思う。

168 :167:02/05/21 13:26 ID:J4S8pyCK
あ、ゴメン。1シーン/1カットではなかった・・・。
なにしろ見たのは20年前だったので、ちょっと記憶がアヤフヤ。
でも、本当に傑作だよ。友達と一緒に、
併映の作品(たしか美保純主演作)目当てで劇場に行ったんだけど、
この作品が終わってから、その友達と顔を見合わせ、
「何なんだ、こりゃ!」と叫び合った記憶がある。


169 :名無シネマさん:02/05/21 13:47 ID:R8BXEDBo
>>167
まあ、とりあえず井筒は映像にはかなりこだわって撮っているよね。

170 : :02/05/21 13:51 ID:2S9cQKeY
井筒は素人同然の役者を使うので見ててちょっと辛いなあ。岸和田も名作
とよく聞くので見てみたが途中で耐えれなかった。

171 :名無シネマさん:02/05/21 14:31 ID:GUwNOUGB
>>167
それは観たいなぁ…。僕、昔に井筒さんと少しばかりお話する機会があって
その時は「過去の作品は若気の至りですから」なんて照れていらしたけれど
『足の裏から冥王星まで』なんていう劇団維新派のドキュメンタリーも
撮っていたんですってね…。しかしどっかの劇場が今の井筒(頻繁なテレビ
出演)の妙な人気に乗じて、過去作品の一気上映ってのを企画して欲しい
なぁ…。

172 :167:02/05/21 14:46 ID:J4S8pyCK
なんか、さっき書き込みした後に、懐かしくなって、次々と思い出した。
「赤い復讐」を見たのは、本当は、蒲田の商店街の奥にあった劇場で、
4本立て。他の3本は、やはり井筒の「色情女狩り」、
若松孝二の「水のないプール」、
それにあの歴史的作品「ザ・オナニー」という凄い組み合わせだった!
家に帰ってテレビのスイッチを入れたら、
「詩人の寺山修司氏が死去しました」というニュースが流れていた・・。

伊丹とは何の関係もない話で、ゴメンなさい・・。


173 :名無シネマさん:02/05/21 15:16 ID:8wv5bgUk
>>172
いや、いい話じゃないですか。それは忘れがたい83年の思い出ですね。
僕はその当時高校生だったから、とても井筒のピンクを観れる情況では
なかったなぁ。せいぜい背伸びして観たのは、ゴダールの『パッション』
くらいのものでした。

174 :名無シネマさん:02/05/21 15:36 ID:bNFBFiMr
伊丹スレとは思えぬ展開であるが……

そのコヤは「蒲田アポロ」か? >172

175 :167:02/05/21 16:24 ID:J4S8pyCK
そうそう、蒲田アポロてした! 脱線の連続、ゴメンなさい。
伊丹の話題に、戻りましょう・・。

176 :名無シネマさん:02/05/21 16:49 ID:0P/iKK/k
これだから井筒バカファンは、低脳なんだよ。
場所柄をわきまえろ。スレ違いだぜ。

177 :名無シネマさん:02/05/21 17:40 ID:GZQlFE3k
>>176
いちいちウルセェんだよ、オメエは!ドあほ!!
>>175が文末に軌道修正してんだから、オメエが伊丹ネタを振れば
いいだけのハナシだろーが!

178 :名無シネマさん:02/05/21 17:49 ID:bNFBFiMr
この間CX系列でやった「タンポポ」は画質が超悪で残念でした。

179 :名無シネマさん:02/05/21 17:51 ID:J4S8pyCK
さて、伊丹の話題に戻りましょう。
最後に撮ったドキュメンタリーのことがもっと話題になっても良い気がするんですけど。
僕は見てないんですよね・・・。
どこかで、見る機会はないものでしょうか?
見た人、内容について紹介してくださいよ。

180 :名無シネマさん:02/05/21 23:27 ID:SgEdJgtf
医療廃棄物を扱ったドキュメンタリーだったな。
詳しい内容はあんまし覚えてないや。
「大病人」では描きれなかったこと、そこからはこぼれ落ちてしまったものを追求しようと思ったとか本人が言ってたような。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/21 23:32 ID:2Npzn4ug
>>160
> ようするにあの人は完全なるブルジョワなんだよ。著作を見ればわかる。

伊丹万作の息子だから、
「サラブレッド」として恵まれた俳優生活送ったのは確かだろうけど、
戦後に父親を失ったから、結構苦労してるよ。
黒沢のスクリプターだった野上照代の「天気待ち」読んでみなよ。

昔のエッセイは、軽薄なスノッブを楽しんでいるつもりで実は翻弄されてる風。

>>166
> 十年以上、監督業やってきて、いまだに「井筒ならではの映画」という色合いが
> ない。ここが伊丹と大きく違うところだね。

ええっ!「ガキ帝国」なんて一つのジャンル作ったよ?


182 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/22 00:04 ID:hZw2dTv5
とにかく「差別」を面白おかしく描いたのがいけなかったのかな
世の中には、好きでヤクザになったわけじゃない、在日とかその他の理由で
まともな職業に就けず、やむをえずヤクザにしかなれなかった人間だっている
それをあそこまでおちょくってしまっては、そら狙われるだろ


183 :名無シネマさん:02/05/22 00:12 ID:BltPQq5U
>>182
仕方なくヤクザになった?DQNらしい言い訳だな(w
そんな馬鹿げたヨタ話を差別と結びつける貴様の方がよっぽど不謹慎だ。ゴミめ。

184 :名無シネマさん:02/05/22 00:18 ID:LpcHJi5P
>世の中には、好きでヤクザになったわけじゃない、在日とかその他の理由で
>まともな職業に就けず、やむをえずヤクザにしかなれなかった人間だっている

そんな暴論、ひさびさに聞いたな。
だからって、ヤクザがゆるされる存在だとはいえない。
犯罪起こしてもしかたないと言えるのか、おめーは?

ヤクザやってる奴は、みんな死刑にしていいんだよ。
あいつら、人間のくず。
真面目に働いている人の尊厳をおかして、暴力を背景に大金を脅し取る
犯罪集団は、そっこく死刑にすべし。

ヤクザを擁護する井筒も、一緒に死刑にせよ。

185 :名無シネマさん:02/05/22 00:19 ID:ss/7TtMA
>182
あなたは、無意識のうちにヤクザ差別をしている。
はっきりと明確な差別意識を持っていた伊丹を、批判する権利はない!

186 :名無シネマさん:02/05/22 00:27 ID:BzmnGp0l
>>180
それって、当時のニュースステーションが伊丹に取材してなかったっけ?
次作は何を?と問われて、伊丹が注射針とかの廃棄現場を指し示して、
この酷い状況を撮りたいと思います、とか答えてたよーな記憶があるなぁ…

187 :名無シネマさん:02/05/22 00:36 ID:EEBnnsVl
オイオイ。
184の考え方はどうなんだ。
社会からおちこぼれちゃう層ってのは未来永劫なくならいわけでさ。
そういう人間がやくざになったりするんでしょ。
それを許すか許さないかなんてお前が決めることじゃないよ。
こんな暴論もあまり聞かないねぇ。
それとここで井筒批判してる馬鹿はひとり?
キティに何言ってもしょーがねぇけど、煽っとく。

188 :名無シネマさん:02/05/22 00:41 ID:g3eePkQk
オイオイ。
187の考え方はどうなんだ。
2ちゃんねるからおちこぼれちゃう層ってのは未来永劫なくならいわけでさ。
そういう人間が荒らしになったりするんでしょ。
それを許すか許さないかなんてお前が決めることじゃないよ。
こんな暴論もあまり聞かないねぇ。
それとここで>>184批判してる馬鹿はひとり?
キティに何言ってもしょーがねぇけど、煽っとく。

189 :名無シネマさん:02/05/22 01:16 ID:jHFAlHmP
185 :名無シネマさん :02/05/22 00:19 ID:ss/7TtMA
>182
あなたは、無意識のうちにヤクザ差別をしている。


差別じゃないよ。区別だよ。
男と女、大人と子供、堅気とヤクザ。違うのは当然。
もちろん犯罪集団としてのヤクザの存在理由など認められない。


190 :名無シネマさん:02/05/22 01:22 ID:EEBnnsVl
馬鹿相手にした俺が悪かった。

191 :名無シネマさん:02/05/22 01:23 ID:3u00Utgo
日本は事実上裁判システムが機能不全に陥ってるので、
弁護士の役割をヤクザが代わりにやってる。

192 :名無シネマさん:02/05/22 01:24 ID:g3eePkQk


中卒ドキュソは基本的人権を制限されるべきだと思う。
「区別」の名のもとに。



193 :名無シネマさん:02/05/22 01:39 ID:ss/7TtMA
とりあえず、映画の話題に戻す、という意味で、

>181
「ガキ帝国」がひとつのジャンルを作ったというのは誤りではないでしょうか。
あれは太陽族映画とか「けんかえれじい」とか「鳴呼!花の応援団」などの、
旧日活の不良少年喧嘩映画路線の影響下にある作品だったように思えます。

194 :名無シネマさん:02/05/22 01:44 ID:JZ30fXxz
あなた方、そして俺の中にある人を裁く心が絶えることのない犯罪や
戦争やテロや暴力、いじめ、自殺を日々、生み出しているのではないか?

意識する、しないに関わらず、心の内にも社会にも闇というものは
存在する。それは今の人間の意識のレベルに見合ったものだろう。

ヤクザという社会の闇に耐えられなかった伊丹さんは
おそらく自分の心の闇にも耐えられなかったのではないだろうか。

195 :名無シネマさん:02/05/22 01:51 ID:jHFAlHmP
人間の一部には、生まれつき犯罪をおかしやすい性質のものも
いるのです。持って産まれた犯罪気質。
それらの危険人物たちを、人権、平等の美名のもとに、好き勝手にさせて
いいのだろうか?
彼ら犯罪者たちにより、金品だけでなく人命まで奪われた普通の人たちは
数多い。その人達の人権は、犯罪者たちによって奪われたのです。

ヤクザになるような人間は、もともと法律を守ろうという意識がありません。
そういう人たちに、法律を守り、税金を払い、自分の責任を果たしている人たち
と同等に扱うのは間違っています。

196 :名無シネマさん:02/05/22 01:56 ID:ss/7TtMA
そういう話題は、人権板あたりでやってください!

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/22 01:58 ID:hZw2dTv5
大江健三郎(松山中学の同級生で、伊丹十三の妹と結婚したから義理の弟)の
作品を映画化した「静かな生活」には誰も触れないのね
まあ、どうでもいい映画か
「マルタイの女」では、明らかに創価学会をモデルにしている
あれはヤバ過ぎた


198 :名無シネマさん:02/05/22 04:48 ID:UolpNVnP
市川昆監督がある雑誌でインタビューしていたんだけど、伊丹氏から「お葬式」の脚本を渡されて監督を頼んだらしいね。
でも市川監督がせっかくだから君が自分でやった方がいいんじゃないの?って言ったので自分でやることにしたらしい。

それをふまえてみると、この二人ってちょっとだけ似ているところがありますよね。
ハイアベレージで撮り続けていたところとか、わかりやすいお話とか、ちょっとくどめのカット割りとかヒット作多し、とか。



199 :名無シネマさん:02/05/22 05:26 ID:xv/Y2vX4
>164 :名無シネマさん :02/05/21 06:35 ID:WW16/6Mg
>すいませんが、おととい放送されたタンポポの、
>CMとの合間に流れたクラシックっぽい音楽はなんて言うんですか?

>165 :164 :02/05/21 07:56 ID:WW16/6Mg
>ミーミーレソーーミドラドレミーって感じなんですが・・・
>→ → ↓↑  ↓↓↓↑↑↑

確かリストの交響詩「プレリュード(前奏曲)」だったと思う。
劇中でも使われてたから流用したのだろう。
ちなみに音のピッチがおかしかったね。
TV放送なのに音の変なママ使ういい加減さに呆れた。



200 :名無シネマさん:02/05/22 10:29 ID:ss/7TtMA
伊丹って、オクラ企画の話も残ってるよね。
松田優作主演「大いなる助走」とか、池端俊策脚本「イエスの箱舟」とか。
後者はビートたけし主演でTVドラマになったけど。

201 :名無シネマさん:02/05/22 10:53 ID:cBEx/XGS
>>200
「大いなる助走」は佐藤浩市主演でドラマにはなった
しかし伊丹だったらもっとえげつなかったかも
特に、ホモの審査員にケツの穴を捧げるところとか


202 :名無シネマさん:02/05/22 12:07 ID:sKfAhiP3
ハリウッドで「マルサの女」リメイクするっていう話しはどうなったんだろ。
伊丹ご健在のころの話題だけど。

203 :名無シネマさん:02/05/22 12:14 ID:dYK2Xm4L
>>155
俺も前から思ってた。映画監督としての手腕はかなり疑問。
ラーメン屋、葬儀屋、マルサ、スーパー、
どの作品も扱う題材が違うだけで内容は同じ。
これなら日テレの「スーパーTV」の方がまだマシ。
演出も宮本信子がてんやわんやしてるのを周りが状況説明してるだけで、
全く画で内容を語ってない(語れない)。
漫画家の話で申し訳ないけど、鳥山明が昔言ってたよ
「漫画は言葉で説明しているようではダメ」
映画も基本は同じだと思うんだけど?

ついでに悪い意味で代り映えしない面子もどうかと思う。

204 :名無シネマさん:02/05/22 12:44 ID:sKfAhiP3
鳥山明が、なんで引用されるんだよ!

205 :名無シネマさん:02/05/22 12:55 ID:sMzX+kQT
おい、204。おまえ、修辞がわからんのか?
公共の場に出入りできる読解力を身につけてから来い。


206 :名無シネマさん:02/05/22 13:06 ID:ZlXiTLG5
でも日本映画でこいつよりポピュラリティーあるもん撮れるのってパヤオぐれえしかいねえじゃん。

207 :名無シネマさん:02/05/22 13:39 ID:sKfAhiP3
修辞だって、あれが修辞だって(ぷぷっ

208 :名無シネマさん:02/05/22 15:44 ID:WCWh9p5A
女寅さんを目指したのかしらんけど、
〜女をシリーズ化するしかなかったんだもな。
生きてたらさらにとるにたらない映画をいぱーいつくったと見た(w

209 :名無シネマさん:02/05/22 15:49 ID:TlaEkNeX
>女寅さんを目指したのかしらんけど、

あんな女の、どこが寅さんなんだ? ヴォケ
知能テストうけてみろや。特殊学級はいっとけ。

210 :名無シネマさん:02/05/22 15:53 ID:hrd/2JUQ
寅さん
つまんねー
>>209
もっとつまんねーー(藁!!

211 :名無シネマさん:02/05/22 17:31 ID:NMgfgijr
知能テストやら特殊学級やらいちいち差別的な表現がお好みなようで。
伊丹フォロワーって痛いね(藁

212 :99:02/05/22 17:31 ID:JwrDhZy0
-------風俗の総合商社・MTTどこでも-------

〇デリバリーヘルス〇デートクラブ〇女性専用ホストクラブ〇
〇ハードSM奴隷クラブ〇レズビアン倶楽部〇ホモ・オカマ倶楽部
〇変態痴女と遊ぶ会〇痴漢・覗き趣味の会〇変態同好会・各種!
●楽しく遊べます! 090-8002-8356番
-----------美男・美女会員など多数在籍中-----------
  http://www.mttdocomo.jp/
-----女性アルバイト随時募集・高収入(日払い)月100万円可能-----
-----レズビアン・スタッフ●ホモスタッフ●女性専用ホストスタッフ同募-----
http://www.mttdocomo.jp/


213 :名無シネマさん:02/05/22 18:17 ID:F4aiuOKW
>>203
少し反論
>全く画で内容を語ってない(語れない)
これむしろ逆だと思うな。
周防監督の撮った「マルサの女をマルサする」と「マルサの女2をマルサする」を見るとわかると思うけど、むしろ画が説明的すぎるんだよね。
あまりにも一つの画にゴタゴタといろいろなものをつめこみすぎているからクドくなちゃっているんだよ。わざとキャラクターを際だたせるために顔に傷つけたり足を不自由にしたりね。
他にも「マルサの女日記」とか「大病人日記」とか読むと画で語るということに関してはちゃんと独自の考えは持っていたんだよ。いかにテレビ的というものから遠ざかるかとね。
ただ結果としてそれがあまり画面に反映されていないんだよなぁ。なんか画面が下品になっちゃてるんだよね。


214 :これが修辞です!:02/05/22 18:29 ID:WlYTDLxG
210 名前:名無シネマさん :02/05/22 15:53 ID:hrd/2JUQ
寅さん
つまんねー
>>209
もっとつまんねーー(藁!!

215 :名無シネマさん:02/05/22 18:32 ID:F4aiuOKW
>>203
>どの作品も扱う題材が違うだけで内容は同じ
これってそんなに悪いことなのかな。
揚げ足を取るような言い方かもしれないけど、小津安二郎にしても神代辰己にしても若松孝二にしても山田洋二にしても矢口史靖にしても橋口亮輔にしてもそれは当てはまると思うんですよ。
だからといって小津や神代と伊丹を同列にするわけではないんだけど。
要は、一つのスタイルをマルサ辺りで伊丹は見つけたからあとはそれを発展させる方に力を注いでいたんだと思う。新しいスタイルを見つけるよりも一つのスタイルをいかに究められるか、と。
ものすごい好意的な解釈だけどね。

216 :164:02/05/22 18:37 ID:3u00Utgo
>>199
そう、それです!(感激) 図書館で借りて確認しました。
本編の方は所々しか見てなかったんですが、
あのトランペットっぽい音が耳の残ってしまって・・・
これで胸の支えがおりました。
どうもありがとうございました。


217 :名無シネマさん:02/05/22 18:47 ID:F4aiuOKW
>ついでに悪い意味で代わり映えしない面子もどうかと思う。

これには同意。
もう少しいろいろな人を試して欲しかったね。

218 :200:02/05/22 20:12 ID:ss/7TtMA
>201
佐藤浩市主演「大いなる助走」は、伊丹企画のモノとはまったくの別物。
「イエスの箱舟」の場合は、元の脚本の骨子が一部生きてるらしいです。
この話、池端俊策脚本集の巻末の解説インタビューに、
差し触りのない程度に載ってます。
企画が頓挫したのは、伊丹と千石イエスが宗教論を戦わせてる間に、
怒鳴りあいの喧嘩になってしまったからだとか。

あと、ロイ・シャイダー主演で、自動車ビジネス戦争を題材にして、
日米合作映画を撮るっていう話もありましたね。
アメリカ進出の第1弾になるはずだったんだけど・・・。

219 :203 :02/05/22 20:20 ID:dYK2Xm4L
>>213
丁寧なレス有難うございます。
なるほど……次は違う視点から見ることが出来そうです。
幾つか資料を挙げて頂いたので機会があったら見たいと思います。

念のために書いておきますが作品自体ツマらないとは思ってません。
ですから217でご自身も語られているように、
もっと違ったキャストで面白い映画を作れたんではないかと……。
あのスタイルについては、他の定番スタイルを持った監督達に比べて
どうもネガティブに捉えてしまいます。あの定番さ加減がマイナスに作用して
「わざわざ観に行く程でもないし、金を払うまでもない」と思ってしまうのです。

ナマイキ言ってすいません。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/22 22:29 ID:x1lEEgP/
>>218
> あと、ロイ・シャイダー主演で、自動車ビジネス戦争を題材にして、
> 日米合作映画を撮るっていう話もありましたね。
> アメリカ進出の第1弾になるはずだったんだけど・・・。

ああ、これはもしかしたら面白いかもね。

ハリウッドでやると、伊丹臭さが抜けるかもね。
一人で考えすぎるのが悪いところだと思うから。

221 :名無シネマさん:02/05/23 02:36 ID:iEPtmufo
>>219
「マルサの女をマルサする」は必見だよ。伊丹自身も映画をつくる現場そのものがまさに映画だっていってたしね。
他にもいろいろとメイキングを見てきたけどこれは最高のメイキングだと思うよ。周防監督の才能がよくわかる。
ついでに「マルサの女日記」も併せて読んだあとに「マルサの女」本編を見るといろいろなところが見えてきてすごく楽しいし、おもしろい。
「マルサの女をマルサする」のパッケージ裏にはたしか「これで君も映画がつくれる、、、かどうかはわかりませんが、少なくとも評論家ぐらいにはなれます」って書いてあって、
見終わったあと本当に俺にも映画がつくれるんじゃないかなんて勘違いしそうになったよ。



222 :名無シネマさん:02/05/23 02:41 ID:oxcn6ptr
伊丹がいま生きているとしたらどんな映画を撮ってほしい?
とりあえず「外務省の女」とか


223 :名無シネマさん:02/05/23 02:44 ID:L2xNJFO9
自殺じゃないだろ?

224 :名無シネマさん:02/05/23 02:46 ID:VnQ9+A85
映画のメカニカルな部分に興味ある人は
伊丹映画の初期作品って面白いと思うんだけどね。
市川コン(この字出ないんだな)も同じ。
どう撮るか、撮った画をどうつなぐか、だけに心血そそぐってーか。
映画誕生の頃の面白さってーかさ、そういう部分。
そういう仕掛けを楽しまない見方するとツマンナイかもしんないよね。
どっちもありだと思うんだけどさ。

225 :名無シネマさん:02/05/23 02:48 ID:r4B8c7Pm
「山崎幹事長の女」

なんかネタスレになりつつある?

226 :名無シネマさん:02/05/23 02:52 ID:umpbFJl/
この前テレビでやったタンポポはやっぱりテレビ局が昨今のラーメンブームも皮算用に入れて放送したんでしょうね。
どれくらい視聴率とれたのかな。
昔10年ぐらい前に新聞で「伊丹作品は視聴率の取れるドル箱」みたいな記事が載っていたんだよ。
けっこう見た人多いんじゃないかと思うけどね。僕もたまたま入った定食屋のテレビでやってたからつい見ちゃったよ。


227 :名無シネマさん:02/05/23 04:08 ID:3F02zT0T
それにしてはちょっと遅くない?ラーメンブームなんかとっくに過ぎたし。
ドル箱とかいうわりには大して放映されてないと思う。

228 :名無シネマさん:02/05/23 04:25 ID:PBuvyBdH
>>227
いや、実際伊丹十三作品のテレビ放映が高い視聴率を取っていた時期はあったんだよ。バブルが弾ける前だから90年頃だったかな。
その頃には本当に頻繁に放送されていて平気で30%とかとっていた。
ちなみに7、8年前は釣りバカ日誌がドル箱だったよね。何年か忘れたけど、年間視聴率ベスト5とかの映画部門で5作品中4つぐらい釣りバカシリーズだったよ。

ラーメンブームが過ぎたかどうかは正直わからないけど、1ヶ月前ぐらいに日本テレビでやったラーメン99って番組は裏のサッカー日本代表の数字を上回ったよ。
ブームの余波としてかもしれないけど。
だから俺もおそらくタンポポそこそこ数字とったと思うけどね。

229 :名無シネマさん:02/05/23 04:38 ID:BnfiCsbT
タンポポの視聴率、14.1 % だと。

流石に飽きられてきたな。


230 :名無シネマさん:02/05/23 04:39 ID:eZqfL43d
民放見てるやつなんて終わってないか?
視聴率気にするのはテレビ屋くらいだろ・・・

231 :名無シネマさん:02/05/23 12:06 ID:7CVtyntH
「たんぽぽ」のおかげで、あの晩ラーメン屋が混雑してたよ。

232 :名無シネマさん:02/05/23 15:51 ID:WTepbZhs
渡辺謙が若くてかっこよかったな
今は借金かかえてるけど


233 :名無シネマさん:02/05/23 23:55 ID:u1cAnH1w
>>230
へー、あんたNHKしか見ないの?

234 :名無シネマさん:02/05/24 00:51 ID:+rBv/Y6/
民放みてます。
ぼくは終わってます。
これでなにか?

235 :名無シネマさん:02/05/24 00:53 ID:lrnwwg2r
BS観たいけど親が許してくれないのれす。
確かに民放は終わってます。CINEMA大好き復活してほしいな。

236 :名無シネマさん:02/05/24 00:57 ID:ybtY3Hns
CSととかケーブルとかあるけど、
民放以外NHKしか思いつかない233は悲しいかな田舎モノ。

237 :名無シネマさん:02/05/24 01:22 ID:+rBv/Y6/
田舎のほうが、光ケーブルのチャンネルとか普及している場合があるよ。
たんなる貧乏人さんと決めつけましょう。

238 :名無シネマさん:02/05/24 01:59 ID:S1AK9+u7
民放って、民間放送の略だろ。
WOWOWもCSのチャンネルも民間放送なのでは?

何か俺間違ってるか?

239 :名無シネマさん:02/05/24 02:19 ID:8aAwdyju
民放を見ない230さんて本当に素敵!(はあと

240 :名無シネマさん:02/05/24 02:55 ID:E6nTsmM5
で、死の謎はいまだ解けずか・・・

241 :名無シネマさん:02/05/24 21:37 ID:mURH2lxR
死の謎って、飛び降りたんでしょ。墜落死。

242 :名無シネマさん:02/05/25 03:15 ID:7OcXOMbe
突き落とされた可能性

243 :名無シネマさん:02/05/25 03:16 ID:7OcXOMbe
自殺と見せかけた突き落としが得意な教団

244 :名無シネマさん:02/05/25 03:18 ID:k0nf/FQI
実はまだ生きている罠

245 :名無シネマさん:02/05/25 04:10 ID:eJvl4r87
もっと俳優としてのこの人を見たかったよ。
「細雪」とか「家族ゲーム」大好きだったのに。

246 :名無シネマさん:02/05/25 10:18 ID:X1orMcZK
北京の55日、見なさい

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/25 12:02 ID:0lw1OxWA
ルリルリと共演の「執炎」も見なさい。
http://www.jmdb.ne.jp/1964/cn003290.htm

この人オーソン・ウェルズの真似してよく変装してましたな。
テレビドラマの時はムチャクチャしてた…

248 :名無シネマさん:02/05/25 23:59 ID:X1orMcZK
増村の「偽大学生」と、大島渚の「日本春歌考」もね。

249 :名無シネマさん:02/05/26 01:51 ID:qrdTPDG5


「おとうと」も忘れるな



250 :名無シネマさん:02/05/26 15:02 ID:XCpgsIWR
「妹」も忘れないで

251 :名無シネマさん:02/05/26 15:24 ID:VQDWufXG

伊丹十三はコテコテの関西人なのでしょうか?

252 :名無シネマさん:02/05/26 15:29 ID:rjpEuV/q
老境にさしかかり鬱→死のダイブ→再生

253 :名無しシネマさん:02/05/26 15:49 ID:mFx3mXcS
黒沢の「ドレミファ娘の血は騒ぐ」もな。

254 :他殺:02/05/26 19:59 ID:AY4XSjPP
やっぱり、そーか

255 :名無シネマさん:02/05/26 20:01 ID:GdUK3d+f
>>251
京都生まれなのに(親父も映画監督)、なぜか松山中学
疎開でもしてたんですか?


256 :名無シネマさん:02/05/26 20:14 ID:oLQQBQVg
戦時中、京都は食糧難。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/26 20:15 ID:6vuRECyn
>>255
親父の実家があったはず。
伊丹万作の碑が松山に出来た時の話が、野上照代の「天気待ち」にある。

258 :名無シネマさん:02/05/26 22:06 ID:75l1NI9S
松山中学って、あの「坊ちゃん」の?

259 :名無シネマさん:02/05/26 22:35 ID:oLQQBQVg
万作は結核で療養生活にはいったんだよね。
それで四国行きしたんじゃないの。

260 :名無シネマさん:02/05/27 23:54 ID:v1aPqAXV
>>258
その通り(現在は松山東高校)
伊丹十三と大江健三郎は同級生だった
で、大江は伊丹の妹と結婚したのさ


261 :名無シネマさん:02/05/28 00:07 ID:zdgG+mmW
で、生まれたのが、光くん(ハァハァ

262 :名無シネマさん:02/05/28 00:31 ID:mQINyudX
どの作品の制作発表か忘れたけど津川雅彦がたけしの「ベネチア映画祭グランプリがどうした!」って吠えてたとき、横で寂しそうにチカラなく笑っていた伊丹が忘れられん。


263 :名無シネマさん:02/05/28 01:18 ID:JtyxMmMn
>>262
たぶんスーパーの女のヒットと伊丹作品10作目を記念して行われた会見だね。
役所広司が「海外に行った時『どんな作品に出ているんだ』と聞かれた時に、タンポポです、と言うとみんな理解してくれるので助かってます」とか言ったり、
きたろうが「三國さんに対して助監督が、三船さん、出番です、と言ったので周りにいる人たちが凍り付いたことをよく覚えてます」とかいったやつだね。
伊丹ファミリーが勢ぞろいしてて、ああ、みんなからちゃんと親しまれているんだなと思って微笑ましかったのを覚えていますよ。

264 :名無シネマさん:02/05/28 01:23 ID:UK6pSend
伊丹は高校卒業後、東京にでて活字屋になった。
大学に進学した大江には、終生コンプレックスを抱き続けただろうが
作品内容では圧倒的に伊丹に軍配があがってるだろうね。

265 :名無しねーま:02/05/28 01:49 ID:qbtIz7h1
>>264
作品内容では、圧倒的に大江の勝ちだと思うが…
人間の面白さ、作品の大衆の人気ということでは、伊丹の圧勝だと思うけれども。

>>262
津川雅彦ウザイ。お前にマキノの名前を継がれても…


266 :マヂですか?:02/05/28 02:34 ID:OWL8Bhds
265 :名無しねーま :02/05/28 01:49 ID:qbtIz7h1
>>264
作品内容では、圧倒的に大江の勝ちだと思うが…


本気で本気?????????????

267 :名無シネマさん:02/05/28 03:15 ID:gxqi0E1Q
>>266
小説と映画を比べるってのはバカげた話だと思いつつも、あえて俺も
>>265に同意したい。作家的資質ってゆーか、その、ひとつのテーマを
深く深く考察し、その成果を上げてるのは、やっぱ大江のほうだと思う。

268 :名無シネマさん:02/05/28 06:46 ID:410eelFI
終了。

269 :名無シネマさん:02/05/28 11:26 ID:VjbWiypt
自作自演、ご苦労。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/28 11:36 ID:nkBtHz+n
最近、ニュースで流れていてかなり笑えました。
影響で消えちゃうかも・・・。

http://sun.freehost.ne.jp/~planetj/

お早めに!

271 :仕置の女3:02/05/29 00:35 ID:DN7Oc5Wi
マルタイの女を伊丹は自らの体験に基づく作品だと言っていたのに、
あの作品では敵をヤクザではなく宗教団体に設定していた。
それが自分にはすごく奇妙に思えていた。
大胆な推理だが、ずばりマルタイの女という作品は92年に起きた襲撃事件の
遠まわしな真相の暴露だったのではないか。

何故そう思うかというと、92年伊丹を襲った暴力団が山口組系後藤組だったからだ。
新潮の一橋文哉によればオウムによる坂本一家殺害にも関与したという団体。
いわば宗教団体を利用したシノギはお手の物で、マルサの女2の巨悪組織のモデル
になった団体とも大変に懇意だった・・・
間違っていないよね。

272 :名無シネマさん:02/05/29 01:03 ID:84D/z/De
俺がこの時思ったのは、嫁さん達にとって非情な裏切りなのではないかと。
一人で勝手に死んでいくというのは、浮気とかよりとても非道い無視のされ方じゃ
無いかと思った。

273 :名無シネマさん:02/05/29 01:40 ID:3msERKrD
>>271
そうか、そうか


274 :名無シネマさん:02/05/29 09:29 ID:q/oC/Hmy
>>273
正直に、創価、創価と書きなさい。

275 : :02/05/31 03:11 ID:FNM6iotB
映画を見る人は、決まった時間に、決まった場所へ行って、
決して安いとは言えない料金を払ってくれる。
こんな面倒くさいことをさせてるのだから、
我々映画を提供する側はもっともっと努力すべきである。

276 :         :02/05/31 03:32 ID:s21Y6lH3
ルリコと共演の「執炎」みた!すごく心に残ってるよ。苦しい。

277 :名無シネマさん:02/06/02 14:47 ID:CgcsDnns
むかーし『テレビ探偵団』にゲストで出てた時
宮本信子の24才の頃のコマーシャルが流されて
(このCMを当時バツ一36才の伊丹が作ったかなんかして知り合ったらしい)
「もう、ほんとに可愛くってねえ」と
三宅裕司らが鼻白むくらい詠嘆していた……惚れてたんだね

278 :名無シネマさん:02/06/08 00:15 ID:RHX807ol
昨日タワーレコードにいったら『伊丹十三です・スパゲティの作り方教えます』と
いうCDが売っていました。試聴できたので聞いてみたらスパゲッティーの食べ方
、卵焼きの食べ方などを大野雄二の演奏をBGMにしゃべっているという不思議な
CDでした。30年前に出たレコードのcd化みたいです。

279 :名無シネマさん:02/06/23 20:01 ID:4bOL3Seu
産業廃棄物あげ

280 :チョン矛盾大統領:02/06/23 20:15 ID:s+Mq45W1
阪急電鉄の伊丹駅と十三駅がペンネームの由来?

281 :名無シネマさん:02/06/29 19:04 ID:aC6jIDio
元の名前は伊丹一三。
マイナスよりもプラスが良いということで、
一を十にしたとか。

282 :名無シネマさん:02/06/29 19:11 ID:Xd5FsXpu
「スィートホーム」は、無かった事になってるうんですか?
メイキング持ってますがオモシロイです。

283 : :02/06/29 19:41 ID:MPBqR+NB
>>282

あれは伊丹の監督作品ではない、ということになってる。
黒沢清が持ち込んだシナリオを気に入った伊丹が「監督させてやる」と
取り上げ、”製作総指揮”として作った作品。
メイキングの中でも、監督なのに何の実権もない黒沢がどことなく不満
顔で映っている。
黒沢の鬱憤は後にこの作品の二次使用権をめぐる裁判沙汰として現れる。



284 :名無シネマさん:02/06/29 20:57 ID:OK/KV0F0
黒沢のその後の作品をみると、彼には監督の才能が無いように思うけど。

285 :名無シネマさん:02/07/01 22:50 ID:BS8aJASh
伊丹十三はメーソン

286 :名無シネマさん:02/07/01 22:55 ID:4C1ygnqG
まだこんなクソスレ残ってたのか。
伊丹は己のあまりの才能の無さに絶望して自殺したんだよ。
それでいいじゃねえか。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/07 23:47 ID:kXGpVS+A
やっぱり「ミンボーの女」が一番好きだな。

288 :噂の真相〜:02/07/12 21:06 ID:7ukQFaQp
趣味で性癖のSMの話が出ていないようだが・・・。
SM好きな有名人では江口洋介がいるけど。
昔、「クラブ紳介」で江頭2:50が江口のSM好きはSM界では有名ですよって
コメントしてた(笑)

289 :名無シネマさん:02/07/13 01:21 ID:ChaDA1Sd
ん?

290 :名無しねーま:02/07/24 21:48 ID:CK4rVCTo
女たちよage

291 :名無シネマさん:02/07/25 01:01 ID:9etA3Pme
伊丹の最高傑作って、結局は「モノンクル」だったような気がする。

292 :名無シネマさん:02/07/25 01:39 ID:Yn0u5vFJ
>>291
禿同

「サイズを変えて再登場」と予告して休刊。全巻もっとる。

293 :名無シネマさん:02/07/29 23:35 ID:3zkK7tWh
今週の「週刊現代」(8/10号)読んだか?
このスレ立て者の>>1が冒頭で投げかけた、

>だが今になって思う。
>彼は本当に自殺したのだろうか?

この疑問に答える記事が掲載されとるがな。
「いまだに謎に包まれた突然死」
「飛び降り自殺とは矛盾する」
ということで、伊丹を検死をした人物が語ってます・・・。

294 :名無シネマさん:02/08/06 10:06 ID:OeLxV8PT
>「週刊現代」(8/10号)
薬と酒を使ったためらいがちの自殺だったが、死にきれず、
ふらふらと屋上に出たすえの転倒落下という事故死。
と談じられていたような。
他殺にしてはちと変かな。

295 :名無シネマさん:02/08/06 23:33 ID:BWw6IQM2
CIAだ。

296 :名無シネマさん:02/08/10 10:38 ID:JM9nbtaH
チラッと読んだら、おもしろい。
age!

297 :名無シネマさん:02/08/10 19:14 ID:LgYHxO1d
>>294
薬と酒で殺そうとしたが中々死なず、落として止めをさしたとしたら・・・
おれが夫人だつたとしても、犯人追求なんてしないだろう
そんな組織かまいたくないし

298 :名無シネマさん:02/08/10 22:05 ID:fMGh1taC
初めて最初から見てるが、結構おもろいな。
ていうか、親の葬式の時を思いだしながら見てるが。

299 :名無シネマさん:02/08/10 22:11 ID:ver90lbI
テレビで「お葬式」やってるな。
山崎努が若い。高瀬春菜がエロい。

300 :名無シネマさん:02/08/10 22:29 ID:3556yerE
福岡で「お葬式」見てる人、映像悪くない?

301 :名無シネマさん:02/08/10 22:32 ID:g7cwO0re
テレビ熊本は熊本城が写ってます!


302 :名無シネマさん:02/08/10 22:33 ID:g7cwO0re
23分頃からぶつ切り状態、現在復旧!

303 :名無し募集中。。。:02/08/11 11:58 ID:St8OA9gj
誰か伊丹映画の濡れ場のキャプ持ってる人いないかな・・・・・・。

304 :名無シネマさん:02/08/11 13:51 ID:eeIKaMIJ

 伊丹十三もダイアナ妃も殺されたんだろうよ。

 俺らに出来るのは、せいぜい殺されないように気を付けることと
 腐った組織、腐った連中を排除するよう努めることぐらいだな。

305 :名無し募集中。。。:02/08/12 00:49 ID:DzXNuLC8
>>303
キャプ?
俺もくれ〜!

306 :名無シネマさん:02/08/12 01:24 ID:K/hueseU
ttp://wind.prohosting.com/esroijg/cgi-bin/uploader/source/128.jpg

307 :名無シネマさん:02/08/13 09:49 ID:TOD7729a
>>280 >>281
「北京の55日」のときのメイン・タイトルでは、
ICHIZO ITAMI

308 :名無シネマさん:02/08/13 19:04 ID:GAbRMDLO
いい別荘だよなぁ……
井上陽水が郵便配達してくれるし(W

309 :名無シネマさん:02/08/15 20:49 ID:2ngaiB0+
ところで、伊丹作品ってDVD化してるのかな?見たことないけど。

310 :名無シネマさん:02/08/15 20:55 ID:BM+8ytNH
蝋燭を部屋中に置いて全裸でプラモデル作りしていて死んじゃった作家と
伊丹氏は似て蝶。

311 :名無シネマさん:02/08/17 21:00 ID:eovsXre/
実は伊丹映画ってなんとなく泥臭いような気がして敬遠してたんだけど、
ここを見て試しに「スーパーの女」を借りて観た。
とんでもなく面白いじゃねえですか。

小難しいのは一切なくって、ただ単純に、実に純粋に面白かった。
こりゃ、ウチの婆ちゃんも観たがってた訳だ・・・と、納得してしまった。
それと、久しぶりに金萬腹を見れて、懐かしかった。
そう言えば、中目黒に店構えてましたよね?・・って、思いっきりスレ違い
ですね。

312 :名無シネマさん:02/08/18 02:28 ID:WwNOgp0v
伊丹映画はどちらかと言うと、見る側が勝手に考え込んでるケースが多い

313 :名無シネマさん:02/08/18 02:31 ID:u64p4xnC
>>311
俺も面白かった。
で、あの映画以来スーパー行くのが楽しい。
いろいろチェックしたりなんかして(w

314 :名無シネマさん:02/08/18 04:18 ID:kslBqGBp
スーパーの女の後に、アルジェントのシャドーをはさんで、
マルタイの女を観た。
ん、これもイイ。

ところで、父ちゃん、母ちゃん、爺ちゃん、婆ちゃんから若者までマンベンなく楽しめる映画撮る人って、ほとんどいないんじゃない?
山田洋次はどうもアレだし、かといって宮崎ハヤオは爺ちゃん観ないだろうし。
貴重な監督さんだったんですね、本当に・・・・・・

315 : :02/08/18 04:22 ID:JIHtgz70
>>312
最初のお葬式とタンポポのせいだな。あの頃までは妙なイメージカットとか、
ヘンさをウリにしてたようなところがあったから。
でもマルサ以降は、娯楽路線全開でイイ!

316 :名無シネマさん:02/08/18 17:32 ID:QXDK29ZH
>>315
ついでに言うなら、タンポポの白スーツは、
どう見てもムーの清水健太郎。
それにムーと違って話にからむわけでもないし。

大体イメージカットなんてのは、客からすれば煙にまかれてるのと一緒なんで
、無用なものはとっぱらって、しっかりと話を見せてくれるマルサ以後はイイ!!

317 :名無シネマさん:02/08/18 17:56 ID:tXM59zSG
女性問題とか、老年性鬱病とか、いろいろ言われたが、
やっぱりいい映画撮れなくなったからでしょ。
いいものが作れるうちは、もったいなくて死ねないって。
ジャンル違うが、三島由紀夫が死んだのも、やっぱり
小説書けなくなったのを自覚したからだろうねえ。

318 :名無シネマさん:02/08/18 19:22 ID:QXDK29ZH
>>317
えっ!そうなの?
だとしても、もったいない話。
マルタイなんか滅茶苦茶面白かったのに・・・・・
客からすりゃ、あれが「いいもの」なのにねえ。

今の邦画なんか、客の立場での「いいもの」が少ない割には、
作り手の自己満足が炸裂してる映画がなんと多いことか・・・・・
やれ「メッセージ」だの、「芸術」だの、「実験的」だのってね、
ちっとも面白くもねえのが増えましたね。

319 :名無シネマさん:02/08/19 21:18 ID:KojLdkkO
映画は娯楽に限るね
ってなぎら健一が言ってたな

320 :361:02/08/19 21:43 ID:AsOTlA6E
伊丹さんが映画作るときはいわゆる独立プロ作品になるんで
はずしたら後が無い、っていつも言ってましたね。

それほど外した映画はないと思うんだけど、やっぱり周りの
期待が大きかったのか。。。

「ミンボー」の時に暴漢に襲われて負傷したんだけど、あの時
噂の真相では、やくざじゃなくて業界関係者じゃないか?伊丹は
業界で結構嫌われてるし、なーんて載ってたっけ。

やっぱ最後に取材してたっていう産業廃棄物関係がらみなのかなぁ。。
たかが映画ごときで殺されちゃたまんないね。

321 :名無シネマさん:02/08/20 07:05 ID:ApAk31t9
>>320
すると、制作費は自分持ちだったんでしょうか?
銀行からも借りれるんでしょうが、結構コンスタンスに撮ってるし、
プレッシャーって凄かったんでしょうね。

まあ自殺なんで、原因は当人しかわからないのでアレですが、
ミステリーじみた事はないと思うんですが・・・・・

それと、襲撃の真犯人が同業者ってのは面白いですね。
この件とは関係ないけど、大昔にホ○ルニュー○ャパ○の社長を
拳銃で撃っちゃった(教唆)人が、いまだに現役で映画作ってるんですから、
映画の世界って色んな人がいるんでしょうねぇ・・・・・・

322 :名無シネマさん:02/08/20 11:04 ID:eL8QERw1
イタミが自殺する半年ぐらい前だったろうか・・
テレビでイタミのなんとか記念祝賀会みたいなものをやっていて、
その中で、イタミが宮元信子を称して
「次生まれるときも、またこの人と一緒になりたい・・」みたいな事を
インタビュアーに語っていた。
それを聞いてた宮元信子は、
「この人は普段そんなことを言う人じゃないんですけどね(笑)」と
言っていたが、
イタミが自殺したとき、突然、そのときの場面が頭に浮かんだ。。
やはり無意識の中で、なんらかの自殺の予兆があったんだろう。。

323 :名無シネマさん:02/08/20 15:48 ID:zp4zEwJi
伊丹の映画はあんまり好きではないが、自殺の真相は気になるな。

324 :名無シネマさん:02/08/20 16:22 ID:tav9lWCu
>>318
>マルタイなんか滅茶苦茶面白かったのに・・・・・
そうかなあ? 日本でカーチェイスをやってもムダ、ということは知ってい
たハズなのに・・・そもそも、予告編も、日活撮影所内で撮ってるのがモロバレで萎え。
>>320
>それほど外した映画はないと思うんだけど、やっぱり周りの
>期待が大きかったのか。。。
インテリの伊丹としては、日本映画批評の最高峰、ハスミンに誉めてもらい
たかったのよ。ヨーロッパの映画祭で、賞も欲しかったのよ。欧米の巨匠の
ように、ヒットして、批評も最高、という夢があったのよ。
>>323
そりゃ、日本じゃどんなにヒットしても、アメリカみたいに、インディーズ
からメジャーの本丸への道があるわけじゃない。どんなに誉められても、ヨ
ーロッパのように、文化的に高い地位も得られない。かと言って、アジアや
第三世界の映画人ほど、自分はフットワークも軽くない。八方塞がりにもなるわな。

325 :名無シネマさん:02/08/20 16:36 ID:pDjDU9CS
>>324
ハスミンが「映画批評の最高峰」だって本当に思ってたら、
伊丹のインテリジェンスに巨大な?がつくけどな。

326 :名無シネマさん:02/08/20 16:48 ID:b5V0xmr/
「お葬式」のあのアオカンシーンはともかく、間に挿入される
丸太のブランコのカットはなんなのよ?
あんなもの見せられちゃ、ハスミじゃなくても誌ね、と思うわな。
フツー。


327 :名無シネマさん:02/08/20 16:54 ID:pDjDU9CS
>>326
あのー、伊丹をことさら弁護するつもりはないけど、
チンポを象徴してるってことくらい、見当つきませんか。

328 :名無シネマさん:02/08/20 16:57 ID:WvB2ALfD
>>326
そんなこと、エイゼンシュタイン仕込みだろう!
”夫婦の断絶”をクラシカルに描き、、、
ばかなハスミでもカモにしたろうという意図!

329 :324:02/08/20 17:05 ID:kwKpH1UO
>>325
思ってたと思うよ。80年代の非メジャー監督にとっては、ハスミンの批評は、
かなり気になるものだった。場合によっては、興行の命運すら決しかねない。
いまとは状況が違う。ちなみに、ハスミンが、伊丹にどう答えたか。伊丹の
死後、確かこんなことを言っていた。
「伊丹さんですか。お葬式の試写のあと、どうでした、と聞かれたので、最低です。 
と答えました。それだけですね」
「伊丹万作の映画は、脚本家の映画ですね。画面としては、ひとつとして、いいショットは
ありません。伊丹親子は、映画の出来とは関係なく、評価されてしまっているのです」
さすがハスミン、にっこりワラって人を斬る! コワ

330 :名無シネマさん:02/08/20 17:08 ID:5RjkAdxC
326みたいなオツムの悪いガキにまで
エラそうに死ねなんて言われちゃうから、
自殺なんかしちゃあいけないね。

331 :名無シネマさん:02/08/20 18:00 ID:YX+cepip
>>329
ハスミの傲慢さって何よ?329さんはかぶれちゃってるってことですか?


332 :名無シネマさん:02/08/20 18:02 ID:54h1NErF
蓮実ごときが千人いても、映画界に何の足しにもならないが、
伊丹一人を失った損失はとても大きい。

333 :名無シネマさん:02/08/20 18:06 ID:YX+cepip
>>332
そうだー。

しかし蓮実が千人いたら、日本は世界征服できるような気も・・。

334 : :02/08/20 18:07 ID:p3FBkK9/
ハスミはあんまり好きではないが329のコメント」は的を射ていると思われ。

335 :名無シネマさん:02/08/20 19:50 ID:psUxRUVC
>>333
・・カバの惑星。・・じゃんじゃん。

336 :名無シネマさん:02/08/20 20:29 ID:L2kdsE7h
伊丹十三は本当に自殺したのか?
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/news2/1025590717/l50

337 :名無シネマさん:02/08/20 21:02 ID:xrzWmGrF
>「伊丹さんですか。お葬式の試写のあと、どうでした、と聞かれたので、最低です。 
と答えました。それだけですね」

やっぱりそれが自殺の原因かね・・・。


338 :名無シネマさん:02/08/20 21:07 ID:tKVa7Wzl
伊丹十三を13人やるから、相米慎二をこっちの世界に
返して欲しいよ。


339 :324:02/08/20 21:10 ID:0ct34caO
>>331
傲慢というか、魔力だよね。ハスミンなんぞに誉められなくても、ヒットし
てんだからいいじゃん。と、ワシなんぞは思うが、本人的には違うらしい。
(いわゆる、伊丹=ハスミコンプ説、を信用しての話だが)
>>332
伊丹と組んでいた、故細越省吾プロデューサーは、生前、知り合いに「ハスミさんが
何を言ったって、その下から、まともな監督なんか、出てこないんだ」とぶって
いたらしい。ところが、最近、立教=東大ラインから、わらわら監督が出てきた。
実作者への影響においても、伊丹を追い越したハスミン。恐るべし。

もっとも「ハスミはひとりでいい、伊丹はひとりでは少ない」と言う気もするが。

340 :名無シネマさん:02/08/21 12:51 ID:4k4zDiTA
ハスミの魔力、同意!!!

341 :名無しねーま:02/08/23 10:45 ID:F5TvgV6E
蓮實と岸恵子との対談で、
伊丹自身が、岸恵子への紹介で蓮實を絶賛しているよ。
「映画を解放した」とまで言っている。

「お葬式」の後も「教えを請いたい」というようなことを文章に残してる。

>>326
カメラマンの前田米造が、ブランコの撮り方について、
伊丹から示唆を受けたと言っている。
振りの最後にあわせて微妙に動かすのは、伊丹のアイデアなんだとか。

「娯楽作品」って言っている人もいるけど、
伊丹の映画はもっとややこしくてイヤらしい映画だよ。そもそも本人がそうだし。
好きな人はそういうところを楽しんでいるはずだと思うんだけどな。
「娯楽作品」ってのは黒澤以前の東映時代劇みたいな奴。"007"シリーズとかね。

伊丹の映画が好きなのはいいんだけど、
自分の思い入れに伊丹や伊丹の映画を嵌め込もうとするのはいかがなものか

342 :名無しねーま:02/08/23 10:50 ID:F5TvgV6E
>>327
見当つきすぎて「誌ね」と思うんじゃないの? >>326は。
いくらなんでもフロイト、エイゼンシュタイン教科書通りだろ、と。

そんなことくらい、見当つきませんか(w

俺は要所要所でカメラを正面fixにしているのもわざとらしくてイヤ

まあ、中野に比べたら(w天使のよう。> 伊丹

343 :名無シネマさん:02/08/23 10:50 ID:KfLFc6ca
おい、>>326は、分かった上で「バカらしいモンタージュだ」って言ってるわけだろ?
俺もあれ見た時は「バカかいな」と思った。
蓮実も、ああいうところを最低だと言ったんじゃないのか。

344 :名無しねーま:02/08/23 10:52 ID:F5TvgV6E
>>341
三人だから「対談」じゃねーや、「鼎談」か。

345 :movie ◆cE1UBsKI :02/08/24 04:32 ID:Wo55UxmW
ミンボウの後、伊丹を襲った893は
うちに脅しに来た奴だった、

346 :名無シネマさん:02/08/24 05:13 ID:XBHPIkjc
>>345
すばらしい。サインもらっとけばよかったな。

347 :名無シネマさん:02/08/24 15:47 ID:0YIO5neU
セロニアス・モンクがナンタラっていう小説が出てなかったっけ?
「伊丹十三の死の真相を描く!」みたいな帯で。

348 :名無シネマさん:02/08/25 03:12 ID:uUqEDTMU
>347
モンクと伊丹。。。。意味深だなぁ
真相情報求む

349 :名無シネマさん:02/08/25 04:30 ID:iElqbSyk
たけしと津川ってなんで仲が悪いの?

350 :名無シネマさん:02/08/26 15:38 ID:YhXYCkB9
age

351 :たけし:02/08/26 15:59 ID:VeXBUo45
>>349
シラネーよ

352 :名無しねーま:02/08/26 16:19 ID:7dbwmKWF
>>349
たけしのスレで聞けよ!

353 :名無シネマさん:02/08/26 19:59 ID:/R8ukVtM
あんな下品なチビと仲良くなれる方が不思議

354 :名無シネマさん:02/08/26 20:04 ID:I+/1nhXB
一般書籍板での景山民夫スレで
伊丹も景山も、ナカ○ネに殺されたって書いてあたよ。

355 :名無シネマさん:02/08/26 20:18 ID:GFuti3xm
>354
景山ってしんだの?

356 :名無シネマさん:02/08/26 20:19 ID:YnBcRt2D
景山民夫スレ行ってみるわ。

357 :名無シネマさん:02/08/26 20:23 ID:b1Jlwbmk
ナカソネ?

358 :名無シネマさん:02/08/26 20:31 ID:I+/1nhXB
↑おまえ、殺されるぞ!

359 :名無シネマさん:02/08/26 20:53 ID:qURvdUse
自殺だろうが他殺だろうが、死んだ奴のことをゴチャゴチャ抜かすな。

360 :名無シネマさん:02/08/27 01:47 ID:7+W2vDAn
ナカソネって統一と関係が深いんだろ?

361 :名無しねーま:02/09/05 03:14 ID:G6JlwMlk
寿司屋のサインage

362 :名無シネマさん:02/09/05 03:48 ID:gnqX36Qt
>>357
顔面痙攣知事や死刑反対の亀井も仲良しだろ。
野中、ムネオ、福田、森、中川とかも怖いぞ〜。

363 :名無シネマさん:02/09/05 19:57 ID:NBVwAnMR
なんだかんだでいろいろな人に影響を与えた人だよね。三谷幸喜・周防正行。
あと、繋がりは無いけど、フジの山口雅俊Pなんか影響を受けてそう。社会問題
を題材にしたドラマを制作したり、”ファミリー”を作ったり、あと、エンドロール
のどうでもいい役に変な名前を付けたりするところは伊丹監督のやり方にそっくり。

364 :名無シネマさん:02/09/08 23:00 ID:zS+vTbJh
中曽根は菱系とも関係が深い
893の営業を邪魔すると消されるってことだ

365 :名無シネマさん:02/09/09 03:04 ID:a2n/aSNw
>>363

周防監督なんて伊丹とハスミの両方から影響を受けたわけだから
ね。その辺はいい意味でも周防監督の節操のなさをあらわしてると思う。
ハスミのように全否定しないで映画技法として盗めるところは盗んで自分のものにしようというところなんかね。

伊丹はハスミに全否定されたからといって落ち込むこともなかったのにな。俺は周防を育てたんだ!って誇りに思えばよかったのに。

366 :名無シネマさん:02/09/10 21:45 ID:0LJBNMiF
>>364
菱系って何?

367 :名無シネマさん:02/09/15 06:58 ID:4a/6ABkw
age

368 :信子:02/09/15 07:44 ID:MBgBlsbg
ミンボーの女は傑作だった。

対暴力団っていうテーマがなぜこれまでやれなかったんだ
て真剣に思いました。アメリカじゃアンタッチャブルみたいなのが
あるのに。

中身もとってもいい。観ててとても
興奮させてくれるし。

他の監督じゃ恥ずかしくて撮れないようなものを
きちんと見せる映画にしてくれるのはこの人だけだと思う。

ただ、自殺を選んでしまったのはいかんと思う。
どうしてもミンボーのせいかなと思われるのだし。

369 :名無シネマさん:02/09/19 23:45 ID:KJyGVs6Q
>>366
菱=広域指定暴力団Y組

370 :名無シネマさん:02/09/25 16:22 ID:R4N/Lhyo
hage

371 :名無シネマさん:02/09/25 16:25 ID:TWbPtMwJ
>>370
真似するなよ

372 :名無シネマさん:02/09/26 00:40 ID:JXY7+Gcv
ドやくざどもの陰謀を挫くためにもミンボーを讃え続けなければならない。


373 :名無シネマさん:02/10/08 01:15 ID:FcXP9J7U
保守sage

374 :名無シネマさん:02/10/12 01:36 ID:MIjRD3FQ
保守

375 :名無シネマさん:02/10/16 23:52 ID:jSKIw8SX
からage

376 :名無シネマさん:02/10/17 00:25 ID:yaBppv0V
>>372
やらせたのは草加で原因はマルサじゃないの?

377 :名無シネマさん:02/10/26 01:46 ID:S8EFav4U
臭わ納豆保守

378 :名無シネマさん:02/10/30 19:17 ID:QoCJn6ji
上へまいります

379 :名無シネマさん:02/10/30 21:21 ID:tMxL5Egg
桜金造が自殺に関して厳しいこと言ってたけど
彼は草加だったんだね。

380 :名無シネマさん:02/11/05 09:47 ID:f43BEoOs
伊丹十三が女スキャンダルに抵抗するための手段に自殺を選ぶと思うか?
彼ならそのネタで映画撮ると思わないか?
異常なほどマスコミが沈黙していると思わないか?


顔斬ったヤクザの出所祝いだったようだな、転落死は。


日本はヤクザ組織と宗教団体が一部大物政治家と組んで支配してる
子供向け番組のような国なんだよ。
公安もマスコミも一蓮托生。青臭い正義の通用しない下らない国だ。

伊丹映画は全部が好きな訳じゃないが、こういう展開になってくると
反骨精神はたっぷりあった気骨の人、って事だな。
たかが映画に命掛けてたって事だ。俺は恐ろしいよ。

381 :名無シネマさん:02/11/05 10:58 ID:lFOhKimw
法医学者の著書に伊丹氏の解剖所見に関連して捜査担当者からの情報として
「伊丹氏は暴力団関係からすさまじい脅迫を受けて自殺せざるを得ない
ところにまで追い詰められていた。で、とりあえずベロベロに泥酔して
自殺するフリをして転落すれば後で言い訳になると思ったら、予想以上に
酔っててマトモに落ちてしまったのではないか」的な記述がありました。
マル暴がらみは事実のようですね。

382 :名無しねーま:02/11/05 11:47 ID:GytI77CI
>>380
> 伊丹十三が女スキャンダルに抵抗するための手段に自殺を選ぶと思うか?

伊丹のような完璧主義者は、壊れる時も極端です。
挫折を知らない人の挫折、ということです。

>>381
捜査担当者が、(知っているはずのない)動機について語るのはどうかと思う。

383 :名無シネマさん:02/11/05 18:04 ID:sZ1m9AW9
>>382>>381が事実なら俺も異例だと思う。なればこそそこに異例な事情がくみ取れる。

384 :名無シネマさん:02/11/05 18:14 ID:5f1krrnR
暴露されて具合の悪い描写があるならまだしも、
ただ単に茶化しただけの映画だから、
マル暴絡みって事はないと思うけどなぁ・・・


385 :名無シネマさん:02/11/05 18:17 ID:sZ1m9AW9
しめしがつかないから、だと思う。
なめられればお終いの連中だからな。

386 :名無シネマさん:02/11/15 17:34 ID:A73Wvefk
追悼sage

387 :名無シネマさん:02/11/22 16:00 ID:9CBRIMjg
sage

388 :カズヨシ:02/12/02 17:47 ID:+JVVHHTa
sage


389 :名無シネマさん:02/12/02 18:10 ID:28zpCMEK
>>384
禿同。
マル暴絡みだとしたら、深作欣二なんか、とっくの昔に命はないよ。
深作の場合は、東映のプロデューサーがそういう方面を押さえていたから、
好きに撮れたとはいえね。
深作とはタイプが違うが、山本薩夫も命は無かっただろうね。ヤマサツの場合も、
バックに日共が控えてはいるが。
伊丹の場合、「ミンボー」のときに、バカな鉄砲玉が暴走したばかりに、後
々までマル暴都市伝説が流通しちまった。

伊丹は、ヒットメーカーとしての重圧やら、くだらぬスキャンダルの暴露やらで、
ウツ入ってて、発作的に自殺したんだと思うがなあ。スタークリエイターに
とって、ヒットを出さないといけない重圧は、余人の想像を絶するもののようですよ。

390 :名無シネマさん:02/12/02 21:56 ID:jRR7ycwS
伊丹の映画ってなんかテレビドラマっぽくない?

391 :名無シネマさん:02/12/02 21:58 ID:glMJj7g2
>390
どこが?

392 :名無しねーま:02/12/03 02:04 ID:07qIHbEG
>>391
話題作りと役者が中心で奇を衒った演出。
言っとくけど馬鹿にして言ってんじゃないからね。こういう持ち味だと私は思う。

393 :名無シネマさん:02/12/03 12:32 ID:D2vJ8r0Y
>>392
制作時期を考えてみ。
テレビドラマってブームの後追いだけど、伊丹はブームを作ってたと思うよ。
その差は大きい。

394 :名無シネマさん:02/12/03 17:37 ID:sPapoqUN
スーパーの女がちゃちで好きだった。

395 :名無しねーま:02/12/04 03:20 ID:2KCJkzJN
>>393
佐々木守のテレビドラマとか見たことある?

396 :名無シネマさん:02/12/04 04:18 ID:qXupTwU/
>>395
ありますけどなにか?

397 :名無シネマさん:02/12/04 09:44 ID:KIGatand
>>389深作のヤクザ映画はヤクザも喜んで観るだろうが。
「ミンボーの女」喜んで観るヤクザいるか?

左翼監督だって
「ヤクザなんて何も出来ませんよ。あいつら群れないと何も出来ない臆病者の集団です。」
なんて事は言わなかっただろ。

398 :389 :02/12/04 13:56 ID:6sX9ytwN
>>397
>>389深作のヤクザ映画はヤクザも喜んで観るだろうが。
だって、深作は、ヤクザ批判と感情移入が両立してるからね。誰にでもはできない芸当。
>左翼監督だって
ヤマサツも、権力とかに対しては、似たようなことを言っている。でも、どうという
こともなかったでしょ? ビッグネームになると、圧力を掛けると、掛けた側が恥で
すから、やりませんよ。というか、余りにもやばいネタは、最初から使わないしね。
匙加減はちゃんとやってます。

伊丹が鉄砲玉にやられた事件があっただけで、自殺陰謀説が出てくるのが腑に落ちない、
と言ってるだけです。それとも、暴かれるとまずい、具体的な特定の事件でもつっつ
いちゃったんですか? そうじゃないでしょ? 日弁連の民暴対策室にあるような
一般的事例でしょ? 

399 :名無しねーま:02/12/05 02:18 ID:FuAWaVPN
>>398
> だって、深作は、ヤクザ批判と感情移入が両立してるからね。誰にでもはできない芸当。

蛇足だが、これは元々は深作欣二監督じゃなくて、脚本家の笠原和夫の持ち味。
双方がそう言っている。例えば別の監督の「真田幸村の謀略」なんか。

伊丹はまるで逆で、善悪を戯画化して楽しむ癖があるね。
『家族ゲーム』の影響も大きそうだね。

400 :こえび:02/12/05 02:22 ID:/WWQUv1T
死んだと言えば最近ずっと思い出せないでいる、何度も心中に失敗して
最後の最後に玉川上水かなんかで心中して死んだのは誰だっけ?

401 :こえび:02/12/05 02:23 ID:/WWQUv1T
わかった、なんでもない。

402 :名無シネマさん:02/12/05 02:32 ID:ddpqCwuv
            __,,..、、- - - .、、...,,___
       ,,、‐''"~ ̄            ̄``''‐、、
     /                      \
    /                         ヽ
   /                           ヽ
   /  / ~~` '' ‐- 、、 ,,__   __ ,,..、、 -‐ '' "~~\  ヽ
   |  /    __           ̄       __   ヽ  |
  .|  {  ´   ‐- ....__    __... -‐   `   } .|
  .|  〉,,・^'' - .,,      ~  i ~    __,,.- ^`・、.〈  |
./ ̄|  /,/~ヽ、  `'' ‐--‐ ,.| 、‐-‐'' "~   _ノ~\,ヽ | ̄ヽ
| (` | / ヽ,,_____`‐-、_、..,,___ノ八ヽ___,,.._-‐_'"´___,, ノ ヽ .|'´) |
| }.| ./'   \二二・二../ ヽ  / ヽ、二・二二/  'ヽ | { |
.| //| .|          / |  |. \         | |ヽヽ|
.| .| | .|        /    |  |.    \       | | | .|
|ヽ.| |      /     .|  |.     ヽ      .| .|./ .|
 |  .| |     /      |  |        ヽ     |  | /   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ヽ .| |    /       .|  |       ヽ    |  | /  | ゴルゴ十三だが
  .ヽ.| |    /     '二〈___〉二`       ヽ   |  |./  <
    | |          `-;-′         |  |     |  なにか?…
     iヽ|.      ,,... -‐"`‐"`'‐- 、、     |/i       \_________
     |  ヽ     /...---‐‐‐‐‐----.ヽ    /  .|
     |   ヽ.    ,, -‐ ''"~ ~"'' ‐- 、    /   |
    .|    ヽ         !          ./   .|
    ,,|     ヽ.         |        ./     |、
    |\.     ヽ            /     /.|
   .|.  \.      ヽ、____   ___/    /   .|
   '     `            ̄ ̄       ´     '

403 :名無シネマさん:02/12/05 02:44 ID:WfZ38Vo4
創価学会に殺されたのに決まってるだろ。

404 :名無シネマさん:02/12/09 04:57 ID:LYKn518v
あげてもしかたないのにあげてしまう業

405 :名無シネマさん:02/12/09 21:43 ID:EhBVhfaZ
1はttp://www.asyura.org/のやつだろ。

なんでもかんでも陰謀。聞き飽きた。

406 :名無しねーま:02/12/14 00:20 ID:BoAr3AVF
そもそも伊丹が映画撮り始めたのもユダヤの陰謀から始まったことだからな。

407 :名無シネマさん:02/12/31 23:24 ID:4+saDuHK
JUZOU

408 :名無シネマさん:03/01/04 17:26 ID:iVUqfYvU
>>400
河村隆一

409 :名無シネマさん:03/01/04 17:35 ID:JeNmUuIi
伊丹か。。。


410 :名無シネマさん:03/01/04 17:37 ID:kpyx67Oy
このスレまだ生き残っていたのか・・・

411 :名無シネマさん:03/01/04 17:57 ID:vBIVBxih
>>368
作品評に関しては禿同!!!
しかし死因はやはり他殺でしょう
真相知ってる関係者は怖くて言えないだけ(当たり前)
死の直後、中尾彬がワイドショーで
伊丹の死を初めて知らされたとき、
「あ!殺られたな。。。思った」と
コメントしてたのが印象的だったよ。
つまりそういうことだったのさ。

412 :名無シネマさん:03/01/04 21:37 ID:6PqX7X03
さんざ既出ですみません。
遺作のミンボウの女で、拳銃自殺する津川は監督自身の事ですよね?
当時あれをみて僕的には覚悟の上の自殺だと納得したものですた。

413 :名無シネマさん:03/01/05 01:50 ID:DHoybyqQ
25歳。
去年まで金無し君だったけど、オンラインカジノとパチンコで
二年で350万貯めた。一度やってみなよ。
初回のみだけど、1ドル以上のチップを買えば30ドル(4000円くらい)貰える。
もらうだけもらってプレイせずに換金することもできるし、ルーレットで赤か黒に
思い切って賭けてしまえば50パーセントで二倍になる。
金なきゃオフラインでゲームすればいいだけ。暇つぶしになる。
ビデオポーカーとかスロとか色々あるのでマジでお勧め。
http://www.imperialcasino.com/~1h4n/japanese/


414 :名無シネマさん:03/01/05 04:27 ID:frTFlvAN
「お葬式」とか「タンポポ」とか面白いんだけどさ
いきなりエロシーンになるので家族で見るには注意
が必要なんだよな

415 :名無シネマさん:03/01/05 04:47 ID:GUaInsHl
うん、「お葬式」のアオカンは意表を突かれたね。


416 :名無シネマさん:03/01/05 13:38 ID:gq8cWVIC
危険を覚悟で映画を作った人を貶めちゃいけないと思うよ。

417 :名無シネマさん:03/01/05 13:44 ID:ia196U9s
まだ他殺説を信じてる奴がいるのか…。
自殺だよ。
ただし、自殺に「追い込まれた」というだけ。
あまり詮索しても面白い話はでてきません。

418 :名無シネマさん:03/01/05 15:21 ID:dHOFKcPt
>>417うん・・・・、信じてるよ。
あなたの自殺説も確たる証拠があるなら教えてくれませんか。
いや、俺の他殺説もはっきりとした証拠があるわけではないのですが。

ただ、飛び降り現場には伊丹氏の足跡はなかったそうですね。
手摺りに指紋は出たそうですが。

419 :417じゃないよ :03/01/05 15:57 ID:hrPSv7ZI
>>418
自殺当時の「噂の真相」を読め。これだ。
http://www.uwashin.com/1998bc.html
● 一九九八年三月号
特集4:伊丹十三監督を死に追い込んだ不条理な“私生活”

もっとも、タイトルに反して、内容は、ほんとにたいしたことない。要する
に、伊丹は、見かけよりもずっと繊細で、見栄っ張りで、突然発作的に自殺して
もおかしくないヤツだったということが書いてあるだけだよ。

420 :417じゃないよ:03/01/05 16:03 ID:hrPSv7ZI
たかがウワシンと言われればそれまでだが、オレも、実際、この程度の理由
だと思うよ。例のフラッシュにスクープされた浮気も、たんに、同じ英会話教室で
知り合った女性を引っかけただけのことだしね。美人局説もあったが、違うみたいだし。

伊丹も、私生活では、可愛い女性がいれば浮気もするし、パパラッチされれば
悩んでしまう。社会的に力もあり、反撃できる立場にあるのに、しないで発作的に
死んでしまう。そういう人間だったってこと。

421 :418:03/01/05 17:22 ID:lqAlby7P
> 伊丹も、私生活では、可愛い女性がいれば浮気もするし、パパラッチされれば
> 悩んでしまう。社会的に力もあり、反撃できる立場にあるのに、しないで発作的に
> 死んでしまう。そういう人間だったってこと。

そういう性格だろうが何だろうが、そのこと自体は何の証拠にもならないでしょう。
その理屈がまかり通れば、ちょっと偽装して殺人おかしても
世間は自殺って解釈しなきゃならないような・・・・

422 :名無シネマさん:03/01/05 19:27 ID:h1NA4O/x
伊丹監督は監督になる前、俳優やりながらエッセーかいてたころ
自分は鬱病であることを告白してる。それを知ってるものが、
結果をわかってて、欝になるきっかけをしかけたってことは考えられる

423 :名無シネマさん:03/01/06 08:45 ID:Dp8Jqc/E
>>422
でもそれを殺人といえる?

424 :名無シネマさん:03/01/06 09:02 ID:NBF2h8/9
そーゆーのミステリーのネタにあるな。
どうやっても罪に問えないので
仕方なく探偵が殺しちゃったってやつ

425 :山崎渉:03/01/06 13:30 ID:05zgqFeK
(^^) 

426 :名無シネマさん:03/01/06 23:07 ID:rE9OZHU/
大江健三郎の「取り替え子」読んだ。
結局、893に襲撃されたのが遠因ではないか、、、
みたいな書き方だったな。
大江さんも翼に足つぶされたりしてるし、
ああいった暴力は後からでも人をじわじわと蝕むんだと思った。

427 :名無シネマさん:03/01/06 23:10 ID:o9sHuh9g
大江は自業自得。

428 :名無シネマさん:03/01/07 04:03 ID:nAu7HPdB
ace

429 :山崎渉:03/01/19 04:25 ID:lvdje6e9
(^^)

430 :名無シネマさん:03/01/22 00:51 ID:7SmMqKXb
test


431 :名無しねーま:03/01/22 04:15 ID:nxZT6176
なんか、変った雑誌が伊丹の特集してたな。
写真だか、ビデオの雑誌で。

432 :名無シネマさん:03/01/26 21:45 ID:B2HjxLao
ていうかマルサとミンボーのサントラ欲しい

433 :名無シネマさん:03/01/27 14:07 ID:f1Dq65Pc
亡くなった直後に、ニュースやワイドショーを
録りまくったVが出てきた……。

434 :名無シネマさん:03/01/28 09:46 ID:FigulU9g
「お葬式」凄く好きな映画だよ。
山崎勉がこれで男優笑をとった時の発表がたしか緒方拳だったような。
他の俳優とどっちが賞をとるかではらはらして見守ってたような記憶が。
そのとき緒方拳が怒鳴るように「山崎勉!」って云いきった時ほっとしたんだよな〜。
凄い昔の記憶だ〜。

435 :世直し一揆:03/01/28 19:02 ID:nB6umTYK
<血液型A型の一般的な特徴>(見せかけの優しさ・もっともらしさ(偽善)に騙され
るな!)
●とにかく気が小さい(神経質、臆病、二言目には「世間」、了見が狭い)
●他人に異常に干渉し、しかも好戦的・ファイト満々(キモイ、自己中心)
●自尊心が異常に強く、自分が馬鹿にされると怒るくせに平気で他人を馬鹿にしようと
する(ただし、相手を表面的・形式的にしか判断できず(早合点・誤解の名人)、実際に
はたいてい、内面的・実質的に負けている)
●本音は、ものすごく幼稚で倫理意識が異常に低い(人にばれさえしなければOK)
●「常識、常識」と口うるさいが、実はA型の常識はピントがズレまくっている(日本
の常識は世界の非常識)
●権力、強者(警察、暴走族…etc)に弱く、弱者には威張り散らす(強い者に弱く
、弱い者には強い)
●あら探しだけは名人級(例え10の長所があってもほめることをせず、たった1つの短所を見つけてはけなす)
●基本的に悲観主義でマイナス思考に支配されているため性格がうっとうしい(根暗)
●一人では何もできない(群れでしか行動できないヘタレ)
●少数派の異質、異文化を排斥する(差別主義者、狭量)
●集団によるいじめのパイオニア&天才(陰湿&陰険)
●悪口、陰口が大好き(A型が3人寄れば他人の悪口、裏表が激しい)
●他人からどう見られているか、人の目を異常に気にする(「世間体命」、「〜みたい
」とよく言う)
●自分の感情をうまく表現できず、コミュニケーション能力に乏しい(同じことを何度
も言ってキモイ)
●表面上意気投合しているようでも、腹は各自バラバラで融通が利かず、頑固(本当は
個性・アク強い)
●人を信じられず、疑い深い(自分自身裏表が激しいため、他人に対してもそう思う)
●自ら好んでストイックな生活をし、ストレスを溜めておきながら、他人に猛烈に嫉妬
する(不合理な馬鹿)
●執念深く、粘着でしつこい(「一生恨みます」タイプ)
●自分に甘く他人に厳しい(自分のことは棚に上げてまず他人を責める。しかも冷酷)
●男は、女々しいあるいは女の腐ったみたいな考えのやつが多い(例:「俺のほうが男
前やのに、なんでや!(あいつの足を引っ張ってやる!!)」)

436 :名無シネマさん:03/01/28 23:49 ID:ccq2iNdR
>>435
そんなのコピベしてるおまえが一番キモイよ。

437 :名無しねーま:03/01/29 00:00 ID:cnvcTr8J
>>431
季刊「考える人」創刊3号 新潮社だった。
エッセイスト 伊丹十三がのこしたもの

味の素マヨネーズのCMの語りやTV番組「遠くへ行きたい」の語りもエッセイだ、
ということで、TV画面も少々載ってますな。

438 : :03/01/29 00:21 ID:K2/3MJ5b
プロレス板で関連項目があったけど。
どういうつながりだろう?

439 :名無シネマさん:03/01/29 14:07 ID:Ohf2gB02
>>434
ネタとは思えないのであえて突っ込むんだけど、
山崎勉 じゃなくて努だよん。

440 :名無シネマさん:03/01/29 14:22 ID:a/jjY12t
2ちゃんねるでこぴぺはってまわって「屈折した愛情表現」みたいに思われようとするのはやめたほうがいい。
みっともないから。

441 :名無シネマさん:03/02/01 23:25 ID:UOtCXa01
本多俊之の音楽がいいよね。
今じゃCDほとんどど絶版だけど。

442 :名無シネマさん:03/02/15 14:33 ID:eFh+Ziwf
彼の最もタブーを扱った作品はマルタイでいいの?
マルサと民ボーは見たので。

443 :名無シネマさん:03/02/15 17:29 ID:yoRsyF8k
タブーを扱った作品?
そりゃ「お葬式」だろ。

444 :名無シネマさん:03/02/15 17:44 ID:K7xO23pF
マルサ2の、カメラマンの清原と大学教授の地上げの方法が
よくわからなかったんですけど、教えてくれませんか?
質問スレではレスもらえなかったので・・・。

445 :名無シネマさん:03/02/15 21:05 ID:eFh+Ziwf
清原は鬼沢に金銭授受の場面を隠しカメラで撮られたから。
教授は女とやってるとこを撮られて鬼沢にゆすられたから。

446 :名無シネマさん:03/02/16 11:30 ID:Q7gnI+4A
>>445
なるほど・・・。ありがとうございます。
では、教授の部屋で鬼沢と話してたのは何のことだったんでしょう?

447 :名無シネマさん:03/02/16 22:26 ID:r1TmM2XA
鬼沢以外の業者がより高い値で教授から土地を買う話に
鬼沢が怒って話し合いに行ったのでは?

448 :名無シネマさん:03/02/17 09:36 ID:se42QQCY
てことは、教授は他の業者への値段より更に高い「1件=1億」で鬼沢売ろうとしたが
ホテルの写真撮られて逆に脅されたってことかな。



449 :名無シネマさん:03/02/22 13:24 ID:HTN8kOqr
>>1
まだ読んでいる?
上にもあるが、医療産廃関係を探って殺されたって説どうなでしょ。

あと坑鬱剤を服用していたらしいので、あの頃の彼の精神状態について主治医は
かなり知っていたんだろうね。これは知りたいけど、守秘義務があるから、表に出て
くることは永遠にないでしょうな。

あとスキャンダルのもう一方の主であるOL(だったけ?)も民間人であるし、単に利用
されただけなのかもしれず、こちらも調べられないだろうね。

私もいまだに不思議です。

450 :zero:03/02/24 01:09 ID:sqn9A0fS
謎は謎のままがいいのかもなあ・・・

真実を知ってしまうより、知らない方がいい事もある?

俺的には、亡くなった事はかなりショック。
ファンとしては、自殺よりも他殺であってほしい。

451 :名無シネマさん:03/02/24 01:11 ID:il2Vmx84
エッセイとか読むと、かなりのナルシストだったから
老人性鬱って説もホントぽい。

452 :名無しねーま:03/02/24 22:38 ID:h0FH1zfW
一人で悩むタイプだろうしねぇ

453 :名無シネマさん:03/02/25 03:22 ID:6muj5NwQ
確か、未遂を一度やってるよね?
伊丹さん。

454 :名無シネマさん:03/02/25 18:41 ID:DyZM9Utu
えっ? いつごろ?

455 :名無シネマさん:03/03/03 16:51 ID:wX64HUoG
伊丹は映画監督になってから孤立してたような印象があったね。
大島渚の自殺報道の時のコメントとか、
ちょっと今死んだ者に言うコメントかよと思った。
伊丹映画が好きだったわけではなかったけど、俳優としては好きだった。
でもある時代の売れっ子監督だったけど、
映画雑誌も何もかも自殺後マスコミは何処か黙殺気味だった。
今頃になって「考える人」で特集。何かきな臭いよな。
深作とは作家として程度が違うっていう評価もあるだろうけど、
あまりに差がある。
じゃあ彼の映画を見に行って喜んでたり褒めてた連中は何だったの?
とか思うね。
 蓮實重彦のように最初から評価してなかった人が死後も評価しない
というのは、まあキツイけど、一貫性はあると思うけど、
 何か死後に関係者が冷たかったな、と思った。

456 :名無しねーま:03/03/03 18:19 ID:Y9oa/3B4
>>455
> 大島渚の自殺報道の時のコメントとか、
> ちょっと今死んだ者に言うコメントかよと思った。

これ知らんわ。覚えてたら教えて。

> 映画雑誌も何もかも自殺後マスコミは何処か黙殺気味だった。

まあ、浮気スキャンダルが絡んでたから、
報道や発言しづらかったんじゃないかな─とは思う。

457 :ヨーロッパ退屈名無しさん:03/03/03 21:10 ID:bgMkNBeP
>>456
俺がテレビで見たときは大島泣いてました。「映画を撮るのが楽しくてたまらない、みたい
なことを言っていたけど、本当はさびしかったと思うんだな」みたいなことを言っていたよ。
あまり否定的な感じではなかったです。

ハスミンはハスミンだから。別になんとも思ってないんでしょう。逆に伊丹十三がハスミン
を気に入って褒めてたから裏切られた感はあったかもね。最初から気にしてなきゃ良かった
と思うけど。

458 :名無しねーま:03/03/06 03:31 ID:k6MSf04o
>>457
> 「映画を撮るのが楽しくてたまらない、みたいなことを言っていたけど、
> 本当はさびしかったと思うんだな」みたいなことを言っていたよ。

これはその通りなんだろうね。

> 最初から気にしてなきゃ良かったと思うけど。

それが出来れば、伊丹十三は伊丹十三じゃなくなっちゃうよね。
神経質な凝り性でプライドが高い、ってのが持ち味なんだから。

ところで、伊丹十三って市川昆のこと何か言ってる?
かなり影響受けてると思うんだけども。『私は二歳』の頃の市川昆に。


459 :名無シネマさん:03/03/06 03:37 ID:l8IiU3F/
「彼はスターじゃありません。スーパースターですよ」とか言ってた。

117 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)